*

バイクのマフラー交換で絶対失敗しない方法と必要な物!CBR125RとWR’Sマフラーで取り付け手順の紹介

CBR125R マフラー交換
こんにちは、紫摩(しま)です。

今回CBR125R用のマフラーということでWR’S(ダブルアールズ)のラウンドチタンマフラーに交換いたしました。

ダブルアールズのマフラーのレビューの記事はこちらで書いています。
関連記事:CBR125RマフラーおすすめWR’S(ダブルアールズ)レビュー!|mysimasima

マフラー交換手順とCBR125Rのカウルの外し方のコツなど紹介いたします。

SPONSORED LINK

CBR125Rマフラー交換(カウル外し~マフラー取り付け)

CBR125RはCBR250R(2013)と外装やパーツなどほとんどの部分が共通しますので250Rオーナーの方にも参考にしてみてください。

【必要な工具】
  • ラチェット+12mmディープソケット
  • エクステンション
  • 12mmメガネレンチ
  • 5mm六角レンチ
【交換パーツ】
【あると便利なもの】
  • 軍手
  • 段ボール
  • パーツクリーナー
  • クロスやウエス

CBR125R/250Rのサイド、アンダーカウル外し方

CBR125Rサイドカウル外し方
「右側のアンダーカウルだけ外す」とダブルアールズの説明書にもありますが、マフラー交換を効率よく作業するためにはサイドカウルも外したほうが絶対にいい。

まずサイドカウルから外していきます。
CBR125Rは最近のバイクらしく意外と簡単。

サイドカウルの外し方

CBR125R サイドカウル外し方 CBR125R サイドカウル外し方
5mmの六角レンチでサイドカウルのボルトを3か所外していきます。

CBR125Rサイドカウル取り外し
下側、ウインカーの内側、外側の3か所。
僕はめんどくさがりなので車載のL型レンチを使いました。


別名ヘキサゴンレンチとも言いますが、ラチェットで使える六角レンチなら作業効率がめっちゃ早い!
僕もこのタイプのTONE(トネ)を使っています。(安いので)

→(楽天)5mm六角ソケット 商品一覧
→(Amazon)5mm六角ソケット 商品一覧

DSC_2666
上側はクリップで留まっているので思い切り引っ張って外します。
安心してください、クリップは割れません。

CBR125R カウル取り外し方
“ツメ”ではなくクリップではまっているだけなので「クッ」という感じで瞬間的に、真横に力を入れると簡単に外れます。
※逆にひねったり一点だけに力をかけるとカウルが壊れます。

全体的に広い範囲で力をかけるのがコツです。

CBR125R サイドカウル外し方
ウインカーの配線がありますのでギボシを外します。
カプラーじゃなく超安上がりのギボシかよ…

最初に下から覗いて外せそうなら先に外して、無理そうなら片足でサイドカウルを支えながら配線を外してください。

アンダーカウルの外し方

CBR125R アンダーカウル外し方 CBR125R アンダーカウル取り外し
アンダーカウルは六角ボルト1つと下側にプラスのビスで留まっています。
横着して車載工具のドライバーでOKです。

CBRCBR125R アンダーカウルの外し方
ここまで外れたらマフラー本体も楽に取り外せます。
カウルは分かりやすいネジ数本で留まっているので割と簡単。

クリップが固いので最初戸惑いますが、躊躇してじんわりやるとかえって良くないのでさくっと外しちゃいましょう。

純正マフラー取り外し方

CBR125R マフラー取り外し方
まず初めにマフラーの取り付けナット(12mm)を外していきます。
新しい場合はすんなりと外れますが、古い車両などは熱によって錆びて固着していることが多いのでCRCを吹いて浸透させておきます


袋ナットになっているのでショートタイプだとナットの頭が当たる可能性があります。
そういう場合はディープソケットを使います。

そもそもサポートメンバーが邪魔でメガネレンチを使えないので、必然的にラチェットを使わなければいけません。

これ以外にもディープタイプは使う頻度がとにかく多いので、一つくらいは持っていたほうが良いです。

→(楽天)12mmディープソケット 商品一覧
→(Amazon)ディープソケット 商品一覧

CBR125R  マフラー交換 CBR125R マフラー交換
二つ目の取り付け部分はブレーキペダルの奥に見えます。

ここは奥まっているので、ディープ+エクステンションで伸ばして取り外しします。
※たぶんブレーキペダルが邪魔なので下にさげて作業してください。

CBR125R マフラー交換
三つ目はタンデムステップに固定されているボルトナットを外して完了です。
ここは裏側に12mmのナットで留まっているのでメガネレンチで固定して表からディープ+エクステンションで外します。

ディープソケットは手前に邪魔なものがあっても届く範囲が広いのでオススメ!

CBR125R マフラー取り外し
全てのボルトナットを外せたら前後にゆすって外します。
実はマフラーガスケットが固着して結構頑丈に引っ付いていますので簡単には外れてくれません。
細かくゆすって慌てず外しましょう。

CBR125Rマフラーの取り付け方

エキゾーストガスケット
マフラー交換に絶対必要なのがエキゾーストガスケットです。(キタコ XH-12)

柔らかい金属のために潰れて密着するので再利用は…無理そうです。
というか、高い物でないので用意しておいてくださいね。

→(楽天)CBR125R/250R用マフラーガスケット 商品一覧
→(Amazon)CBR125R/250R用マフラーガスケット XH-12

バイク マフラーガスケット
新品のマフラーガスケット一つをはめ込んでWR’Sマフラーの“エキパイ部分”を先に取り付けします。

CBR125R マフラー取り付け CBR125R マフラー交換
マフラーの角度の調整をするために、この時点では増し締めはしないでください。
純正とは違う、ピカピカしたステンレスの輝きがとてもカッコいい!

増し締めの注意点

CBR125R マフラー取り付け
この時点では増し締めはまだしませんが、最後にエキパイの増し締めをする際は、必ず左右均等に締めこんでいくこと。
片方ばかり締めると曲がって取り付けたりボルトに負荷がかかるので注意してください。

規定トルクで締めますが、わからなければ『固くなったら無理に締めすぎない』と覚えておきましょう。

マフラー交換 液体ガスケット
次にセンターパイプの取り付け。
センターパイプはボルトなどで留まるわけではなくただ筒を合わせるのみ。

状況によっては液体パッキンを塗ります。(下記にて記載)

社外マフラー取り付けバイク
僕は汚くなるのが嫌で液体パッキンは塗らなかったのですが、最終排気漏れチェック時での排気漏れは起こりませんでした

新品時のパーツではそこまで液状ガスケットの使用はマストでは無いものの、塗っていると後々の排気漏れを防げるのでオススメです。

CBR125R マフラー取り付け
チタンサイレンサーの取り付けはさっそく手垢を付けたくないので手袋を着用します。
サイレンサーの取り付け時はスプリングでガッチリ取り付けるので液体パッキンを塗らなくてもよさそうです。

マフラーバンド バイク
先にマフラーバンドと付属のボルト、カラー、ナットを取り付けておき全体の調整です。
ここの六角ボルトのサイズは6mmと後ろ12mmのナットで取り付けします。

※ちなみにこの段階ではどのボルトナットも増し締めはしないでくださいね。

マフラーのスプリング取り付け方

マフラースプリング取り付け
最後にマフラースプリングを取り付けます。
一見「どーやって付けんだ!?」って思いますが意外と簡単。

細い金具(僕はめんどくさがりなのでL字六角レンチ)を掛けて引っ張ります。

マフラー スプリング取り付け
取り付け部分にひっかけられたら後はこの細い金具を引き抜くだけです。


マフラースプリングツールなるものがありますので、不安な方はそちらで対処してください。
スプリングが外れてサイレンサーに傷が入っても自己責任でお願いします。
※よっぽどヘマしない限りは失敗することはまずないでしょうけど。

マフラー全体の取り付け角度調整

マフラー取り付け角度調整
一旦全部取り付けできたら取り回しや干渉部分などを見て全体の調整をします。
この時接合部分に液体パッキン(液状ガスケット)を塗ることをオススメします。


これはゼリー状のガスケット。
一般的には経年劣化の為に排気漏れなどに使用しますが社外マフラーの取り付け時にも推奨しているメーカーは多い。

→(楽天)液体ガスケット 商品一覧
→(Amazon)液状ガスケット 商品一覧

マフラーの指紋拭き
取り付けが終わればマフラーに付いた指紋や手垢、汚れ等を拭いて綺麗にしておきます。

濡れタオルでもいいし、アルコール除菌のウェットティッシュでも何でもいいです。
そのあと空拭きで仕上げます。

次の排気漏れチェックで熱を加えたときに変に焼き付いても嫌ですしね。

マフラー排気漏れチェック

マフラー排気漏れチェック
マフラーの角度を調整して各ボルトの増し締めが終われば最後に排気漏れチェックを行います。
新品パーツを普通に取り付けさえすれば排気漏れは起こりません。

マフラーエンドに布を当てて排気をふさぎ、アクセルを少し煽った時にジョイント部分から排気が漏れていないかを確認します。

漏れていると風が出てくるのでよくわかります。
※アイドルが下がる、もしくはストールするというのが正常な現象。

排気漏れしていたらボルトの締め忘れ、ジョイント部分の液体ガスケット塗り忘れ、マフラーガスケットの入れ忘れなどが考えられます。

二人いれば作業が効率よく進みますのでおすすめです

まとめ

マフラー交換 バイク CBR125R
取り付け、排気漏れチェックが終われば後はカウルを元通りにして終了です。

バイクのマフラー交換、手順はお分かりでしょうか?
自動車用と違って全長が短く軽い上に、もぐったりしなくていいのでやり方を覚えてしまえばとにかく簡単。

マフラー交換の注意点

特に注意点というものもないのですが、失敗を防ぐにもいろいろと気を遣う部分は多いです。

  • 走行後のエンジンが熱い状態で作業しないこと
  • 汚れた手でチタンサイレンサーを不必要に触らない
  • 増し締めはやりすぎない(サービスマニュアルの締め付けトルク推奨)
  • 適正な工具を使うこと

特に最後の工具選びっていうのは作業効率や仕上がりに大きく影響してきますので、自分でカスタムするなら最低限の道具は確保したいものです。

マフラーボルト ひとつなし
WR’Sのマフラーに交換するとフレームに留めてあったこの部分は使用しません。
タンデムステップのボルトナットが余ると思うので、外したボルトを入れてナットで落ちないようにしておくといいかもしれません。

以上、CBR125Rのマフラー交換手順でした!

→(楽天)CBR125R WR’Sマフラー一覧
→(Amazon)CBR125R WR’Sマフラー一覧

SPONSORED LINK

関連記事

ポッシュ ウルトラヘビー バーエンド

ハンドルバーエンドの重さと操作性の違い(セルフステアと曲がり具合)振動対策は?

こんにちわ、紫摩です。 みなさんバイクのハンドルバーエンドって換えたりしてますか?

記事を読む

DSC_0004

車載動画撮影時の風きり音対策!ノイズ低減のために外付けマイクはどうなのか!?検証してみた(動画あり)

こんにちわ、ケチが故に安物買いで無駄遣いしてしまう、しまでございます。 前回、バイクの車載カメ

記事を読む

ギアレンチ 比較

【ギアレンチの選び方】角度、正逆レバー有無のメリットデメリット

こんにちわ、紫摩(しま)です。 整備士でもない僕が工具の話を言うのもなんですが、素人目線か

記事を読む

外付けマイク5

小型マイク”AT9902”で動画撮影!バイクでの走行風対策にオススメの撮影方法【CBR125R車載動画あり】

こんにちわ、しまです。 YouTubeにCBR125Rというバイクでの走行動画をアップしている

記事を読む

DSC01313

【室戸岬ソロツーリング③】神峰寺の急すぎる坂に注意喚起まで!?景色が最高の高知遍路ツーリング最終章

さて、高知遍路ツーリングin室戸も最終章でございます。 前回は最御崎寺から海沿いを走り山の中にある

記事を読む

VTR250 ジムカーナ スタンド

メンテナンスリアスタンドは必須!?バイクのチェーン注油で苦労している人必見! 

こんにちわしまです! 今日は僕が使っているメンテナンススタンド、バイク用リアスタンドを紹介

記事を読む

CBR125R ブレーキパッド デイトナ

CBR125Rブレーキ交換方法!デイトナ赤パッド取り付けに必要な工具と作業手順 フロントもリアも簡単にできる

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回のCBR125R整備はトブレーキパッドの交換です。

記事を読む

CBR125R ハイグリップタイヤ TT900GP 倒し込み

バイアス最強?小型バイクにおすすめTT900GP!寿命がかなり短いハイグリップタイヤのインプレ

こんにちわ、紫摩(しま)です! ダンロップのタイヤ、『TT900GP』を装着してから約3か

記事を読む

バイクグローブ 操作性

【プロテクションライディンググローブレビュー】操作性を重視するならこれ!真夏でも使えるおすすめの革グローブ

こんにちわSBR125R乗りのしまです。 バイクの装備といえばヘルメットから始まりウェアなどい

記事を読む

トライジムカーナ2017第1戦

【トライジムカーナ2017】開幕戦レポート!つな選手に訊くコースの攻略法と気になるフリーセクション

こんにちわ、紫摩(しま)です!大見勝成選手と大見有希選手が主催する“トライジムカーナ”の2017年

記事を読む

スポンサードリンク

コメントを残す

スポンサードリンク

TNT125 フロントブレーキ キャリパー
ベネリTNT125のリアブレーキ(CBS)が最悪!安全補助装置だけど危険な理由

こんにちわ、紫摩です。 イタリアバイク、Benelli(ベネ

ネジザウルス モグラ なめた
【なめた六角ボルトを外せる】ネジザウルスモグラが最強!狭い場所で叩かず使える

こんにちわ、紫摩です。 今回は工具のお話です。 バイク

チェーン 調整 ZX-25R
ZX-25Rのチェーンたるみ調整方法!必要な工具は?緩まらないアクスルシャフトはこうして外す

こんにちわ、紫摩です。 今更ですがチェーンの調整方法と注意点

直線 スラローム
直線スラロームがめっちゃうまくなるコツ!加減速と体重移動のタイミングがポイント

こんにちは!しまです。 今回はライテクブログです。 あまり

TNT125 アイドリング スタンド
TNT125のサイドスタンドスイッチをキャンセルするやり方!暖機運転ができない

こんにちは、紫摩(しま)です。 TNT125は誰もやってる人

TNT125 転倒 バンパー
TNT125転倒実験!スライダー兼バンパー取り付け!立ちごけ対策になるか?

TNT125を買いました。こんにちは、しまです。 そしてジム

ZX-25R リアサス ZX-10R
ZX25Rでスポーツ走行するならこのカスタム3選!+おまけ

こんにちは、紫摩(しま)です。 最近ZX-25Rネタばっかり

TNT125 レバー 
ベネリTNT125カスタム【クラッチ/ブレーキレバー】交換!

こんにちは、紫摩です。 ベネリTNT125を妻が購入したので

TNT125 マフラー
バイクサイトも知らないTNT125のスゴイところ!グロムと比べてみた結果(ヘッドライト、フォーク、フレーム、リアサス、ブレーキ)

こんにちは、紫摩です。 以前もグロムとベネリTNT125の原

ZX-25R タイヤ 交換 
【スーパーコルサSP V3インプレ】ZX-25Rでジムカーナ!公道グリップ最強タイヤは滑らないのか?

こんにちは、紫摩です。前回のブログでZX-25Rのタイヤ交換しまし

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して『送信』で、
    更新情報を無料で通知してくれます(^^)

    42人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑