*

山道で事故するライダーの原因は?目線はどこ見てる?対向車線にはみ出る危険性とは

ぱくたそ
こんにちわ、紫摩(しま)です。

Twitterをはじめ、YouTubeやSNSでよく事故動画が流れてきます。

「またかよ・・・」って思う。

東京奥多摩、同志道、その他スカイライン。山道で事故ることを『散った』って言いますよね。
マナー悪いし、ルールが守れないライダーが未だに走っている。迷惑。

そしてモトブロガーのツーリング動画でも対向車線にはみ出たり危険な運転をよく見かけます。

そこで僕なりにそういう危険なライダーの原因を考えてみました。

SPONSORED LINK

対向車線へはみ出るライダー

よく山道に引かれているオレンジのセンターライン。
意味わかりますか?

【追い越しのためのはみ出し禁止。】

法律ではそうなのですが、ライダー自身は「追い越し時以外は関係ない」と思ってるのかもしれない。

そもそもカーブで対向車線へはみ出すこと自体かなり危険です。

無謀な追い越しもそう。
コメントで「早く譲れ」だの「煽られ運転」だの「もっと状況を考えろ」と言い訳を言いますが、そもそも悪いのはどっちなのか。。

“ペースを落とすことができない排気量マウントおじさん。”

センターラインギリギリを走る、トレースしてしまう

はみ出し バイク 事故
画像はイメージですが、よくツーリング動画でセンターラインギリギリを走行している人、いますよね。

タイヤ接地面は間違いなくはみ出てない。。

YouTubeでのツーリング動画はダメの見本市。
「対向車線側へはみ出てないよ!?」と自分では思っているんでしょうが、完全に体とパニアがはみ出てますよ。

右カーブでこれされると対向車は、たまったもんじゃないですよね。

千鳥走行やキープレフトが難しいのなら、百歩譲って、真ん中走れ。絶対はみ出るな。

モトブロガ-なら交通ルールや安全運転の模範にならなければいけないと僕は思います。

原因:目線が近い

こういう人の多くは目線が先に向けられておらず、下ばっかり、センターラインばっかり見てるパターン

そしてずるずるとセンターラインに寄っていく。
かと思えば左カーブでは左端に寄っていく。

あれ?もしかして公道で『アウト・イン・アウト』をやってるわけじゃないですよね?
そういう人は走らないでください。

そしてそういう人は対向車を発見するのが遅れてびっくりしたのかフラフラ走行。

最悪、急なブレーキや操作ミスして転倒する。

次に挙げる原因はそのパターンです。

左カーブで対向車側へスリップする

はみ出し バイク 事故
こちらも画像はイメージですが、よく奥多摩や龍神スカイラインでの事故を聞きます。

対向車側のバイクがはみ出てくる、もしくは滑って突っ込んでくる。
こちら側は普通に走っていても巻き込まれたりする。

よく若者が対向車に突っ込んで行って死亡するケースですよね。
あり得ないです。

こういうのを危険予知ができていないと言うんです。

原因:オーバースピードでの走行でスリップ

一つ目の目線でもこういう事故になりやすいですが、スピードの出しすぎが原因です。

ツーリングで離されたくないと思っている後続車も例外ではないです。

目線が近いからカーブのきつさを分かってない。
前の人の背中ばっかり見ていてもこういう事が起きます。

事故を起こさないための工夫

ぱくたそ
山道で事故らないためにどうすればいいか。

  • スピードを控える
  • 公道ではルールを守る
  • 安全運転を学ぶ
  • 視界は広く取る

当たり前ですが、スピードを落としてください。
何故飛ばすのか。カーブで攻めたいのならサーキットへ行ってください。

公道では交通のルール、法規を守ってキープレフトで走行。
はみ出すなんて論外。

やっぱり目線が近いと、山道以外でも安全確認がうまくいかない。

危険意識がなさ過ぎる

事故して怪我することへの関心がないのか、相手の事なんてどうでもいいのか、一時の快感を得るためなら恐怖心が消えるのか・・・

何にせよ自分勝手で自己中なライダー(ドライバー)に違いないです。

単にはみ出るだけでも対向車は大迷惑だし、単独事故でも多くの人に迷惑がかかる。

それ以上にバイクは死ぬリスクがある事を頭に入れておいてください。
ライダーの暗く悲しいツイートは見たくない。

妻も同じ。絶対事故させないために僕は口うるさく注意してます。
怪我ひとつさせない。

バイクって現実は楽しいだけじゃないんです。

SPONSORED LINK

関連記事

バイク チェーン 錆

梅雨のバイク保管注意点『サビが出やすい部分』湿気や水分はこまめに飛ばす事

こんにちわ、紫摩です。 梅雨の時のバイクの保管方法という事で僕の分かる範囲で紹介します。

記事を読む

ダムカード香川県

【ダムカード香川県まとめ】各ランキングと見どころ!大きさ比較などでダム巡りを楽しもう 

こんにちわ、紫摩です! ダムカードってご存知ですか? 表にダムの全景と裏面には詳細が書かれた

記事を読む

DSC_0136

【ダムカード香川県】田万ダム!シンプルイズベスト、長柄ダムの弟分だが8連自然調節ゲートで意外に大柄!

こんにちわ、ダムにわかファンしまです。 長柄ダムのすぐ近くにある“田万ダム”へ行ってきましたので詳

記事を読む

スマホカメラ

デジカメに勝てる!スマホカメラで綺麗な写真が撮れる4つのコツ!一眼レフユーザーがオススメする撮り方

こんにちわ紫摩(しま)です。 皆さんは写真はスマホ派ですか?デジカメ派ですか? 『スマホ

記事を読む

ニコン イメージセンサー

コンデジと一眼レフの違い!ボケ味はF値だけじゃない!センサーサイズで決まる2つの理由

こんにちわしまです。 今回はコンパクトデジタルカメラとデジタル一眼レフとの違いという事で書いて

記事を読む

グロム ハンドル アップスペーサー ポッシュ

グロムGROM『ハンドルポジション考察』バーハンドル3種、セットバック&アップスペーサー

こんにちわ、紫摩です。 グロムって比較的ハンドルも近くてアップライトな姿勢でポジションが困

記事を読む

centcentロゴ2

JR京都駅カフェ【cento cento】デートにおすすめ!イルミネーションがとても綺麗

こんにちわ、紫摩(しま)です。 JR京都駅の駅ビルにはラーメンをはじめ様々なお食事処が設けられ

記事を読む

花粉 マスク 対策

俺流の花粉症対策!辛い症状緩和には何がいい?マスクよりも鼻炎薬を早めに飲むのがおすすめ

こんにちわ、紫摩(しま)です。 春になれば花粉の季節・・・ 皆さん花粉(症)対策ってどの

記事を読む

ベランダ キャンプ 野宿

【アウトドア練習】ベランダでキャンプしてみた!快適に寝るための準備物やコツ

こんにちわ、紫摩(しま)です。 キャンプをしてみたいけど一人で行くのはちょっと怖い、何が必

記事を読む

赤パッド バイク グロム MSX125

MSX125SF/GROMのブレーキが利かない!純正パッドのアタリは悪いので赤パッドに交換

こんにちわ、紫摩(しま)です。 MSX125SF(日本車で言うグロム)のブレーキの制動力が

記事を読む

スポンサードリンク

コメントを残す

スポンサードリンク

ZX-25R トラブル オイル漏れ
【オイル漏れの次は冷却水漏れ】ZX-25Rの初期トラブル!リコールになるのか?

こんにちは、紫摩(しま)です。 ZX-25Rの初期トラブルと

調整式 セパレートハンドル ZX-25R
ZX-25Rアップハン計画!社外セパハンに交換したメリット、デメリット

こんにちは、紫摩(しま)です。 ZX-25Rのカスタムと言え

フロントスタンド ZX25R ジェイトリップ
【ZX-25Rのフロントスタンド】干渉せず上げる方法!ジェイトリップ JT116

こんにちは、紫摩(しま)です。 ZX-25Rのタイヤ交換だっ

DSC_0518
DURO(デューロ)グロム用DM-1107Aインプレ!ハイグリップタイヤでジムカーナ走ってみた。

こんにちは、紫摩(しま)です。 ついにグロムのタイヤを交換し

卓上 ミニバーベキューコンロ
卓上ミニバーベキューコンロ2選比較!ソロツーリングでおすすめはどっち?ロゴスvsキャプテンスタッグ

こんにちは、紫摩です。 バイクでソロツーでのキャンプ“ソロキ

タイヤ スーパーコルサ
【ZX-25Rタイヤ考察】ハイグリップタイヤとツーリングタイヤの違いと選び方

こんにちは、紫摩です。 皆さん、バイクのタイヤは何を履いてま

グロム ハンドル アクティブ
【グロムハンドル考察】スーパーカブ純正→アクティブアルミハンドルに交換

こんにちは、紫摩です。 いつもありがとうございます。 さて

MSGC HST ジムカーナ 坂出
【脱初心者!】ジムカーナで簡単に結果が出る3つのコツと練習法

こんにちわ、紫摩(しま)です。 【ここがダメだ】みたいな過激

カージャンプスターター
カージャンプスターターが使えない!エラーが出る理由はこれだった【Banggood商品レビュー】

こんにちわ、紫摩です。 Banggoodさん提供の商品レビュ

K&FConcept カーボン三脚
多機能でコンパクトなK&F Conceptのカーボン三脚が●万円!?バイクで持ち運べる大きさ

こんにちわ、紫摩(しま)です。 いつもお世話になっております

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して『送信』で、
    更新情報を無料で通知してくれます(^^)

    42人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑