*

【CBR125Rインプレ】インパネ周りのデザインとセパレートハンドルのレビュー紹介

公開日: : 最終更新日:2015/04/06 CBR125R(画像・整備・カスタム), バイク

cbr125サイド
こんにちわしまです!
前回のCBR125Rフロント周りのディティール紹介に引き続いて今回はインパネ周りの紹介です。
関連記事:【CBR125R画像集】フロント周りのデザインの評価とディティール

スポーティーなバイクに似合ったインパネ周りがカッコいいのでそれぞれ短いですが見ていきたいと思います。

SPONSORED LINK

CBR125R インパネ周り(ハンドル、メーター)

CBR125Rミラー
こちらがCBR125Rのインパネ周りです。
シートにまたがるとこのような感じで見えるのです。スーパースポーツなのでハンドル位置がちょっと前の方にあるので最初は慣れないと戸惑いますがこれがまた絶妙な位置なのです。
前傾しすぎず、適度な感じで長距離走っても腕や腰が痛くなりにくいかと思われます。

特徴としてはアップタイプのセパレートハンドルに大型タコメーターとデジタルスピードメーターの組み合わせ。
ミラーはハンドルについているのではなくアッパーカウルについているのですっきりしています。

左ハンドル

左ハンドル周り
左ハンドルには上からライトのハイ/ローの切り替えスイッチ。その下がウインカーレバー。一番下がホーンのスイッチです。
車種によってこの位置がまちまちですが、だいたいこのような感じでしょう。この車種にはパッシング用のレバーはついていません。

ハイ/ロー切り替えスイッチは一回押し込むとハイになり固定、もう一度押すとローに戻るという感じ。
軽く押せばパッシングできなくもないですが使ったことはありません。

ウインカーはちょっと硬いです。これは車種の個体差でしょうか?僕のはカチッという感じで動かします。
プッシュ式で押し込むとウインカーが消える仕組みです。これはすごく便利で消し忘れに敏感になってしまい癖のように押してしまいます。

ホーンの説明は特に必要ないかな?押すとピッと鳴ります。

右ハンドル

右ハンドル周り
はい、こちらが右ハンドルです。左とはうって変わってセルのスイッチしかありません。
よくここに『キルスイッチ』という緊急エンジン停止スイッチが付いているのですが、このバイクにはそれがありません。
コストダウンのため省いたのでしょうか。しかしキルスイッチがなくても特に不便はなく何も問題はありません。

ハンドルのグリップは太すぎず結構フィットしてくれて滑りません。グローブを付ければなおさらしっかり握れますね。
セパレートハンドルですがかさ上げしていて手が疲れにくい仕様になっています。

向こう側についているのはブレーキフルードが入っているマスターシリンダーです。黒の塗装がしてありデザインとマッチしています。よくある昔ながらのプラスチックのタンクではなくアルミの四角いタンクになっています。

ハンドルはあまり切れない

ハンドルを右にあてる
スーパースポーツの弱点ともいえる取り回し性能。この状態でフルロックという感じでハンドルはあまり切れないのでUターン時には気を使います。
ハンドルを持っているとタンクと手の隙間はギリギリですね。
クラッチやブレーキのレバー類は個人差がありますので使い勝手はあまり言えませんが、僕は手が小さいのでちょっとレバー類が遠いかなという印象。
ここは社外品に交換することで対応できそうです。

キーシリンダー

CBRハンドル周り
CBR125Rのキーシリンダーです。特に紹介することもありませんが。少しデザインチックな感じがします。
ただの丸ではちょっと面白くないのでこういう角ばった独立したデザインは好きです。
キーの穴が深いのでバイクのスペアキーを作った場合入らないかもしれません…

アッパープレートにはホンダのロゴステッカー(立体)が付いていますのでワンポイントにもこだわりが見えます。

フロントフォーク部分

ステム周り
メーターとハンドルの間はこんな感じ。ネイキッドタイプならハンドルにメーターやライトがついていますが、スーパースポーツは独立したセパレートハンドル。
そのためハンドリングが非常に軽く取り回しも意外と苦にならないんですよね。カーブを曲がっている時にメーターやライトが動かないので変な違和感を覚えますが視認性は良好。
この部分は好みが分かれるところですが僕は嫌いではないです。

メーター

DSC_0693
メーターはアナログタコメーターとデジタルスピードメーターの組み合わせたマルチメーターです。
バイクはやっぱり回転をタコメーターで見たい!そういう人も多いと思います。(レッドゾーンは10,800rpm)

最近のバイクはオールデジタルメーターが主流で、あのスーパースポーツの頂点「CBR1000RR」も今じゃデジタルタコメーターの時代。
そんな中、このCBR1252Rはあえてアナログタコメーターを採用しています。
高回転まで回る針の動きを見るのが楽しいですし、パッと見の視認性はアナログタコメーターに軍配が上がるでしょう。

スピードメーターは数字で表示されるのでこれもまた今何キロぐらい出ているのだろうという事が瞬時にわかっていい。
その他はODO/トリップメーターや水温計、ガソリンメーターや時計まで表示されています。

この中で一番うれしいのが『時計機能』です。通勤やツーリングなど目的の場所に向かうために時間を気にすることも多いと思います。
腕時計を見なくてもすぐインパネで何時かわかるのでこれはすごく重宝します。
ライバル車のYZF-R125には時計がついていないのです!

オド/トリップメーターとガソリンメーターと水温計

CBRメーター
左のボタンがモードボタン、右がリセットボタンになっています。
このモードボタンを押すとオドメーターとトリップメーターの表示が変わります。トリップメーターの表示の時にリセットボタンを長押しするとトリップが0にリセットされます。
欲を言えばトリップメーターがA、Bという感じで二種類ほどあれば給油からの航続距離とオイル交換の距離を設定しておけるのですがこれは一つのみ。
ちょっとボタンの反応が鈍く強く押し込まないといけないのでメーターの土台が曲がってが壊れそう。

ガソリンメーターは全部で6目盛り。一目盛りで約2Lといったところでしょうか?しかし実際の燃料よりも少なく表示している気がします。
残り一目盛りでやばいなと思い給油すると8L/13Lしか入らないので余裕を持たせているのでしょうかね。

水温計はCとHの表示の中でメモリが増えていくタイプ。巡航は3目盛りです。アナログのメーターに慣れ親しんでいたのでデジタルメーターにはちょっと戸惑いましたが今はこちらが便利に思ってきました。
ちなみにCBR250R(2013年式)も同じデザインですが周りがシルバーで塗装されています。

まとめ

グローブ3
今回はちょっと短いですがCBR125Rのインパネ周りの紹介でした。
一言でいうと日常使いに便利なバイクという感じ。ちょっと抽象的ですがデジタルスピードメーターを採用して視認性をよくしていたり、タコメーターはアナログを採用していたりとスポーティーさを残しつつ仕上げているのがかっこいと思います。
このデザインはCBR250Rとほぼ共通の部分が多く兄弟車という愛称で親しまれていますが、細かい部分でデザインが違っていたりわかる人には分かるレベルではありますが“決して下位互換”ではないと僕は思います。
CBR125Rならではの良さがあるのでしょう。

次回は足回りやエンジン周りを詳しく見ていきたいと思います。
良ければまたシェアの方よろしくお願いします。

関連記事:【CBR125Rインプレ】フロント周りのデザインの評価とディティール|mysimasim
関連記事:【CBR125Rインプレ】エンジンパワーや加速感、運動性能のレビュー|mysimasim

SPONSORED LINK

関連記事

CBR125R フルエキマフラー

CBR125Rマフラー交換WR’S(ダブルアールズ)がカッコイイ!静かな排気音で加速も良くなるってスゲー

こんにちわ紫摩(しま)です。 バイクでのカスタムといえばマフラー交換!ですよね。 CBR

記事を読む

2890522

CBR125Rに似ている小排気量スポーツバイクのスペックを比較!(YZF-R125、デューク125、RS125、NSR50/80)

80~90年代はレーサーレプリカと呼ばれるスポーツバイクが主流だった。 250ccの軽量、小排

記事を読む

ザム CBR125R スプロケ 13T

CBR125Rフロントスプロケ13T交換後のメリット、デメリット!チェーンによっては取り付けできないので注意…弊害が多いぞこれ

こんにちわ、紫摩(しま)です! 最近バイク記事ばっかりなので少々飽きてきたかとは思いますが

記事を読む

CBR125R バーハン化 アップハンドル

CBR125Rアップハンドル化!バーハンドル交換のメリット、デメリット。ジムカーナ仕様でコーナーリング性能を上げる

こんにちわ、紫摩(しま)です。 CBR125Rをジムカーナ仕様にしていく第一関門としてアッ

記事を読む

バイク用スプリングコンプレッサー

バイク用スプリングコンプレッサーのおすすめ!ストレート製と自動車用との違いを比較

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回はバイク用のスプリングコンプレッサー、その名の通りバネ

記事を読む

はがきの指送り 郵便配達

郵便・新聞配達にオススメの手袋4選!仕事で役立つバイクグローブのレビュー

こんにちわしまですー。 この冬も大寒波が到来していっそう仕事が辛くなりますね。 外回りでバイク便

記事を読む

CBR125R フロントフォーク ダストシール 交換

バイクのフォークダストシール交換方法!ヒビがあれば要注意。必要なジャッキと作業手順をCBR125Rで詳しく紹介

こんにちわ、紫摩(しま)です。 CBR125R整備という事で、今回はフロントフォークのダストシ

記事を読む

CBR125R ハイグリップタイヤ TT900GP 倒し込み

バイアス最強?小型バイクにおすすめTT900GP!寿命がかなり短いハイグリップタイヤのインプレ

こんにちわ、紫摩(しま)です! ダンロップのタイヤ、『TT900GP』を装着してから約3か

記事を読む

CBR125Rテールランプ3アイキャッチ

【バイクのストップランプ調整方法】CBR125Rのブレーキランプがつかない!?

こんにちわCBR125R乗りのしまです。 みなさんリアブレーキランプの点灯調整ってやっていますか?

記事を読む

キャブ VTR250 エンジンコンディショナー

【VTR250キャブ清掃、分解】古いバイク、吹け上りが悪い時はメインジェットの詰まりかもしれない。プラグで焼け色チェック!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ジムカーナ用のバイクVTR250の素人整備という事で、いろいろ

記事を読む

コメントを残す

VTR250 バンパー SSB 転倒 ジムカーナ
バイク転倒対策!高いがSSBバンパーをオススメする理由とジムカーナでの効果

こんにちわ、紫摩(しま)です。ジムカーナの必需品としてバンパー(エン

VTR250 ステップ 加工 交換 アップステップ
VTR250転倒でも折れない汎用ステップ交換!純正、加工3種類比較

こんにちわ、紫摩(しま)です。 VTRのステップは低くてバン

dsc_6660
VTR250対向4ポッドキャリパー取り付け方!Nプロジェクトのキャリパーサポートと必要な部品、手順の紹介

こんにちわ、しまです。 フロントブレーキの強化という事で、V

VTR250 シート あんこ抜き
バイクシートの“あんこ抜き”のやり方!VTR250のシートカバー張り替え&使用工具の紹介!

こんにちわ紫摩(しま)です。 VTR250のシートがボロボロ

エルリボン PH7 XR100 取り付け
XR100にエルリボンLEDヘッドライト交換!気になる明るさと取り付け方。PH7タイプの光量もここまできたか!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 LEDヘッドライト、もうずい

トライジムカーナ第3戦 VTR250
しま、VTR250ジムカーナ大会に挑戦記!(トライジムカーナ岡山大会、ダンロップ杯愛媛大会)2016年のまとめ!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 8月にVTR250を購入してレス

トライジムカーナ 岡山 2016 第3戦 バイク 大会
【トライジムカーナ2016】第3戦レポート!優勝者は?関東SBチャンピオンも参戦、総数84台の大会!

こんにちわしまです。 ジムカーナ大会のレポートを書くことになりま

PDバルブ フォークバルブ フロントフォーク
41パイフォーク用インナーバルブ(PDバルブ)のセッティングと取り付け&加工方法!オイル粘度、減衰調整の違い

こんにちわ、しまです。 ジムカーナ用にVTR250を作っていて気

VTR250 点火時期 進角化
【VTR250の点火時期調整】進角化のやり方!バイクの加速をよくする小加工のやり方と注意点

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ジムカーナ用にVTR250を

バイク用スプリングコンプレッサー
バイク用スプリングコンプレッサーのおすすめ!ストレート製と自動車用との違いを比較

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回はバイク用のスプリングコ

→もっと見る

  • mysimasima筆者、紫摩(しま)のプロフィール

  • メールアドレスを記入して『購読』で、
    更新情報の通知

    9人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑