*

【トライジムカーナ2018レポート】平成最後の第3戦!VTR250が初心者から上級者まで大人気

公開日: : 最終更新日:2018/11/16 ジムカーナ関係, バイク , ,

トライジムカーナ 2018
こんにちわ、紫摩(しま)です。
いつも皆様ありがとうございます。
西日本のジムカーナ大会『トライジムカーナ』2018年度の最終戦!

夏の大会に続いて、会場は同じく香川県坂出市にあるHST(ホンダセーフティトレーニングセンター)で行われました。

2013年から始まったこの大会も数えて5周年になりますね。その締めくくりを制した選手は誰なのでしょうか。
そして年間シリーズポイントで決まる次年度Sクラスの選手は誰が選ばれたのでしょうか。

知ってる方もそうでない方も少しお付き合いください。

SPONSORED LINK

トライジムカーナ2018年第3戦レポート

トライジムカーナ 2018 第3戦
さわやかな秋晴れの中、総勢69名の参加者が集まりました。そして初参加の選手も何名か来られていて見る側も非常に楽しみです。

まずはコースを皆さんに把握してもらって、大会の概要などを掴んでいってもらいましょう。

トライジムカーナ 2018 コース
今回はとても覚えやすい簡単なコースでした。
主催のつなさんの初心者への配慮がうかがえます。

簡単で覚えやすいコースは上級者でも楽しめます。
ただ、出走の流れや次に走らせる選手のタイミングなどを考えつつ、マンネリしないコースレイアウトに仕上げるのがいつも難しい。
一部の車両が得意になってしまうと、絶対不評が出るのでまんべんなく差が散らばるように組んでいます。

ただ単にコースを組んでいるわけではなく、覚えやすくかつ大排気量でもミニでもどんな車両でも楽しめるコースレイアウトを考えているそうです。

そこで今大会の見どころでもあるシリーズポイントランキングの優勝者をかけた試合でもあるので、その部分でもコース作りで頭を悩ませたらしいです。(一人の選手が得意なコースになってはいけない)

バランス感覚を試すコース

コース図編集
前半のスラローム&オーバルセクション、中盤の高速セクション、最後の回転セクションと分かれます。
実際アクセルを開けていく部分とそうでない部分が織り交ぜられていて、どの車種が優勝するかわからないようなコースという感じです。

フリーセクションは狭いエリアでの回転、最後の“4連続回転”では流れを意識しつつ、速度が乗らない状態での回転!という初心者にはちょっと難しい小旋回セクションが目立ちます。

バランス感覚を試しますと言っていた通り、こういう小旋回が続くところは上級者でもバランスを崩す選手が多かった印象です。

シリーズポイントランキングが接戦

“トライジムカーナ”でも年間ポイントランキングというものがあります。

  • 1位:20ポイント
  • 2位:17 〃
  • 3位:15 〃
  • 4位:13 〃
  • 5位:11 〃
  • 6位:10 〃
  • 7位:9 〃
  • 8位:8 〃
  • 9位:7 〃
  • 10位:6 〃
  • 11位:5 〃
  • 12位:4 〃
  • 13位:3 〃
  • 14位:2 〃
  • 15位:1 〃

年間3回ある大会ごとに、順位に応じてポイントが付与され、最終戦では合計ポイントを発表&表彰するというもの。
※最終戦での合計で上位6名が次期Sクラスに認定されます。

【第2戦までのポイントランキング】
順位名前第1戦第2戦合計
1大見勝成151025
2橋本広昌111324
3新久保哲也91524
4熊野孝則13720
4大越研二20-20
4小谷隆雄-2020
7古藤雅啓17-17
7久谷忠与-1717
9榎 明8816
10津賀卓哉10414
11山根恭一-1111
12菊池哲也-99
13坂本和信7-7
13井上祐介257
15小笠原雄一426
15渡邉敏正6-6
17濱下智生5-5
18池浦彰寿3-3
18武井仁志-33
20河村克也-11
20岩田新弥1-1

ここで1位の大見選手と、同率2位の橋本選手、新久保選手の1ポイント差。
この第3戦の結果も見逃せません。

VTR250が大漁!

VTR ジムカーナ
今回意外なことにVTRがとてもたくさん参加されていたことに驚きました。
僕も含めて16台/69台中ということで、約23%を占める割合になってます。これはなかなかない。

初心者から上級者まで幅広く乗られている車両で、車両自体のバランスが良く、扱いやすいのがVTRのいいところ
それに加えて上級選手が結果を出していることもあり、VTRが今人気となっています。これからのブームになってくるのでしょうか。

大会入賞者&昇格者

トライジムカーナ 2018 第3戦
初心者、初参加、これから始める方にわかりやすく説明すると、トライジムカーナでももちろん全体でタイムは競いますが、それとは別にクラスごとにも“クラス順位”という形で競い合います。

初参加はノービスから参加して、その日のトップタイムの選手からどれくらいのタイムでゴールしたかという『タイム比(%)』で次回のクラスが決まります。これを『昇格』と言います。※トライジムカーナ限定

昇格の基準

  • Dクラス昇格…125%未満
    まずは初めの一歩、Dクラスへ昇格できればもういっぱしのシード選手です。
    初心者は「頑張ってタイムを出そう!」と走る必要があります。
  • Cクラス昇格…115%未満
    セッティングや走りをこだわってくるともうCクラス。
    Dから慣れてくると意外とすんなり上がれる選手もいます。
  • Bクラス昇格…110%未満
    かなり上級で、車体を扱う技術やテクニックの知識が要求されます。
    また転倒を覚悟する走りを余儀なくされます。
  • Aクラス昇格…105%未満
    振り回せる勇気と無駄のない走りをかなり高度なレベルで融合しないと上がれません。
    トライジムカーナではトップ集団です。

※以下表彰台の名前の色分けは、次回の走行クラスを差しています。

N(ノービス)クラス

トライジムカーナ 2018第3戦 VTR

  • 1位(初参加) 近藤悠太 選手:VTR
  • 2位(初参加) 久保敬映 選手:ZRX1200ダエグ
  • 3位 谷 誠  選手  :Z125
  • 4位(初参加) 近藤康之 選手:VTR
  • 5位 西森健二 選手:VTR
  • 6位 井川朋彦 選手:GSX-R1000

Nクラスから既にVTR勢が上位を占めてます。

トライジムカーナ 2018第3戦 Nクラス
Nクラスは初参加の選手も入ります。その他にもGPZに乗られている辻本寛志選手も初参加でした。
練習会(MSGC)から自信をつけて、ぜひシードクラスへ昇格していってください。

近藤悠太選手と近藤康之選手は兄弟対決もありました。
弟さんの方がアグレッシブで速かったが、お兄さんの方はスムーズでフォームがかっこよかったです。

【近藤悠太選手 走行動画】

NL(レディース、ジュニア)クラス

トライジムカーナ 2018第3戦 

  • 1位(初参加) 木村恭子 選手:CB400SF
  • 2位 末廣 彩 選手  :KSR2
  • 3位(初参加) 山本美佳 選手:MSX125SF

トライジムカーナ 2018第3戦 NLクラス
トライジムカーナとしては良いことなのですが、NLクラスの選手がどんどん昇格して今表彰台を狙えるチャンスです!ぜひ女性の方も競技にチャレンジしてみてください。
3位の山本美佳選手は、まだ二輪免許を持たれていない方で、乗り始めて3、4か月というから驚き。これからの活躍に期待が寄せられます。

【木村恭子選手 走行動画】

Dクラス(125%未満)

トライジムカーナ 2018第3戦 

  • 1位(初参加) 徳山暉流 選手:VTR
  • 2位 藤田 陸 選手:GROM
  • 3位 梶原祥司 選手:VTR
  • 4位 岡村 洋 選手:VTR
  • 5位 野島勝成 選手:CB400SF
  • 6位 岡崎 修 選手:GPZ900R
  • 7位 鳥越美海 選手:VTR

DクラスもVTRが上位独占。
藤田選手のグロムは、なんとあの津賀選手から譲り受けたハイパワーマシンだそうです!

トライジムカーナ 2018第3戦 Dクラス
初参加の徳山選手は「広場でぐるぐる練習しているだけです」と謙虚なコメント。ただ、速すぎて飛び級してしまいました。ドロボーと誉め言葉が飛び交います。

昇格を逃した兎洞風生選手(VTR)も初参加ながら大健闘でした。お疲れ様でした。

【徳山暉流選手 走行動画】

Cクラス(115%未満)

トライジムカーナ 2018第3戦 

  • 1位 和田一樹 選手:ZRX1200ダエグ
  • 2位 長友千陽 選手:CRF50
  • 3位 畑 和秀 選手:DR-Z400SM
  • 4位 サイ ゼンユ 選手:Ninja1000
  • 5位 大高宏真 選手:VTR

Cクラスは逆に大型バイクが増えてきます。ZRX1200ダエグ、めちゃくちゃ奇麗でカッコいいです。

トライジムカーナ 2018第3戦 Cクラス
そのCクラスからは昇格者は出ませんでした。
1位の和田選手は110.008%!超惜しい…もう誤差レベルで昇格を逃してしまいました。

【和田一樹選手 走行動画】

Bクラス(110%未満)

トライジムカーナ 2018第3戦 

  • 1位 松下 良 選手:MT-07
  • 2位 長友一真 選手:CRF50
  • 3位 鈴木登紀子 選手:GSX-R1000
  • 4位 稲田裕子 選手:VTR
  • 5位 木内敏雄 選手:NSR250R

トライジムカーナ 2018第3戦 Bクラス
1位の松下選手のみAクラスへ昇格です。もう圧倒的な速さでした。
長友一真(兄)選手は気づけばBクラスの表彰台に上がる実力まで成長しました。みんなだいぶ悔しがってます…

Bクラスは選手の数も多くて、コンマ1秒の差が順位に影響してしまうのでかなり激戦区です。

【松下良選手 走行動画】

Aクラス(105%未満)

トライジムカーナ 2018第3戦 

  • 1位 新久保哲也 選手:XR100M
  • 2位 小笠原雄一 選手:VTR
  • 3位 地下和宏 選手 :VTR1000F
  • 4位 岩田新弥  選手:GSX-R1000
  • 5位 小谷隆雄  選手:KSR110

トライジムカーナ 2018第3戦 Aクラス

【新久保哲也選手 走行動画】

SB(スーパービッグバイク)表彰

これはクラスではなく、700cc以上のバイクで参加している選手でタイムを比較して表彰するというものです。

トライジムカーナ 2018第3戦 

  • 1位 地下和宏 選手:VTR1000F
  • 2位 岩田新弥 選手:GSX-R1000
  • 3位 榎 明    選手:CBR1000RR

ジムカーナ 2018 SBクラス
大型バイクはパワーがあるが故に扱う事が非常に難しいので特別に取り上げて表彰しています。
操るための筋力も必要になってきます。

【地下和宏選手 走行動画】

総合順位TOP5

トライジムカーナ 2018第3戦 
全選手の中で一番速かったのは2017年の開幕戦で優勝した橋本広昌選手!もう総合優勝の常連です。

  • 1位 橋本広昌  選手:SM450R
  • 2位 新久保哲也 選手:XR100M
  • 3位 大見勝成  選手:701
  • 4位 小笠原雄一 選手:VTR
  • 5位 熊野孝則  選手:NSR250R

トライジムカーナ 2018第3戦 総合順位
ハスクバーナSM450Rのパワーをタイヤを滑らせながらコントロールさせつつ、小回りさせるというかなり神がかったテクニックで抑え込む走りは圧巻でした。
しかも最後のビクトリーランではまた1秒タイムを削ってくるというパフォーマンスを見せてくださいました。

そして、この表彰台のメンツを覚えていてほしい。
次のポイントラインキングの順位は誰が年間トップに輝くのでしょうか。(もう予想は付いていそうですが…)

【橋本選手走行動画 SM450R】

トライジムカーナ年間総合ポイントランキング

トライジムカーナにも年間総合ポイントと言って上位15位以内の選手には毎回ポイントが付与されて、最終戦でポイントランキングを競い合います。
そして上位6名は来年度のSクラスというクラスに選ばれることになります。※JAGE(ジャッジ公式大会)で言う所のA級と仕組みは同じ

DSC_0103
あれ???一緒?
そう、年間ランキングもこの順位になりました。

年間総合ランキングとは冒頭でも説明した通り、15位までの選手にポイントが与えられます。
トータルして速い選手が表彰されるので、安定して結果を出す必要があります。

並んでる皆さんガタイもすごいので、やはり上位に行くためには肉体改造も必要かもしれません!

  • 1位 橋本広昌 選手…44p
  • 2位 新久保哲也 選手・・・・41p
  • 3位 大見勝成 選手・・・・40p

2位と3位の差が1ポイントというのもすごい僅差です。ここまでトップになるには相当壁が高いです。

SBポイントランキング

SBシリーズ
700cc以上のビッグバイククラスでも表彰が取り上げられます。
こちらはSクラスや総合ランキングとは別なので、他のランキングと重複して表彰される選手も出てきます。

  • 1位 榎 明 選手・・・・50p
  • 2位 古藤雅啓 選手・・・・49p
  • 3位 地下和宏 選手・・・・45p

2019年度次期Sクラスメンバー

次期Sクラス
そしてその総合ランキング上位6名の選手が来年度のSクラスとして選出。
皆さん各地方で“速い”と有名な方々ばかりです。来年も見ごたえのある走りを期待してます。

  • 橋本広昌  選手
  • 新久保哲也 選手
  • 大見勝成  選手
  • 熊野孝則  選手
  • 小谷隆雄  選手
  • 榎 明    選手

橋本さん トライジムカーナ
という事で長くなりましたが2018年のトライジムカーナはこれにて終了です。何気に平成最後の大会でしたね。
また次回は、新年号になった春の大会で!

SPONSORED LINK

関連記事

DSC_0446[1]

【CBR125RヘッドランプH4交換方法】取付・交換作業手順と注意点!フルカウルバイクは意外に簡単!

こんにちわCBR125R乗りの紫摩(しま)です。 以前の記事の方でポジションランプをLED

記事を読む

スプロケ VTR

【ジムカーナセッティング】VTR250スプロケット変更(ギア比)選び方

こんにちわ、紫摩(しま)です! VTR250をジムカーナ仕様にしていていろいろとセッティン

記事を読む

DSC_0004

車載動画撮影時の風きり音対策!ノイズ低減のために外付けマイクはどうなのか!?検証してみた(動画あり)

こんにちわ、ケチが故に安物買いで無駄遣いしてしまう、しまでございます。 前回、バイクの車載カメ

記事を読む

台風対策 バイク ベルト

【バイクの台風対策】転倒防止の固定方法は?ラッシングベルト(タイダウンベルト)がおすすめ!

こんにちわ、紫摩です。 台風、年々直撃個数が増えているような気がしますが、皆さんバイクの台風対

記事を読む

しまブロ モトブログ CBR125R

【紫摩のモトブログ】バイク動画を撮るならどのカメラがオススメ?ゴープロとアクションカム

こんにちわ、紫摩(しま)です! バイク車載動画は前から撮ってはいたものの、あまりぱっとしな

記事を読む

ジムカーナ グロム

【バイクのライテクが上達しない理由】スランプの原因はセンスではない

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ジムカーナを始めて4年ぐらいたったのですが、どうも成長が止まっ

記事を読む

バイク 排気量 違い 速い 遅い

Mjバイク主催!サンリゾート仁尾にて“うつらん会”という撮影イベントに参加して来た!

こんにちわ、しまです。 今回のLINEツーリングオフは、香川県の仁尾町にある“サンリゾート仁尾

記事を読む

CBR125R バーハン化 アップハンドル

CBR125Rアップハンドル化!バーハンドル交換のメリット、デメリット。ジムカーナ仕様でコーナーリング性能を上げる

こんにちわ、紫摩(しま)です。 CBR125Rをジムカーナ仕様にしていく第一関門としてアッ

記事を読む

ゲイルスピード ラジアルマスター ハイスロ

【ACTIVEゲイルスピードラジアルマスター】VTRのブレーキ交換!性能とコントロール性は?横置きとの比較

こんにちわ、紫摩(しま)です。 VTRをジムカーナ使用に作っていていろいろ試行錯誤していた

記事を読む

TT900GP CBR125R

【CBR125Rタイヤ交換】RX01からTT900へ!ツーリングタイヤとのグリップ力の違いと暖まりやすさ

こんにちわ紫摩です。 今回愛車のCBR125Rのタイヤ交換をしに高松のイワサキまで行ってき

記事を読む

スポンサードリンク

コメントを残す

スポンサードリンク

ワークマン ライディングパンツ HP014 防寒
バイク乗り必見!ワークマン2020防寒ライディングパンツ『HP014』安全性は大丈夫?

こんにちわ、紫摩(しま)と申します。 バイク用のライディング

ビーコム ワン ONE
ビーコムワン(B+COM ONE)とSB6X、5Xでの複数人は繋がらない!?ノイズが多い時の対処法

こんにちわ、紫摩(しま)です。 バイクツーリングに必須アイテ

ゴールドウィン ウインター グローブ 手袋 
【女性向け】普通の手袋でバイクの運転は危険なのか?レディース用ゴールドウィン防寒グローブ紹介!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 バイク乗りの装備で色々試した

バイク グローブ ワークマン
ワークマン2020新製品のウインターグローブはバイク用に使えるのか?(ウォームプロテクションPG05)操作性、防寒比較

こんにちわ、紫摩(しま)です。 バイク用ウインターグローブの

はみ出し バイク 事故
山道で事故するライダーの原因は?目線はどこ見てる?対向車線にはみ出る危険性とは

こんにちわ、紫摩(しま)です。 Twitterをはじめ、Yo

OGK カブト リュウキ RYUKI
【OGKリュウキ】初心者レビュー!システムヘルメットRYUKIは買いなのか?良いところ悪いところ

こんにちわ、紫摩です。 2020年の夏に発売されたOGKカブ

ベランダ キャンプ 野宿
【アウトドア練習】ベランダでキャンプしてみた!快適に寝るための準備物やコツ

こんにちわ、紫摩(しま)です。 キャンプをしてみたいけど一人

4
大人の発達障害は辛い。HSP、PTSD、ADHD、コミュ障はストレスでTwitterに不満を書いてしまう

こんにちわ、紫摩(しま)です。 みなさんは自分の事が好きです

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
【K&F Conceptレビュー】2020年NEWモデル!自由雲台付き折り畳み三脚『s211』

こんにちわ、紫摩です。 お世話になっているK&F C

グロム サイドバッグ ツーリング
グロム(GROM16’〜)タナックスの小さいサイドバッグ取り付け!コンパクトでツーリングにオススメ

こんにちわ紫摩です。 ツーリングではシートバッグやボックス、タン

→もっと見る

  • mysimasima筆者、紫摩(しま)のプロフィール

  • メールアドレスを記入して『送信』で、
    更新情報を無料で通知してくれます(^^)

    40人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑