*

ジムカーナ上達にはまずノーマルバイクで慣れるべし。カスタムを人に強要しない

CBR125R ジムカーナ
こんにちわ、紫摩(しま)です。

今回はバイクを扱う上で重要な話、タイトルにもあるようにノーマル車両で慣れるという事なのですが、賛否両論あると思います。
いろいろ考え方があるので、「どうバイクに乗ろうがこっちの勝手だろ」という感じに多分なってると思います。

まぁそう慌てないで。

そこでジムカーナを始めてから僕が強く感じたことを主に話していきたいと思います。
参考になる部分、ならない部分は個人で取捨選択してもらえたらと思います。

SPONSORED LINK

バイクをカスタムすることのメリット、デメリット

カスタムバイク アップハンドル ジムカーナ
ジムカーナは低速~中速域のセクションが多く、切り返し時の状態を楽にするためにアップハンドルにすることが多いです。
低速ダッシュのパンチを強くするために前後スプロケットを加速寄りにします。
また、旋回時の安定性を高めるためには足回りのチューンアップがカギを握ります。

中にはハイスロットルで全開時の手首のひねりを少なくして、きびきびと走らせることもやります。
パワーの無いミニバイクなら排気量アップ、圧縮率アップ、マフラーを抜けのいいものに交換してエンジンパワーを上げて速くする方法もあります。

これらを行う事でマシンの限界値を上げて、タイムを上げやすく(縮める)するというのがジムカーナのカスタムの定番になります。

マシンバランスが崩れる

バイク アップハン スクリーン
あとで純正状態の話もしますが、もともと車両のバランスというものもあります。
それをカスタムで一部を競技向けにすると違う部分にしわ寄せが出てきます。

例えばマフラーを換えると低速トルクが薄くなり、それによってメインジェットを換えたりコンピューターを換えたり、またギア比にも影響してきます。
ポジションで言えばハンドル交換。アップハンドルにするとリアに荷重が乗りすぎてサスセッティングも変わってきます。そして転倒も増えることも…

ちょっとこれぐらい、、、と思って交換したパーツが全体のバランスを崩してしまって、結局バランスを取るためにまたいろいろとカスタムが終わらないことが多いです。

あと、カウル付き車両をアップハンにするときはスクリーンに干渉してしまうデメリットもありますので注意してください。

カスタムするとタイムが上がるという誤解

さて先ほどカスタムでタイムが上がると話したのに矛盾してると思いませんか?
確かに定番カスタムで速くなるのは否定しませんし、僕も色々社外品に交換しています。

ただ、初心者のうちにあれもこれもとカスタムすることについては疑問が出てきます。

その理由は単純、扱いにくくなり乗りにくくなるから。

ある程度レベルが上がってきて、自分の走りが安定してくるとコンマ数秒を縮めるためのカスタムはありだと思いますが、ノービスのうちにいろいろやっても実際あまりタイムは変わらないことが多いためです。

加速をよくすると低速時のエンスト防止にはいいかもしれませんが、アクセルワークがおろそかになってしまって本末転倒。
固すぎる足回り、柔らかすぎる足回りも同様。
そういう風に尖った仕様にしていくにつれて、ピーキーなマシンになっていきます。

狙った走りができないのであれば逆効果なことを生むのもカスタムの弊害の一つと言えそうです。

関連ページ:ジムカーナセッティングVTRスプロケット交換|Mysimasima

タイムが伸びないことをパーツで誤魔化していく

当然の事ながら、タイムを縮めるためにはある程度のカスタムは必要です。

実際僕もVTRで高回転のパワーが欲しくてマフラーを換えていました。でも肝心の低速トルクが弱くなって小旋回が遅くなってしまったのです。

それを誤魔化すために超加速寄りのスプロケットを取り付けたり、ポジションが悪いのかと思いハンドルを思いっきり手前に寄せたり…
関連ページ:VTRマフラー交換|Mysimasima

それでタイムが上がったかと言えば答えはNO。

エンブレが強くなりすぎて旋回中の速度が落ちたり乗車位置が後ろ寄りになってフロントがふわふわしたりと、とてもじゃないけど僕では扱えるような車両にはなりませんでした。

そして本当は自分のライテクに問題があるのに、パーツを付ければ解決するという錯覚に陥ってしまうのも危険要因のひとつではないでしょうか。

ノーマル(+α)車両で慣れることのススメ

グロム 女性ライダー
ではカスタムはだめでノーマルのがいいのかと言えばそういうわけではないのですが、やっぱりノーマルにはそれなりに良いところが沢山あります。

それはジムカーナでも公道でも同じで、やっぱりいろいろ経験して分かる部分が多いです。
そこで何が良くて何がダメなのか、僕が感じたことを少し書いていきます。

乗りやすさはノーマルが一番

サスペンションが抜けていたりタイヤがツルツルとかそういう整備不良は別として、ノーマル車両はとにかく乗りやすくできています。

一番わかりやすいのがトルク性能。
その理由はスロットル(グリップ側)径とギア比の関係。

主に32Φぐらいのスロットル径なら多少ラフに操作してもギクシャクしにくいです。
これが社外品のハイスロ(約42Φ)だと機敏に反応してアクセルワークどころか車体が暴れかねないです。

加速寄りスプロケットの弊害としてエンジンブレーキが強くなることが挙げられますよね。

純正ギア比ならわりとロングになっているので扱いやすいです。よくノーマル車両を試乗して乗りやすいと感じるのもこれ。
CBR400RRも高回転型エンジンだからと言って高回転使用にしてしまえばサーキットは良くてもジムカーナではピンポイント過ぎるバイクになってしまってました。

関連ページ:ハイスロットルのメリット、デメリット|Mysimasima

ノーマルはバランスがいい

純正状態のもう一つの特徴としてバランスが挙げられます。
男だけじゃなく低身長な女性ライダーも当然乗ります。

いろんな人が乗ることを想定して、ほぼほぼちょうどいいベターなセッティングになっています。
ハンドルやギア比やシート高、サスペンションセッティング等など。

特に吸排気は純正が一番使いやすいです。
トルク性能、音量、耐久性。
高回転は抜けが悪いかもしれませんが、ジムカーナで練習で使うには純正マフラーのトルクバランスがとにかく扱いやすいです。

よって、操作がストレスなく楽に行えて、必然的にスムーズな走りができるのです。

そのため下手にいじることによってそのバランスを崩してしまう事が多いです。

僕はジムカーナではストリート向けのセッティングが一番扱いやすく、なおかつタイムも悪くないという結果になりました。

ポジションも純正はバランスが取れている

ライディングポジション バイク
ライディングポジションはどうでしょうか。
ノーマルは無難な状態とは言え、乗り手の体格まではサポートできません。

ライダーの身長に合わせてハンドルやシート高を調整したりするのはカスタムというよりは調整、セッティングの部分になります。

ただ、僕の場合ですが、いろいろハンドルを換えたりシートを削ったりステップを換えたりしましたが、結局純正位置に近づいて行っています
手足が短いので多少は手前に持ってきたりシートを削ったりしていますが、純正ポジションから大幅に変えることはしていません。

というのもポジションを変えることによっても前後バランスだったりリーンの感じが変わってしまうので、車体バランスにも影響してくるのです。

※このポジション部門は人それぞれ体格が違うので、僕は色々試していった方がいいかなと思います。

パーツのせいにせず自分のライディングを磨ける

これが一番の理由かもしれないのですが、純正状態で走ることによって自分のライディングの上手/下手が顕著に現れます。
タイヤをちゃんとしたもの(新鮮な状態)に換えるのは大前提ですが、ノーマルに近い状態なら相当勉強になります。

某峠アニメのハチロクのように古くてノーチューンマシンでも扱う人がうまければ、カスタム車両よりも速く正確に走らせることができます。
ジムカーナでは加速性能だけではなく、ターン中の姿勢や切り返し、アクセルオンのタイミングなどとても重要な部分が多いです。(アクセルを開けるポイントが遅いとタイムも遅いです)

パーツを交換するとそれで速くなったのか遅くなったのか原因が分からず、往々にして物のせいにしてしまう事が絶対に起きてきます。

よく言われるのが、バイクの性能を扱いきれるのは125~250クラスまで。それ以上の排気量を乗りこなせる人はほとんどいないそうです。

まとめ

ジムカーナ VTR 紫摩
色々書きましたが、僕はカスタムする事を否定はしていません。
むしろ色々カスタムをしてどういう動きになるか、自分に合っているか否かを判断する楽しみももちろんあります。
何が良くて悪いか、引き出しを増やすためには色々勉強していく必要があるので、自分が気になればどんどんカスタムしていきましょう。

でもこれだけは覚えておいてほしい。他人(特に初心者)にカスタムを強要するのはだめ。
自分の知識をひけらかしてやみくもにパーツでどうにかやろうとする姿勢は反対です。
アドバイスするにしても「自分はこういう感じでいじっていっているよ」というヒントぐらいにすべきです。

  • 純正、ノーマル状態はバランスがいい
  • ノーマルは扱いやすくてストレスなく走れる
  • カスタムは良くも悪くも自分次第
  • 必ずしも尖ったセットが速いとは限らない
  • 加速寄りにすると減速時にバイクが立ちやすい
  • ハイスロは僕はあまりおすすめしない
  • 人に自分のカスタムを強要しない

色々ありますが、ノーマル状態ってそこまで粗悪なものじゃないです。
むしろバランスがいいので、VTRなんかはほぼほぼいじる必要が無いぐらいです。

そこから味付け程度に徐々に換えていき、セットを調整し、悩んだら元に戻すという事を推奨します。
たぶんめちゃくちゃ乗りやすいって感じると思います。

ということで、今回はジムカーナにおけるノーマル車両とカスタム車両のあれこれでした。

次はうまく行かない時のお話をしていきたいと思います。

関連ページ:ジムカーナでうまく行かない『分かっているけどできない』|Mysimasima

SPONSORED LINK

関連記事

四国カルスト

バイカーの聖地、四国カルストは“日本三大カルスト”の中で一番の●●●だった!400km日帰りソロツーリング

長距離日帰りソロツーリングもそろそろ大詰め! その3ということで今回はカルスト方面へ出発だ!(

記事を読む

タイヤ グロム ダンロップ

グロムのタイヤ交換【TT93GP】ハイグリップタイヤのおすすめは?バトラックスやピレリ、デューロはどうなの?

こんにちわ、紫摩です。 グロム(MSX125SF)の純正タイヤで設定されているビーラバーと

記事を読む

アクセル調整 ワイヤー

バイクのアクセルワイヤー(クラッチ)あそび調整での操作メリットデメリット

こんにちわ、紫摩です。 アクセルがぐらぐらしたり、半クラッチの位置がちょっと自分に合わない

記事を読む

後輩 怒る上司 うざい上司

【上司・先輩がウザい】指導傾向と対策!逆に部下・後輩から信頼される上司になるには?

こんにちわ、紫摩(しま)です。 前回は、『好感の持てる部下・後輩』というテーマで書きましたが、

記事を読む

dsc_6660

VTR250対向4ポッドキャリパー取り付け方!Nプロジェクトのキャリパーサポートと必要な部品、手順の紹介

こんにちわ、しまです。 フロントブレーキの強化という事で、VTR250ノーマルの片側2ポッ

記事を読む

トライジムカーナ2017第1戦

【トライジムカーナ2017】開幕戦レポート!つな選手に訊くコースの攻略法と気になるフリーセクション

こんにちわ、紫摩(しま)です!大見勝成選手と大見有希選手が主催する“トライジムカーナ”の2017年

記事を読む

ドルツ パナソニック 音波振動歯ブラシ

電動歯ブラシレビュー【パナソニックEW-DE55ドルツ】手磨きには戻れない理由!おすすめポイントと安いものとの違い

こんにちわ、紫摩(しま)です。 久々の商品レビューということで今回新しく買った“電動歯ブラシ”

記事を読む

GearS2 サムスン スマートウォッチ

選び方は見た目だけじゃない、Gear S2のいいところレビュー!女性へのプレゼントにもオススメできるかわいいスマートウォッチ

こんにちわ紫摩(しま)です! スマートウォッチって結構たくさん出ていてどれがいいのか迷うと

記事を読む

no image

二輪免許の卒業検定!実技試験で受かるコツを元スクーター乗りが解説!

二輪免許はたぶん共通なのかな?実技18時間と学科が1時間。 普通自動二輪卒業試験内容はバイクに乗る

記事を読む

エルリボン PH7 XR100 取り付け

XR100にエルリボンLEDヘッドライト交換!気になる明るさと取り付け方。PH7タイプの光量もここまできたか!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 LEDヘッドライト、もうずいぶんメジャー化してきましたがま

記事を読む

スポンサードリンク

コメントを残す

スポンサードリンク

ネジザウルス モグラ なめた
【なめた六角ボルトを外せる】ネジザウルスモグラが最強!狭い場所で叩かず使える

こんにちわ、紫摩です。 今回は工具のお話です。 バイク

チェーン 調整 ZX-25R
ZX-25Rのチェーンたるみ調整方法!必要な工具は?緩まらないアクスルシャフトはこうして外す

こんにちわ、紫摩です。 今更ですがチェーンの調整方法と注意点

直線 スラローム
直線スラロームがめっちゃうまくなるコツ!加減速と体重移動のタイミングがポイント

こんにちは!しまです。 今回はライテクブログです。 あまり

TNT125 アイドリング スタンド
TNT125のサイドスタンドスイッチをキャンセルするやり方!暖機運転ができない

こんにちは、紫摩(しま)です。 TNT125は誰もやってる人

TNT125 転倒 バンパー
TNT125転倒実験!スライダー兼バンパー取り付け!立ちごけ対策になるか?

TNT125を買いました。こんにちは、しまです。 そしてジム

ZX-25R リアサス ZX-10R
ZX25Rでスポーツ走行するならこのカスタム3選!+おまけ

こんにちは、紫摩(しま)です。 最近ZX-25Rネタばっかり

TNT125 レバー 
ベネリTNT125カスタム【クラッチ/ブレーキレバー】交換!

こんにちは、紫摩です。 ベネリTNT125を妻が購入したので

TNT125 マフラー
バイクサイトも知らないTNT125のスゴイところ!グロムと比べてみた結果(ヘッドライト、フォーク、フレーム、リアサス、ブレーキ)

こんにちは、紫摩です。 以前もグロムとベネリTNT125の原

ZX-25R タイヤ 交換 
【スーパーコルサSP V3インプレ】ZX-25Rでジムカーナ!公道グリップ最強タイヤは滑らないのか?

こんにちは、紫摩です。前回のブログでZX-25Rのタイヤ交換しまし

ZX-25R タイヤ 交換 
【ZX-25Rタイヤ交換】GPR300からハイグリップタイヤスーパーコルサSP

こんにちは、しまです。 ノーマルタイヤではダンロップのGPR

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して『送信』で、
    更新情報を無料で通知してくれます(^^)

    42人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑