*

バイアス最強?小型バイクにおすすめTT900GP!寿命がかなり短いハイグリップタイヤのインプレ

TT900GP グリップ力 寿命
こんにちわ、紫摩(しま)です!

ダンロップのタイヤ、『TT900GP』を装着してから約3か月。
CBR125Rに履かせてみてジムカーナ練習でも使ってみたインプレと、併せてこのタイヤのいいところ、悪いところの評価です。

※初見レビューとはちょっと評価が変わってきました。

関連ページ:RX-01からTT900GPに換えら初見レビュー|mysimasima

SPONSORED LINK

TT900GPのグリップ力は高評価!

坂出 ジムカーナ練習 CBR125R バイク
このタイヤで一番気になるのがグリップ力でしょう。
一言でいうと「安心できるグリップ性能」っていう感じ。

  • 温度
  • グリップ力
  • 倒し込み

“バイアス最強グリップ”という位置づけだけあってハイグリップラジアルタイヤ並みのグリップ力で、バンクさせても全く滑ったりする不安がないところがいい。

タイヤの温度がすぐ上がる

CBR125Rのような軽いバイクには嬉しいことに、タイヤの温度上昇が早いのが特徴。
極端に言えば1ラップ目からどんどん使っていけるという事。

逆に温まりにくいラジアルタイヤだと冷えていると十分なグリップ力が得られないので、走る直前までタイヤウォーマーやら何やらしないといけない反面、TT900GPはツーリングからサーキットまで幅広く使えるオールラウンダーでしょう。
けっこう適当に走るだけでもバッチリ使える状態になってくれます。

フルバンクでの安定感がいい

CBR125R ハイグリップタイヤ TT900GP 倒し込み
バイクの醍醐味はバンクさせて曲がる事ですよね。
※僕が思う事実上のフルバンクというのは、ステップ(バンクセンサー)を擦る角度まででそれ以上倒せない角度の事とします。

ジムカーナなどのスポーツ走行時でステップを擦ってタイヤの端までグリップさせて倒す“フルバンク状態”が簡単に出せます
そのフルバンクでも全然滑る気がしないので安心して倒し込めるようになりました。※最初は。

コーナーで一気に倒れ込む

ダンロップTT900GPの特徴としまして、タイヤの曲率が一定じゃなく倒し込んだ状態で接地面積を確保するような『プログレッシブラジアス形状』というのがポイント。
尖った形状がクイックで過激なハンドリングを生み出します。

滑るんじゃないのと思っても全く滑っていない。
ピタッとくっついたようにグリップする感じ?何か気持ち悪いw
※最初は。

倒し込みが速いのでジムカーナなどの細かいセクションでの切り返しなどでもスパッと向きを変えてくれます。
その代償として、グリップ力が弱い状態で一気に倒れ込ませてしまうと当然スリップダウンの危険性も高まります。(下記記述)

高速コーナーでもそこそこいい

「バイアスタイヤ」ということでちょっと疑っていた部分はありましたが、倒したままアクセルを開けるような状態(高速コーナー)でもしっかり路面に追従してくれて安心感があります。

ずるずるとスリップする感じがしないという感じでしょうかね。
※剛性とはまた意味合いが違います。

バイアスタイヤでここまでグリップするのなら十分すぎるスペックでしょう

TT900GPのイマイチな点

ジムカーナ 転倒 怪我 タイヤ グリップ
TT900GPのいいところもあれば、若干ダメな部分も出てきます。

  • ライフ
  • 剛性
  • スリップが分かりにくい

グリップでは申し分ないものの、使いやすさという点でアラがでてきます。

過激すぎて難しい

プログレッシブラジアス形状がそうさせているのかわかりませんが、倒し込みが速い分ライダー自身が気を遣わないといけません。

コーナー入り口で荷重をかけない状態で一気に倒してしまうとやっぱりそのままスリップしてしまいます。

CBR125R純正のIRC-RX01はフルバンクまで穏やかに倒れていくのでコントロールしやすかったのですが、その感覚で行くとちょっと危ない。
※セッティングである程度緩和させられます。

ライフが極端に短い

CBR125R ハイグリップタイヤ TT900GP 倒し込み
バイク用ハイグリップタイヤの弱点はライフ(タイヤの減り)でしょう。
走り方にもよるでしょうが、ジムカーナ練習などに使えば約1000kmでフロントが半分程度まで減ってしまいました
街乗り、ツーリング主体だとよくて5000kmが限界かな?

まぁ安いので別に痛手にはなりませんがw

TT900GP ハイグリップ 寿命
これは半年後のリアタイヤ。
スリップサインが出る前からすでにズルズルとリアが滑ります。

“バイアス最強グリップ”という謳い文句は最初だけ
すぐグリップ低下してしまい結果的に寿命が短いです。
※タイヤのゴムが硬くなります。

スリップする感覚がつかめない

純正RX01だと絶対的ドライグリップは低いものの、限界付近のサインというものがわかりやすく使いやすかった。

逆にTT900GPはピタッと路面を捉える感じなので、フルバンク状態での安定性は申し分ないのですが、グリップの限界がどこから現れるのか感覚がつかみにくい気がします。
「あ、滑るな」ってわかった時にはもう遅いのです。

剛性が無いのはいい?悪い?

ラジアルタイヤよりもサイドの剛性が弱いと言われているバイアスタイヤ。
物理的なことはわからないので感覚でしかありませんが、結構アタリは優しい感じがします。

乗り心地も特に悪化ももないし、跳ねたり重だるいという感じも無いのでそれはそれでいいかも。

軽量バイクにはバランスがいい

剛性の高いタイヤはきちんとブレーキングで荷重をかけなければいけませんが、TT900GPは普通に何も考えなくてもスッと潰れてくれます。(空気圧は純正値)
もっと重いバイクだとフニャフニャ感があるのでしょうが、136kg程度ではバランスという意味ではいい方向になりそうです

グリップを過信しすぎて無理に曲げようとすると簡単にスリップしてしまうので注意

TT900GPのまとめ


このタイヤはさすがに減りは早いですが絶対的グリップが高く、温まりやすいので誰でも使いやすいタイヤという感じでしょう。
特に軽量バイクには相性がよさそうな気がしてます。

ただ、さすがにバイアスタイヤの弱点なのか、速度が出ると若干ふわふわします
言わなければわからない程度なので、デメリットとして挙げるレベルの事ではないかな。

参考:ダンロップHP(TT900GP)

タイヤ依存の走りではだめ

バイアスタイヤ ハイグリップ CBR125R TT900GP
適当に走ってもある程度はグリップしてくれるので頼り切った走り方をしてしまうのですが、タイヤを潰して正しく走ってやらないと簡単にスリップしてしまう危険性があります。

安心できる反面、限界付近が分かりにくいので使いにくいかもしれません。

実際僕も急なコーナーでタイヤのグリップを活かす前に一気に倒してしまい、そのまま滑ってしまったことが何回もあります。

グリップ持続も低い

あとタイヤのグリップ持続性能は、ジムカーナ練習程度の短時間での走行では問題はなかったのですが、耐久レースなどでは逆にタレしまいます。
それでも雨や冷間時でもオールマイティに使えるタイヤという事で僕には合っているかな?

ダンロップTT900GPのレビューでした!

→(Amazon)TT900GP 商品一覧
→(楽天)TT900GP 商品一覧

SPONSORED LINK

関連記事

バイクタンデム ホンダ

【HONDAバイクが好きだ。】動画で伝えるバイクの魅力!バイクに乗りたくなるホンダの戦略

こんにちわ、バイク乗りの紫摩(しま)です。 ホンダの営業戦略として超イイ動画があるのをご存

記事を読む

DSC01257

【室戸岬ソロツーリング②】四国八十八ヵ所巡礼をかねて壮大な太平洋を見に行ってきた!

こんにちわ、しまです。 前回(その1)では、早朝から朝日とともに走り、通勤ラッシュの徳島市内の中を

記事を読む

しまブロ モトブログ CBR125R

【紫摩のモトブログ】バイク動画を撮るならどのカメラがオススメ?ゴープロとアクションカム

こんにちわ、紫摩(しま)です! バイク車載動画は前から撮ってはいたものの、あまりぱっとしな

記事を読む

PASONA_9_TP_V

上司(先輩)から見た職場で好かれる部下(後輩)の態度5選!上下関係をよくする方法と仕事に対する責任感

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回のテーマは「職場の上下関係」についてちょっと感じたことを話

記事を読む

山田家小物

山田家うどんの釜ぶっかけが絶品!場所や営業時間の紹介とおすすめメニューのレビュー

こんにちわ、うどん県民しまです。 前回、八栗寺に行ってきたわけなのですがそのすぐ近くにうどん屋の超

記事を読む

ホンダ CB

タンデムをもっと楽しくする人気のバイク用品3選!快適にツーリングできるグッズがほしい!

こんにちわ、CBR125R乗りのしまです。 バイクを一人でいじって走って風を感じるのももちろん

記事を読む

CBR125R フロントフォーク ダストシール 交換

バイクのフォークダストシール交換方法!ヒビがあれば要注意。必要なジャッキと作業手順をCBR125Rで詳しく紹介

こんにちわ、紫摩(しま)です。 CBR125R整備という事で、今回はフロントフォークのダストシ

記事を読む

原付二種ステッカー

原付50ccを二種登録する方法と注意点!ボアアップで黄色ナンバーにするための手続きを詳しく紹介

こんにちわ、紫摩(しま)です。 50ccの原付を二種登録すればうっとおしい3大縛りから解放

記事を読む

CBR125R フルエキマフラー

CBR125Rマフラー交換WR’S(ダブルアールズ)がカッコイイ!静かな排気音で加速も良くなるってスゲー

こんにちわ紫摩(しま)です。 バイクでのカスタムといえばマフラー交換!ですよね。 CBR

記事を読む

トライジムカーナ2017第1戦

【トライジムカーナ2017】開幕戦レポート!つな選手に訊くコースの攻略法と気になるフリーセクション

こんにちわ、紫摩(しま)です!大見勝成選手と大見有希選手が主催する“トライジムカーナ”の2017年

記事を読む

Comment

  1. まるこ^^ より:

    ども。続けてのコメント、失礼いたします。
    自分はNSR150SPで、ジムカーナを少しだけ走っているときがありました。
    BT39SS、TT900GP、RrのみIRCのスペックRを履かせたりしましたが、最終的にはFrがBT39SSで、Rrにはミシュランのパイロットストリートラジアルという仕様に落ち着きました。
    ミシュランは、ツーリングラジアルとはいえ、なかなかの良いタイヤでした。
    まず、気温による変化が小さく、走り始めから安定したグリップを得ることが出来ました。
    癖もなく、ウエットでの怖さも先のバイアスタイヤと比べ、とても安心感がありました。
    減りも早くはなかったですよ。
    気が向いたら、使ってみてください。

    • 紫摩 より:

      返信が遅くなって申し訳ありません。
      なるほどです!名前こそ“ツーリング”ですが、NSRなどの軽量バイクなどに履かせると結構グリップがいいのですね。
      フロントにBT39SSですか、ちょっと気になります。
      パワーもないしジムカーナに使いたいという事で、タイヤウォーマーなどは考えておらず、走り始めから安定するタイヤを探していたのですごく参考になりました^o^重ねてお礼申し上げます!

コメントを残す

バイク タイヤ交換 手組み タイヤレバー
【バイクのタイヤ交換】女性でも簡単にできるコツと手順!タイヤチェンジャーを使わない手組みの方法、準備物の紹介

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回は『バイクのタイヤ交換』

才谷屋ファクトリー VTR250 インナーフェンダー 取り付け
【VTR250インナーフェンダー取り付け】才谷屋ファクトリーがおすすめ!ガルアームみたいなデザインがかっこよすぎる

こんにちわ紫摩です。 VTRのインナーフェンダー(リアフェンダー

トライジムカーナ2017第1戦
【トライジムカーナ2017】開幕戦レポート!つな選手に訊くコースの攻略法と気になるフリーセクション

こんにちわ、紫摩(しま)です!大見勝成選手と大見有希選手が主催する“

むち打ち 交通事故 対策 痛い
【むち打ちの症状】辛い、痛い、長引く!日常生活にも支障をきたす厄介な怪我

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今年に入って追突事故に遭ったと前

事故 交通事故 追突事故 対応 流れ
追突事故に遭ってしまった!事故対応の流れと通院、保険会社への連絡や説明のやり方

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回はちょっと暗いテーマ、人

タクボ 物置き ガレージ 新築 倉庫 バイク
自宅に小さい物置設置!狭い土地と駐車場のフタに悩まないオススメの選び方!安いタクボGP-157のレビュー

こんにちわ、紫摩(しま)です。 男のロマンといえば“自宅にガ

タムロン 70-300 望遠レンズ ニコン
タムロン望遠レンズ70-300mm画質とAF速度レビュー!手ぶれ補正の性能は?安いレンズだが意外とおすすめ

こんにちわ、紫摩です。 2本目のレンズ選びで候補に挙がってくるの

つな講習 ニーグリップ 上半身 操り方 乗り方
ジムカーナ『つな講習』とは。3つの基礎でうまくなる!初心者~中級トレーニング集(ライン取り・ニーグリップ・回転)の紹介

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回は大見勝成選手が主催する

クリスタルガードプロ コーティング 自動車 ボディ
『クリスタルガードプロ』レビュー!親水ガラスコーティングのメリット・デメリットと車用コーテイングの選び方

こんにちわ、紫摩(しま)です。 新車を購入してまずやっておきたい

グリースメイト KURE ベアリンググリス
ホイールベアリングのグリスアップのやり方!おすすめ万能グリスと使い方

こんにちわ紫摩(しま)です。 今回はホイールベアリングのグリ

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して『送信』で、
    更新情報を無料で通知してくれます(^^)

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑