*

【CBR125Rインプレ】フロント周りのデザインの評価とカウル(外装)ディティールを写真で解説。

公開日: : 最終更新日:2015/04/06 CBR125R(画像・整備・カスタム), カメラ、写真をメインの記事 , バイク

CBR125R夕焼け
こんにちわしまです。
CBR125Rを購入してはや一年がたとうとしています。
国産125ccでいえば快速スクーターばかり。
そんな中でスーパースポーツを思わせるようなデザインが超カッコいい。

CBR1000RRもガチでかっこいいけどそれをミニチュアにした感じのマシン、CBR125R。
一昔前はNSR50やNS-1などレーサーレプリカの小型版が流行っていましたが現代では皆無です。
各所ディテールをはじめ、街乗りや軽く走ってみたマシンパワーのインプレッションなど数回にわたり紹介していこうと思います。

SPONSORED LINK

フロントマスク ヘッドライト、アッパーカウル周り

Ledポジションランプcbr125r
バイクの顔ともいえるヘッドライト周り。フロントマスクは単眼ヘッドライトと独立したポジションランプという造り。
歴代CBRはどれも二灯式のデュアル(双眼)ヘッドライトを採用していました。
このCBR125Rはロボットというかガンダムというかそういうのにも似ています。

バルブはH4が一灯。Hi/Loを兼用しているので省スペースと明るさを両立。

ポジションランプ

CBR125Rポジション2
ポジションランプ部分がブラックアウトしていて繊細なデザイン。
こういうデザインはガキっぽいorカッコいいというように正直好みが分かれる部分ではあります。
ライトカバーはプラスチック製でラインが入っていないクリアータイプ。

独立式のアッパーカウル

CBR125Rヘッドライト
スーパースポーツやレーサーレプリカの特徴といえば″空気抵抗を少なくする効果もあるカウリング”ですね!
アッパーとミドルが一体となったタイプが多いのですが、CBR125R/250Rの外装はアッパーカウル、ミドルカウル、アンダーカウルがそれぞれ独立したデザイン。
それによってつなぎ目が多く、シャープにみえるので僕は惚れてしまいました。

実感できませんが走行風もうまく整流してくれそうな感じですね。

可倒式ミラー

CBR125Rミラー一式
CBR125Rは先代モデル(2009年)はハンドルについていたのですがこのモデルはアッパーカウルに付いています。
前傾姿勢になった時にハンドルについているタイプより目線の移動が少なくてよいのでスーパースポーツ向き。
視認性は普通程度で特に悪いという感じはないですが、普通のスクーターみたいな形。

細いミラーステーと取り付け部分

CBR125Rミラーステー
細いミラーステーのおかげで視界が邪魔になることはないので実用性だけでいえば『良』。
取り付け部分は可倒式で転倒したときに折れないようになっています。強度もそこそこでぐらぐらすることもないのですが、単気筒の振動でぶるぶる震える感じがします。
ステーがもう少しスポーティならいう事なかったのですが…まぁこれはこれでバランスが良いのでOKでしょう!

ミラーの視認性

CBR125Rミラー
視認性は良好。角の取れた長方形をしているので実用指向。
スポーツタイプのミラーは5角形のシャープなデザインが多いのでCBR125Rはちょっと情けない感じがします。
ステーと本体の2weyでミラーの角度を変えられるので「腕が映ってしまって後方が見えない」という事も少ないと思われます。

ウインドウスクリーン

CBR125Rスクリーン
このウインドウスクリーンはフチがないので視界が広く走行動画を撮っても邪魔になることがありません。
防風性能はあまり期待できません。伏せて対策もできなくはないですが、ここから前を覗くシーンというのはほとんどないように思います。

タンクに顎を当てるイメージで伏せないとこのスクリーンの陰に隠れることはできないので少ししんどい。
ツアラーのような防風という目的ではないのでしょう。

曲面が強い整流効果のあるスクリーン

CBR125Rウインドスクリーン
整流を考えたデザインなのでしょうか?ウインドスクリーン自体の曲面が強くサイズは小振り。
このスクリーンのおかげで雨が降っても走っていればメーター周りにかかることは少ないです。
ガチスポーツバイクと比べれば大きめになるのかな?実用性とスポーツ性を両立しています。

CBR250Rアッパーカウル
参考までにこちらはホンダCBR250R(2014年)のウインドスクリーン。
125Rよりも更に小振りでサイドにはフチがついています。なんかCBR250Rの方がスポーティですな。
デザイン的にはワイド感のあるフロントマスクの125Rの方が好みです。

サイドカウル 側面のデザイン

cbr125サイド
側面のトリコロールカラーがカッコいい!
CBR125R(2013年)はこのトリコロールカラーとブラックの二種類しかないのでそもそも選びようがないのですが、僕はこのシャープなデザインが好きなので大いにアリです。
サイドカウルは一枚物の大きなステッカーです。
タンクはステッカーの上からクリア塗装をしています。

CBR250Rサイド
参考のCBR250Rはアンダーカウルが大きい上に塗装までしてくれているこだわりよう。
125Rは逆に無塗装部分が多くコストダウンに成功しています。

ミドルカウルだけ単品で外せる

ミドルカウルは単体で外せるので交換は容易に行えそうです。
フルカウルバイクの外装は『消耗部品』といわれるように、補修してどうこうする話ではないのでしょう。
ステッカーをはがして補修して塗装してステッカーを貼って…金額も相当跳ね上がりそうです。

ミドルカウルに取り付けられているウインカー

CBR125Rウインカー
ウインカーはクリアレンズの中にオレンジ色のバルブの普通の電球タイプ。
このオレンジ色が嫌いな人はLEDにしたりシルバーコーティングをしている電球に換えたりするみたいです。

横にぴょんと飛び出たデザインは対向車からの視認性はいいですがスマートじゃない。
運よくシャープなデザインのおかげで、不恰好になることは避けられています。

アンダーカウル

アンダーカウル
アンダーカウルも独立したパーツになっています。
この部分は未塗装で艶消しの素地です。全体が白ばっかりだとちょっとしまりがないので艶消しパーツを使っているのは高評価。
こればっかりは好みの問題なのでどれがいいというのはありませんが、すごくバランスのいい色割合だと思います。

艶消し部分はデリケート

未塗装部分のデメリットは補修ができないというところ。
下周りは泥はね飛び石などで小傷が増えるので磨くこともできない上に泥ピッチ/タールが凹凸部分に入り込んで汚れが取れにくいデメリットがあります。
定期的に手入れをしていないとすぐ白ボケちゃうので塗装部分とはまた違ってデリケートではあります。

必要で十分なサイズのタンク

ホンダロゴ
全容量13Lのタンク。燃費が40km/Lだとすると500km以上走行できる単純計算になります。
カラカラまで使わなくても400kmくらいは余裕で走れるので非常に経済的かつ安心感があります。
現にソロツーで400km無給油を達成していますのでその燃費の良さは折り紙付き!

参考記事:四国カルストまで400kmソロツーリング!|mysimasima

タンクの前側についている樹脂製のパーツがこれまたスポーティでカッコいい。
ホンダのロゴとトリコロールカラーのステッカーは上からクリアを吹いていて剥がれることはありません。

給油口キャップ

CBR給油口
いたって普通のカギで開けるタイプの給油口。
“PUSH LOCK”と書いているのでこの部分を押すだけでカチンと給油口をロックできます。
簡単でスピーディーに取り外したり取り付けたりできるのがいいところ。

後ろの隙間と前側の隙間が違うのがおわかりでしょうか?
これは精度の問題ですかね?奇跡的に神クリアランスでタンクには当たっていないので塗装は傷はついていません。

フロント周りデザインのまとめ

CBR5
CBR125Rは所詮ミニバイクでしょう。
「この性能で″CBR”の名前を名乗る資格なし」という声も一部であります。
ですが実際にこうして乗ってみたりなめまわすように眺めているたびに不思議とカッコイイと思えてくるのです。

さすがにパワーや性能で本家(CBR250RRや1000RR)には勝てっこないですがデザインだけでいえば負けず劣らずっていう感じです。
書いていて思ったのですが日常使いに重きを置いたデザインで使い勝手がいいバイクなのですね。
ウインカーやミラーも然り、機能性を優先したパーツなのでそりゃ乗りやすいわけだ。

写真引用元:HONDAバイク

関連記事:【CBR125Rインプレ】インパネ周りとセパレートハンドルのレビュー|mysimasim
関連記事:【CBR125Rインプレ】エンジンパワーや加速感、運動性能のレビュー|mysimasim

SPONSORED LINK

関連記事

NEC_0203

車の効果的な手洗い洗車のコツ 真夏の炎天下でも跡の残らない洗い方とは

普段みなさんはどのように洗車していらっしゃいますか? 洗車機に突っ込んで拭き取るだけなんて方法も確

記事を読む

VTR ハイスロ 

バイク ハイスロットルのメリット、デメリット!ジムカーナで使ってみたインプレ

こんにちわ、紫摩(しま)です。 オートバイ、アクセル全開時の手首の角度を浅くできるハイスロ

記事を読む

自宅へ2

400kmソロツーリングの帰り道ルートの選び方とは。疲労のピークであわや大問題発生!?

さて、今回の長距離日帰りソロツーリングもついに最終話でございます。(下部リンク有り) その3で

記事を読む

lb_pearl_white

続!OGKカブト『カムイ』の各カテゴリー別レビュー 使ってみての感想

以前、購入時に紹介ブログ(こちら)を書きましたが、今回は使用感なんかを書いていこうかなと思います。

記事を読む

BTマルチインターフォン内容

安いバイク用インカムって使える?中国製バイク用Bluetooth

こんにちわ、CBR125Rに乗ってます紫摩(しま)です。 バイクツーリングは楽しいですよね

記事を読む

RX-03スペックR バイク タイヤ

バイアス ハイグリップRX-03スペックRインプレ(ウェットグリップ)雨天でもタイムアップを見込めるタイヤ

こんにちわ、紫摩(しま)です。 バイアスタイヤってどうなの?ニーハンクラスにオススメって書

記事を読む

MC拡大ドアップ

クローズアップレンズ【MCとACの画質の違い】kenko製と中国製安いレンズを比較してみた!

こんにちわ、カメラ好きのしまです。(好きなだけで詳しくはない) 前回のクローズアップレンズの紹介に

記事を読む

グロム ウインカー交換

グロム転倒、立ちごけしてウインカー破損!キタコ ワレンズ交換手順とその後

こんにちわ紫摩(しま)です。 グロム、MSXで転倒するとウインカーが壊れますよね。 ジム

記事を読む

VTR ハンドル 純正

VTRはハンドルが遠くてポジションが悪い!ハリケーンハンドル交換とセットバックスペーサー取り付け

こんにちわ紫摩(しま)です。 VTRの乗車姿勢ってどうですか?おそらくFIのモデルはハンド

記事を読む

K&FConcept UVフィルター

【K&F Concept】レンズUVフィルターは意味あるのか?可変NDフィルターも紹介

こんにちわ、紫摩です。 K&FConceptさんからの商品レビュー、今回はレンズフィル

記事を読む

スポンサードリンク

コメントを残す

スポンサードリンク

子猫 遊ぶ
初めて猫を飼う時にやっておくべき3つのこと。懐いてくれない、ご飯を食べない、うんちをしない

こんにちわ、紫摩です。 今までペットを飼うつもりは全くなかっ

ブレーキ エア抜き 
バイクのブレーキエア抜きが1時間かけても終わらない時に試した方法!シリンジやポンプを使おう

こんにちわ、紫摩です。 ブレーキマスターを外したりホースを替えた

コーヒーミル ラーツー ツーリング
バイク、ソロツーリングでコーヒーを飲むぞ!必要なグッズと持って行くもの(かさばらない、コンパクト)

こんにちわ、紫摩です。 皆さんストレス溜まってませんか?コー

ワークマン1 パンツ
【ワークマン】ライディングパンツの安全性『バイク用ではない』転倒実験とプロテクター考察

こんにちわ紫摩です。 前回のブログでワークマンのライディング

ワークマン ライディングパンツ HP014 防寒
バイク乗り必見!ワークマン2020防寒ライディングパンツ『HP014』パッド薄いけど安全性は大丈夫?

こんにちわ、紫摩(しま)と申します。 バイク用のライディング

ビーコム ワン ONE
ビーコムワン(B+COM ONE)とSB6X、5Xでの複数人は繋がらない!?ノイズが多い時の対処法

こんにちわ、紫摩(しま)です。 バイクツーリングに必須アイテ

ゴールドウィン ウインター グローブ 手袋 
【女性向け】普通の手袋でバイクの運転は危険なのか?レディース用ゴールドウィン防寒グローブ紹介!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 バイク乗りの装備で色々試した

バイク グローブ ワークマン
ワークマン2020新製品のウインターグローブはバイク用に使えるのか?(ウォームプロテクションPG05)操作性、防寒比較

こんにちわ、紫摩(しま)です。 バイク用ウインターグローブの

はみ出し バイク 事故
山道で事故するライダーの原因は?目線はどこ見てる?対向車線にはみ出る危険性とは

こんにちわ、紫摩(しま)です。 Twitterをはじめ、Yo

OGK カブト リュウキ RYUKI
【OGKリュウキ】初心者レビュー!システムヘルメットRYUKIは買いなのか?良いところ悪いところ

こんにちわ、紫摩です。 2020年の夏に発売されたOGKカブ

→もっと見る

  • mysimasima筆者、紫摩(しま)のプロフィール

  • メールアドレスを記入して『送信』で、
    更新情報を無料で通知してくれます(^^)

    40人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑