*

ジムカーナ用に買った初期型VTR250の劣化具合!中古バイクを買う時に点検したい項目と交換部品

VTR250 キャブ仕様
こんにちわ、紫摩(しま)です。
ジムカーナ用にVTR250を導入しまして、これからこいつでバリバリと走り・・・

と、その前にさすがに20年近く前のバイクなので各所に相当の傷みがありました。
中古バイクを購入した際にチェックしておきたい場所という感じで見てください。

SPONSORED LINK

エンジン、吸気回りのヤレ具合

VTR250 エンジン MC33
まず一番気になる部分がエンジン。

ヘッド周りの塗装は剥げていて地金がむき出しになってます。
まぁアルミなので錆びないので問題なし。

エンジン音自体は静かなので、ここは現状維持で後に回します。

【エンジン始動動画|Mysimasima】


※キャブレーターをオーバーホールした後の動画です。
吹け上がりも問題なしです。

キャブレーター

VTR250 キャブレーター
受け取った際に言われていたのが「キャブのオーバーオールとインシュレーターの交換は必須」という事でした。
エンジンをかけるとかぶった感じでアイドリングが安定しない、アクセルをひねっても回らなかったのです。

さすがに年式が年式なので見た目はアルミが白化して見た目がヤバい感じ。

VTR250 キャブ オーバーホール
外して開けてみると、もっとガッツリと汚れがこびりついているものと思っていましたが別段そこまで汚れていない。

キャブレーター VTR250
とは言っても細かい部分に汚れが詰まると重大なトラブルになってしまうので、分解して隅々まで清掃しました。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
→(Amazon)エンジンコンディショナー
→(楽天)クレ 1013 エンジンコンディショナー

僕が使った中で一番よかったのがクレの「エンジンコンディショナー」です。
汚れがめちゃめちゃ溶けます!作業がクソ早いのでオススメ。※ただし臭いw

プラグが真っ黒、さびさび

プラグ VTR250
プラグホールに水が溜まっていたのか、プラグの金属部分が錆びて朽ちていました。(前側)
恐らく長年換えていなかったのでプラグホールに水が溜まっていたものと思われます。

プラグ VTR250
中古バイクを買ったらまずチェックしたい部分の一つですね。
焼け具合は普通。もっとひどい場合は電極回りススだらけになっています。

一応換えて損は無いので新品にしておきます。(イリジウムじゃなく普通のやつ推奨)

ブレーキ周り

VTR250 リアブレーキ オーバーホール
バイクで一番大事な部分がブレーキ周り。
これがちょっとでも不調があると事故、最悪は死に直結します。

そんな大事なブレーキが前後とも使えない状態でした。
シール類、ピストン、ブレーキパッドは新品注文です。

ブレーキは酷使する部分だけに劣化が激しい

VTR250 ブレーキ オーバーホール
特にリアブレーキはペダルから足を離しても引きずったまま。
もちろん制動力なんてかなり弱い。
マスターシリンダーを分解してみると内部のピストンが擦れていたのでこれも純正部品に交換したいところ。

VTR250 ブレーキ オーバーホール
こういう部分などにブレーキフルードが固まってしまっていて、細いマイナスドライバーで削らないと取れません。
※シリンダー内部はきれいなので掃除のみ。

フロントブレーキはOH済み!?

VTR250 ブレーキ オーバーホール
一方フロントブレーキは別タンク式のマスターシリンダーに換わっていて、ブレーキホースも強化っぽいのが付いていました。
ただ、握った時にギュルギュルという感じで引っかかっていたのでそのままにはしません。

VTR250 ブレーキ オーバーホール
※清掃後の画像ですみません。
分解してみてもやっぱり綺麗。グリスも十分残った状態だったので極論すぐ使えそうなキャリパー。

まぁそんなの関係なくて、リアと同じくシール類とピストンは新品に交換しました。

ディスクは前後とも問題なさそう

VTR250 ブレーキディスク
このVTR250は最近まで乗られていたのか、ディスクローターは変に錆びついていない上にひずみやクラック、摩耗状態など別段問題ないので現状維持で後に回します。

サスペンション、足回り

VTR250 リアサス 交換
前後サスペンションはブレーキの次に酷使される部分で、劣化具合も簡単に分かります。
リアサスはオーバーホールができないのでごっそり交換しないといけません。

VTR250 リアサス NSR250R 交換
リアサスはオイルにじみ、バネのさびありでNSR250R(MC21用)へのリアサスに交換となりました。

スイングアームの付け根(ピボット)のベアリングも交換したほうがいいですが、サス交換以上に手間がかかります。

フロントフォークはオイル漏れアリ

VTR250 フロントフォーク オーバーホール
フロントは左側フォークにオイルにじみが見られました。もうこれは有無を言わさず確実にオーバーホールが必要な状態です。

オイルシール、ダストシール交換と内部の清掃。

内部はヘドロ状にカスがたまる

VTR250 フロントフォーク オーバーホール
フロントフォークを開けてみるとオイル劣化はあまり無いものの案の定、底には金属カス?汚れ?が固まってヘドロ状になっていました。

VTR250 フロントフォーク オーバーホール
インナーチューブには年式相応の点サビが見受けられます。
上の方は別に問題ありませんが、ストロークする部分はさすがにヤバいので綺麗にしたいところ。

フォークの色剥げ

VTR250 フロントフォーク オーバーホール
走行上問題ないですが、アウターチューブの塗装剥げが目立ちます。
こういう部分が汚いとカナリ気になってしまう性格なので、これは軽く塗装したいと思います。

タイヤ

VTR250 タイヤ 中古バイクのタイヤ
ついでにタイヤの状態も。
カチコチのIRCのRX-02が入っていました。
ジムカーナをするので交換前提ですが、普通に走るだけならこれでもダメなことは無いです。

その他、消耗部品と傷み具合

vtr250 キャブ仕様
大がかりな部分はとりあえず上記くらいでしょうか。
あとこまごました消耗部品などを紹介していきます。

サビ、経年劣化系

VTR250 中古 ジムカーナ
まず全体はかなりほこりまみれの錆だらけ。
小さなさびは致命的な欠陥ではないので外装はこれで十分です。

VTR250 ライト 中古 さび
ライト内部やハンドル内部には大量の水が溜まっていました。
そのため各所にサビが出てボロボロに朽ちていました。折れたりグラグラする部分は問題アリ。

タンク内部 サビなし VTR250 中古バイク
逆にタンク内部はサビが全く無かったのでこれだけでも救いでしょう。
タンクが錆びてると、カスや不純物がエンジン内部に流れていくことになりますのでトラブルが多くなります。

オイルシール類、ベアリング類

VTR250 ゴム類 オイルシール
中古車で一番見なければいけないのがゴム関係ですね。
劣化しているのであればゴム類は総交換をオススメしますが、出費もかさむのでちょっとずつやってもいいでしょう。

ステムベアリング 中古バイク VTR250 交換
ステムベアリングを点検しようと分解してビックリ!
ボールがさびてグリスも全く残っておらず・・・

症状としてはハンドルがセンター付近でコトンと止まる。
ブレーキングするとハンドルが重くてセルフステアが切れません。段差で思い切り突いて歪んだものと思われます。

vtr250 エアクリーナー
各所にヤレが見られますが、エンジンは快調だし消耗部品を交換すれば十分走れる車体なので、地道に直していこうと思います。

SPONSORED LINK

関連記事

CBR125R リアサス YSS リアショック 取り付け

【YSSリアサス交換】CBR125Rジムカーナ、サスセッティング!タイヤグリップの限界が上がって転倒回数が減る

こんにちわ、紫摩(しま)です。 いつも皆さまブログとYouTubeを見て(観て)くださって

記事を読む

CBR125Rテールランプ3アイキャッチ

【バイクのストップランプ調整方法】CBR125Rのブレーキランプがつかない!?

こんにちわCBR125R乗りのしまです。 みなさんリアブレーキランプの点灯調整ってやっていますか?

記事を読む

lb_pearl_white

続!OGKカブト『カムイ』の各カテゴリー別レビュー 使ってみての感想

以前、購入時に紹介ブログ(こちら)を書きましたが、今回は使用感なんかを書いていこうかなと思います。

記事を読む

トライジムカーナ2017第1戦

【トライジムカーナ2017】開幕戦レポート!つな選手に訊くコースの攻略法と気になるフリーセクション

こんにちわ、紫摩(しま)です!大見勝成選手と大見有希選手が主催する“トライジムカーナ”の2017年

記事を読む

DSC_0446[1]

【CBR125RヘッドランプH4交換方法】取付・交換作業手順と注意点!フルカウルバイクは意外に簡単!

こんにちわCBR125R乗りの紫摩(しま)です。 以前の記事の方でポジションランプをLED

記事を読む

PDバルブ フォークバルブ フロントフォーク

41パイフォーク用インナーバルブ(PDバルブ)のセッティングと取り付け&加工方法!オイル粘度、減衰調整の違い

こんにちわ、しまです。 ジムカーナ用にVTR250を作っていて気になったのが“フロントフォーク

記事を読む

ブレーキフルード交換 CBR125R

【CBR125Rブレーキフルード交換】やり方は簡単…エア抜きを忘れるとヤバいので注意。

こんにちわ、紫摩(しま)です。 CBR125Rを購入して早、2年半がたちました。 いろい

記事を読む

エルリボン PH7 XR100 取り付け

XR100にエルリボンLEDヘッドライト交換!気になる明るさと取り付け方。PH7タイプの光量もここまできたか!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 LEDヘッドライト、もうずいぶんメジャー化してきましたがま

記事を読む

キジマ ヘルメットホルダー ロック ナンバーサイド

【盗難対策】ヘルメットロックで解決!グロムにナンバーサイドタイプ取り付け

こんにちわ、紫摩(しま)です。 皆さん、ツーリング先で脱いだヘルメットはどうしてますか?

記事を読む

プラグ

MOTO DXプラグ交換インプレ【CBR125R】加速や燃費はどう変わる?トルクが盛り盛り!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 CBR125Rのプラグ交換、という事でNGKのMOTO D

記事を読む

スポンサードリンク

コメントを残す

スポンサードリンク

オリンパス EM-5Mark3 14-150
マイクロフォーサーズ超コスパ良いレンズ見つけた!14-150㎜ OM-D EM-5Markに付けてみた

こんにちわ、紫摩です。 久々のカメラブログです。

Google Adsense 源泉徴収
Googleから税率30%の郵便が届いたら…。IMPORTANT TAX RETURN DOCUMENT ENCLOSED。納税義務はあるのか?YouTubeやブログでの税務情報をチェック

こんにちわ、紫摩です。 先日外国から郵便物が届きました。

スイングアームVFR800F チェーン調整
片持ちスイングアームバイク(VFR800F)のチェーン調整方法、締め付けトルクとやり方

こんにちは、紫摩です。 今回は短いですが、チェーン調整のブロ

VFR800F
VFR800Fが不人気?生産終了(2022)でいきなり人気になりそう

こんにちわ、紫摩(しま)です。 先日もお伝えしたVFR800

VFR800F ハンドル外し バーエンド グリップヒーター
VFR800Fをバーハンドルでアップポジションにしてみた!交換方法と注意点を紹介

こんにちわ、紫摩です。 今回はついに?VFR800Fのハンド

バイク カウル補修 タッチアップ
【カウル補修】タッチアップガンで直せるか?スプレー補修のやり方

こんにちわ、紫摩(しま)です。 先日の転倒で見事に削れたバイ

VFR800F レバー STF アクティブ
VFR800Fのクラッチが軽くなる!ACTIVEアクティブSTFレバーに交換!

こんにちは、紫摩(しま)です。 VFR800Fが転倒してしま

VFR800F カウルカット バンパー
VFR800Fカウルカットのコツ!バンパー取り付け(後編)必要な工具とやり方

こんにちは、紫摩(しま)です。 前回はVFR800Fにバンパ

VFR800F バンパー
VFR800Fにバンパー取り付け(SSB)立ちごけや転倒の被害軽減

こんにちは、紫摩(しま)です。 納車早々に転倒させてしまった

カウルカットの端 タッチアップ
タッチアップペンでタンクの塗装剥がれが完全に元に戻るか実験!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ZX-25Rを納車してすぐ、

→もっと見る

  • 最新記事をメールで通知。

    43人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑