*

VTRホイールベース短縮のメリットは?スイングアーム削り加工でチェーンのコマを詰める

公開日: : 最終更新日:2020/03/21 VTR250(整備・カスタム), ジムカーナ関係, バイク, 日記, DIY

VTR スイングアーム 短縮
こんにちわ、紫摩(しま)です。
VTRカスタムで流行っている?スイングアーム短縮加工を僕もやってみました。

主にモタードバイクが小旋回を得るためにホイールベースを短くするという理由で切断~溶接加工するのが一般出来でしょうか。
VTRも簡単な加工でそれを再現できます。

ただ、結論から言うといい面もあれば悪い面もある、やらない方が結果的にいいかも、という感じに思いました。

作業内容などの写真を撮りましたので参考にしてみてください。

SPONSORED LINK

スイングアーム短縮加工、手順

VTR スイングアーム 短縮
単純な話、リアタイヤのアクスルシャフトの穴を前方に削り加工してやると、タイヤ数センチ前に寄せることができます。
よってホイールベースが短くなるという仕組み。

でもメーカーがこのホイールベース、このスイングアームの長さ、リアサスの角度などを決めているという事は・・・・
お分かりですね、あまりメリットが無いという事です。

それでもやるよという方は是非どうぞ!

VTR スイングアーム 短縮
ディスクグラインダーやリューターなどを駆使して前に10㎜広げましょう。
ちゃんとメジャーで計って左右同じにします。

VTR スイングアーム 短縮
最後は棒ヤスリを使って形を整えたらとりあえずは完成。
形が歪んでいないか端は斜めになっていないか、後端からの距離は左右で合っているか確認してください。

チェーンアジャスターのナットが取り付けできない

VTR スイングアーム 短縮
VTRのチェーンアジャスターはスイングアームの後端に調整ナットロックナットの二つで取り付けしていますが、チェーンテンショナー(スイングアームの中に入っているやつ)が前に移動したことによって、ボルトの出幅が短くなってしまいました。

VTR スイングアーム 短縮
ナットのかかり幅を確保するために後端を5㎜程度切断します。

これの注意点は、左右均等に。
そしてきちんと直角を出さないとチェーンテンショナーのプレートが直角に当たらなくなって浮きます。

VTR スイングアーム 短縮
こんな感じで後端も真っすぐ削るのが難しいので、意外と根気のいる作業でした。
多分素人の手作業なので、ノギスやメジャーで同じ長さに合わせましたが、目に見えない誤差(コンマ数ミリ?)とか出ていると思われます。

1年街乗りやスポーツ走行を繰り返しましたが、これと言って不具合は無いのでDIYとしてはまずまず成功です。

ただ、バイクの動きや旋回性能に関してのメリットはあったのかと言えば疑問です
そこで考えられる原因やメリットデメリットなどを挙げてみました。

スイングアームを短くするメリット、デメリット

メリットやデメリットを自分なりに体感して紹介します。

まずメリットは、ホイールベースが短くなることで旋回性能が上がることが期待されます。

街乗りではあまり意味ないかもしれませんが、ジムカーナでは小旋回でいかに最短距離を走るかという部分もあるので、可能な限り小回りしたいためです。

デメリットは結構あります。

  • 正確にやらないとホイールのセンターが出ない。
  • リアサスの動きが変わる。(レバー比の原理で)
  • フロントフォークの動きまで変わる。
  • タイムは。。。僕レベルでは全く変わらない。

ホイールベースを短くして小旋回

小旋回を行うには(沢山あるが)簡単に言うと2通りあると考えられます。

ひとつは①ハンドルを切って曲がる事。もう一つは②フォークを縮ませること。
そしてホイールベースが短くなるとフロントタイヤの軌道半径が小さくなるため、より小回りします。
ミニバイクがいい例です。

※フォークやリアサスを縮ませるという事はブレーキングやバンクさせるという事もあるので長くなってしまうため割愛します。

車体の落ち着きがないためフロントのサスも暴れる

リアが仕事をしないせいか、フロントフォークばかりぴょこぴょこ動きます。
そして沈んだらハンドルの切れ込みも鋭くなります。このあたりはホイールベースを短くした効果でしょう。

加速時の前後荷重はリアタイヤ寄りになってフロントフォークが浮きやすくなります。
突き出しをすると通常は良くても、沈み込んだらヤバいぐらい切れ込む車体に。

早い話がフロント重視な動きに感じ、スラロームなどコントロールしにくくなります。

前後荷重、ホイールベース、キャスター角、いろんな条件が複雑に絡み合うのでどこを取れば良くて何が悪さをしているのかを探るのが難しいです。
そのままのセッティングで「スイングアームを短縮すれば小回りができる」と思ったらちょっと間違いです。

リアサスが沈みにくくなる、動きが弱くなる

スイングアーム短縮 アクスル VTR
アクスルからリアサス取付位置までの距離が短くなる。てこの原理で言うと短い工具でボルトを締めるときと同じ

反対も同じでタイヤに荷重をかけるのが弱くなるという事。よってリアサス的には沈ませにくい状態ですね。

セッティングを変えないと沈みこみ自体は減る方向です。
(フィーリング的にはバネレートが高くなると似ています。)

プリロードを弱めたらいいのでは?

1G’時に沈む量を増やす⇒リアは沈みにくいのに常にリア荷重。
⇒スピードを出す所、街乗り、登りの峠ではアンダーで曲がりにくい。

伸び側ストロークが多いので前のめりになりやすい。

伸び側減衰を上げるんだよ

最大に締めると小旋回では落ち着きますが、スラロームや高速セクションでリアが沈みっぱなしになります。

リアの車高を上げればいいやん?

ナイトロンリアサス全開に上げております。

フォークの突き出しは?

10㎜ぐらい出しております。

バネレートを下げてプリをかける

僕の予想では体感10~20%ぐらいはバネレートが高くなっている模様。
そこで柔らかいバネに変えてプリロードで調整してちょうど良くなった感じ。

でもそれでは本来の「荷重をかける」という意味では逆効果。(車体は沈むがタイヤを路面に押し付ける力は弱くなる。)

ほんとバランスをどこに合わせたらいいのか分からなくなってきました。

アンチスクワットやアンチリフトはどう変わる?

CB250R VTR スイングアーム 違い

  • :VTR短縮
  • :VTRノーマル
  • 黒:CB250Rノーマル

【ホイールベース】

  • VTR:1410㎜
  • CB250R:1355㎜
    (-55㎜)

参考にホンダCB250Rのスイングアームと比較して比べてみました。
バイクって基本的にスイングアームが足れているのが正常なんですって。

関連ページ:加速でリアが沈まない|バイクの系譜

加速時にリアが沈まないようにするのがアンチスクワット、減速時はアンチリフトで伸びを抑制させる。

なのでスイングアームは基本的に足れさせたままで居させたい。

そこでスイングアームを長くすると姿勢変化が小さくなるのでアンチスクワットもアンチリフトにおいても効率がいい。
マシンコントロールはやりやすいと言われています。最近のバイクの主流ですね。

逆に意図して短くすると今まで以上にスイングアームを動かす方向になるので、結果としてやっぱりいい考え方では無さそう。

ホイールベースを短縮すれば旋回性能が上がるとは限らない

ミニバイク グロム ジムカーナ
スイングアーム(ホイールベース)を短縮したラ全ての面で旋回性能が上がるとは限りません。
というのも、確かに低速旋回のターンは小回りできるようになりましたが、それ以外が全然ダメ。

前後バランスがかなり悪くなります。

VTR 小旋回 ジムカーナ
コーナーって、進入、セルフステア、立ち上がりなど総合的にサスや身体を使って曲げていかなければ速くは走れません。

ブレーキングでリアが滑ったりフロントフォークが跳ねたり、バンクしにくかったりハンドルが切れすぎて転倒したり…
そんな事では話になりません。

ホイールベース云々の前にもっと重要な車体バランスというものを損なってしまっては意味がないです。

大型バイク ジムカーナ的 ZRX
ビッグバイクやモタード、ほかの車両はどうかわかりませんが、VTR250でアクスルシャフトをたかだか30㎜前にずらしただけでも動きが変わりました。

コントロール性を損ないやすくなるのも、スイングアーム短縮のデメリットではないかなと思います。
(マシンセッティングを詰めれば解決できる可能性は十分にあり。)

タイヤサイズによってスイングアームに当たる

VTR スイングアーム 短縮
最後に一番の問題点はタイヤが入らない可能性があるという事。僕は2コマ(1リンク)詰めています。外プレートと内プレート1枚ずつ。

150/60-17(612㎜)のサイズで合わせていると140/70-17の純正サイズ(628㎜)でパツパツ150/70-17(642㎜)では取り付けすらできません。

スプロケの丁数とチェーンのコマとの相性なのでもっと伸ばせば大丈夫ですが、苦労の割にあまり変わらない結果になります。

VTR スイングアーム 短縮
更にこれ以上詰めている方もいますが、次はリアサス取り付け部分の根元の切断加工が必要になってきます。
※VTRはプレート2枚で支えるだけになるため、ねじれや横の強度が落ちるらしいので僕はこの辺で終わりにしておきます。

SPONSORED LINK

関連記事

練習 スポーツ走行 ジムカーナ Vfr800F

VFRが曲がらなくなったカスタム(HYPERPRO)不等レートフォークスプリング編。カーブで気持ちよく走りたい人には難しい

こんにちわ、紫摩です。 今回VFR800Fにハイパープロのフォークスプリングを交換したブロ

記事を読む

CBR125R ギア比

【バイクのギア比CBR125R】ジムカーナで加速をよくするスプロケ選び!17Tで1速を使うか13Tで2速を使うか…

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ジムカーナという競技をはじめてCBR125Rのギア比に

記事を読む

タムロン 70-300 望遠レンズ ニコン

タムロン望遠レンズ70-300mm画質とAF速度レビュー!手ぶれ補正の性能は?安いレンズだが意外とおすすめ

こんにちわ、紫摩です。 2本目のレンズ選びで候補に挙がってくるのが望遠レンズではないでしょうか

記事を読む

ZX-25Rミーティング

四国ZX-25Rミーティングin徳島どなりレポートとカスタム紹介

こんにちわ、紫摩です。 今回のブログは徳島県の道の駅どなりで行われたZX-25Rミーティン

記事を読む

ゲイルスピードラジアル ブレーキ

バイクジムカーナ、ブレーキレバーの選び方と比較 握り方はどうする?

こんにちわ、紫摩(しま)です。 皆さんブレーキレバーはどういうものに交換していますか?

記事を読む

CBR125Rレバー3

バイクのレバー交換の注意点と手順!CBR125Rのカスタムや作業で分かりやすく紹介!

こんにちわしまです! 今回もCBR125Rの整備という事で、簡単にレバー交換手順を紹介したいと

記事を読む

仕事用の靴 バイク用

オールマイティーなハイカットシューズ バイク用に作業用安全靴はどうなのか買ってみた。

こんにちわしまです! 今日はArrowMax(アローマックス)という作業用安全靴のお話です。

記事を読む

大型バイク

ビッグツアラーバイクでジムカーナに挑戦!重量級でも速さを追求

こんにちわ、しまです。 タイトルにもありますように、ビッグツアラーに乗っている方で低速競技(ジ

記事を読む

ジムカーナ グロム

【バイクのライテクが上達しない理由】スランプの原因はセンスではない

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ジムカーナを始めて4年ぐらいたったのですが、どうも成長が止まっ

記事を読む

マフラー交換 ジョイントガスケット 

【VFR800Fのマフラー交換失敗した話】ジョイントガスケットが入らない原因はこれだった

こんにちわ、紫摩です。 マフラー交換の時に厄介になるのがマフラージョイントガスケットの交換

記事を読む

スポンサードリンク

コメントを残す

スポンサードリンク

no image
香川の交通マナーの悪さから学ぶ【信号で一番危険なのは青信号だ!】道路交通法と安全運転の豆知識

お世話になっております。紫摩です。 今回も私の指導員審査勉強にお

ロッソ4 タイヤ 
バイクの“乗りやすさ”はフロントタイヤ選びが重要だった?10割のライダーが誤解するハンドリングの良し悪しを検証してみた

こんにちは、紫摩です。 今回は謝罪も兼ねてバイクのハンドリン

cc-drivingaptitudetest-ktype-odtype_img_002
交通事故は決まった人が何度も起こす事実が判明!多発者の心理と傾向

こんにちは、紫摩です。 只今、教習指導員審査にむけて猛勉強中

ぱくたそ
教習所は免許を取らせるための施設だった?一発試験と何が違うのか。転職、入社してすぐ思ったこと

こんにちわ、紫摩です。某教習所に入社して思ったことを書いていきます

VFR ステムナット ハンドル
ステムアジャストナットの締め付け具合で何が変わる?やり方と注意点

こんにちは、紫摩です。 以前からVFR800Fのハンドリング

ぱくたそ
30代後半からの転職がNGな人は?実際に仕事を辞めて分かった3つの事

こんにちは、紫摩です。 令和になって転職ブームとも言われてい

VFR800F 練習
【リアサス考察】ハイパープロはほんとにメリットのあるスプリングなのか?

バイクのフロントフォーク、リアサスにはスプリングがついており、この

グロム シート加工 ノイワットダン
バイクのシート加工(ローダウンなど)のやり方とコツ!ポジション変更で快適ライディングを

こんにちわ、紫摩です。 グロムのシート加工を、ようやく重

ハンドル ZX-25R 交換
バイクのハンドルが切れ込むのは腕が原因?空気圧やサスの調整で分かった真実

こんにちは、紫摩です。 今回はバイクの動きについて気になるこ

宅配ボックス
【置き配のメリット、デメリット】元郵便配達員がおすすめする宅配ボックスと設置方法

こんにちわ、紫摩です。今回はネットショッピングで買った配達に関する

→もっと見る

  • 最新記事をメールで通知。

PAGE TOP ↑