*

ZX-25Rのリアサス交換!ZX-10R純正流用、取り付けと加工方法

公開日: : 最終更新日:2021/08/09 ZX-25R(整備・カスタム), バイク

ZX-25R リアサス ZX-10R
こんにちは、しまです。

ZX-25Rブログはネタが薄いですが、カスタムの第●●弾という事でリアサスの交換してみました。

今回はタイトルにもあるようにZX-10Rのリアサスを取り付けしました。

その際の注意点と、交換方法を紹介したいと思います。

そして最後にZX-25Rのリアサスもいくつか紹介していますので参考にしてください。

 

SPONSORED LINK

ZX-25Rのリアサス交換

ZX-25R リアサス ZX-10R
まずノーマルリアショックの良いところ悪いところを話していきます。

やっぱり求める物が決まっていないと、パーツ交換する意味がないし、逆に泥沼にはまってしまう事になりかねません。

ZX-25Rノーマルリアサス
良いところ
  • シンプル
  • 減衰がしっかり効いている
  • バネがしなやか
〃ノーマルリアサス
悪い所
  • バネ交換できない
  • 減衰調整がついてない
  • 減衰力強すぎ

良いところ悪いところは人によって違うので参考までに。

ジムカーナや街乗り、低速ターンでの使いやすさで見た時にデメリットが多い気がします。

とにかく減衰力が強い気がします。
沈むスピードも遅ければ、一回沈んでからの浮き上がりも遅すぎます。

高速コーナーを安定して走れる感じではあります。
ただ、走っているとリア下がりで、切り返しが遅いです。

そこで減衰力の調整だけでも緩めたくて、ZX-10R(2011)のリアサスを流用することにしました。

リアサス交換方法

ZX-25R リアサス ZX-10R
まずリアサスを取り付けている14㎜のボルトナットを緩めます。

今は、緩めるだけ。
下側はここ。

ZX-25R リアサス ZX-10R
上側はフレームのサービスホールから長めのエクステンションを付けて外します。

フルカウルバイクなのに、超簡単、超良心的。
やっぱりレーシングバイクなんだな。

ZX-25R リアサス ZX-10R
ノーマルマフラーの下側にバイクジャッキを当てて、そのまま上げていきます。
やっぱりノーマルは超便利。

社外品マフラーの人はちょっと手間ですが、フレームやステップの下側を持ち上げてください。

ZX-25R リアサス ZX-10R
上げるところがほとんどないですが、短いジャッキだとカウルに当たるかも。

純正マフラーはかなり頑丈なので当てて上げても全く問題なしです。

ZX-25R リアサス ZX-10R
そしてセンタージャッキを徐々に上げていくとボルトにかかっていたテンションが無くなって、ボルトが容易に抜けます。
リアサスを交換する時は、前後スタンドとジャッキが無いと始まりません。





これらは持っておくとかなり便利です。

後は引き抜くだけ。

ZX-25RとZX-10Rのサスの違い

ZX-25R リアサス ZX-10R
ZX-10Rのリアサスはオークションで1万〜2万ぐらいで買えます。
単純に減衰調整機構が付いているのがおいしい。

ただ、アンダーブラケット部分の幅が違うので、そのままポンと取り付けすることは無理です。

ZX-25R リアサス ZX-10RZX-25R リアサス ZX-10R
ZX-25Rの方が細くて、約32㎜幅。

ZX-10Rとは約7㎜程違うので、そのままでは取り付けできません。

ZX-25R リアサス ZX-10R
リンクプレートの内側に出ている部分(赤丸)を片側3.5㎜削ります。

上に置いたカラーと比べて見たら分かりますね。

ZX-25R リアサス ZX-10R
削った後は艶消しブラックを塗るときれいに見えます。
もう元には戻れません。


まぁこういうリンクプレートは腐るほどアフターパーツが出ているので、戻すならナットやワッシャーを挟むか、交換してもいいと思いますけどね。



10R対応のリンクプレートもあるから、加工が嫌な人はそれを付けるのもアリだと思います。

減衰調整が秀逸

ZX-25R リアサス ZX-10R
ノーマルショックとはいえ、さすがZX-10R。
減衰ダイヤルが付いているので、簡易的な減衰調整ができます。

しかも圧側は高速側と低速側の2ウェイタイプ。

基本的には低速側(中央のダイヤル)で調整。
そこから急激な段差での突き上げ時にダンピングが抜けるように外側の六角ナットで高速側を調整できます。

伸び側も別についているので、もうリプレイスサスの簡易版。

セッティングで重要なのは伸び側減衰です。
切り返しのスピードやブレーキングや加速時の姿勢を決めます。

ZX-25R リアサス ZX-10R
インナーチューブの長さも違います。

右がZX-25R純正。
ストローク量が短いです。

これが長ければいいというものではないです。
逆にストロークに余裕があるからって、いっぱい動かすと今度はリア下がりからのブレーキングでリアが浮いて急に切れ込んだりリアタイヤが滑りやすくなったりします。

なので、まずはプリロードやバネレートでちょうどいい塩梅にセットします。

※ZX-10Rの白いバネ(2011年J/Kモデル)のバネレートは9.5kg/㎜。
ZX-25Rのバネレートは10kg/㎜。
なぜか同じ。

線径も0.5㎜太かったり巻き数が1巻少なかったり、ZX-10Rのほうが明らかにバネレートが高そうですが、実際走るとそうでもなかったです。

まとめ

ZX-25R リアサス ZX-10R
取り付けました。
バネレートもほぼ同じ(らしい)、サスの全長も同じ、タンクを避けるスペースもある。
取り付けできるのがすごいね。

でもこれを付けたからって速くなるわけではないです。

調整機構が付いているとセッティング幅が広くなるから、ちゃんとセットを出せるといいけど、ただ付けているだけだと泥沼にはまってしまう事が多いです。

ZX-25R リアサス ZX-10R
やっぱりZX-25Rには専用のアフターパーツがいい。
リンクプレートを加工するのも面倒だし、スプリングも多分合わない。

少し8の字、ワインディングで走ってみた感想は、やっぱり曲がりにくいというかセルフステアがかなり弱い。
プリロードが合ってなくてリア下がりなのか?

元々の純正は減衰が強すぎてリアが上がってこなかったけど、緩めると浮き上がりが速いので切り返しはまだマシになる。
しかし、伸びを緩めるとふわふわしがちになるし、リアタイヤのグリップやトラクションが下がって滑りやすくなる。

ここで車高調整がついていれば、簡単にハンドリングを変えることができます。

まぁこれでしばらく様子見してみます。



ナイトロンはやっぱり最強ですね。
車高調整もついてるけどかなり高い。
オーバーホールでは内部のセッティングもオーダーして変更できるので、アフターサービスはかなりいい。
もし競技で使おうと思っているならナイトロンがいいと思います。


そしてナイトロンのコスパがいいモデルがR1です。
減衰調整が、圧側と戻りがひとつになっているタイプで、ダイヤルは一つ。
状況に合わせていくことは難しいけど、悩む要素が少ないので走りに集中できるのでこれはこれでありかも。



YSSも大手メーカー。
CBR125Rに付けていてかなり良かったです。



最後に、僕が一番付けたいハイパープロ。
これはバネが超すごくて、柔らかいところではしなやかに、強い荷重にはグッと踏ん張ってストロークしすぎない感じ。
ジムカーナのような荷重変化が多いシーンでは特に強い。
シングルレートの方が主流だからあまり情報が無いけど、僕はこれを推します。

という事で、今回は交換手順とリアサスの紹介でした。

SPONSORED LINK

関連記事

エルリボン PH7 XR100 取り付け

XR100にエルリボンLEDヘッドライト交換!気になる明るさと取り付け方。PH7タイプの光量もここまできたか!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 LEDヘッドライト、もうずいぶんメジャー化してきましたがま

記事を読む

タイヤ スーパーコルサ

【ZX-25Rタイヤ考察】ハイグリップタイヤとツーリングタイヤの違いと選び方

こんにちは、紫摩です。 皆さん、バイクのタイヤは何を履いてますか? カテゴリーがいっぱい

記事を読む

後期グロム MSX125

後期グロム(JC61)シールチェーンに交換(RK ブラックスケール)106リンク

こんにちわ、紫摩です。 今回はグロムのチェーン交換。納車1年くらいで早くも伸びてきました。

記事を読む

DSC00314

四国中央市へ霊場ソロツーリング!三角寺~琴弾公園~仁尾マリーナに迷い込みつつ絶景の弥谷寺へ!

こんにちわ、しまです(^_^)/ 今日はですね、霊場巡りソロツーリング第二弾ということで 愛

記事を読む

バイク ハンドル

グロム/MSX125のハンドル考察最終?【カブプロ110(JA10)】転倒すると曲がる!

こんにちわ、紫摩です。 MSX1225SF(グロム)って転倒すると純正ハンドルがすぐ曲がり

記事を読む

マフラー交換

バイクのマフラー交換で絶対失敗しない方法と必要な物!CBR125RとWR’Sマフラーで取り付け手順の紹介

こんにちは、紫摩(しま)です。 今回CBR125R用のマフラーということでWR'S(ダブル

記事を読む

チャレンジャー LS2 ヘルメット

LS2ヘルメットのシールドベースが壊れた!チャレンジャー(Challenger)での交換方法

こんにちわ、紫摩です。 LS2ヘルメットのChallenger C(カーボン)GTを買って

記事を読む

2019第1戦トライコース

トライジムカーナ2019第1戦レポート 岡山バイクジムカーナ大会、優勝はやっぱりあの方…

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回もトライジムカーナ大会レポートを書いていきます。201

記事を読む

ばくおん プロテクター

通勤でプロテクターは恥ずかしい?おすすめプロテクターはコミネで決まり。バイク乗りなら着けて当然!

こんにちわ、CBR125R乗りの紫摩(しま)です。 今回のテーマはバイクに乗るための安全装

記事を読む

才谷屋ファクトリー VTR250 インナーフェンダー 取り付け

【VTR250インナーフェンダー取り付け】才谷屋ファクトリーがおすすめ!ガルアームみたいなデザインがかっこよすぎる

こんにちわ紫摩です。 VTRのインナーフェンダー(リアフェンダー)の取り付けを行いましたのでレ

記事を読む

スポンサードリンク

コメントを残す

スポンサードリンク

Uターン バイク 曲がり方
実は誰でもできる!Uターンが劇的にうまくなるやり方は、技術ではなく考え方だった

こんにちは、紫摩です。 いつもありがとうございます。

VFR800F タイヤ
排気量マウントする気持ちがわかる!250cc→大型バイクVFR800に乗り替えたら○○だった!

こんにちわ、紫摩です。 大型バイク、VFR800Fを買って約

ロッソ4 ROSSOⅣ タイヤ
【VFR800Fタイヤ】ロッソ4(クワトロ)でフルバンク攻めてみた結果…大型バイクでのグリップ力を検証

こんにちは、紫摩です。 いつもありがとうございます。 VF

VFR800F ジムカーナ
大型バイクのライテク【切り返し】重いバイクの乗り方は?

こんにちは、しまです。 大型バイクを購入して色々ツーリングや

VOLNA-9 レンズ カメラ
星ボケ最高!ロシア製VOLNA-9オールドレンズ買ってみた!マイクロフォーサーズに付けた作例も。

こんにちわ、紫摩です。 オリンパスE-M5 Mark3を買っ

レンズ
標準レンズ焦点距離50㎜は使えない、難しい、中途半端!初心者がおすすめしない理由

こんにちわ、紫摩です。 バイク競技のほかに実はハマっているの

オリンパス EM-5Mark3 14-150
マイクロフォーサーズ超コスパ良いレンズ見つけた!14-150㎜ OM-D EM-5Markに付けてみた

こんにちわ、紫摩です。 久々のカメラブログです。

Google Adsense 源泉徴収
Googleから税率30%の郵便が届いたら…。IMPORTANT TAX RETURN DOCUMENT ENCLOSED。納税義務はあるのか?YouTubeやブログでの税務情報をチェック

こんにちわ、紫摩です。 先日外国から郵便物が届きました。

スイングアームVFR800F チェーン調整
片持ちスイングアームバイク(VFR800F)のチェーン調整方法、締め付けトルクとやり方

こんにちは、紫摩です。 今回は短いですが、チェーン調整のブロ

VFR800F
VFR800Fが不人気?生産終了(2022)でいきなり人気になりそう

こんにちわ、紫摩(しま)です。 先日もお伝えしたVFR800

→もっと見る

  • 最新記事をメールで通知。

    44人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑