*

【CBR400RR(NC29)レストア】其4:LCGフレームの恩恵と扱いやすい速さ(走行性能のインプレ)

CBR400RR レストア ジムカーナ ヨンダボ
こんにちわ、紫摩(しま)です。

1994年式の最終型CBR400RR(通称ヨンダボ)を修理して起こしてみようという事で、レストア(というほどではないが)に着手しています。

今回は其4ということで、長くなりましたがひとまず最終章、総評と走ってみた感想を書いていきたいと思います。

低速・高速コーナー、切り返し、小旋回、急加速・急減速が詰まったジムカーナでどんな感じ走るのかキャラクターを探ってみました。

SPONSORED LINK

ジムカーナに使ってみてわかったこと

CBR400RR ジムカーナ 走行
バイクを仕上げても盆栽として置いておくのはもったいない。走らせてなんボ、ということで気になる走行インプレです。

この最終型はいわゆる“自主馬力規制後”のもので、パワーやトルクが抑えられたモデルです。

カム形状の見直しによって吸気・排気のバルブタイミング(開閉時期)の変更に加え、圧縮比や排気系も変更し、日常使用する機会の多い中低回転域での力強いトルク特性と俊敏なレスポンス性を一段と向上させた。

とありますが、実際の使用ではどうなのでしょうか。

【関連動画】


こちらは香川県のジムカーナ練習会『MSGC』での試走動画です。

高回転の伸び

CBR400RR レストア ジムカーナ ヨンダボ
規制後のモデルなので全体的にマイルド方向に振ってあります。滑らかとか扱いやすいといった感じでホンダらしいと言えばホンダらしい感じ。

スペックとしては400cc、4気筒、53ps/13000rpmという事で、当然ながら2stのような飛び上がるような加速はしません。

ただ、コンピューターで制御しているのではなく単にインシュレーターとマフラーの交換で簡単に前期のパワー(59ps/13000rpm)近くまで出る仕組み。

さすがにレーサーレプリカというだけあって高回転になるとそれなりに速いですし、レッドゾーン付近でも伸びは変わらず回っていきます。
10000回転からのレーシーなサウンドはかっこよすぎます。

低速トルク

CBR400RR レストア ジムカーナ ヨンダボ
もう一つバイク選びで重要なポイントといえば低速時の取り回しや旋回性能です。
ジムカーナではこの低速トルクのないバイクは扱いにくいのですが、もれなくこいつも該当します。

5000回転以下ではエンジンの回転上昇が鈍い。特にフルロックを当てていく走り方では顕著に現れてしまいます。

エンブレも強いのでフルロック時には車速が落ちすぎてしまい、そこからのトルクの盛り上がりが弱いためVツインのような小回りはできませんでした。
低速時はアクセルを当てるタイミングが遅れると簡単に内側に倒れてしまいます。

ギア比の変更で加速寄りにすれば多少はマシになりますが…

とは言っても400ccなのでクラッチをつなぐだけで進みます。
125ccみたいに簡単にエンストもしないので普段乗りでの使い勝手はいいでしょう。※セパハンは手が挟まりますので注意w

コーナーでの切り返し性能

CBR400RR ジムカーナ 走行
さすがレーサーレプリカ。このコーナリング性能のカテゴリーは言うことありません。
LCGフレームでのマスの集中や全体のバランスがいいのか、切り返しがめちゃくちゃ楽で寝かし込んでも安心感があります。
そりゃ峠でバリバリ飛ばす人が現れるわけだ。

補足としまして、フロントフォークは減衰なしのいたって普通のサスで、リアサスペンションに至ってはガスが抜けているものでの判断。
そんな状態でもそこそこ走れるのはさすがヨンダボだと感じました。

VTRもスリムで軽いので切り返しではパタパタ寝ていくのですが、CBR400RRもそれに近い感じです。
さすがにモタードやミニバイクのようにはいきませんが、割と軽快に楽しめるのではないでしょうか。

高速コーナーでの性能

タイヤはボロボロでスリップサインの出たディアブロスーパーコルサで試したのですがいたって問題なしです。
シート高が低くてニーグリップもやりやすいので腰を内側に落としやすいというのもあるのでしょう。

峠とかツーリングなら限界とは程遠い速度域なので、競技よりも気持ちよく流せるかと思います。

小回りのスピードが稼げないのでジムカーナでのタイムは出ませんが、初心者な僕が乗ってもどうにかなる扱いやすさはとても高評価です。
現行のスーパースポーツの方が技術が進歩してもっと洗練されているとは思いますが、これもこれでアリだと僕は思います。

CBR400RR(ヨンダボ)の総評

CBR400RR レストア ジムカーナ ヨンダボ
L.C.Gフレームという低重心(Law Center of Gravity)を狙ったフレームが特徴的なヨンダボですが、このマシンの良いところ悪い所、これから購入される方の参考になれば幸いです。

悪い所

  • マシン的に中途半端
  • エンブレが強い
  • パーツが欠品していることが多い
  • 完調にするまでにお金がかかる

一つ目は全体的に中途半端な位置づけだということ。

自主馬力規制で59ps-4kgf/mが53ps-3.6kgf/mにデチューンされた点で、車重の似ているCBR600RRになればもっとバランスよくパワーが出て戦闘能力も高い。
CBR1000RRになれば言わずもがな。

どうせ車検を取るなら大型を…と、400ccに対してもったいない感じも否めません。
スペックだけ見るとそう言えますが、実際はめちゃくちゃ速いし乗りやすいです。数字よりもかなりパワフルに感じます。
数字だけ見ていろいろ批評する人はまずバイクに乗ってみてほしいです。

もうひとつのデメリットはエンジンブレーキが強いこと。
4気筒なので仕方ないのですがターンで減速しすぎてしまう傾向にあります。
本来ジムカーナみたいな使い方をする乗り物ではないんですが…

良いところ

CBR400RR ジムカーナ 走行

  • 古くても高値で売れる
  • 扱いやすい
  • 整備性を考えた造り
  • 壊れない

かっこいいとか速いとかそういう当たり前なところは置いといて・・・

逆にいいところは名車なので人気が高くて中古市場でも値が下がりにくい点。

現状販売なら10万~、不動車でも外装が綺麗であれば20万~、ノーマル車で動いていれば35万~、完調でバリモノは50万と結構差が大きいですが、綺麗にレストアすれば1990年代の旧車なのにもかかわらず結構高値が付いています。
これは通称“ニダボ”のCBR250RR(MC22)も同じでしょう。

壊れにくい点でもさすがはホンダ。ゴムやベアリングなどの消耗部品は別として、エンジンをぶん回しても転倒しても全然壊れません。
整備性もよくて自動車でいうトヨタみたいな感じがしました。
このあたり綺麗に乗っていれば20数年たった今でもまだまだ現役で走れるというのが何よりものメリットではないでしょうか。

【関連動画2】


ヘルメットマウントでの視点。
アップハン化とスプロケショート化した簡単なレビューと感想の動画です。
ノーマルじゃなくアップハン仕様なので参考までに。

SPONSORED LINK

関連記事

2890522

CBR125Rに似ている小排気量スポーツバイクのスペックを比較!(YZF-R125、デューク125、RS125、NSR50/80)

80~90年代はレーサーレプリカと呼ばれるスポーツバイクが主流だった。 250ccの軽量、小排

記事を読む

no image

ローソンでお買い物特典で今流行りのラブライブグッズが手に入る

昨日の話になるのですが、友達と飲み会をしまして、話はラブライブの方へw 今ローソンでは

記事を読む

ZX-25R ニーグリップパッド

ZX-25Rのニーグリップパッドを自作してみた!取り付けと効果は?

こんにちわ、紫摩(しま)です。 Ninnja ZX-25RってSSタイプなバイクの割にポジ

記事を読む

グロム ハンドル アップスペーサー ポッシュ

グロムGROM『ハンドルポジション考察』バーハンドル3種、セットバック&アップスペーサー

こんにちわ、紫摩です。 グロムって比較的ハンドルも近くてアップライトな姿勢でポジションが困

記事を読む

ジムカーナ グロム

【バイクのライテクが上達しない理由】スランプの原因はセンスではない

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ジムカーナを始めて4年ぐらいたったのですが、どうも成長が止まっ

記事を読む

台風対策 バイク ベルト

【バイクの台風対策】転倒防止の固定方法は?ラッシングベルト(タイダウンベルト)がおすすめ!

こんにちわ、紫摩です。 台風、年々直撃個数が増えているような気がしますが、皆さんバイクの台風対

記事を読む

1-8 5.6 100 照明 ライト 小物撮影

小物撮影でLEDライト比較!100Wと40W明るさの違いと綺麗に撮るためのメリットとデメリットとは

こんにちわ、しまです。 みなさん小物撮影のライトアップってどうされてますか? 以前の記事で撮

記事を読む

サブサンプリング

画像を高画質かつ軽くするリサイズ方法!JPEG設定で圧縮はどう変わるのかRalphaで比較

こんにちわしまです。 みなさんブログやネット上に画像をアップロードするときにリサイズってもう活

記事を読む

ZX-25R バンパー ガード

【ZX-25Rバンパー取り付け】スライダーじゃない理由…転倒時の車体保護の技術

こんにちわ、紫摩(しま)です。 思い付きでZX-25Rを購入したので、この車両の事はあまり

記事を読む

夜のLEDポジション点灯

CBR125Rポジションランプ交換方法!ミラリードLEDウエッジ球(9000K)の明るさや見た目をレビュー

こんにちわCBR125R乗りのしまです。 手っ取り早く愛車をかっこよくドレスアップできるカスタ

記事を読む

スポンサードリンク

コメントを残す

スポンサードリンク

一本橋 コツ
【大型二輪】教習所の一本橋のコツと攻略法(初心者編)

こんにちわ、紫摩ですさ。 大型二輪教習受けてきました。忘れな

フロントブレーキ
【大型自動二輪免許】急制動できない!失敗せずクリアする方法

こんにちわ、紫摩です。 この度、大型自動二輪免許取得にチャレ

ハイパープロ スプリング ZX-10R
【ZX-25Rリアサス】ハイパープロスプリング②走行インプレと乗り心地

こんにちわ、紫摩です。 前回のブログは、ZX-25RにZX-

ハイパープロ スプリング ZX-10R
ZX-25Rにハイパープロのスプリング取り付け(ZX-10R用)①交換方法

こんにちわ、しまです。 今回はZX-10R(2011年以降)

ZX-25R フェンダー 才谷屋
ZX-25Rリアフェンダー「才谷屋」に交換、取り付けだ!カーボンじゃなく黒ゲルの理由

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ZX-25Rのカスタムをしな

チャレンジャー LS2 ヘルメット
LS2ヘルメットのシールドベースが壊れた!チャレンジャー(Challenger)での交換方法

こんにちわ、紫摩です。 LS2ヘルメットのChallenge

プライヤーレンチ クニペックス
プライヤーレンチ【KNIPEX(クニペックス)】がモンキーよりも凄すぎた!

こんにちは!しまです。 このページに来られた方はプライヤーレ

バイク 目線 
バイクの運転がヘタな人とうまい人の違い!事故りやすい人の特徴は?

こんにちわ、紫摩(しま)です。 この手の内容はもう今更感満載

グロム 75 リアウインカー 交換
グロム リアウインカーの外し方、ワレンズに交換

こんにちわ、紫摩(しま)です。 「グロムのリアウインカーを交

ZX-25Rミーティング
四国ZX-25Rミーティングin徳島どなりレポートとカスタム紹介

こんにちわ、紫摩です。 今回のブログは徳島県の道の駅どなりで

→もっと見る

  • 最新記事をメールで通知。

    43人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑