*

エイリアンっぽいX-14購入レビュー!OGKカブト(カムイ)とのデザイン比較とオススメポイント

ショウエイ X-14 フォーティーン X14
こんにちわ、紫摩(しま)です。

今回はヘルメットの購入レビュー偏という事で、ショウエイのニューモデル(2017年現在)のX-14(Fourteen)を買いました!
いやー高かった・・・けどめちゃくちゃカッコイイこれ。

僕がいつも使っているカブトのKAMUI(カムイ)との違いを比べてみましたので参考にしてください。

  • 大きさ
  • 重さ
  • デザイン
  • 仕様etc・・・

→(楽天)ショウエイ X-14 商品一覧
→(Amazon)ショウエイ X-14 商品一覧

SPONSORED LINK

ヘルメットの大きさ

僕の頭のサイズは53~55cmなのでXSとかSサイズに相当します。
メーカーによって基準がバラバラなのですが、カムイはXS、今回のX-14はSサイズでぴったりでした。(後頭部側に薄いパッド1枚追加する程度)

帽体(シェル)の大きさ自体が違う

ショウエイ X-14 フォーティーン X14

  • カブト・・・帽体は共通、内装の厚みでサイズ調整
  • SHOEI・・・帽体自体の大きさも変わる

内装の厚みのみでサイズを決めているカブト。XSなのに外見はデカいヘルメットです。
汎用性があるのでその分コスト削減できるんでしょう。

一方ショウエイは帽体そのものが小さいらしく、Sは結構コンパクトになっています。
KAMUIと比べて左右がスリムに見えます。
X-14はエイリアンスタイルで割と大きくなったらしいのですが、それでもKAMUIとさほど変わらないかむしろスマートに見えるのがすごい。

前後が長いX-14

ショウエイ X-14 フォーティーン X14
サーキットでの高速走行時の空力性能に特化したっぽいX-14。
そのため前後に長く伸びて流線型になっています。前後というか後ろ側が。

ショウエイ X-14 フォーティーン X14
よく“エイリアン”という表現を用いますが、まさにそんな感じ。ロードバイクのヘルメットみたいでもあります。
これは好みが分かれるかなぁと。
風切音も大めですが、風が耳元に入ってこない分KAMUIよりも断然静かです。

デザインの違い

ヘルメット選びでデザインを無視するわけにはいきません。
僕はジムカーナで使う用として機能性とかどうでもよくて、撮影してもらった時の見栄えを重視しましたw

ショウエイ X-14 フォーティーン X14
KAMUIも結構派手なのですが、それの上をいくド派手な蛍光色カラーがまたおしゃれ。

本当はバイクの車体カラーやウェアに合わせてバランスを取るのがセオリーですよね?
ジムカーナで『VTR250』というと星の数ほどいて誰が誰なのかわからないほど。

そこであえてこう目立つデザインを選んでみるあたりが、天邪鬼(あまのじゃく)な僕らしいでしょうか(笑)

ウェアとカラーが合わない

ショウエイ X-14 フォーティーン X14
しかしそんな事を言ってもelfの白黒バイクウェアと全くデザインが合いません。
周りからは「紫摩君、ヘルメットだけ目立って浮いてるよ」とのこと。
そりゃそうだ、バイクはシルバー、ウェア類は白黒。ヘルメットだけこんなファンキーなカラーなので合うわけがありません・・・

ショウエイ X-14 フォーティーン X14
白黒で合わせるならこちらは一応違和感ない感じ。
これからウェアを考えないといけませんね。(^^;

※カラーバリエーションは載せてませんのでリンク先で確認してください。

機能性

整流効果やX-14の特徴などを紹介します。
実際何か月も使ったわけではないので正確には言えませんがそれでもかなり違いのある両者です。

ヘルメットで整流効果あるのか

ショウエイ X-14 フォーティーン X14
KAMUIもウェイクスタビライザーという形状でヘルメット周りの乱れた空気を整えるらしい。
こいつも後方確認の時にも頭がブレない感じがしました。

ショウエイ X-14 フォーティーン X14
X-14は後ろ側にロボットのようなフィン?ウイングっぽいパーツがついています。
(ヘルメットを落としたらあっさり割れるんじゃないかな?)

このウイングの効果は50~60km/hぐらいでも感じられて、頭を進行方向(真っすぐ)に修正させるような空力が働いている感じ。
上下左右に軽く頭を振った時も走行風で首が持って行かれないのはすごい。

高速道路やツーリングでの長距離巡行でかなり楽になるかと思われます。

上目づかいの視界が広い

ショウエイ X-14 フォーティーン X14
前頭部の違いについてみていきます。

こちらはKAMUI。ごく普通でしょうか、おでこの前が水平に出ています。

ショウエイ X-14 フォーティーン X14
一方X-14はKAMUIとは明らかに違います。
トップ画像の比較でもわかると思うのですが上に向かって開いている感じ。
かぶった瞬間「あ、視界が広い」という印象でした。顎を引いた上目遣いな乗り方ができるのでこの恩恵はデカいです。

その他のデザインや特徴

ベンチレーション

ショウエイ X-14 フォーティーン X14
エアベンチレーション。
上側はシールド用、下側はヘルメット内部への導風用。

冬にシールドやメガネが曇っても上側のやつを開けるとすぐ曇りがとれます。
全部のベンチレーションを開けると冬は普通に寒いです。(KAMUIはほとんど違いが分からない。)

シールドの厚み

ショウエイ X-14 フォーティーン X14 ショウエイ X-14 フォーティーン X14
画像ではあまり違いが分からないかもしれませんが、シールドの厚みも全然違います。

  • KAMUI・・・2.0mm
  • X-14・・・3.5mm
    ※どちらも中央部分での厚み

シールドを開け閉めするときの剛性感もさることながら、転倒や小石の跳ねなどでの強度にも違いがありそうです。(まだ割ったことはありませんが)

ショウエイ X-14 フォーティーン X14
ショウエイの特徴として”軽い”ことが挙げられます。
GT-AirやZ-7の方がもっと軽量らしいのですが、これでもKAMUIよりも軽いので十分です。

ほぼほぼ見た目で選んだような感じなので、機能性は期待してませんでしたが、フィット感と軽さで装着時の苦痛がほとんどないですね。
さすがにちょっと高いんですが、機能性、デザインなど満足度というかすぐ元は取れそうな気がするのでオススメです。

→(楽天)ショウエイ X-14 商品一覧
→(Amazon)ショウエイ X-14 商品一覧

という事で、ショウエイのX-14(フォーティーン)の紹介でした!

SPONSORED LINK

関連記事

DSC_1282

おすすめヘッドセット(Bluetooth)ボイジャー5200レビュー!運転中の携帯電話の通話は危険。

こんにちわ、紫摩(しま)です! 皆さんブルートゥースのヘッドセットって何使ってますか?耳に

記事を読む

スロットルアシスト

【スロットルアシストの使い方と選び方】ツーリングにおすすめのバイクグッズのレビュー

こんにちわ、バイク好きの紫摩(しま)です。 ツーリングに便利なバイクパーツ、その名も「スロット

記事を読む

TNT125

ベネリTNT125を試乗、グロムと比較インプレ!これは買うべき?加速や足つき、乗り心地は?

こんにちわ、紫摩(しま)です。 イタリアメーカー『BENELLI(ベネリ)』と言う所が出し

記事を読む

マフラー

【CBR125Rインプレ】エンジンパワーや加速感など運動性能のレビュー

こんにちわしまです。 CBR125Rの外装からデザインを写真で細かく紹介していますが、エンジン

記事を読む

プラグ VTR250

ジムカーナ用に買った初期型VTR250の劣化具合!中古バイクを買う時に点検したい項目と交換部品

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ジムカーナ用にVTR250を導入しまして、これからこいつでバリ

記事を読む

アンカー モバイルバッテリー

スマホがモバイルバッテリーで充電できない!?原因と対処法。災害時にオススメの急速バッテリーの選び方

こんにちわ、紫摩(しま)です。 旅先でスマホの電池が少なくなった時に重宝するのがモバイルバ

記事を読む

DSC_0182

長靴ってどれも同じ!?値段の違いで耐久性に違いが出るのか?長靴の選び方とは

皆さん長靴って持っていますか? なかなか普段履くことのない長靴。 かっこいい言い方すればレインブ

記事を読む

ショウエイ ヘルメット Z7

バイク用ヘルメットの選び方!初心者にオススメのモデルは…あなたの被っているモデルの安全性は大丈夫?

こんにちわ、しまです。 バイクのヘルメット買いに行ってもてたくさんあって悩んでしまいますよね。

記事を読む

裏地 アルミインナー ワークマン

【ワークマン防寒2019】裏地アルミインナーレビュー!薄手でも暖かい

こんにちわ、紫摩(しま)です。 寒い冬のウェア選び、迷いますよね。 ワークショップ“ワー

記事を読む

バイク 汎用サイドスタンド グロム

【調整式サイドスタンド】ローダウンのグロムに取り付けレビュー!強度や耐久性は大丈夫?

こんにちわ、紫摩(しま)です。 以前グロムのレイダウンリンクを取り付けましたよという記事を

記事を読む

スポンサードリンク

コメントを残す

スポンサードリンク

ネジザウルス モグラ なめた
【なめた六角ボルトを外せる】ネジザウルスモグラが最強!狭い場所で叩かず使える

こんにちわ、紫摩です。 今回は工具のお話です。 バイク

チェーン 調整 ZX-25R
ZX-25Rのチェーンたるみ調整方法!必要な工具は?緩まらないアクスルシャフトはこうして外す

こんにちわ、紫摩です。 今更ですがチェーンの調整方法と注意点

直線 スラローム
直線スラロームがめっちゃうまくなるコツ!加減速と体重移動のタイミングがポイント

こんにちは!しまです。 今回はライテクブログです。 あまり

TNT125 アイドリング スタンド
TNT125のサイドスタンドスイッチをキャンセルするやり方!暖機運転ができない

こんにちは、紫摩(しま)です。 TNT125は誰もやってる人

TNT125 転倒 バンパー
TNT125転倒実験!スライダー兼バンパー取り付け!立ちごけ対策になるか?

TNT125を買いました。こんにちは、しまです。 そしてジム

ZX-25R リアサス ZX-10R
ZX25Rでスポーツ走行するならこのカスタム3選!+おまけ

こんにちは、紫摩(しま)です。 最近ZX-25Rネタばっかり

TNT125 レバー 
ベネリTNT125カスタム【クラッチ/ブレーキレバー】交換!

こんにちは、紫摩です。 ベネリTNT125を妻が購入したので

TNT125 マフラー
バイクサイトも知らないTNT125のスゴイところ!グロムと比べてみた結果(ヘッドライト、フォーク、フレーム、リアサス、ブレーキ)

こんにちは、紫摩です。 以前もグロムとベネリTNT125の原

ZX-25R タイヤ 交換 
【スーパーコルサSP V3インプレ】ZX-25Rでジムカーナ!公道グリップ最強タイヤは滑らないのか?

こんにちは、紫摩です。前回のブログでZX-25Rのタイヤ交換しまし

ZX-25R タイヤ 交換 
【ZX-25Rタイヤ交換】GPR300からハイグリップタイヤスーパーコルサSP

こんにちは、しまです。 ノーマルタイヤではダンロップのGPR

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して『送信』で、
    更新情報を無料で通知してくれます(^^)

    42人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑