*

SPONSORED LINK

  小豆島ツーリング

今回はちょっと遠出の香川県は小豆島へ。小豆島ツーの予定のブログにも書いてた通りその流れで行ってきました。
朝っぱらから早起きして洗車しましたよ~DSC_0204気合を入れてワックスまでかける手の入れようっぷり。
やっぱ綺麗だと気分が違いますね♫

早速乗り遅れ!?

フェリーに乗るのも三回目?かな?以前は小豆島へ車を載せていったのですが今回は原チャリ2台ww
距離も90km近く走るのでちょっときついかなーとも思ったのですが
「まぁ、大丈夫でしょうww」ってことで

高松港までおよそ16kmを早朝から走ってきました。
8:02分発のフェリーの予定だったので家を7:15に出れば間に合うと思い込んで余裕ぶっこいていたら40分ほどかかってしまいギリギリ!

しかも連休ということもあってチケット売り場は大混雑・・・残り15分・・・
長い列が進みあと1組
「よし、行けるw」しかし時計を見ると残り時間が2分w
DSC_0206こんな時に前に並んでる人がお金の計算を間違えて用意していて財布をゴソゴソww「え~○○円じゃないん!?ちょっと待ってよ?あら、無いがー」

「まぁ30分待てば次の池田港行きがあるからそちらに切り替えようか・・・」

と言ってるうちに自分の番。ギリッギリセーフで2枚買えて猛ダッシュで乗り込みました!(船には乗れましたが多分予定時刻過ぎてたと思う)

愛車紹介

DSC_0208

友人:JOGデラックス 燃費 66km/L
白い方。4stの50cc。前輪ディスクブレーキ仕様。低速トルクはあるので街乗りには最適。ノーマルでオーナーは交通ルール遵守なので燃費が良いw
僕:ジョルノ 燃費25km/Lほど(古すぎてカタログ値まで出ない)
黄色い方。2stなので燃費が悪い。プーリーの最高速度を伸ばしているため40km/hまでの加速が悪いがそれより上は気持ちよく回る。(捕まるので自主規制)

やはり船内は混んでいます

DSC00340 DSC00344

展望デッキでは涼しい風が楽しめますね。
DSC00347 DSC00349

まぁちらほら空きはあったので窮屈ではなかったですがこちら全員が小豆島に向かうと思ったら観光では結構人気なのですね。

世界一狭い海峡!?

DSC00361

さて、小豆島に乗り込みますよー!待ってろ寒霞渓。※この山ではありません

最初の目的地は世界一狭い海峡とギネスブックにも認定された“土渕海峡”へ。
DSC00373 DSC00371

幅数メートル。これ川でないのです。れっきとした海です。まぁ海のイメージはないですが。

!?
DSC00370
何この白いゴミ・・・

DSC00366
クラゲの大群でしたwwうわー、こんな大量発生初めて見た!

小豆島大観音へ

DSC00375
ものすごいどでかい観音像が立っています。道からすぐ見えました。DSC00374 DSC00377
この大きさをうまく伝えきれないのが歯がゆいです。
いや、笑えるほどでかい!比較画像もなんか微妙w
中はエレベーターがあって展望室までいけるみたい。
どこ?鎖骨のあたり?わからん。

寒霞渓スカイラインは気持ちいいワインディングロード

DSC00382 DSC00384

途中にヘアピンがありそこからの眺めが素晴らしかったので写真タイムw
少し走っただけなのにもうこんなに登ってきてます。すごい急勾配!

車で走ったことはあったのですが、やはり車はただ単に景色が過ぎるだけ。
しかし原付はゆっくりなので緑を楽しめて風も感じれて起伏を体で感じバイクと一緒に山を登っているという爽快感がたまりませんw

銚子渓でお猿と戯れる

DSC00388

 

1時間もしないうちにモンキーセンター?に着いてしばしの休憩。
そこでなんと運良くショーもやってました。詳細はこちらDSC00389 DSC00419
大群は非常に怖かったですが大いに楽しめました。是非行ってみてください。

女の子のサルがトレーナーとハグする動画
すごく可愛らしい。

大パノラマ、寒霞渓

DSC00432こちらの写真は四方展望台から

やはりロープウェイ乗り場は観光客で賑わっていました!バイカーたちも大勢で僕らの駐車するスペースがなく隅の方に停めました。しかし原付ならでは、隅にもどこにでも停められる!
DSC00436 DSC00440

寒霞渓スカイラインを走るのもいいですがロープウェイでのんびり景色を楽しみながら登ってくるのもひとつの楽しみ方ではありますね。DSC00450

絶品の流しそうめん。夏の清涼感を存分に味わえます。実は生まれて初めての流しそうめんだったりします。いやー、ここで定食食べなくてこっちにしといてよかったw

二十四の瞳映画村へ

DSC00486

寒霞渓を下ってきて思いのほか時間が余っていたので「時間大丈夫?」「全然お任せするで!」ってことでぐるっと島の端の方まで来ちゃいましたよ。DSC00492ここでは昭和を舞台にした映画のロケ地になっていましていろんな楽しみ方がありました。詳細はこちら
ものすごく暑いのに海風が心地いい、そんな場所です。

オリーブ園でオリーブにまつわるお土産を試食

DSC00524

次に目指したのが小豆島でも有名どころである“オリーブ園”
試食が大量に有り生チョコなんかソッコーで無くなってました。
友人も僕もパクパク止まりませんでした。(すみません)DSC00522

ここから海を眺める景色もいいですね。なんか香川っぽくないですね~
それもそう、地中海気候と似ているため欧州のイメージをそのまま採用した公園になっているのです。
DSC00520 DSC00526 ここから奥にもっと歩いていくと大きな風車や面白い建物があるみたいなのですが体力的にダウン仕掛けていたのでgiveUP・・・
DSC00529 DSC00534

オリビア像があります。イメージは地中海ですね。雨も少なくカラッとしているので瀬戸内海もそんな感じで過ごしやすい気候なのでしょうかね。DSC00536

リアルのオリーブです。そこらじゅうにたくさんうわってます。
発祥の地らしくて小豆島には独自のオンリーワンがいっぱい詰まってますね。観光地としては抜群です。

DSC00538

さてそろそろご帰宅

DSC00540

流石に燃費のいい原付でもタンク容量が小さいので一回給油して帰りのフェリーへ。醤油アイスとエンジェルロードを行き忘れました。やっぱり一日で全部を回り切るのは難しいですね~。
DSC00541帰りの便では行きよりも混雑!!なんか部活の大会か練習試合か何かで学生がいっぱいいました。展望デッキに逃げましたw
DSC00542 DSC00544

しかしこの日は猛暑で日差しが眩しくて暑い中ご苦労さんでしたー。
山の中はものすごい心地いい気温だったのですが下界はムワっとしていましたw

総走行距離90kmオーバーですがそれ以上に小豆島は楽しいです。
次回は・・・まだ決めてませんがまたどこかにツーリングしたいですね。
徳島剣山やお金があれば道後温泉お泊りツーとか(僕は根負けしそう)

50ccなら限られてきますが110ccや90ccバイクならもっと遠出しても楽でしょう。
巡航速度が高いし加速もいいのでストレスなく走れるので。
相方さんへ→ぜひ一緒にバイクのステップアップしましょうww
DSC00545 DSC00549最後に綺麗な夕日を見れたので写真をパチリ。海に写った太陽のあいだに逆光でチェアーが二つ。構図的に満足w

 

SPONSORED LINK

関連記事

CBR125R 突き出し量 フォーク

【フロントフォーク突き出し量調整】Uターンがやりやすく切れ込みも速いがメリットとデメリットがある

こんにちわしまです。 今回のCBR125R整備は『フロントフォークの突き出し量調整』です。ここ

記事を読む

ハイパープロ スプリング リアサス

VTR【ハイパープロのスプリングを付けてみて】リアサスセッティング偏

こんにちわ、紫摩(しま)です。 以前からVTRのサスセッティング沼(一人勝手に沼)でいろい

記事を読む

つな講習 ニーグリップ 上半身 操り方 乗り方

保護中: ジムカーナ『つな講習』とは。3つの基礎でうまくなる!初心者~中級トレーニング集(ライン取り・ニーグリップ・回転)の紹介

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回は大見勝成選手が主催するミニ講習会、『つな講習』の紹介

記事を読む

バイク用スプリングコンプレッサー

バイク用スプリングコンプレッサーのおすすめ(STRAIGHT)自動車用との違い

こんにちわ、紫摩(しま)です。 バイク用のスプリングコンプレッサー、その名の通りバネを縮め

記事を読む

DSC00577

国指定の天然記念物、香川県“ランプロファイア岩脈”と雨滝城跡へバイクでお出かけ

雨滝山の雨滝城跡 さぬき市津田にあります雨滝山に行ってまいりました。 ここは山の中腹

記事を読む

CBR125R リアサス YSS リアショック 取り付け

【YSSリアサス交換】CBR125Rジムカーナ、サスセッティング!タイヤグリップの限界が上がって転倒回数が減る

こんにちわ、紫摩(しま)です。 いつも皆さまブログとYouTubeを見て(観て)くださって

記事を読む

回転GP ジムカーナ 練習 回転

ジムカーナ『回転GP』とは?やり方とシード選手参考タイムの紹介!コースの距離、練習の方法など。

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ジムカーナの練習で”〇〇GP”という練習(タイムアタック)

記事を読む

レミックスハロゲンバルブ

暗いバイクのヘッドライト…ワット数の高いハロゲンバルブに交換!レミックス5300Kバルブレビュー

こんにちわ、DIY好きのしまです。 今回は前回の『ヘッドライト交換方法』に続きまして、今回はレ

記事を読む

バイク 汎用サイドスタンド グロム

【調整式サイドスタンド】ローダウンのグロムに取り付けレビュー!強度や耐久性は大丈夫?

こんにちわ、紫摩(しま)です。 以前グロムのレイダウンリンクを取り付けましたよという記事を

記事を読む

CBR125R レッドゾーン

【CBR125Rインプレ】インパネ周りのデザインとセパレートハンドルのレビュー紹介

こんにちわしまです! 前回のCBR125Rフロント周りのディティール紹介に引き続いて今回はイン

記事を読む

スポンサードリンク

コメントを残す

スポンサードリンク

オリンパス EM-5Mark3 14-150
マイクロフォーサーズ超コスパ良いレンズ見つけた!14-150㎜ OM-D EM-5Markに付けてみた

こんにちわ、紫摩です。 久々のカメラブログです。

Google Adsense 源泉徴収
Googleから税率30%の郵便が届いたら…。IMPORTANT TAX RETURN DOCUMENT ENCLOSED。納税義務はあるのか?YouTubeやブログでの税務情報をチェック

こんにちわ、紫摩です。 先日外国から郵便物が届きました。

スイングアームVFR800F チェーン調整
片持ちスイングアームバイク(VFR800F)のチェーン調整方法、締め付けトルクとやり方

こんにちは、紫摩です。 今回は短いですが、チェーン調整のブロ

VFR800F
VFR800Fが不人気?生産終了(2022)でいきなり人気になりそう

こんにちわ、紫摩(しま)です。 先日もお伝えしたVFR800

VFR800F ハンドル外し バーエンド グリップヒーター
VFR800Fをバーハンドルでアップポジションにしてみた!交換方法と注意点を紹介

こんにちわ、紫摩です。 今回はついに?VFR800Fのハンド

バイク カウル補修 タッチアップ
【カウル補修】タッチアップガンで直せるか?スプレー補修のやり方

こんにちわ、紫摩(しま)です。 先日の転倒で見事に削れたバイ

VFR800F レバー STF アクティブ
VFR800Fのクラッチが軽くなる!ACTIVEアクティブSTFレバーに交換!

こんにちは、紫摩(しま)です。 VFR800Fが転倒してしま

VFR800F カウルカット バンパー
VFR800Fカウルカットのコツ!バンパー取り付け(後編)必要な工具とやり方

こんにちは、紫摩(しま)です。 前回はVFR800Fにバンパ

VFR800F バンパー
VFR800Fにバンパー取り付け(SSB)立ちごけや転倒の被害軽減

こんにちは、紫摩(しま)です。 納車早々に転倒させてしまった

カウルカットの端 タッチアップ
タッチアップペンでタンクの塗装剥がれが完全に元に戻るか実験!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ZX-25Rを納車してすぐ、

→もっと見る

  • 最新記事をメールで通知。

    44人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑