*

バイクのフォークアライメントやり方:アクスルシャフトで正確に調整

公開日: : バイク

PC310249
こんにちわ、しまです。

今回はバイクのアライメント適正化のお話をします。

参考にしたのはこちらの動画です。

フォークは突き出し量で合わすのではなく、アクスルシャフト側で合わすというもの。

本当なのか?突き出し量は意味ないの?サスペンションの違いでどう変わるのか。走行中では常に変化しているから合わす必要ないなど。

気になるところを要約していきたいと思います。

SPONSORED LINK

フォークアライメントのやり方

PC310244
まずサクッとやり方だけ説明したあと、その理由を説明していきます。
詳しくは貼り付け動画を見てください。

※片方に歯科スプリングが入っていないSFF-BPなどはこの限りではありません。

1.ホイールを外して片側のフォークを緩める

ここで重要なのが両方一度に緩めるのではなく、片方を緩めるという点。
これはトップブリッジと

2.緩めた方をずらしながらアクスルシャフトを入れる

ここでアクスルシャフトを入れるとなかなか入れにくい車両があります。
純正はガタがあるものなので、たいていはスッと入りますが、バイクをトランポ積みで固定したり衝撃などで結構狂うものです。

緩めていた方のフォークをずらしながらちょうどいいところで固定します。

適正化してどうよくなるの?

あとでも記述しますが色々メリットがあります。

  • ブレーキパッドの引きずり低減
  • ハンドリング改善
  • コーナリングの安定

主に走行での改善があり、ハンドリングやブレーキングなどの走行中の不快な症状も改善しました。

 

アクスルシャフトとトップブリッジ、アンダーブラケットとのの平行出し、フォークとの直角をちゃんと出して組み付けるのは常識です。

バイクのフォークは突き出し量では合わさない

PC310229
突き出し量とは、ハンドルが固定されている土台(トップブリッジ)からどれだけフロントフォークが突き出ているかを言う用語で、これがいっぱい出ているとキャスター角が少なくなりフォークが立って、トレール量も減少、すなわちハンドルが切れ込んでいく仕様になります。

またその逆で突き出し量を0に近づけていくとトレール量が増えて曲がりが穏やかに、直進安定性が増えていくという傾向になります。

余談が長くなりました。

この突き出し量を左右で合わせてセットするのが基本だと思ったあなた、間違ってますよ

理由は、構造部品には公差があるから

公差とは、誤解を恐れず簡単に言うと製品には誤差があるよ、というもの。
JIS企画に基づいて製品の許容誤差というものが決まっているそうで、ここからは工業系のプロに任せるとして。。。

その誤差0.01mmだとしてもいくつも重なると0.1mmぐらいになって行きます。

バイクのフロントフォークが左右で完璧に同一製品というわけではないということ。

トップブリッジの突き出し量で合わせると、タイヤ・ホイールを繋いでいるアクスルシャフトという部分にねじれが発生するとのことです。

アクスルシャフトにねじれが発生すると何がいけないの?

PC310241
アクスルシャフトの取付部が捻れて起こる弊害としてよく言われるのがハンドリングが悪くなる、コーナリング中に跳ねの収まりが悪くなるなどといった走行に支障をきたすということ。

なぜかというと突き出し量で合わせてアクスルシャフト側がずれてセットすると、左右のプリロードが変わります。
タイヤを接地させた状態で左右のバネの縮み量が変わることに起因します。

それと同時にブレーキの引きずりが起こりやすくなります。

PC310239
ブレーキの引きずりとはフロントタイヤを浮かせた状態でホイールを回すとシャリシャリとすぐ止まってしまう状態。

アクスルシャフトが捻れてキャリパーの取り付けがコンマ数ミリズレてしまうとパッドの当たり面も変わってきます。
自分が今まで乗ってきた経験を踏まえると対向4ポッドキャリパーが特に引きずりを起こしやすい気がします。

ピンスライドタイプはあまり起こらないです。

まとめ


僕も拡散しています。
実際走ってみたところかなりハンドリングがスムーズになったのとブレーキング時の変な振動みたいなものが減った気がします。

ちょっとしたことで足回りの適正化ができるなら、やらない手はないですね。

SPONSORED LINK

関連記事

タイヤ スーパーコルサ

【ZX-25Rタイヤ考察】ハイグリップタイヤとツーリングタイヤの違いと選び方

こんにちは、紫摩です。 皆さん、バイクのタイヤは何を履いてますか? カテゴリーがいっぱい

記事を読む

キャブ VTR250 エンジンコンディショナー

【VTR250キャブ清掃、分解】古いバイク、吹け上りが悪い時はメインジェットの詰まりかもしれない。プラグで焼け色チェック!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ジムカーナ用のバイクVTR250の素人整備という事で、いろいろ

記事を読む

ヘッドライト ZX-25R

ZX-25RとNinja(ニンジャ)250、スペックの違い(デザイン、馬力、価格、車重)乗りやすくて速いのはどっち?

画像引用元:kawasakiモーターサイクル こんにちわ、紫摩です。 今回バイク界隈

記事を読む

バイク 排気量 違い 速い 遅い

Mjバイク主催!サンリゾート仁尾にて“うつらん会”という撮影イベントに参加して来た!

こんにちわ、しまです。 今回のLINEツーリングオフは、香川県の仁尾町にある“サンリゾート仁尾

記事を読む

アクセル調整 ワイヤー

バイクのアクセルワイヤー(クラッチ)あそび調整での操作メリットデメリット

こんにちわ、紫摩です。 アクセルがぐらぐらしたり、半クラッチの位置がちょっと自分に合わない

記事を読む

チェーン

バイクのチェーントラブルを防ぐためにやるべきメンテナンスとその方法!

こんにちは、しまです。みなさんバイクのチェーンメンテってやっておられますでしょうか? もちろん

記事を読む

KTM 内圧コントロールバルブ ブローバイホース VTR250

KTM内圧コントロールバルブ、VTR強制減圧での効果は?街乗り、スポーツ走行のインプレや取り付け方

こんにちわ、紫摩(しま)です。いつも皆様、見てくださってありがとうございます! 今回は今更

記事を読む

グロム ハンドル アクティブ

【グロムハンドル考察】スーパーカブ純正→アクティブアルミハンドルに交換

こんにちは、紫摩です。 いつもありがとうございます。 さて、グロムのハンドルはもう何回交

記事を読む

バイク用スプリングコンプレッサー

バイク用スプリングコンプレッサーのおすすめ(STRAIGHT)自動車用との違い

こんにちわ、紫摩(しま)です。 バイク用のスプリングコンプレッサー、その名の通りバネを縮め

記事を読む

ZX-25R ABS キャンセル

ZX-25RのABSキャンセルのやり方!解除した後の不具合、デメリットはあるのか?

こんにちわ、紫摩です。 ZX-25Rでジムカーナと言うスラローム的な走行を楽しんでいます。

記事を読む

スポンサードリンク

コメントを残す

スポンサードリンク

バイク 安全競技 練習
最後の安全競技大会!ついに3位表彰台だったので各セクションのコツなどを紹介

こんにちは、紫摩です。 かくかくしかじかで、最後の安全競技大

中負荷時 ハイパープロ
【HYPERPRO】フォークスプリングのおすすめセッティングと失敗例 VFR800Fで検証

ハイパープロのサスペンションの考察、次はフロント側、フォークスプリ

VFR800F
【朗報】体格に合わないバイクの正しい乗車姿勢を解決する方法!ポジション調整で乗りやすくなる

こんにちは、紫摩です。VFR800Fのカスタムブログを書いている者

VFR800F ブレーキ ホース交換
【ABSバイクのステンメッシュホース交換方法】必要な道具と作業の注意点…VFR800Fアップハン化に伴う延長加工

こんにちは、紫摩です。 今回はVFR800Fのアップハンドル化に

VFR800F クラッチホース
VFR800Fのステンメッシュクラッチホース!交換後➜半クラのタッチがめっちゃ良い!ステンレスメッシュの注意点

こんにちは、紫摩です。 VFR800Fのカスタム記事を書いて

ぱくたそ
Xで炎上!?【自動車の幅寄せvsチャリのすり抜け】の是非!車が交差点で左折時にブロックするのは正しいのか?自転車との事故防止やマナーを考える

こんにちは、しまです。 某Xで話題になっていました『自動車の

VTR250
【また故障バイクを手に入れた!】VTR250の状態とバイクのレストアについて

こんにちは、紫摩です。 以前にもVTR250を格安で購入してレス

VFR800F
【大型バイクの車検で気を付ける事】年式違いのハンドルやマフラー交換すると不適合?カスタム車両でもOKなのか検証してみた VFR800F

こんにちは、紫摩です。 VFR800Fを購入してはや2年。車検の

ぱくたそ
香川の交通マナーの悪さから学ぶ【信号で一番危険なのは青信号だ!】道路交通法と安全運転の豆知識

お世話になっております。紫摩です。 今回も私の指導員審査勉強にお

ロッソ4 タイヤ 
バイクの“乗りやすさ”はフロントタイヤ選びが重要だった?10割のライダーが誤解するハンドリングの良し悪しを検証してみた

こんにちは、紫摩です。 今回は謝罪も兼ねてバイクのハンドリン

→もっと見る

  • 最新記事をメールで通知。

PAGE TOP ↑