*

【YSSリアサス交換】CBR125Rジムカーナ、サスセッティング!タイヤグリップの限界が上がって転倒回数が減る

CBR125R リアサス YSS リアショック 取り付け
こんにちわ、紫摩(しま)です。

いつも皆さまブログとYouTubeを見て(観て)くださってありがとうございます。
今回のテーマはCBR125Rのリアサスについて。
ジムカーナ仕様でカスタムしていて、とにかく変化があったのがリアサスの交換でした。

「動きがわるい」「安定しない」「もっとこうしたい」なんて思っている方は今回のレビューを参考にしてください。

SPONSORED LINK

リアサスを交換するキッカケ

CBR125R リアサス YSS リアショック 取り付け
普通に街乗りしたりツーリングするだけなら純正のサスで十分。
ヘタっていようがなにしようが特に問題は無いかと思われます。

  • フワフワが落ち着かない
  • フロントorリアが滑る
  • セルフステアで急に切れ込む
  • 切り返しで車体が付いてこない

ジムカーナで走ってみて回転での進入でリアが滑ったりタイヤへのグリップ感(接地感)が無いのでコーナー中にフラフラして転倒したりと、すべての面でネガティブな症状が出ていました。

CBR125R リアサス YSS リアショック

上:純正

下:YSSリアサス

注目はバネの形状。
純正は不等レート、またはツーステップレート。

初期は柔らかく、中間ぐらいから硬くなる仕様。
いろんなシーンに対応するための合理的なバネ形状で、一気に沈んでも踏ん張りが効く。

そもそもセッティングできないので自分に合わないことが多い。

YSSは動きが一定のシングルレートスプリング。
サーキットなどの競技で好まれることが多く、良し悪しがはっきりしています。

ただ、柔らかいとことに合わすか、最大荷重で合わすか、かなりセッティング幅が狭いバネ形状です。

CBR125R用YSSリアサスで出来ること

CBR125R リアサス YSS リアショック 取り付け CBR125R リアサス YSS リアショック 取り付け
製品的にはMXシリーズというフルアジャスタブルのサスペンションですが、国内正規販売ではなくタイから直接買ったので半額ぐらいで買えました。

参考:CBR125R用パーツ一覧|FADDY BIKE

  • 圧側ダンパー3段
  • 伸び側ダンパー60段
  • プリロード無段階調整
 強める弱める
圧側ダンパー踏ん張りが効く
駆動を伝えやすい
リアが滑りやすい
接地感が薄い
路面追従がよくなる
リアが滑りにくい
動きが分かりやすい
フワフワする
伸び側ダンパー切りこみ感が少なくなる
追従性が悪くなる
追従性が良くなる
切れ込む
フワフワする
プリロード圧側ダンパーとほぼ同じ
体重が重い人は強める
体重の軽い人は弱める
車高上げるとクイックに曲がる
フラフラしやすい
下げると重心が下がって安定する
曲がりにくくなる

自分の走りや癖に合わせて減衰調節やバネの調整を変更します。

CBR125R リアサス YSS リアショック 取り付け
圧側の減衰調整はソフト、ミディアム、ハードの3段階。
段階が少ないからと言って悪いわけではなく、変化が分かりやすいのでセッティングしやすい。

バイクの基本はリアにあり。

サグ出しを決めて街乗りは似たような反発でも、荷重をかけて行ったときにちゃんと沈んで安定するか、そのまま突っ張って跳ねるかの違い
もちろんYSSの方が優秀なのは当然。

バネと減衰の違い(柔らかめor硬め

※ここで言う硬いとか柔らかいというのは“体感的に”と言う意味です。

【柔らかめ】
  • 減衰弱め
  • プリロード弱め
  • バネレート下げる、など

路面追従性が良くなるので、細かい急な切り返しでも接地感があります
伸び側減衰を弱めるとリアが浮くので、旋回は悔い区になります。

逆にリアが落ち着かない(動きが速い)のでバイクが終始跳ねます。
ブレーキングアクセルワークが下手で荷重をかけ続けられないとふわつきます。(サスペンションオイルの劣化も似たような動き)

高速時に段差やアクセルワークで跳ねる動きが大きめ。
バネレートが低いと過大な入力には一気に沈んで底付きを起こしやすい。

動きはわかりやすいが攻め込んだ時にフワフワなので初心者には扱いにくい。
【硬め】
  • 減衰強め
  • プリロード締めこむ
  • バネレートを高くする、など

強い荷重にも踏ん張りが効くのでハードな乗り方でもサスの動きが落ちついて安定志向。伸び側を強めると“前のめり”を防げる。
圧側を強めるとゆっくり動きます。

逆に切り返しで車体の動きがワンテンポ遅れます。
初心者のうちはふわふわを嫌って減衰を挙げがちですが、そういう使い方をすると遅くなります。

急な荷重変化に追従しにくいのでラフな操作をするとタイヤのスリップの危険が増えます。
バネレートを上げると反発強くて荷重が弱いと滑ります。

車体が安定する反面、路面や操作が悪いとグリップが抜けやすい

YSSリアサス取り付け編

CBR125R リアサス YSS リアショック 取り付け
フロントシートを外すところから始まり、サイドカウルやシートカウルを外したりと難しくは無いですが結構めんどくさいです。

  • 14mmメガネレンチ(ギアレンチ推奨)
  • 14mmソケット(ディープ)
  • 17mm 〃
  • 21mm 〃
  • リアスタンド①
  • フロントスタンド②
  • バイク用フロアジャッキ③

取り付けは長くなるのでサクッと紹介して終わりにします。

バイク フロントスタンド CBR125R
安全のためにフロントスタンドとリアスタンドは必須。
※①、②、③の順でジャッキアップします。

→(楽天)AP モーターサイクルフロントスタンド
→(Amazon)アストロプロダクツ フロントスタンド

スイングアームをフリーにする

CBR125R リアサス YSS リアショック 取り付け
カウルをばらしてリアサスの上下のボルト2本を外すところまで来られたら、次はバイク用ジャッキを左右ステップに掛けます。
サスはスイングアームの間に入っているので、ここをフリーにするのです。

CBR125R リアサス YSS リアショック 取り付け
サスの上側のボルトにアクセスするためにここまで外しました。

フロアジャッキで微妙に上げ下げしてボルトの負荷を抜いてあげます。
ちょうどいい所ならスッとボルトが外れます。

モノサス交換はリアタイヤを外す

CBR125R リアサス YSS リアショック 取り付け
モノショックタイプの場合は取り付け位置が奥まっているのでインナーフェンダーはもちろん、リアタイヤも外さないと当たってしまいます。

※今回のCBR125Rリアサス交換の際は、やりにくいけど少しずらすだけでいけました。

外す場合はアクスルボルトナット(17mmと21mm)を外すと簡単にリアタイヤは外れます。

サブタンクの取り付けに困る

CBR125R リアサス YSS リアショック 取り付け
このモデルはサブタンク仕様。
圧側の減衰調整が出来る部分なのですが、これがまたどこに持って来たらいいのか迷います。

CBR125Rの場合、LLCリザーバータンクの前側を通してタンデムステップの土台にタイラップで固定しました

CBR125R リアサス YSS リアショック 取り付け
それでも振動でずれたりフルバンプした時にインナーフェンダーやタイヤの淵に当たってしまいます。
とりあえず付属のステーとタイラップでどうにか当たらないようにはできました。

純正より5㎜長いので、リアの車高が上がってしまいます。
プリロードを調整して体重に合わせたサグ出しをしてください。
※サグ出し:乗車時の沈み量。フルストロークの1/3ぐらいに合わせるのがセオリー。

まとめ

CBR125R リアサス YSS リアショック
ジムカーナなどで何か動きが悪いなとか転倒が多くなったらリアサスを疑ってみるのもいいかもしれません。
車体すべての動きを担っているので激変します。

ジムカーナで使うという前提でいえば、減衰は柔らかめの方が動きがつかみ易くて好き。
CBR125R純正のリアサスは結構硬くて、すぐリアが流れてました。

じゃぁ何でもかんでも柔らかくすればいいというものではない。
フロントフォークの動き、や高さ、スピードなどを総合的に見て、前後バランスを合わせることが一番大事です。

バイクが転倒しにくくなる

リアサスに限らずサスペンションがきちんと動いて仕事をしてくれることによって、荷重をしっかりタイヤ~路面に伝えられるようになります。
セッティングを合わせてやることで細かい切り返し、回転、フルバンクの高速コーナーなどでの安定感が全然変わってきます。

結果としてタイヤのグリップ力(限界)が上がり、転倒することがかなり少なくなりました。
やっぱり走る環境と乗り手が変わるのに同じセッティングなんてあり得ませんね

→(Amazon)YSSショック 商品一覧
→(楽天)YSSショック(MXシリーズ) 商品一覧

追記(2020.08)

このリアサスはシングルレートなので、良くも悪くもかなり落ち着いた動きをします。
切り返しも回転も速くて安定するのでめちゃくちゃ良いサスです。セッティングは…お任せします。

SPONSORED LINK

関連記事

cbr400rr

【CBR400RRをジムカーナと街乗りで使ってみて】高速域は速いが低速の取り回しはかなり難しいバイク

こんにちわ、紫摩(しま)です。 CBR400RR(NC29)の最終型を仕上げてどれだけのポ

記事を読む

甜茶7

花粉症に甜茶(てんちゃ)が効く!?甘いお茶のすごい効果と商品レビュー

こんにちわしまです。 2月後半から5月中旬までスギ花粉をはじめ花粉の飛来シーズン到来ですね!

記事を読む

ZX-25R タイヤ 交換 

【スーパーコルサSP V3インプレ】ZX-25Rでジムカーナ!公道グリップ最強タイヤは滑らないのか?

こんにちは、紫摩です。前回のブログでZX-25Rのタイヤ交換しましたよ、という記事を書きました。

記事を読む

バランスボール 筋トレ 体幹トレーニング

運動嫌いでも楽しめる“自宅トレーニング5選”体幹、バランスボール、なわとびで免疫力を付けよう

こんにちわ、紫摩です。 新型コロナウイルスで外出自粛要請を出されて、家で過ごすことが多くな

記事を読む

K&FConcept カーボン三脚

多機能でコンパクトなK&F Conceptのカーボン三脚が●万円!?バイクで持ち運べる大きさ

こんにちわ、紫摩(しま)です。 いつもお世話になっておりますK&FConceptさ

記事を読む

GPR-300 ZX-25R タイヤ

ジムカーナでZX-25RノーマルタイヤGPR-300使った結果はこうだった!グリップ力は?空気圧は?

こんにちわ、紫摩(しま)です。 なかなか自分はZX-25Rを乗るだけに必至で、カスタムもイ

記事を読む

CBR125R ギア比

【バイクのギア比CBR125R】ジムカーナで加速をよくするスプロケ選び!17Tで1速を使うか13Tで2速を使うか…

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ジムカーナという競技をはじめてCBR125Rのギア比に

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シールチェーンの注油不要論は嘘!メーカーに適切なメンテの方法を聞いてみた(DID、RK)

こんにちわ、紫摩(しま)です。 チェーンメンテナンス、もう当たり前で情報がありふれているの

記事を読む

ヘッドライト ZX-25R

ZX-25RとNinja(ニンジャ)250、スペックの違い(デザイン、馬力、価格、車重)乗りやすくて速いのはどっち?

画像引用元:kawasakiモーターサイクル こんにちわ、紫摩です。 今回バイク界隈

記事を読む

ポッシュ ウルトラヘビー バーエンド

ハンドルバーエンドの重さと操作性の違い(セルフステアと曲がり具合)振動対策は?

こんにちわ、紫摩です。 みなさんバイクのハンドルバーエンドって換えたりしてますか?

記事を読む

スポンサードリンク

コメントを残す

スポンサードリンク

no image
香川の交通マナーの悪さから学ぶ【信号で一番危険なのは青信号だ!】道路交通法と安全運転の豆知識

お世話になっております。紫摩です。 今回も私の指導員審査勉強にお

ロッソ4 タイヤ 
バイクの“乗りやすさ”はフロントタイヤ選びが重要だった?10割のライダーが誤解するハンドリングの良し悪しを検証してみた

こんにちは、紫摩です。 今回は謝罪も兼ねてバイクのハンドリン

cc-drivingaptitudetest-ktype-odtype_img_002
交通事故は決まった人が何度も起こす事実が判明!多発者の心理と傾向

こんにちは、紫摩です。 只今、教習指導員審査にむけて猛勉強中

ぱくたそ
教習所は免許を取らせるための施設だった?一発試験と何が違うのか。転職、入社してすぐ思ったこと

こんにちわ、紫摩です。某教習所に入社して思ったことを書いていきます

VFR ステムナット ハンドル
ステムアジャストナットの締め付け具合で何が変わる?やり方と注意点

こんにちは、紫摩です。 以前からVFR800Fのハンドリング

ぱくたそ
30代後半からの転職がNGな人は?実際に仕事を辞めて分かった3つの事

こんにちは、紫摩です。 令和になって転職ブームとも言われてい

VFR800F 練習
【リアサス考察】ハイパープロはほんとにメリットのあるスプリングなのか?

バイクのフロントフォーク、リアサスにはスプリングがついており、この

グロム シート加工 ノイワットダン
バイクのシート加工(ローダウンなど)のやり方とコツ!ポジション変更で快適ライディングを

こんにちわ、紫摩です。 グロムのシート加工を、ようやく重

ハンドル ZX-25R 交換
バイクのハンドルが切れ込むのは腕が原因?空気圧やサスの調整で分かった真実

こんにちは、紫摩です。 今回はバイクの動きについて気になるこ

宅配ボックス
【置き配のメリット、デメリット】元郵便配達員がおすすめする宅配ボックスと設置方法

こんにちわ、紫摩です。今回はネットショッピングで買った配達に関する

→もっと見る

  • 最新記事をメールで通知。

PAGE TOP ↑