*

ホンダCBR125Rの購入のキッカケとインプレ!加速感と操作性がいいバイク 画像+動画あり

CBR125Rレビュー
こんにちわ紫摩(しま)です。
家計が厳しい中、CBR125Rの2013年モデルを踏ん張って購入してしまいました。
なぜこの車種にしたのかという事と、この車種の特徴などを紹介できたらと思います。

SPONSORED LINK

なぜCBR125Rを選んだのか

CBR125Rレビュー
まず僕はスーパースポー(レーサーレプリカ)というジャンルのバイクに興味があり、数年前から気にはなっていたのだが、こういうフルカウルバイクは中古市場でも結構車両価格が高くなかなか手が出せなかったのだ。
その他にもオフロードバイクやミニバイクなんかも乗ってみたいなと思っていた。

いつの間にか数年の時は過ぎ、最近になって何気に新車バイクを検索してみるとホンダからCBRの125ccモデルをニューリリースするという記事を発見!
一気に一目ぼれしたのであった。

あえて125ccを選んだ理由、それは維持費とお手軽さ

MAH00955(6)
250ccはパワーもあり高速道路も乗れるが現実問題、任意保険や維持費の面で月々の支払いが厳しい
400ccなんて車検もプラスで圧し掛かってくるからもっての他…
そう、バイクを購入した時の月々ローンも忘れてはならない。(僕の場合、教習料金も追加)

その点125ccは分類が原付二種に属するためファミリー特約という保険に入れることもあり、維持費も忘れてしまうくらい安い!
少しでも出費を少なくできれば吉なのだ。

アンダーカウル
『でも125ccなんてパワー的に不満が出るんじゃないか!?高速も乗れないし。』

結局ホンダに出向いて最後の最後まで250Rと迷ったが、フレーム形状がツインスパーという台形断面フレームと、フロントマスクがかっこいい事が最終の決め手となった。

通勤のみのガソリン代(例)

結構エンジン回したり渋滞にはまったりいろんな場面があり、決して燃費走行していない。
にもかかわらず、1リッターあたりの走行距離が平均49.5km/Lとさすが最近のバイクという感じの低燃費!

  • 通勤往復20km×週5日×4週間=400km/月
  • 燃費が約40km/Lとすると400km/月÷40km/Lで⇒10L/月
  • ガソリン代が160円/Lとすれば160×10L⇒¥1600/月

これは極端だが週末ツーリングとか含めると¥3000/月~だろう。(実際そんなにかからない)
正直月々の維持費を忘れるほど経済的なのは家庭持ちには重要。

CBR125Rのいいところ

MAH00955(3)[1]
ここまで、ただ月々の維持費だけで決めて大排気量が買えないから妥協したみたいになっているが、小排気量のいいところがだんだんと見えてきた。

 

  • 軽くてきびきび走る
  • バランスがよく扱いやすい
  • クラッチレバーが超軽い
  • 燃費の良さ
  • 壊れない
  • 維持費が安い

 

取り回しが楽!

初心者 ジムカーナ CBR125R
気軽に乗り出せるという点では大排気量を圧倒(?)している気がする。

2stレプリカ買ったはいいが、重いとか取り回しに苦労するとかガレージから引っ張り出してきてなかなか火がつかず、走り出すのが億劫…

しかもCBR125Rは旋回性能がとにかくいいのでジムカーナなどにも余裕で走れる。
タイや性能だけ上げてやれば125ccでも十分走れることが分かった。

クラッチが軽いので長距離、無問題!

CBR125R レバー
小排気量なので当たり前だろうが、クラッチレバーが軽いということはツーリングに置いてメリットでしかない。

指一本でも握れるほどなので腕が疲れることもなく日帰り400kmツーリングでも全く問題なし
その後、クラッチレバーをXRT製のアジャストレバーに換えたので更に操作しやすくなってしまった。

→(楽天)XRTレバー 商品一覧

壊れないしパーツ代も安い

バイク立ちごけ CBR125R
細身のボディなので立ちごけで転倒させてもボディを傷つけることは無く、ハンドルバーエンドとミラーが傷つくだけ。
そんなの交換しても1万円もかからない。

実際何度も倒したのだが、エンジン不調やフレーム傷み、ハンドルのぐらつきなど全く起こらない。
ミラーもぐらつかないし、ウインカーも吹っ飛んでいかずうまい具合に曲がってくれる。

タイホンダ舐めてた。
ものすごく頑丈でこればっかりは乗らない人には分からない良さだと実感した。

タイヤ代が安い

TT900GP CBR125R
このバイクを気持ちよく走らせようと思ったらタイヤ交換は必須。

純正のIRC RX-01タイヤでは少々不安で、バイアス最強タイヤと言われているTT900GPに交換してみた。
実際前後交換して26000円ほどだった。
これくらいの出費ならどんどん使ってどんどん交換しても痛手にならないレベルではないだろうか。

→(Amazon)TT900GP 商品一覧
→(楽天)CBR125R用TT900GP 商品一覧

強いて言うならの不満な点

MAH00955(4)[1]
しかしやはりネガティブな部分も当然見えてくる。

  1. 高速道路が乗れないこと
  2. マフラーカバーの形が特徴的過ぎてとっつきにくい
  3. 前期型のような二灯ヘッドライトが良かった
  4. 単気筒と13馬力が非力で不満
  5. 積載性がない

①高速道路が乗れない

高速が乗れないのは不便だが、僕自身下道派なので車でもほとんど乗ったことがない。
そもそも125ccスポーツバイクでの長距離自体向いていないと思う。(根性でどうにかなりそう)

②変な形状のマフラー

純正マフラーカバーが一般的な筒状(砲弾)というより異型ショートなのでスポーティー感があまりないので少々不満。
社外品に換えたいが純正の方がなにかと高スペックなので悩みどころ。
気になるのがモリワキとビームス。その他にもカッコいいのが多いが、いかんせん高い!

【追記】

CBR125R マフラー交換
その後WR’Sのマフラーに交換しましたけどねw

関連記事:CBR125RオススメマフラーWR’S|mysimasima

③単眼ヘッドライトがダサい?

フロントマスクは賛否両論。二灯ヘッドライトの方がシャープな印象でカッコイイ。
歴代CBRは二灯が主流だがこのモデルはVFR1200のデザインをイメージしているらしい。

【追記】

LEDヘッドライト CBR125R
ヘッドライトをLEDに換えましたけどねw
ポジションランプとも相まって意外にカッコイイじゃないか。

関連記事:バイク用LEDヘッドライト交換|mysimasima

④CBRなのに単気筒かよ

単気筒のトコトコ感がスポーティーさを欠いている。
排気音もブリブリ。だが意外によく走る。13馬力という数値がどの程度かわからないが街乗りでは不便はしない。
山道やツーリングではなんともかわいそうなエンジンと思ってしまう。

【追記】


WR’Sのマフラーに換えてから排気音に太さが増してものすごくスポーティーになりましたw
しかも意外と速いぞ…
単気筒の歯切れのいいサウンドは『THEバイク』って感じでカッコイイ。

⑤積載能力が無いからツーリングは不向き?

さすがにスーパースポーツなので荷掛けフックやリアキャリアは標準じゃない。
タンデムだって排気量が小さいのでオススメはできない。このジャンルは苦手ではある。

【追記】

エアロシートバッグ CBR125R
ツーリング時にはリアシートバッグを付けますけどねw

リアシートにバッグを付けるかライダー自身がレッグバッグなどを付けるか、荷物を積むことは工夫すれば何とでもなる。
ただ、シュッとした車体のデザインを殺さないようなバッグ選びに悩むかもしれない。

→(Amazon)エアロシートバッグ2 商品一覧
→(楽天)エアロシートバッグ2 商品一覧

高速道路が乗れないデメリット以外、ウィークポイントなんてないんじゃ?と思ってしまうバイクである

まとめ

MAH00955(4)
CBR125Rというバイクは現代のスーパースポーツというジャンルの雰囲気をうまく125ccという小型バイクで表現している感じ。

さすがに大排気量と並べると骨細感は否めないが、それはそれ。
小型バイクならではのいいところを合わせつつスポーティーに仕上げたのはさすがホンダだなと思った。

バイクツーリング 金砂湖
いいとこどりという事ではないが、走りもスタイリングも取り回しも全体のバランスが良すぎる。
ネットでのレビューでは『誰が乗っても乗りやすい親近感がわくマシン』という評価もある。

その点YZF-R125やRS125のような尖った部分はないが通勤からサーキットまで幅広く対応できるのがポイントが高いと思った。

これからこのバイクでツーリングを楽しみたい。
通勤で毎日乗っているが、次に乗るのが待ち遠しくて仕方がないのだ。そう思わせてくれるバイクである。

→(Amazon)CBR125R カスタムパーツ 一覧
→(楽天)CBR125R カスタムパーツ一覧

【参考動画】


この車両を手放してまで250ccに乗り換える理由が見つからないほど完成度の高いバイクではないでしょうか。

関連カテゴリー:CBR125R|mysimasima
2013年式”CBR125R”のレビューでした!

SPONSORED LINK

関連記事

ノンシールチェーン バイク

ノンシールチェーンの性能!シールチェーンとの違い、走行時のメリットデメリット。

こんにちわ、紫摩(しま)です。 先日YouTubeのコメントの中に「ノンシールチェーンを試して

記事を読む

no image

二輪免許の卒業検定!実技試験で受かるコツを元スクーター乗りが解説!

二輪免許はたぶん共通なのかな?実技18時間と学科が1時間。 普通自動二輪卒業試験内容はバイクに乗る

記事を読む

ファミリーホーム 新築 評価 大きさ

【ファミリーホーム新築、個人的評価と価格】人と違う家にしたいが同じような物ばかりでつまらない・・・

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ファミリーホームで家を建てて、実際どういう感じで仕上がったのか

記事を読む

タイカンストリーム 体幹 筋トレ オススメ

バイクは体幹で乗る!「タイカンストリーム」おすすめ筋トレグッズ

こんにちわ、紫摩です。 バイクジムカーナをやっていてもっと速く、もっとアグレッシブにバイクを扱

記事を読む

エーテック フェンダーレス VTR250

VTR250フェンダーレス化(エーテック)LEDテールランプ配線加工と取り付け方

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回の商品レビューはVTR250用のフェンダーレスキットの取り

記事を読む

K&F Concept 三脚 レビュー

R&F Concept三脚(TM2534T)レビュー依頼品

こんにちわ、紫摩(しま)です。 カメラグッズ販売K&F conceptさんの方から

記事を読む

ブレーキ エア抜き 

バイクのブレーキエア抜きが1時間かけても終わらない時に試した方法!シリンジやポンプを使おう

こんにちわ、紫摩です。 ブレーキマスターを外したりホースを替えたこともあると思います。

記事を読む

CBR125R ギア比

【バイクのギア比CBR125R】ジムカーナで加速をよくするスプロケ選び!17Tで1速を使うか13Tで2速を使うか…

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ジムカーナという競技をはじめてCBR125Rのギア比に

記事を読む

MSGC HST ジムカーナ 坂出

【脱初心者!】ジムカーナで簡単に結果が出る3つのコツと練習法

こんにちわ、紫摩(しま)です。 【ここがダメだ】みたいな過激なタイトルにすればまた叩かれる

記事を読む

J5の大きさ

Nikon1 J5を購入!J4との違いと画質や使いやすさを一眼レフユーザーがレビュー!

こんにちわ、カメラ好きの紫摩です。 このたびニコンから2015年4月23日に発売しましたミラー

記事を読む

スポンサードリンク

スポンサードリンク

直線 スラローム
直線スラロームがめっちゃうまくなるコツ!加減速と体重移動のタイミングがポイント

こんにちは!しまです。 今回はライテクブログです。 あまり

TNT125 アイドリング スタンド
TNT125のサイドスタンドスイッチをキャンセルするやり方!暖機運転ができない

こんにちは、紫摩(しま)です。 TNT125は誰もやってる人

TNT125 転倒 バンパー
TNT125転倒実験!スライダー兼バンパー取り付け!立ちごけ対策になるか?

TNT125を買いました。こんにちは、しまです。 そしてジム

ZX-25R リアサス ZX-10R
ZX25Rでスポーツ走行するならこのカスタム3選!+おまけ

こんにちは、紫摩(しま)です。 最近ZX-25Rネタばっかり

TNT125 レバー 
ベネリTNT125カスタム【クラッチ/ブレーキレバー】交換!

こんにちは、紫摩です。 ベネリTNT125を妻が購入したので

TNT125 マフラー
バイクサイトも知らないTNT125のスゴイところ!グロムと比べてみた結果(ヘッドライト、フォーク、フレーム、リアサス、ブレーキ)

こんにちは、紫摩です。 以前もグロムとベネリTNT125の原

ZX-25R タイヤ 交換 
【スーパーコルサSP V3インプレ】ZX-25Rでジムカーナ!公道グリップ最強タイヤは滑らないのか?

こんにちは、紫摩です。前回のブログでZX-25Rのタイヤ交換しまし

ZX-25R タイヤ 交換 
【ZX-25Rタイヤ交換】GPR300からハイグリップタイヤスーパーコルサSP

こんにちは、しまです。 ノーマルタイヤではダンロップのGPR

ZX-25R 純正ハンドルと社外ハンドル
ハンドルポジション調整の決め方 セパハンの角度で走りはどう変わる?

こんにちは、紫摩です。 前回は調整式のセパレートハンドルに交

アストロプロダクツ ビードブレーカー
アストロプロダクツのビードブレーカーのインプレ!12〜17インチバイクを試してみて。

こんにちわ紫摩(しま)です。 バイクのタイヤ交換はいつもタイ

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して『送信』で、
    更新情報を無料で通知してくれます(^^)

    42人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑