*

フォーク油面の違いでフィーリングは変わる?(上げる・下げる)ジムカーナや街乗り

公開日: : 最終更新日:2020/04/14 バイク, 比較・検証系(雑学系) ,

油面調整 バイク
こんにちわ、紫摩(しま)です。

バイクのフロントフォークはオイルが入っており、バネの振動(動き)を抑制しています。
フォークオイル交換&オーバーホールは以前やりました。

関連ページ:CBR125Rのフォークオイル交換

その時にちょっと触れた『油面』ですが、3年間いろいろと実験してみてそれでどのように変わるか試したので参考までによろしくお願いいたします。

使用条件は以下の通り

  • 減衰機構なしフォーク
  • ジムカーナ仕様
  • 160㎜(低め)~95㎜(高め)まで
  • 紫摩走行
  • 紫摩の感じたフィーリング

この条件を基に総合的に感じたことをまとめてみます。

SPONSORED LINK

フォークオイル、油面とは簡単に…

油面とはどういうものなのか、調べれば調べるほど難しく混乱してしまいますよね。

簡単に言えばフロントフォークのインナーチューブ(メッキの筒)の中に入っているフォークオイル(ダンパーの役目)の量を指し、フォークトップからの距離で測ります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

デイトナ フォーク油面調整ツール
価格:2096円(税込、送料別) (2018/9/22時点)

 

楽天で購入

(Amazon)油面調整レベルゲージ

使うものはこちらの油面調整キット。減衰機構なしフォークのセッティングではめちゃくちゃ使用頻度が高いので一つ持っておくと便利です。

  • 油面を上げる・・・オイルを増やす
  •  〃 下げる・・・  〃 減らす

この油面を変えるだけでフィーリングやハンドルの切れ方がかなり変わるので面白いです。

※カートリッジフォークの場合でも有効なセッティングです。

オイル量を変えるとどうなる?

まずは簡単にさわりだけ説明します。

油面を上げるとフォーク(筒)の中の空気の量が減ります。油面を下げると反対に空気の量が増えます

空気もバネと同じような性質なので縮ませていくと二字曲線的に反発が強くなっていきます。当然フォークも奥の方で固くなるという仕組みですね。

では空気の量が少ないとどうなるでしょう。
注射器で考えると、すぐにパツパツに感じます。それだけ短い距離で反発が強くなります。

反対に油面を下げる(空気の量が増える)と反発までの距離が長くなる=フォークの沈み込みが深くなります。
ここまで理解できましたでしょうか。

油面とは空気バネをコントロールするという意味でもあります。

油面を上げたときのメリットデメリット

まず油面を上げた場合から見ていきましょう。

この状態は空気量が少なくなりストロークの柔らかい部分が早くに終わる状態。
よって沈み込みの早い段階からフォークオイルの減衰が効きます。

  • ハードブレーキによる過度な沈み込みを抑制できる
  • ピッチングを抑えて落ち着いた乗り味にできる
  • 1G’※で沈み込み量が減る
    ※人間がバイクに跨った状態

メリットはハードブレーキに対応できる

バイク 練習 ホーネット
まず一番の特徴として空気量が少ないために反発が早い段階で来ます
フロントブレーキを握って沈ませるとすぐ跳ね返ってきます。

空気バネレートが高くなり、ハードブレーキングに強くなります。
底付き(油面が低い場合の項目で記述)を防ぐにはいい方法かと思います。

ピッチングも小さくなるので安定志向、前のめり防止などのメリットが生まれます。
ブレンボ対向4ポッド+ダブルディスク仕様などの強力なフロントブレーキを思い切りかけても沈み切りにくいのでタイヤがロックしにくいといったメリットも考えられます。

じゃぁ単純に油面を上げれば上げるほどいいのかというとそうでもないのが難しいところ。

沈み込みの量が少なくなる

1G’時(シートに座った状態)で沈む量が少なくなるので、街乗りでのリバウンド量が稼げません。
急な凹凸で突き上げられたりまたスリップした際の復帰にも弱いです。

良くも悪くもフロント荷重をかけにくいです。
前につんのめる動きは抑制されますが、弱い荷重ではフロントが高く、スピードが上がってくるとアンダー傾向が強いです。街乗りにはちょっと向かないかもしれません。

フォークの沈み込み量が少ないという事は、スピードが遅い小旋回が曲がりにくくなってしまいます
当然、突き出しやリアサスとのバランスを合わせなければいけません。

油面を下げたときのメリットデメリット

次に油面を下げた状態=空気バネの量を増やした状態を見てみます。

  • 油面を下げる=空気が増えるので全体的に柔らかく感じる
  • 1G’時の沈む量も多くなる
  • 反発の位置もフォークストロークの深いところに移動する
  • あまりに油面が低いと底付きしやすくなる

メリットはフォークを縮ませやすくなること

バイク 悪路 山 ツーリング
空気バネの初期はかなり柔らかいです。
フォークを縮ませない状態(主に街乗り)では路面追従性もよくなる傾向があります。

スポーツ走行ではブレーキを掛けると一気に沈ませることができます。
細かいセクションで小回りさせたい時に有利になります。
その反面リバウンド量も多いのでふわふわした感じになり、その時にフロントのグリップが抜けることもあります。一度ふわつくと収拾が難しいです。

ジムカーナなどフロントタイヤへの荷重が強い場合は、柔らかすぎるフォークの場合底付き(フルボトムともいう)してしまうことも無きにしも非ず。
底付きするとフォークが傷むほか、フロントタイヤへの荷重移動が強すぎてスリップダウンの危険もあります。

油面を下げるとスッと沈みやすくなる

空気バネは減衰を持たないので一気に沈んでしまいます。
そして油面が低いためにストロークの奥の方で粘りやコシを効かせられます。

街乗りでは路面の追従性がよく、回頭性も良くなります。

ただし、フォークが上がったり下がったりしている症状が出やすいです。
その場合は恐らくプリロードが足りません。

空気がつぶれる、1G’で沈み込みが大きいため、プリロードをかけてサグ出しします。
※オーバーホールをほったらかしていると内部の空気が抜けて似たような症状になります。

デメリットはサスの動きが激しいこと

空気バネは減衰を持たないので、それだけだとどうしてもフワフワ動きます。

そして強くブレーキをかけるとフルボトム付近まで沈みます。

ブレーキングが未熟だとコーナーでフォークがぴょこぴょこ跳ねるようになり、ハードな切り返しで浮いてしまい、ハンドルがいきなり切れ込んでそのままフロントタイヤがスリップダウンしやすくなります。
サスを縮ませやすくメリハリの効いた速い切り返しができますがその反面扱いにくくなります。

フォークオイルの粘度

勘違いしやすいのが、油面を変えてもフォークのストロークスピードは変わりません。
フォークオイルの粘度はサスペンションのストロークスピード(動く速さ)を変えるだけと覚えていいと思います。

硬すぎても使いにくいし、柔らかすぎても使いにくい。

油面を下げた時のフワフワ感をフォークオイルで抑制しようと考えると曲がらない車両になってドツボにはまります。
色々試したけど結局、純正に近いほうがスポーツ走行でもいい感じでした。

初心者のうちは粘度をかなり上げて落ち着かせていたけど、レベルが上がってくるともっと速く動いてほしいって思って、粘度が戻っていきました。

(楽天)フォークオイル 商品一覧

(Amazon)ワコーズ(WAKO’S)フォークオイル
(Amazon)ホンダウルトラ 10W(純正指定)


(楽天)フォークオイル 商品一覧

(Amazon)ヤマハフォークオイル G15
(Amazon)アッシュフォークオイル #40

まとめ

フォークオイル 交換 バイク
フォークセッティングは好みとバランスなので正直答えが無いというのが結論です。

固いほうがいい、車高が高いほうがいい、またその逆も然り。
油面の調整は減衰機構なしフォークの場合、セットして走ってまた研究しての繰り返し。
結構頻繁に換えてTRYする必要があります。

基本的には純正値が一番バランスが良いのであまりむやみに変更する必要もないかなとは思いますが、多少の上下の変更で自分のライディングに合わせるのはOK。

3車種、油面基準値(減衰機構なしフォークの場合)

  • CBR125R・・・121㎜
  • CBR400RR(NC23)・・・96㎜
  • VTR・・・・105㎜

これを見ると重い車種(ブレーキも強力)の方がフォークオイルの油面が高いことがわかります。その分ピッチングを抑えているという事でしょう。

SS(スーパースポーツ)の場合、車種にもよりますがフロント荷重がかかりやすい車種が多いので、その分、ピッチングを抑えてやると走りやすくなります。

ブレーキに対するストローク量、旋回時のフロントの高さを決めるのが油面のセッティングだと思います。
減衰の動き方(沈み込みや伸びの速さ)はフォークオイルの硬さで決まるので、この油面では関係ありませんがフォークバルブを入れることで減衰調整もでき、セッティングの幅がかなり広がります。

関連ページ:41Φフォークインナーバルブ取り付けレビュー|Mysimasima

という事で、あまりまとまった気がしませんが、油面のセッティング考察でした。

SPONSORED LINK

関連記事

バイク チェーン 錆

梅雨のバイク保管注意点『サビが出やすい部分』湿気や水分はこまめに飛ばす事

こんにちわ、紫摩です。 梅雨の時のバイクの保管方法という事で僕の分かる範囲で紹介します。

記事を読む

DSC01580

PモードとAモードの違い!プログラムシフトを使うと一眼レフが楽しくなる撮影モード

こんにちわ、D5300が相棒のしまです。 さて、カメラファンの方ならもう知っていて当然の撮影モ

記事を読む

CBR125R 女子ライダー

CBR125Rに7年乗った感想『手放さない理由』GSX-R125とスペック比較 

こんにちわ、紫摩(しま)です。 このサイトのメインバイクでもある“CBR125R”をもうか

記事を読む

タイヤ グロム ダンロップ

グロムのタイヤ交換【TT93GP】ハイグリップタイヤのおすすめは?バトラックスやピレリ、デューロはどうなの?

こんにちわ、紫摩です。 グロム(MSX125SF)の純正タイヤで設定されているビーラバーと

記事を読む

ドルツ パナソニック 音波振動歯ブラシ

電動歯ブラシレビュー【パナソニックEW-DE55ドルツ】手磨きには戻れない理由!おすすめポイントと安いものとの違い

こんにちわ、紫摩(しま)です。 久々の商品レビューということで今回新しく買った“電動歯ブラシ”

記事を読む

LED ライト 投光器

自宅ガレージにLED投光器取り付け!ライトの明るさ比較

こんにちわ!紫摩(しま)です! 僕の自宅のガレージは軒下簡易雨よけ程度の自転車が置けるスペ

記事を読む

DSC_0518

DURO(デューロ)グロム用DM-1107Aインプレ!ハイグリップタイヤでジムカーナ走ってみた。

こんにちは、紫摩(しま)です。 ついにグロムのタイヤを交換しました。以前履いていたのはお馴

記事を読む

一眼レフ 雨 レインカバー

一眼レフのカメラ雨対策【レインカバー】オススメを紹介!雨の日はきれいに撮れるぞ!

カメラ小僧見習いの紫摩です。 イベント写真を撮りに行ったのはいいけど、撮影当日に雨だったと

記事を読む

CBR5

ホンダCBR125Rの購入のキッカケとインプレ!加速感と操作性がいいバイク 画像+動画あり

こんにちわ紫摩(しま)です。 家計が厳しい中、CBR125Rの2013年モデルを踏ん張って購入

記事を読む

軽自動車届出済証 バイク 名義変更

バイクを貰った時の名義変更のやり方【250cc編】必要な準備物と金額、流れを紹介!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回このようなテーマを書こうと思ったのも、実はジムカーナ用

記事を読む

スポンサードリンク

コメントを残す

スポンサードリンク

一本橋 コツ
【大型二輪】教習所の一本橋のコツと攻略法(初心者編)

こんにちわ、紫摩ですさ。 大型二輪教習受けてきました。忘れな

フロントブレーキ
【大型自動二輪免許】急制動できない!失敗せずクリアする方法

こんにちわ、紫摩です。 この度、大型自動二輪免許取得にチャレ

ハイパープロ スプリング ZX-10R
【ZX-25Rリアサス】ハイパープロスプリング②走行インプレと乗り心地

こんにちわ、紫摩です。 前回のブログは、ZX-25RにZX-

ハイパープロ スプリング ZX-10R
ZX-25Rにハイパープロのスプリング取り付け(ZX-10R用)①交換方法

こんにちわ、しまです。 今回はZX-10R(2011年以降)

ZX-25R フェンダー 才谷屋
ZX-25Rリアフェンダー「才谷屋」に交換、取り付けだ!カーボンじゃなく黒ゲルの理由

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ZX-25Rのカスタムをしな

チャレンジャー LS2 ヘルメット
LS2ヘルメットのシールドベースが壊れた!チャレンジャー(Challenger)での交換方法

こんにちわ、紫摩です。 LS2ヘルメットのChallenge

プライヤーレンチ クニペックス
プライヤーレンチ【KNIPEX(クニペックス)】がモンキーよりも凄すぎた!

こんにちは!しまです。 このページに来られた方はプライヤーレ

バイク 目線 
バイクの運転がヘタな人とうまい人の違い!事故りやすい人の特徴は?

こんにちわ、紫摩(しま)です。 この手の内容はもう今更感満載

グロム 75 リアウインカー 交換
グロム リアウインカーの外し方、ワレンズに交換

こんにちわ、紫摩(しま)です。 「グロムのリアウインカーを交

ZX-25Rミーティング
四国ZX-25Rミーティングin徳島どなりレポートとカスタム紹介

こんにちわ、紫摩です。 今回のブログは徳島県の道の駅どなりで

→もっと見る

  • 最新記事をメールで通知。

    43人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑