*

【バイクのライテクが上達しない理由】スランプの原因はセンスではない

ジムカーナ バイク練習
こんにちわ、紫摩(しま)です。
ジムカーナを始めて4年ぐらいたったのですが、どうも成長が止まった感じがするこの頃です。

皆さんもそういう経験があるのではないでしょうか?

まぁバイクジムカーナに限らず、スポーツや趣味などスキルアップを必要とする分野においては成長が止まるとスランプを感じてしまいます
仕事はまた別だと思いますが、似たような状況と言う方も多いと思います。

僕の愚痴?になりますが勘弁してください。

SPONSORED LINK

スキルアップできない、自分が成長しない理由

物事を始めて最初の方は楽しくてどんどん成長するのですが、ある時期をきっかけにパタッと結果が出なくなったりそれ以上目立った成長を感じられなくなったりしませんか?

僕も同じで、ジムカーナを始めて半年~1年でトライジムカーナBクラス(110%未満)に昇格しました。※その日のトップ選手とのタイム比なので公式認定記録ではない。

その他で言えばGP系の計測もまずまずの結果。

  • 8の字GP…27.8秒
  • 回転GP…21秒
  • しそGP…42秒

実は面白いことにこれが自己ベストタイムで、それ以降このタイムを切ることは出来なくなりました。

結果が出なくなった原因とは…

僕個人的な場合での話ではありますが、悩んでいくうちにいくつかの原因が考えられました。
皆さんも多分思い当たるところがあると思います。

結論から言うと、成長できないのはセンスや努力以上に外的要因が大きい場合があるという事です。
例えば怪我の恐怖やお金や時間など。

言い訳するから成長しないという体育会系の考えも分かりますが、それは環境が整っている場合での話。

怪我をすると一気に落ちる

ぱくたそ
まず僕の場合での話で言えば怪我が一番の理由じゃないかなと思っています。

バイクジムカーナは他のモータースポーツの中では比較的リスクの低い競技だとは言われています。
ただ、速さを求めていくと当然転倒も増えてきます。

そして怪我をするとパフォーマンスが一気に落ちます。

僕が競技を始めてすぐの頃にツーリングシューズで練習していて、転倒した際に足首をねんざしてしまいました。
それが数年たった今でも治らず、むしろひどくなっています。
そのために初めのうちは大げさだなと思っても、ブーツなりプロテクターなりしっかりと装備をして練習しなければいけないのです。

関連ページ:ジムカーナ用のレーシングブーツ選び|Mysimasima

そのあとにも追突事故に遭ってむち打ちになってしばらくは首が回せなかったり頭が痛い、寒気がするなどうまく行かない自分が嫌になっていたりしました。

中には骨折や脱臼という怪我をする方もいるほど。
それをきっかけに恐怖心が出たり自制心が出てしてしまい、思い切って走れなくなってしまう事が往々にしてあります。

もちろん怪我してもすぐ治ってへっちゃらな人もいます。

持病やハンデを抱えている人と健康な人では、メンタル面も含めてやっぱり伸びしろに限界があります。

環境が整っていないと無理

ハイエース トランポ
次に環境にも原因が考えられそうです。
この『環境』と一言で言ったのですがその中にはいろいろあると思います。

  • お金
  • 時間
  • 練習場所
  • マシン
  • 人間関係

まず趣味を続ける上で避けられないのが出費
タイヤ代やガソリン代を含めたバイクの維持費、交通費など【お金】が無いと何も始まらないです。

トランポ(積載車)もそう。自走で参加するよりも準備物やコンディションも良くなります。ある程度成績を求めるならトランポが必須です。

その次に休みが取れない等の【時間的制約】もかなり重要です。ご家族がいらっしゃる方は特にこの面で家庭と趣味の両立が困難になってきます。

【練習場所】は恵まれている人とそうでない人でやっぱり結果にもつながってきます。
僕の周りではまだましな方ですが、練習会に行くだけで何百キロも遠征するのが当たり前だったり、そもそも地元で8の字練習すらできない(通報など)人も多いです。
センスの有り無しに関係なく、練習できる環境じゃないと物理的に成長できません

最後に【人間関係】というのもあって、やっぱり人付き合いが多い人とそうでない人では得る物が雲泥の差で違ってきそうです。
始めた地域で速い先輩がいたり面倒見のいい先輩にあたることができればラッキーでしょう。
あとチーム間や選手同士の意見の食い違い、トラブルなども無きにしも非ずです。

聞いた話では結果を出している上級選手の多くは社長クラス、役職クラスの人が多いもよう。そういう面でも差が出てきます。

ジムカーナはマシンの違いでも差が出てくる

バイク練習 ジムカーナ
バイクジムカーナは『いかにコースを早く走り終えるか』という単純明快な競技です。
西日本ではグロムやKSRの“ミニバイク”が人気ですが、軽いけどノーマルではパワーが無さ過ぎて話にならないし、逆に大排気量のクルーザーバイクはパワーがあっても重くてバンク角も少ないのでタイムが出ない。

白バイや安全競技では有名なCB1300SBも、ことジムカーナではマイナー車種。ライダーの技術があってもタイムに出ないことも多いです。

ジムカーナ NSR250Rジムカーナ GSX-R1000
一方でジムカーナトップ勢はNSR250RGSX-R1000が主流。軽くてハイパワー、かつ旋回性能が高いマシン。
扱えるとかなり戦闘力の高いマシンです。
VTR250もバランスが良くて苦労せずある程度のレベルまでは行けます。逆にそれ以上を目指すにはかなり厳しいマシンでもあります。

という事で、言い訳をするのではないですが自分の体格や技量に合うマシンでやっていかなければいけません。

モチベーションも大事

ぱくたそ
メンタルが強い人は何事にもチャレンジ精神がすごいです。
負けても失敗しても、経験と捉えることができれば成長が早いです。

その一方で僕のようなメンタルの弱い方も当然いらっしゃると思います。
「結果が出ないとストレスになってしまう」、「負け続けて嫌になる」、「速い人が羨ましい」など。

ぱくたそ
大会前には自分を奮い立たせて「よしいける!」って思っても、蓋を開けてみれば散々な結果だったり…

いろんな言い訳を持ち出して、自分の成長できないことから目を逸らしてしまいます。

それは仕方の無い事なので急に性格を変えろと言っても無理な話。
自分のモチベーション次第で良くも悪くも結果に繋がると言っても過言ではないです。

まとめ

バイク スランプ
今回僕の思う所をつらつらと書き綴ってみましたが、これを踏まえて自分自身の結果が出ない理由が少しわかってきたような気がしました。

まずは考え方、性格が一因しているように思います。
僕は“何事にも真面目に”がモットーなのですが、それ故にストレスになることも多いです。

飽き性でもあるので継続して努力したり、また常識を超えたアイデアなんて生まれてこないです。
うまく行かなければどうするか、プライドを捨てるか否か。

怪我の件でもそう。
僕はこれ以上の怪我してしまうと仕事に支障が出てしまい、職を失いかねません
なので転倒を恐れずアクセルを開けていく勇気やバンクさせて突っ込む勇気がどうしても出てこないです。

あと環境の制約もあります。
妻の成長をメインに視る時間、MSGCバイク練習会(イベント)のスタッフ、ジムカーナを動画やネットで広げていく広報活動、地元の初心者さんに教えていく活動など。。。

自分がガッツリ練習できる時間なんてほぼ無いです。

それどころか時間が無さ過ぎて車両整備もままなりません。大会が近づいても8の字走行でトラブルが無いか日常点検するぐらい。

お金もないので新品タイヤも買えない。
ただ、VTR250のノントラブルに助かっていたり子供ができないので家庭の時間はまだマシ。
日曜日も休めているので練習会にも参加できているのでまだ運がいい方ではあります。
(いろんな言い訳を積み重ねて自分を正当化しているようではだめなんですけどね。)

僕の性格も含めて、ジムカーナを始めて1年~2年目がピークだったように思います。
なので今後の成長も、無理したり何かしら変化を付けないとこれ以上、劇的な変化の見込みはないような気がします。

これらのハンディキャップでかなり結果に差が出てしまうと感じています。
「ジムカーナは速いが偉い、遅い人はショボい」という暗黙の了解的な上下関係もありますが、その裏にはいろいろな努力や制約の中で頑張っている人の事を少し考えてみるのも必要なのかもしれません。

SPONSORED LINK

関連記事

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

低身長の女性でもバイク免許は取れるのか?小型二輪がおすすめ

こんにちわ、紫摩(しま)です。 バイクに乗りたいと思った時に一番ネックなのが“免許取得”だ

記事を読む

後期グロム 2016 ベビーフェイス

後期グロム16~【ベビーフェイス バックステップ】レビュー!交換方法 ขั้นตอนที่กลับ BABY FACE แลกเปลี่ยน・

こんにちわ、紫摩(しま)です。 いつも皆さんありがとうございます。平成最後のカスタム、バックス

記事を読む

VFR800F フォーク オーバーホール

VFR800Fのフォークオーバーホール①スプリングの基礎と分解のやり方

VFR800Fのフォークを分解して清掃して組付け(オーバーホール)までやっていきます。 そ

記事を読む

大型自動二輪教習

大型教習車NC750L攻略法!難しいけど実は乗りやすいバイクだった!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 大型自動二輪教習で使用する教習車、NC750Lについて体験

記事を読む

エルリボン PH7 XR100 取り付け

XR100にエルリボンLEDヘッドライト交換!気になる明るさと取り付け方。PH7タイプの光量もここまできたか!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 LEDヘッドライト、もうずいぶんメジャー化してきましたがま

記事を読む

バイク 汎用サイドスタンド グロム

【調整式サイドスタンド】ローダウンのグロムに取り付けレビュー!強度や耐久性は大丈夫?

こんにちわ、紫摩(しま)です。 以前グロムのレイダウンリンクを取り付けましたよという記事を

記事を読む

ショウエイ ヘルメット Z7

バイク用ヘルメットの選び方!初心者にオススメのモデルは…あなたの被っているモデルの安全性は大丈夫?

こんにちわ、しまです。 バイクのヘルメット買いに行ってもてたくさんあって悩んでしまいますよね。

記事を読む

バイク ライディング 乗り方

バイク乗りが無意識にやりがちな下手に見えるダサい乗り方2選:改善ポイントで安全運転を

こんにちは、紫摩です。 郵便配達員が、ジムカーナや安全競技の経験も踏まえていろいろお話しで

記事を読む

無塗装樹脂コーティング

シリコンスプレーでバイクをきれいに出来る!無塗装部分に使えるボディコーティング剤

こんにちわ、紫摩(しま)です。 バイクをきれいにするケミカル系のお話です。 ワックスやコ

記事を読む

ZX-25R トラブル オイル漏れ

【オイル漏れの次は冷却水漏れ】ZX-25Rの初期トラブル!リコールになるのか?

こんにちは、紫摩(しま)です。 ZX-25Rの初期トラブルとして有名なオイル漏れ。

記事を読む

スポンサードリンク

コメントを残す

スポンサードリンク

中負荷時 ハイパープロ
【HYPERPRO】フォークスプリングのおすすめセッティングと失敗例 VFR800Fで検証

ハイパープロのサスペンションの考察、次はフロント側、フォークスプリ

VFR800F
【朗報】体格に合わないバイクの正しい乗車姿勢を解決する方法!ポジション調整で乗りやすくなる

こんにちは、紫摩です。VFR800Fのカスタムブログを書いている者

VFR800F ブレーキ ホース交換
【ABSバイクのステンメッシュホース交換方法】必要な道具と作業の注意点…VFR800Fアップハン化に伴う延長加工

こんにちは、紫摩です。 今回はVFR800Fのアップハンドル化に

VFR800F クラッチホース
VFR800Fのステンメッシュクラッチホース!交換後➜半クラのタッチがめっちゃ良い!ステンレスメッシュの注意点

こんにちは、紫摩です。 VFR800Fのカスタム記事を書いて

ぱくたそ
Xで炎上!?【自動車の幅寄せvsチャリのすり抜け】の是非!車が交差点で左折時にブロックするのは正しいのか?自転車との事故防止やマナーを考える

こんにちは、しまです。 某Xで話題になっていました『自動車の

VTR250
【また故障バイクを手に入れた!】VTR250の状態とバイクのレストアについて

こんにちは、紫摩です。 以前にもVTR250を格安で購入してレス

VFR800F
【大型バイクの車検で気を付ける事】年式違いのハンドルやマフラー交換すると不適合?カスタム車両でもOKなのか検証してみた VFR800F

こんにちは、紫摩です。 VFR800Fを購入してはや2年。車検の

ぱくたそ
香川の交通マナーの悪さから学ぶ【信号で一番危険なのは青信号だ!】道路交通法と安全運転の豆知識

お世話になっております。紫摩です。 今回も私の指導員審査勉強にお

ロッソ4 タイヤ 
バイクの“乗りやすさ”はフロントタイヤ選びが重要だった?10割のライダーが誤解するハンドリングの良し悪しを検証してみた

こんにちは、紫摩です。 今回は謝罪も兼ねてバイクのハンドリン

cc-drivingaptitudetest-ktype-odtype_img_002
交通事故は決まった人が何度も起こす事実が判明!多発者の心理と傾向

こんにちは、紫摩です。 只今、教習指導員審査にむけて猛勉強中

→もっと見る

  • 最新記事をメールで通知。

PAGE TOP ↑