*

ZX-25Rのリアサス交換!ZX-10R純正流用、取り付けと加工方法

公開日: : 最終更新日:2021/08/09 ZX-25R(整備・カスタム), バイク

ZX-25R リアサス ZX-10R
こんにちは、しまです。

ZX-25Rブログはネタが薄いですが、カスタムの第●●弾という事でリアサスの交換してみました。

今回はタイトルにもあるようにZX-10Rのリアサスを取り付けしました。

その際の注意点と、交換方法を紹介したいと思います。

そして最後にZX-25Rのリアサスもいくつか紹介していますので参考にしてください。

 

SPONSORED LINK

ZX-25Rのリアサス交換

ZX-25R リアサス ZX-10R
まずノーマルリアショックの良いところ悪いところを話していきます。

やっぱり求める物が決まっていないと、パーツ交換する意味がないし、逆に泥沼にはまってしまう事になりかねません。

ZX-25Rノーマルリアサス
良いところ
  • シンプル
  • 減衰がしっかり効いている
  • バネがしなやか
〃ノーマルリアサス
悪い所
  • バネ交換できない
  • 減衰調整がついてない
  • 減衰力強すぎ

良いところ悪いところは人によって違うので参考までに。

ジムカーナや街乗り、低速ターンでの使いやすさで見た時にデメリットが多い気がします。

とにかく減衰力が強い気がします。
沈むスピードも遅ければ、一回沈んでからの浮き上がりも遅すぎます。

高速コーナーを安定して走れる感じではあります。
ただ、走っているとリア下がりで、切り返しが遅いです。

そこで減衰力の調整だけでも緩めたくて、ZX-10R(2011)のリアサスを流用することにしました。

リアサス交換方法

ZX-25R リアサス ZX-10R
まずリアサスを取り付けている14㎜のボルトナットを緩めます。

今は、緩めるだけ。
下側はここ。

ZX-25R リアサス ZX-10R
上側はフレームのサービスホールから長めのエクステンションを付けて外します。

フルカウルバイクなのに、超簡単、超良心的。
やっぱりレーシングバイクなんだな。

ZX-25R リアサス ZX-10R
ノーマルマフラーの下側にバイクジャッキを当てて、そのまま上げていきます。
やっぱりノーマルは超便利。

社外品マフラーの人はちょっと手間ですが、フレームやステップの下側を持ち上げてください。

ZX-25R リアサス ZX-10R
上げるところがほとんどないですが、短いジャッキだとカウルに当たるかも。

純正マフラーはかなり頑丈なので当てて上げても全く問題なしです。

ZX-25R リアサス ZX-10R
そしてセンタージャッキを徐々に上げていくとボルトにかかっていたテンションが無くなって、ボルトが容易に抜けます。
リアサスを交換する時は、前後スタンドとジャッキが無いと始まりません。





これらは持っておくとかなり便利です。

後は引き抜くだけ。

ZX-25RとZX-10Rのサスの違い

ZX-25R リアサス ZX-10R
ZX-10Rのリアサスはオークションで1万〜2万ぐらいで買えます。
単純に減衰調整機構が付いているのがおいしい。

ただ、アンダーブラケット部分の幅が違うので、そのままポンと取り付けすることは無理です。

ZX-25R リアサス ZX-10RZX-25R リアサス ZX-10R
ZX-25Rの方が細くて、約32㎜幅。

ZX-10Rとは約7㎜程違うので、そのままでは取り付けできません。

ZX-25R リアサス ZX-10R
リンクプレートの内側に出ている部分(赤丸)を片側3.5㎜削ります。

上に置いたカラーと比べて見たら分かりますね。

ZX-25R リアサス ZX-10R
削った後は艶消しブラックを塗るときれいに見えます。
もう元には戻れません。


まぁこういうリンクプレートは腐るほどアフターパーツが出ているので、戻すならナットやワッシャーを挟むか、交換してもいいと思いますけどね。



10R対応のリンクプレートもあるから、加工が嫌な人はそれを付けるのもアリだと思います。

減衰調整が秀逸

ZX-25R リアサス ZX-10R
ノーマルショックとはいえ、さすがZX-10R。
減衰ダイヤルが付いているので、簡易的な減衰調整ができます。

しかも圧側は高速側と低速側の2ウェイタイプ。

基本的には低速側(中央のダイヤル)で調整。
そこから急激な段差での突き上げ時にダンピングが抜けるように外側の六角ナットで高速側を調整できます。

伸び側も別についているので、もうリプレイスサスの簡易版。

セッティングで重要なのは伸び側減衰です。
切り返しのスピードやブレーキングや加速時の姿勢を決めます。

ZX-25R リアサス ZX-10R
インナーチューブの長さも違います。

右がZX-25R純正。
ストローク量が短いです。

これが長ければいいというものではないです。
逆にストロークに余裕があるからって、いっぱい動かすと今度はリア下がりからのブレーキングでリアが浮いて急に切れ込んだりリアタイヤが滑りやすくなったりします。

なので、まずはプリロードやバネレートでちょうどいい塩梅にセットします。

※ZX-10Rの白いバネ(2011年J/Kモデル)のバネレートは9.5kg/㎜。
ZX-25Rのバネレートは10kg/㎜。
なぜか同じ。

線径も0.5㎜太かったり巻き数が1巻少なかったり、ZX-10Rのほうが明らかにバネレートが高そうですが、実際走るとそうでもなかったです。

まとめ

ZX-25R リアサス ZX-10R
取り付けました。
バネレートもほぼ同じ(らしい)、サスの全長も同じ、タンクを避けるスペースもある。
取り付けできるのがすごいね。

でもこれを付けたからって速くなるわけではないです。

調整機構が付いているとセッティング幅が広くなるから、ちゃんとセットを出せるといいけど、ただ付けているだけだと泥沼にはまってしまう事が多いです。

ZX-25R リアサス ZX-10R
やっぱりZX-25Rには専用のアフターパーツがいい。
リンクプレートを加工するのも面倒だし、スプリングも多分合わない。

少し8の字、ワインディングで走ってみた感想は、やっぱり曲がりにくいというかセルフステアがかなり弱い。
プリロードが合ってなくてリア下がりなのか?

元々の純正は減衰が強すぎてリアが上がってこなかったけど、緩めると浮き上がりが速いので切り返しはまだマシになる。
しかし、伸びを緩めるとふわふわしがちになるし、リアタイヤのグリップやトラクションが下がって滑りやすくなる。

ここで車高調整がついていれば、簡単にハンドリングを変えることができます。

まぁこれでしばらく様子見してみます。



ナイトロンはやっぱり最強ですね。
車高調整もついてるけどかなり高い。
オーバーホールでは内部のセッティングもオーダーして変更できるので、アフターサービスはかなりいい。
もし競技で使おうと思っているならナイトロンがいいと思います。


そしてナイトロンのコスパがいいモデルがR1です。
減衰調整が、圧側と戻りがひとつになっているタイプで、ダイヤルは一つ。
状況に合わせていくことは難しいけど、悩む要素が少ないので走りに集中できるのでこれはこれでありかも。



YSSも大手メーカー。
CBR125Rに付けていてかなり良かったです。



最後に、僕が一番付けたいハイパープロ。
これはバネが超すごくて、柔らかいところではしなやかに、強い荷重にはグッと踏ん張ってストロークしすぎない感じ。
ジムカーナのような荷重変化が多いシーンでは特に強い。
シングルレートの方が主流だからあまり情報が無いけど、僕はこれを推します。

という事で、今回は交換手順とリアサスの紹介でした。

SPONSORED LINK

関連記事

トライジムカーナ大会

【トライジムカーナ】大会初参加レポート!坂出HST四国での第2戦!CBR125Rでの順位は微妙・・

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回ジムカーナ記事は“大会初参加レポート”という事で日記的に見

記事を読む

TNT125 転倒 バンパー

TNT125転倒実験!スライダー兼バンパー取り付け!立ちごけ対策になるか?

TNT125を買いました。こんにちは、しまです。 そしてジムカーナをやっている職業病ではな

記事を読む

タイヤ グロム ダンロップ

グロムのタイヤ交換【TT93GP】ハイグリップタイヤのおすすめは?バトラックスやピレリ、デューロはどうなの?

こんにちわ、紫摩です。 グロム(MSX125SF)の純正タイヤで設定されているビーラバーと

記事を読む

スプロケ VTR

【ジムカーナセッティング】VTR250スプロケット変更(ギア比)選び方

こんにちわ、紫摩(しま)です! VTR250をジムカーナ仕様にしていていろいろとセッティン

記事を読む

ダンロップ ジムカーナ 愛媛大会

ダンロップ杯、愛媛ジムカーナ大会へ初参加レポート!バイク初心者が完全アウェーで臨んだ第2戦

こんにちわ、紫摩(しま)です。 2016年9月4日に行われたダンロップオートバイカップ、愛

記事を読む

DSC00135

塩江桜まつりへ原付ツーリングに行ってきた。行基庵と行基の湯を満喫

この4月6日に香川県塩江の方まで桜まつりツーリングに行ってきました。 ホンダジョルノとヤマハJ

記事を読む

VTR ブレーキ キャリパー

VTR250ブレーキ周りカスタム(4PODキャリパー、パッド、マスターシリンダー考察)制動力とコントロール性

こんにちわ、紫摩(紫摩)です。 ジムカーナ用のVTRのカスタムとして結構大事なのがブレーキ

記事を読む

ZX-25R トラブル オイル漏れ

【オイル漏れの次は冷却水漏れ】ZX-25Rの初期トラブル!リコールになるのか?

こんにちは、紫摩(しま)です。 ZX-25Rの初期トラブルとして有名なオイル漏れ。

記事を読む

CBR125R フロントフォーク ダストシール 交換

バイクのフォークダストシール交換方法!ヒビがあれば要注意。必要なジャッキと作業手順をCBR125Rで詳しく紹介

こんにちわ、紫摩(しま)です。 CBR125R整備という事で、今回はフロントフォークのダストシ

記事を読む

汎用 オイルキャッチタンク バイク コンパクト

バイクの汎用オイルキャッチタンク【VTR250】取り付け方と効果 ブローバイのドロドロ対策に

こんにちわ、紫摩です。 前回の記事でKTM内圧コントロールバルブを取り付けて、乳化したブロ

記事を読む

スポンサードリンク

コメントを残す

スポンサードリンク

一本橋 コツ
【大型二輪】教習所の一本橋のコツと攻略法(初心者編)

こんにちわ、紫摩ですさ。 大型二輪教習受けてきました。忘れな

フロントブレーキ
【大型自動二輪免許】急制動できない!失敗せずクリアする方法

こんにちわ、紫摩です。 この度、大型自動二輪免許取得にチャレ

ハイパープロ スプリング ZX-10R
【ZX-25Rリアサス】ハイパープロスプリング②走行インプレと乗り心地

こんにちわ、紫摩です。 前回のブログは、ZX-25RにZX-

ハイパープロ スプリング ZX-10R
ZX-25Rにハイパープロのスプリング取り付け(ZX-10R用)①交換方法

こんにちわ、しまです。 今回はZX-10R(2011年以降)

ZX-25R フェンダー 才谷屋
ZX-25Rリアフェンダー「才谷屋」に交換、取り付けだ!カーボンじゃなく黒ゲルの理由

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ZX-25Rのカスタムをしな

チャレンジャー LS2 ヘルメット
LS2ヘルメットのシールドベースが壊れた!チャレンジャー(Challenger)での交換方法

こんにちわ、紫摩です。 LS2ヘルメットのChallenge

プライヤーレンチ クニペックス
プライヤーレンチ【KNIPEX(クニペックス)】がモンキーよりも凄すぎた!

こんにちは!しまです。 このページに来られた方はプライヤーレ

バイク 目線 
バイクの運転がヘタな人とうまい人の違い!事故りやすい人の特徴は?

こんにちわ、紫摩(しま)です。 この手の内容はもう今更感満載

グロム 75 リアウインカー 交換
グロム リアウインカーの外し方、ワレンズに交換

こんにちわ、紫摩(しま)です。 「グロムのリアウインカーを交

ZX-25Rミーティング
四国ZX-25Rミーティングin徳島どなりレポートとカスタム紹介

こんにちわ、紫摩です。 今回のブログは徳島県の道の駅どなりで

→もっと見る

  • 最新記事をメールで通知。

    43人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑