*

YouTube自撮りにミニ三脚『マンフロットPIXI』がおすすめ!一眼レフも載せられる高強度&高耐久なすごいやつ

マンフロット PIXI ミニ三脚 小さい
こんにちわ、紫摩(しま)です。

みなさん卓上ミニ三脚って何を使ってますか?
僕は今まで100均かどこかわからないちょっとショボい三脚を使っていて、それでも出先などで結構重宝していたのですが、脚の安定性がとにかく無いのでまた買いなおした経緯があります。

そこで今回オススメで紹介するのが、マンフロットの『PIXI』です。
一眼レフ、ミラーレス、コンデジ、ビデオカメラ、それぞれに装着してみたので違いを比べてみてください。

SPONSORED LINK

マンフロット PIXI(ピクシー)

マンフロット PIXI ミニ三脚 小さい
小さい卓上三脚って何に使うのかといえば、その名の通り卓上で使います。
主に小物撮影やYouTube用の自撮りですが、携帯性に優れているので旅行用としても使っています。

→(楽天)マンフロット PIXI
→(Amazon)マンフロット PIXI

三脚の足を開いて据えると雲台の位置でちょうど130㎜の高さになります。
各部の特徴とカメラ4種でどんな感じになるのかそれぞれ見ていきましょう。

まずは卓上での使い方から。

三脚の雲台と取り付け部分

マンフロット PIXI ミニ三脚 小さい
一番重要な土台部分。
見えている円盤状の土台はネジではなく単なる土台。

固定なので直接三脚をねじって取り付けします。
ちなみにこの雲台の土台自体はアルミ製で耐久性と強度があります。

→(Amazon)PIXI EVO

この次のモデルPIXI EVOは雲台のネジだけ単体で回せるのですが、「数回の使用で壊れた」と、かなり脆いというレビューが多数。
やはりネジの取り付け部分は強度優先で考えたいところ。

土台固定タイプでも問題は感じませんでした。

三脚の脚の違い

マンフロット PIXI ミニ三脚 小さい
まずこのアルミ製(おそらく鋳造だと思うが)の脚は角度や長さはこそ固定なのですが、その反面極太で垂直方向からの荷重に対してびくともしません。

根元がこれだけ太かったらそれも頷けますね。

マンフロット PIXI ミニ三脚 小さい
脚底のグリップ部分は良く考えられていて、左の安物三脚はただの筒ですがマンフロットPIXIは斜めにカットされて下に滑り止めの軟質ゴムが貼り付けられています。
これが一眼レフを載せてもブレない安定性の理由です。

脚が勝手に閉じたりずれたり動いたりすることがほぼほぼ無いのでこれはかなりのおすすめポイントです。

雲台の仕組み

マンフロット PIXI ミニ三脚 小さい
採用されている自由雲台の固定は横についている赤いボタン(レリーズボタン)を押せばフリーになり、離せばロックされます。

このボタンは若干固いのですがその分ロック力が強いのと、ボールに横溝が切られているのもあってちょっとやそっとじゃブレません。

そして傾きの角度が写真の位置で限界です。
カメラを真横(縦構図)にはできないので、使い道としては限られてきます。機能性は乏しいです。

そもそも小型三脚にそこまで多機能を求めたところで使わないので、このシンプルさはいい。

3種類カメラ載せてみた

肝心なのは実使用での積載耐荷重でしょう。
この小さい三脚がコンデジ専用なのか一眼レフも大丈夫なのか気になったので、手持ちのカメラで試してみました。

コンデジ(Nikon1 J5)を載せてみた

マンフロット PIXI ミニ三脚 小さい
当たり前すぎて載せる意味がないくらい小さいタイプのカメラとの相性はばっちりですね。

Nikon1 J5は“ミラーレス一眼”ですが、コンパクトカメラ並みに小さくて軽いので何ら問題なし。
三脚の脚の向きや方向なんて気にしなくていい。

マンフロット PIXI ミニ三脚 小さい
この軽いカメラであればどんな三脚でも大丈夫でしょう。

【Nikon1 J5】

本体電池含む(281g)+レンズ(85g)→316g

ビデオカメラ(ハンディカム)を載せてみた

マンフロット PIXI ミニ三脚 小さい
コンデジ並みに軽いソニーのハンディカム(CX430V)を載せて、主にこれで自撮り用に使っています。
三脚穴が前すぎてバランスが悪いのでカメラの調整に少々コツを要します。

マンフロット PIXI ミニ三脚 小さい
本体自体は軽いのですが、バッテリーを取り付けた後ろ側に垂れ下がってきます。
カメラが悪いのか安物三脚が悪いのか…

【HD-430V】

本体電池含まず→320g

ミラーレス(OM-D E-M10)を載せてみた

マンフロット PIXI ミニ三脚 小さい
ミドルクラスミラーレスでも全く問題なしのPIXI。
まだこの手の重さなら余裕で、ふらふらすることなくしっかり据えることができます。
ボールのギザギザ(横溝)が角度の固定に一役買っています。

マンフロット PIXI ミニ三脚 小さい
この安物三脚の限界はこのミラーレスまで。
ただ単に載せるだけなら載りますが、雲台の固定は頼りなく感じてきます。

【OM-D E-M10Mark3】

本体電池含む(410g)+レンズ(93g)→503g

一眼レフ(D5300)を載せてみた

マンフロット PIXI ミニ三脚 小さい
レンズは18-140㎜でここらあたりのサイズになると若干安定性が怪しくなってきます。
前に傾きやすいので三脚の脚を▲方向(レンズ側)にすればOK。

雲台のロック自体は頑丈なので傾くことなく意外としっかりしています。
現実的にいくならばこのD5300クラスの一眼レフまで、という感じでしょうか。かなりの重量物まで耐えてくれます。

マンフロット PIXI ミニ三脚 小さい
安物三脚ではカメラの自重で垂れ下がってきて、いくら強く締めても無理でした。

昔、通常の三脚を持っていなかった頃、夜景撮影でこれを使うと勝手にずれてイライラしながら撮っていた思い出があります(笑)

【D5300】

本体電池含む(530g)+レンズ(490g)→1020g

この小さなサイズでも脚と雲台の固定が“オーバースペックなほど頑丈”なPIXIでした。

歩き撮りの使い道

マンフロット PIXI ミニ三脚 小さい
PIXIのもう一つの使い方、それは折り畳んで歩き撮りに使えるという点です。

脚を畳むとグリップ形状に変わります。
手にはフィットしませんが、握りやすい太さになるので持ちやすいです。

マンフロット PIXI ミニ三脚 小さい
歩き撮り(動画撮影)ではどうしても上下に画面が動いて撮影してしまうことが多いです。

ミニ三脚を介することで手首や腕がスタビライザー代わりになって振動や揺れがかなり抑えられます。
これを普段通り直接右手でカメラを持つと、歩く動きに合わせて画面が上下に動いてしまいます。

何気にいろんな使い道ができたりします。

あと事前にきちんと三脚に対して垂直になるようカメラを合わせておきましょう。

まとめ

マンフロット PIXI ミニ三脚 小さい
マンフロットの小さいミニ三脚『PIXI』の紹介でした。

出先で固定カメラとして台の上に据える時、また、自宅でYouTubeなどの自撮り撮影する場合など手軽に使えるので意外と使用頻度が多いです。
こういうのを一つ持っていると何かと便利かもしれません。

いいとこばかりで個人的に微妙なレビューですが、この手の安い三脚で悪い点がないのは逆にびっくりでした。

感じた印象をまとめますと、省機能だが軽量コンパクトで高強度な小型三脚だという感想でした。

タイトルには『ユーチューブ自撮り』としましたがそれ以外も結構使いまわせそうです。
小さい三脚を探している方の参考になれば幸いです。

→(楽天)マンフロット PIXI
→(Amazon)マンフロット PIXI

SPONSORED LINK

関連記事

外付けマイク5

小型マイク”AT9902”で動画撮影!バイクでの走行風対策にオススメの撮影方法【CBR125R車載動画あり】

こんにちわ、しまです。 YouTubeにCBR125Rというバイクでの走行動画をアップしている

記事を読む

タイヤ RX01R 比較 RX03R

バイアスタイヤ【RX-01SpecRと03Rの違い】どっちがおすすめ?グリップや性能比較インプレ

こんにちわ、紫摩(しま)です。 IRCのスポーツハイグリップタイヤのRXシリーズ。昔はRX

記事を読む

VZ-RAM ヘルメット ミラーシールド

アライVZ-RAMインプレ!ヘルメットの大きさ比較とミラーシールド

こんにちわ、紫摩です。 色々ヘルメットを買ってみましたが、特にメーカーにはこだわらず(これ

記事を読む

バイク 汎用サイドスタンド グロム

【調整式サイドスタンド】ローダウンのグロムに取り付けレビュー!強度や耐久性は大丈夫?

こんにちわ、紫摩(しま)です。 以前グロムのレイダウンリンクを取り付けましたよという記事を

記事を読む

ゴールドウィン ウインター グローブ 手袋 

【女性向け】普通の手袋でバイクの運転は危険なのか?レディース用ゴールドウィン防寒グローブ紹介!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 バイク乗りの装備で色々試したくなるのが真夏と真冬。

記事を読む

VTR 4ポッド ブレーキパッド

sbsブレーキパッド【HF】のインプレ!街乗りにオススメ 初期制動が弱いコントロール性

こんにちわ、紫摩(しま)です。 VTRのブレーキパッド考察で色々試しているのですが、今まで

記事を読む

J5の大きさ

Nikon1 J5を購入!J4との違いと画質や使いやすさを一眼レフユーザーがレビュー!

こんにちわ、カメラ好きの紫摩です。 このたびニコンから2015年4月23日に発売しましたミラー

記事を読む

クリスタルガードプロ コーティング 自動車 ボディ

『クリスタルガードプロ』レビュー!親水ガラスコーティングのメリット・デメリットと車用コーテイングの選び方

こんにちわ、紫摩(しま)です。 新車を購入してまずやっておきたいのがボディーコーティングですよ

記事を読む

外付けHDD 追加 バックアップ

外付けHDDを倒して壊れた!?ハードディスク追加でバックアップとオススメのデータ同期フリーソフト

こんにちわ、紫摩(しま)です。 つい先日、外付けハードディスクを倒してしまい、その後電源が入ら

記事を読む

ジムカーナ VTR MSGC

ジムカーナでうまくいかない『分かっているけどできない』考えて練習することの意味

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ジムカーナ練習をしていてうまく行かないなと思った時、先輩ラ

記事を読む

スポンサードリンク

コメントを残す

スポンサードリンク

オリンパス EM-5Mark3 14-150
マイクロフォーサーズ超コスパ良いレンズ見つけた!14-150㎜ OM-D EM-5Markに付けてみた

こんにちわ、紫摩です。 久々のカメラブログです。

Google Adsense 源泉徴収
Googleから税率30%の郵便が届いたら…。IMPORTANT TAX RETURN DOCUMENT ENCLOSED。納税義務はあるのか?YouTubeやブログでの税務情報をチェック

こんにちわ、紫摩です。 先日外国から郵便物が届きました。

スイングアームVFR800F チェーン調整
片持ちスイングアームバイク(VFR800F)のチェーン調整方法、締め付けトルクとやり方

こんにちは、紫摩です。 今回は短いですが、チェーン調整のブロ

VFR800F
VFR800Fが不人気?生産終了(2022)でいきなり人気になりそう

こんにちわ、紫摩(しま)です。 先日もお伝えしたVFR800

VFR800F ハンドル外し バーエンド グリップヒーター
VFR800Fをバーハンドルでアップポジションにしてみた!交換方法と注意点を紹介

こんにちわ、紫摩です。 今回はついに?VFR800Fのハンド

バイク カウル補修 タッチアップ
【カウル補修】タッチアップガンで直せるか?スプレー補修のやり方

こんにちわ、紫摩(しま)です。 先日の転倒で見事に削れたバイ

VFR800F レバー STF アクティブ
VFR800Fのクラッチが軽くなる!ACTIVEアクティブSTFレバーに交換!

こんにちは、紫摩(しま)です。 VFR800Fが転倒してしま

VFR800F カウルカット バンパー
VFR800Fカウルカットのコツ!バンパー取り付け(後編)必要な工具とやり方

こんにちは、紫摩(しま)です。 前回はVFR800Fにバンパ

VFR800F バンパー
VFR800Fにバンパー取り付け(SSB)立ちごけや転倒の被害軽減

こんにちは、紫摩(しま)です。 納車早々に転倒させてしまった

カウルカットの端 タッチアップ
タッチアップペンでタンクの塗装剥がれが完全に元に戻るか実験!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ZX-25Rを納車してすぐ、

→もっと見る

  • 最新記事をメールで通知。

    44人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑