*

PDバルブのセッティング【VTR250】減衰が弱すぎてフォークがフワフワ。オイル粘度とリバウンド

公開日: : 最終更新日:2020/03/08 VTR250(整備・カスタム), ジムカーナ関係, バイク, 日記, 比較・検証系(雑学系)

フォークインナーバルブ PD YSS
こんにちわ紫摩です。
先日のサスセッティング沼なのですが、まだ続きがあります。

リアショックはかなり落ち着く仕様にも切り返せる仕様にもできるのであまり悩むことは少ないのですが、問題はフロントフォークです。

上記の画像のPDバルブの中のプレートの隙間が大きくて、そもそも減衰力が弱すぎる気がしたのです。
ここから数年悩むことになるとは思ってませんでした。

SPONSORED LINK

フォークインナーバルブは諸刃の剣

以前もインプレしましたがフォークインナーバルブは減衰調整ができないフォークでも簡易的に減衰調整を行える後付けバルブです。

  • フォークピストンに穴あけ加工
  • 伸び側減衰は効かない(オイル依存)
  • 圧側のみ調整

弱い荷重の時では減衰を強めて、強い荷重がかかった時にバルブを解放させて減衰を弱める仕組み。
強い荷重がかかるとスパっと沈む感じです。

伸び側減衰は効果を持ちません。ここが最大の悩みどころでした。

関連ページ:yssフォークインナーバルブ取り付け|Mysimasima

フォークピストンに穴あけ加工で減衰を効かなくさせる

PDバルブ ダンパーロッド 加工 穴あけ
ダンパーロッド式じゃない普通の正立フォークではフォークピストンには圧側減衰オリフィス、伸び側減衰オリフィスという二つの穴があって、そこをフォークオイルが通る時の抵抗で減衰圧を生み出しています。

YSSのPDバルブの説明書には圧側減衰をバルブで受け持たすようにするために、フォークピストンに穴あけ加工(追加)させるように書かれています。
穴あけすることによって、オイルが通過する際の抵抗を限りなく少なくさせます。

減衰 フォーク 構造
画像引用元:スポーツスター フォークスプリング

ただしそれが一番の弊害でした。
僕が緑丸で書いた部分(圧側オリフィス)が、実はここの穴を拡大したり穴を追加(増やす)することによって圧側だけではなく、伸び側減衰にも悪影響を及ぼします

フォークオイルをめちゃくちゃ硬いものを入れれば、伸び側もゆっくりになって、圧側をバルブでセッティングできますがバルブにも限界があります。
伸び側に合わすと圧側がかなり遅くなります。

【サスセッティング参考】
 フロントフォークリアサス
(ナイトロン)
スプリング純正アイバッハ15キロ
油面100㎜(ノーマル)
バネプリロード全抜き約6%(セオリー)
突き出しプリロード全抜き時は0㎜
車高300㎜
(VTRノーマルから+5㎜)
減衰フォークオイル
アッシュ#40
動粘度 40.0
(ホンダ純正は35.2)
圧側、伸び側全て中間
備考プリロードを全抜きの場合は旋回性能はいいが、ブレーキングでやたら切れ込むので突き出しはマックスまで上げていた。

プリロードをマックスまで締めこむと無駄なストロークが減って落ち着くが、リバウンドが強くなる。

ストローク量が大きく、弱い荷重でもふわふわ浮く。
ストロークスピードは割と速め。
13キロのバネの時は強い荷重の時にリアが沈みすぎていたために、小旋回だけは良いが切り返しも弱いうえ、高速セクションではかなりフロントアップになっていた。
15キロに上げると今度は減衰が足らず跳ねる問題が浮上。
後ろが動かなさ過ぎるため減速時は荷重がフロント寄りになった。
リアが沈みにくいせいか、回転の小回りがやりにくい。
アクセルを開けると車体が起きるのが強い。

色々やってみたが、結論が出ないため、沼に陥った最後のセッティングを載せておきます。

早い話が、フロントの沈み込みはゆっくりなのに伸び側ばかり速くて切り返しが遅いのに大回りになる。
一方でリアはほとんど動かないバイク。

PDバルブの特徴で強く沈む時はストロークスピードは速いのはいいことなのですが、沈んで一瞬ポヨンと戻ります。
フォークが戻るとハンドルが戻るのでまたバンクし始めて縮んでハンドルが切れて・・・

進入時はバンクしないが、途中からバンクが深くなる仕様。

パーシャルアクセルを開けるとフォークがすぐ伸びるので、それがふわふわする原因にもなっています。
弱い荷重ではフォークスピードが遅いため、特に直スラがとても遅いです。

リアサスが固いのは押し出し感が強く、機敏に走れるのはいいところ。切り返しも積極的に攻めて行ける。
ただ、『回転でリアタイヤをコンパスの軸のように~』という走りは出来ません。なぜならフロントが逃げるから。

  • 小旋回で寝かせられない。
  • スラロームも沈み減衰が強いため、テンポが遅い。
  • 曲がり終わらないとアクセルが開けられないが、なかなか曲がり終わってくれない。
  • 進入時にリアタイヤが滑る
  • 切り返しでハンドルが巻き込むことがある
  • 筋トレで抑え込めると思ったが甘かった

ギア比もノーマルから4T上げただけの別に加速が良いセッティングではないです。速度が落ちると再加速で不利になります。
でもアクセルが開けられない。開けると曲がれない+切り返しで急に強く沈むといき巻き込んで吹っ飛ぶ

頑張ってみたけどタイムが出ないため練習も楽しくない、怪我も怖い。
周りにはあれが悪いこれが悪いと言われ続ける。

セッティングのせいにするな、バイクに頼るな、練習が足りない等と言う指摘も多かったので、結局バイク練習というより、セッティングのためにジムカーナ的な走行で試乗しているだけでした。

縮み側減衰が強すぎる件

PDバルブ 減衰穴
圧側減衰は通常時はこの小さな穴をオイルが通ります。
なのでかなりフォークスピードはゆっくりになります。それもあって、フォークピストン側の穴を拡大(+追加)させるという意味でしょう。

参考までにブレーキをかけてハンドルに体重を乗せて沈ますと、停止時は固い感じがします。

フォークバルブ圧側 PDバルブ
このバルブの仕組みの二つ目は、強い荷重がかかった時のみスプリングで押さえていた蓋が上がり減衰圧が下がります
なので強い荷重がかかると、フォークスピードが速くなりサクッと一気に沈む。

逆に言うと荷重が弱い時は蓋が空かないため、縮みが遅く、小回りできない状態
(伸び側はバルブの影響を受けないので、縮まないのにすぐ伸びて最悪なセッティングに。)

このバルブのメリットを上げるとしたら、街乗りで不意の沈み込み時に突き上げ間を軽減できることにあります。
一方でジムカーナ用に使うと曲がらない、安定しないセッティングになりがちです。

PDインナーバルブをどうしても使えないかとセッティング試行錯誤

このパーツを付けている人もいるし、「社外パーツを付けるとジムカーナで速くなるはず」と疑わなかったです。
そこで、どうにかこのPDバルブを使って人と違うセッティングで勝ちたいと思っていました。

油面を上げたり下げたりするとどうなる?

油面調整 バイク
油面((オイル量)を上げれば必然的に空気バネが強くなって減衰効果も強くなります。≒低速走行時では沈みにくいパツパツのフォークになります。

言ってみればバネレートが強くなったような感じになって、伸び側がさらに強調されてフォークがバイン!と戻ってきます。プリロードを鬼のように掛けた状態に似てます。
オイル粘度を固くすると伸び側はちょうどよくなっても、今度は沈み側がやけに遅くなって切り返しや低速ターンがダメダメ。

メリットを挙げるなら沈み込みが少なくなるので強いブレーキングにも耐えられるようになります。
逆を言えば思い切り荷重をかけないと曲がりにくい、回転が難しい車体になります。

油面を下げると低速フワフワ、沈んで切れ込む

じゃぁ油面を下げればよいのかというと、そんな簡単な話でもない。

油面を下げると初期で沈みやすくなって弱い荷重の時(アクセルオフで)もフォークが沈みます。
プリロードを抜いたような状態に近いです。

ただ、フォークバルブが入っているおかげで中間からは沈みにくくて、簡単に言えば空気バネだけで上下にふわふわするような感じになります。

強いブレーキングをやるとフルボトム付近で一気に沈んで、急に切れ込んで切り返しで吹っ飛びやすくなります。

油面を下げると低速で落ち着かないフォーク、高速で沈みすぎるセッティングになります。
いい部分もあれば悪い部分との差が激しい仕様です。

フォークスプリングの交換(ノーマル⇒ハイパープロ)

ハイパープロ スプリング VTR バイク フロントフォーク
可変レートと言われる、一定のバネレートを持たないハイパープロのフォークスプリング。
初期では柔らかく、沈み込むにつれてレートが強くなる。
ジムカーナや競技では使う人は少なく、セッティングが出しにくい、反発力が強いので使いにくいといった印象。

ただ、僕の今のフォークだけ沈みすぎるセッティングではうまく走れないので、ストローク量を減らす目的で使うにはちょうど良かったが、リバウンドの反発は依然として強いまま。

関連ページ:ハイパープロスプリングレビュー|Mysimasima

フォークインナーバルブの伸び側減衰を強めてみる

フォークインナーバルブ PD YSS
長くなりましたが、数年悩んだフォークの変なセッティングの原因は、たぶんこれなんじゃないかなと思いました。

フォークピストンに穴あけ加工してしまったために、バネや空気の反発を抑えられる減衰力がそもそも足りてない感じなのです。
特に伸び側が。

PDバルブも汎用品のため、元々減衰力が強いオフ車に着けるとちょうどいいのかもしれませんが、ロードモデルでこれを使うと沈みはゆっくりだけど、すぐ浮いちゃうフォークになってます。

中のプレートの穴の径を小さくすることによっても多少なりとも伸び側減衰力を上げられました。
ただ、サスペンション自体の構造は変わって無いので、ふわついたり跳ねたり、低速だけが良い、強いブレーキング時だけが良い、と言ったようなピンポイントだけに合わせるようなフォークになりました。

ブレーキングの技術を上げる

フロントフォークの仕事は衝撃吸収のほかに減速時にフォークを縮めて旋回能力を上げるという仕事もあります。

しかし、車体を立てたまま急に強いフロントブレーキを掛けると一気にフォークが縮んでしまいます。
一気に沈むと伸び側減衰が弱いのでリバウンドも強くなります。

バンクさせて旋回速度を活かしたまま軽くフロントブレーキを引きずる、離す時も一気に離さないというテクニックが要求されます。

このあたり、セッティングで対処できるのか、そもそもテクニックで抑え込むものなのかはまだこれからの課題になってきそうです。

SPONSORED LINK

関連記事

ダンロップ ジムカーナ 愛媛大会

ダンロップ杯、愛媛ジムカーナ大会へ初参加レポート!バイク初心者が完全アウェーで臨んだ第2戦

こんにちわ、紫摩(しま)です。 2016年9月4日に行われたダンロップオートバイカップ、愛

記事を読む

台風対策 バイク ベルト

【バイクの台風対策】転倒防止の固定方法は?ラッシングベルト(タイダウンベルト)がおすすめ!

こんにちわ、紫摩です。 台風、年々直撃個数が増えているような気がしますが、皆さんバイクの台風対

記事を読む

CBR125R エアロシートバッグ 取り付け

エアロシートバッグ2の取り付け方と積載量レビュー!SSに似合うバッグはタナックスで決まり!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回はタナックスから出ているMOTO FIZZ(モトフィズ)『

記事を読む

山田家小物

山田家うどんの釜ぶっかけが絶品!場所や営業時間の紹介とおすすめメニューのレビュー

こんにちわ、うどん県民しまです。 前回、八栗寺に行ってきたわけなのですがそのすぐ近くにうどん屋の超

記事を読む

フルフェイスに取り付け2

BTマルチインターフォン取り付け方!2種類のヘルメットで解説。バイク用インカムって結構便利!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 前回の記事で安いインカム『BT マルチインターフォン』の使い方

記事を読む

手作りラスク

手作りお菓子【オーブンで簡単ラスクのレシピ】誕生日パーティーなど!材料とポイントやコツ

こんにちわ、しまです。 “お手軽お菓子作り”ということで今回はラスクの簡単な作り方を紹介い

記事を読む

2019第1戦トライコース

トライジムカーナ2019第1戦レポート 岡山バイクジムカーナ大会、優勝はやっぱりあの方…

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回もトライジムカーナ大会レポートを書いていきます。201

記事を読む

レミックスハロゲンバルブ

暗いバイクのヘッドライト…ワット数の高いハロゲンバルブに交換!レミックス5300Kバルブレビュー

こんにちわ、DIY好きのしまです。 今回は前回の『ヘッドライト交換方法』に続きまして、今回はレ

記事を読む

左折大回り

高齢ドライバーの運転マナーが危険!免許返納や踏み間違い事故について

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今日本の総人口の約3割が65歳以上という超高齢化社会。

記事を読む

PDバルブ フォークバルブ フロントフォーク

41パイフォーク用インナーバルブ(PDバルブ)のセッティングと取り付け&加工方法!オイル粘度、減衰調整の違い

こんにちわ、しまです。 ジムカーナ用にVTR250を作っていて気になったのが“フロントフォーク

記事を読む

スポンサードリンク

コメントを残す

スポンサードリンク

汎用 オイルキャッチタンク バイク コンパクト
バイクの汎用オイルキャッチタンク【VTR250】取り付け方と効果 ブローバイのドロドロ対策に

こんにちわ、紫摩です。 前回の記事でKTM内圧コントロールバ

ライセンスプレート ナンバー灯 LED
VTRに汎用キジマLEDナンバー灯(ライセンスランプ)取り付けと車検適合か否か

こんにちわ、紫摩です。 小さい小ネタ集のブログもちょこちょこ書い

OKIPPA おきっぱ 配達 ボックス
荷物やメルカリ便を不在でも確実に受け取れる方法!OKIPPA(おきっぱ)の使い方と申請方法は?

こんにちわ、ハガキクバルマンこと紫摩です。(下っ端。) 「ネ

KTM 減圧 内圧コントロールバルブ
減圧バルブの詰まり=白いヘドロ状はオイルの乳化 メンテナンスは定期的に 

前回紹介したKTM内圧コントロールバルブの記事でインプレは紹介しま

タイヤ グロム ダンロップ
グロムのハイグリップタイヤ交換考察【TT93GP】バトラックスやピレリ、デューロはどうなの?

こんにちわ、紫摩です。 グロム(MSX125SF)の純正タイ

デジタル タイヤ 空気圧 温度計 TPMS
バイクの空気圧点検便利グッズ!ワイヤレスモニター『TPMS』リアルタイムで温度もチェックできるセンサー

こんにちわ、紫摩です。 良い物を手に入れました!その名も『T

ナイトロン グロム アイバッハ バネ交換
グロム用リアサスのスプリング交換【アイバッハ】バネレート変更で乗り心地やジムカーナ走行でのメリット

こんにちわ、紫摩(しま)です。 以前グロムのリアサス交換の記

カッティングシート ステッカー 水貼り
曲面へのカッティングシート貼り付け方法とシワの伸ばし方【水貼り】バイクのカウルやヘルメット

こんにちわ、紫摩です。 以前取り付けたグロムのアンダーカウル

VTR 4ポッド ブレーキパッド
sbsブレーキパッド【HF】のインプレ!街乗りにオススメ 初期制動が弱いコントロール性

こんにちわ、紫摩(しま)です。 VTRのブレーキパッド考察で

VTR スイングアーム 短縮
VTRホイールベース短縮のメリットは?スイングアーム削り加工でチェーンのコマを詰める

こんにちわ、紫摩(しま)です。 VTRカスタムで流行っている?ス

→もっと見る

  • mysimasima筆者、紫摩(しま)のプロフィール

  • メールアドレスを記入して『送信』で、
    更新情報を無料で通知してくれます(^^)

    37人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑