*

ジムカーナでZX-25RノーマルタイヤGPR-300使った結果はこうだった!グリップ力は?空気圧は?

公開日: : ZX-25R(整備・カスタム), バイク

GPR-300 ZX-25R タイヤ
こんにちわ、紫摩(しま)です。

なかなか自分はZX-25Rを乗るだけに必至で、カスタムもインプレも皆様の後出しじゃんけんになっています。

今回はノーマルタイヤのインプレをしたいと思います。

このZX-25RにはダンロップのGPR-300というタイヤがついています。
グリップ力はどうなのか?アマリングは消せるのか?寝かしこみはどうなのか?僕なりに体験談を踏まえて紹介します。

あ、多分ジムカーナガチ勢には参考にならないと思うのでご理解ください。

SPONSORED LINK

ZX-25RとGPR-300の相性とグリップ性能は?

GPR-300 ZX-25R タイヤ GPR-300 ZX-25R タイヤ
画像引用元:Kawasaki

恐らくインプレ系も出尽くしたんじゃないかと言うぐらいみんな喋っていますが、このタイヤの事は誰も語っていません。

まぁそのくらいの物なんでしょうけど、今更ながら参考になれば幸いです。
その前にカタログに書かれている文章を引用しておきます。

【ハンドリングと乗り心地を両立するハイグリップラジアルタイヤ】

ダンロップ社製ハイグリップラジアルタイヤのSPORTSMAX GPR-300は、シチュエーションを問わないハイレベルなグリップ性能によって俊敏なハンドリングと乗り心地の良さを両立。

リアは150/60R17サイズのワイドタイヤを装着することで堂々とした印象を与えています。

引用:Kawasaki

そして以下はダンロップタイヤのHPから抜粋した文章。

ストリートで際立つ軽快なハンドリングと快適な乗り心地。
高次元でバランスするドライ&ウエットグリップ性能とロングライフ性能で街中からワインディングまでをカバーするオールラウンドツーリングラジアル。

これはハイグリップラジアルなタイヤではないです。
カタログや試乗インプレのキラキラきれいごとに騙されてはいけません。

このGPR-300はシティーユース〜ツーリングタイヤです。
競技している人の中ではゴミグリップタイヤという位置づけです

しかし、そんなタイヤが標準で付いていること自体は悪いことじゃなくよくある事です。

温度依存とグリップ力の違い

タイヤ スーパーコルサ
まずツーリングタイヤの利点は雨だろうが晴れだろうが、冬だろうが砂地だろうが、とりあえずどんな状況でもある程度走れるように作られています。
走りながらウォームアップできます。

それが“温度依存性が低い”という事になります。→タイヤ温度に依存しないグリップ力。
逆を言えば、温まってもそこまで鬼のようなグリップ力は発揮しない。

ピレリスーパーコルサやダンロップα13SPなどのレース用タイヤなどはその真逆。タイヤが温まると両面テープのようなグリップ力を発揮します。
フルバンクしても路面に吸い付いて滑る気がしません。

逆に温まっていない状態はグリップ力がすごく悪い。キン肉マン消しゴム状態。

そのためレースなどではタイヤウォーマーを使って予めタイヤ内の空気を温めたりします。(コースに出てから温めるのはタイヤも時間ももったいないという理由もある。)

そんな公道をメインに走るライダーはタイヤ温度が低い状態でもグリップするようなコンパウンドを使っているタイヤがいい。良くてもスポーツタイヤまで。

「ライフが長い」という勘違い

よくツーリングタイヤは「ロングライフだ、長寿命だ」なんて言っていますが、勘違いしてはいけない。
確かに中央が硬くて長距離走行でも問題ないと思います。

しかし寿命とは関係ない。
タイヤに熱が入ると、よくても3年もすればカチコチひび割れタイヤになります。

溝がバリバリに残っててもただ転がっているだけ状態。
賞味期限切れですね。

また、溝の深さが浅くなってきてもグリップ力は当然低下します。

ダンロップタイヤは(モデルにもよるとは思いますが)、8部山ぐらいから急激にグリップ力が下がり、5〜4部山以下になるとスポーツ走行としては使えないぐらいグリップ力が下がる感じらしい。

ツーリングタイヤだからと言ってイコール長年使えると言うわけではないので誤解なさらず。(1回当たりの走行距離が長い人向け。)

GPR300はドライグリップは期待できない

ZX-25R ジムカーナ しま
このタイヤをジムカーナ的スラローム走りで試したところ、リアタイヤが滑って流れて危険な感じがしました。

アクセルオンで滑るのではなく、進入時。
恐らくZX-25Rは重心が前方にあるんだと思うのですが、強めのブレーキングでリアタイヤが流れやすいです

走り込んでタイヤを温めてもグリップ力は期待するほど上がってくれませんでした。(冷えてるよりはグリップする程度。)
逆に夏場に暖め過ぎると熱ダレするというインプレもあり。

ABSもついていますが、バンク中ではタイヤの横滑りは制御できません。

荷重がゆっくり強くかかる場所では違和感なく、変な挙動もなくつま先が擦るぐらいまでバンクしてスムーズに曲がれます。
フロントタイヤ依存な小旋回(フルロックターン)ではすぐ破綻することなくぐいぐい曲がります。(9〜8部山での話。)

しかしネイキッドやモタードなど、ハンドルの高いモデルではフロントタイヤへの荷重が弱いため、同じインプレにはならないでしょう。

150/60のタイヤサイズが特殊

フロントタイヤ110/70-17は250ccクラスの標準ですが、リアタイヤの150/60-17というバイアスタイヤは無い。
安いからバイアスタイヤでいいんですけど、無いんですよね。

70偏平はあるものの、60偏平はラジアルタイヤからになりますね。

そのサイズでグリップのいいスポーツタイヤを探すとなると結構絞られてきます。
次のタイヤ選びはブリヂストンS22か、ダンロップα14か。




価格は高いけどミシュランパワーカップとか?
これは結構履いている人は多い出すね。

うーん、高いのに中途半端なスポーツタイヤを履いて練習するぐらいならGPR-300でいいし、逆にジムカーナで勝負するならスパコルを履かせた方が絶対楽しいだろうし。
でも普通に公道も乗るし悩む。

『軽快なハンドリング』は本当か?

GPR-300 ZX-25R タイヤ
“軽快なハンドリング”と言う風にHPにもいろんな所で書かれていますが、これまたバイクの車種によるところが大きいと思います。
ZX-25Rのホイールリム幅は前3.50J後ろ4.50Jです。

GPR-300の許容リム幅いっぱいのサイズです。

という事は若干引っ張り気味になるという事。
タイヤのラウンドが緩やかになって寝かしこみもマイルド方向へ。
バンキングは穏やかです。むしろなかなかバンクしてくれない。当然切り返しも遅め。

推奨リム幅のホイールに履かせたときは軽快なんだと思いますが、ZX-25Rは全く逆に感じました。

TT900GPみたいなバキバキ寝ていくタイヤとはまた違うし、RX01Rみたいなどこまでもバンクして転がるタイヤともまた違う。

一番気になるのがフロントタイヤのハンドリング。
全然切れてこないしハンドルが重たいです。

トレール量が99㎜なのでレプリカバイクみたいに切れない。直進安定性重視だからでしょうか。

このあたりはタイヤ単体だけじゃなく、バイクの車体バランス、サス、ホイールのリム幅との兼ね合いでかなり変わってきそうです。

空気圧を変えると・・・

デジタル タイヤ 空気圧 温度計 TPMS
最後に空気圧のお話。

空気圧も第二のサスペンションと言われるくらい重要な要素を含んでいます。
※ZX-25Rの指定空気圧は前後とも200kPa(2.00kg/㎠)です。

スポーツ走行をしたり高速道路などを走ったりすると空気圧が高くなります。

それはタイヤの温度(タイヤ内の空気の温度)が高くなって体積が膨張するため。

冷間200kPaで合わせていても温間で230kPaぐらいに上がってタイヤが流れやすくなっていました。

それを温間180kPaに下げるとリアタイヤのスリップもマシになります。
バイアスタイヤで空気圧下げたみたいに途中からぐらっと来る感じではない。

当然バンキングはさらに穏やかになります。切り返しが遅くなる。

フロントはあまり低くしすぎると、切れ込み後半でかなりハンドルが巻き込んできます。
アクセルオンが遅れると転倒のリスクあり。でもいい感じの回頭性。

通常走行ではほぼ変化なし。

総評、まとめ

GPR-300でスポーツ走行するのは少々危険かもしれません。
スリップの挙動に慣れるという練習にはいいかもしれませんが、減っていくとそれこそ転倒のリスクもあります。

ノーマルタイヤ、GPR-300のインプレですが、普通に街乗り〜山道を制限速度内で楽しむぶんにはかなりいいと思います。
雨の日でも全く問題なし。

バイアスハイグリップタイヤより少し高いぐらいの値段でもあるので、手を出しやすいかなと思います。
空気圧を下げても腰砕け感(フニャフニャ、ボヨンボヨン)が無いのはさすがラジアルタイヤの剛性感だと思います。

しかし勘違いしてはいけない。
公道で飛ばすのはハイグリップタイヤ、ツーリングタイヤ問わず御法度。
特に「道志みち」「宮ケ瀬」「あしがくぼ」など峠道で飛ばす人が多くて迷惑ですね。

サーキット行って思い切りぶん回しましょう。(サーキット側からもそういう暴走ライダーはお断りらしい。)

話が逸れましたが、GPR-300はイグリップラジアルタイヤではない、が、オールラウンダーと言うのは本当でした。

SPONSORED LINK

関連記事

ザム CBR125R スプロケ 13T

CBR125Rフロントスプロケ13T交換後のメリット、デメリット!チェーンによっては取り付けできないので注意…弊害が多いぞこれ

こんにちわ、紫摩(しま)です! 最近バイク記事ばっかりなので少々飽きてきたかとは思いますが

記事を読む

火花 錆び プラグキャップ プラグコード

CBR125Rプラグコードから火花?その原因と症状、プラグキャップの交換方法

こんにちわ、紫摩です。 わが愛車のCBR125Rのプラグコードを交換したブログになります。

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シールチェーンの注油不要論は嘘!メーカーに適切なメンテの方法を聞いてみた(DID、RK)

こんにちわ、紫摩(しま)です。 チェーンメンテナンス、もう当たり前で情報がありふれているの

記事を読む

lb_pearl_white

続!OGKカブト『カムイ』の各カテゴリー別レビュー 使ってみての感想

以前、購入時に紹介ブログ(こちら)を書きましたが、今回は使用感なんかを書いていこうかなと思います。

記事を読む

減衰 フォーク 構造

PDバルブのセッティング【VTR250】減衰が弱すぎてフォークがフワフワ。オイル粘度とリバウンド

こんにちわ紫摩です。 先日のサスセッティング沼なのですが、まだ続きがあります。 リアショ

記事を読む

CBR125R レッドゾーン

【CBR125Rインプレ】インパネ周りのデザインとセパレートハンドルのレビュー紹介

こんにちわしまです! 前回のCBR125Rフロント周りのディティール紹介に引き続いて今回はイン

記事を読む

バイク カスタム サス

バイクのカスタムする人はライテクの技術が伸びない!結局ノーマルがベター

こんにちわ、紫摩です。 ジムカーナに限らずライテクを「うまくなりたい」とか「このバイクをき

記事を読む

2890522

CBR125Rに似ている小排気量スポーツバイクのスペックを比較!(YZF-R125、デューク125、RS125、NSR50/80)

80~90年代はレーサーレプリカと呼ばれるスポーツバイクが主流だった。 250ccの軽量、小排

記事を読む

カッティングシート ステッカー 水貼り

曲面へのカッティングシート貼り付け方法とシワの伸ばし方【水貼り】バイクのカウルやヘルメット

こんにちわ、紫摩です。 以前取り付けたグロムのアンダーカウルなのですが、カーボン柄はカッコ

記事を読む

トライジムカーナ

【トライジムカーナへの参加条件と資格】バイク初心者でも出られる!開催地、大会日程の紹介!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 2015年の暮れにジムカーナという競技を知り、2016年春

記事を読む

スポンサードリンク

コメントを残す

スポンサードリンク

一本橋 コツ
【大型二輪】教習所の一本橋のコツと攻略法(初心者編)

こんにちわ、紫摩ですさ。 大型二輪教習受けてきました。忘れな

フロントブレーキ
【大型自動二輪免許】急制動できない!失敗せずクリアする方法

こんにちわ、紫摩です。 この度、大型自動二輪免許取得にチャレ

ハイパープロ スプリング ZX-10R
【ZX-25Rリアサス】ハイパープロスプリング②走行インプレと乗り心地

こんにちわ、紫摩です。 前回のブログは、ZX-25RにZX-

ハイパープロ スプリング ZX-10R
ZX-25Rにハイパープロのスプリング取り付け(ZX-10R用)①交換方法

こんにちわ、しまです。 今回はZX-10R(2011年以降)

ZX-25R フェンダー 才谷屋
ZX-25Rリアフェンダー「才谷屋」に交換、取り付けだ!カーボンじゃなく黒ゲルの理由

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ZX-25Rのカスタムをしな

チャレンジャー LS2 ヘルメット
LS2ヘルメットのシールドベースが壊れた!チャレンジャー(Challenger)での交換方法

こんにちわ、紫摩です。 LS2ヘルメットのChallenge

プライヤーレンチ クニペックス
プライヤーレンチ【KNIPEX(クニペックス)】がモンキーよりも凄すぎた!

こんにちは!しまです。 このページに来られた方はプライヤーレ

バイク 目線 
バイクの運転がヘタな人とうまい人の違い!事故りやすい人の特徴は?

こんにちわ、紫摩(しま)です。 この手の内容はもう今更感満載

グロム 75 リアウインカー 交換
グロム リアウインカーの外し方、ワレンズに交換

こんにちわ、紫摩(しま)です。 「グロムのリアウインカーを交

ZX-25Rミーティング
四国ZX-25Rミーティングin徳島どなりレポートとカスタム紹介

こんにちわ、紫摩です。 今回のブログは徳島県の道の駅どなりで

→もっと見る

  • 最新記事をメールで通知。

    43人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑