*

ホンダCBR125Rの購入のキッカケとインプレ!加速感と操作性がいいバイク 画像+動画あり

CBR125Rレビュー
こんにちわ紫摩(しま)です。
家計が厳しい中、CBR125Rの2013年モデルを踏ん張って購入してしまいました。
なぜこの車種にしたのかという事と、この車種の特徴などを紹介できたらと思います。

SPONSORED LINK

なぜCBR125Rを選んだのか

CBR125Rレビュー
まず僕はスーパースポー(レーサーレプリカ)というジャンルのバイクに興味があり、数年前から気にはなっていたのだが、こういうフルカウルバイクは中古市場でも結構車両価格が高くなかなか手が出せなかったのだ。
その他にもオフロードバイクやミニバイクなんかも乗ってみたいなと思っていた。

いつの間にか数年の時は過ぎ、最近になって何気に新車バイクを検索してみるとホンダからCBRの125ccモデルをニューリリースするという記事を発見!
一気に一目ぼれしたのであった。

あえて125ccを選んだ理由、それは維持費とお手軽さ

MAH00955(6)
250ccはパワーもあり高速道路も乗れるが現実問題、任意保険や維持費の面で月々の支払いが厳しい
400ccなんて車検もプラスで圧し掛かってくるからもっての他…
そう、バイクを購入した時の月々ローンも忘れてはならない。(僕の場合、教習料金も追加)

その点125ccは分類が原付二種に属するためファミリー特約という保険に入れることもあり、維持費も忘れてしまうくらい安い!
少しでも出費を少なくできれば吉なのだ。

アンダーカウル
『でも125ccなんてパワー的に不満が出るんじゃないか!?高速も乗れないし。』

結局ホンダに出向いて最後の最後まで250Rと迷ったが、フレーム形状がツインスパーという台形断面フレームと、フロントマスクがかっこいい事が最終の決め手となった。

通勤のみのガソリン代(例)

結構エンジン回したり渋滞にはまったりいろんな場面があり、決して燃費走行していない。
にもかかわらず、1リッターあたりの走行距離が平均49.5km/Lとさすが最近のバイクという感じの低燃費!

  • 通勤往復20km×週5日×4週間=400km/月
  • 燃費が約40km/Lとすると400km/月÷40km/Lで⇒10L/月
  • ガソリン代が160円/Lとすれば160×10L⇒¥1600/月

これは極端だが週末ツーリングとか含めると¥3000/月~だろう。(実際そんなにかからない)
正直月々の維持費を忘れるほど経済的なのは家庭持ちには重要。

CBR125Rのいいところ

MAH00955(3)[1]
ここまで、ただ月々の維持費だけで決めて大排気量が買えないから妥協したみたいになっているが、小排気量のいいところがだんだんと見えてきた。

 

  • 軽くてきびきび走る
  • バランスがよく扱いやすい
  • クラッチレバーが超軽い
  • 燃費の良さ
  • 壊れない
  • 維持費が安い

 

取り回しが楽!

初心者 ジムカーナ CBR125R
気軽に乗り出せるという点では大排気量を圧倒(?)している気がする。

2stレプリカ買ったはいいが、重いとか取り回しに苦労するとかガレージから引っ張り出してきてなかなか火がつかず、走り出すのが億劫…

しかもCBR125Rは旋回性能がとにかくいいのでジムカーナなどにも余裕で走れる。
タイや性能だけ上げてやれば125ccでも十分走れることが分かった。

クラッチが軽いので長距離、無問題!

CBR125R レバー
小排気量なので当たり前だろうが、クラッチレバーが軽いということはツーリングに置いてメリットでしかない。

指一本でも握れるほどなので腕が疲れることもなく日帰り400kmツーリングでも全く問題なし
その後、クラッチレバーをXRT製のアジャストレバーに換えたので更に操作しやすくなってしまった。

→(楽天)XRTレバー 商品一覧

壊れないしパーツ代も安い

バイク立ちごけ CBR125R
細身のボディなので立ちごけで転倒させてもボディを傷つけることは無く、ハンドルバーエンドとミラーが傷つくだけ。
そんなの交換しても1万円もかからない。

実際何度も倒したのだが、エンジン不調やフレーム傷み、ハンドルのぐらつきなど全く起こらない。
ミラーもぐらつかないし、ウインカーも吹っ飛んでいかずうまい具合に曲がってくれる。

タイホンダ舐めてた。
ものすごく頑丈でこればっかりは乗らない人には分からない良さだと実感した。

タイヤ代が安い

TT900GP CBR125R
このバイクを気持ちよく走らせようと思ったらタイヤ交換は必須。

純正のIRC RX-01タイヤでは少々不安で、バイアス最強タイヤと言われているTT900GPに交換してみた。
実際前後交換して26000円ほどだった。
これくらいの出費ならどんどん使ってどんどん交換しても痛手にならないレベルではないだろうか。

→(Amazon)TT900GP 商品一覧
→(楽天)CBR125R用TT900GP 商品一覧

強いて言うならの不満な点

MAH00955(4)[1]
しかしやはりネガティブな部分も当然見えてくる。

  1. 高速道路が乗れないこと
  2. マフラーカバーの形が特徴的過ぎてとっつきにくい
  3. 前期型のような二灯ヘッドライトが良かった
  4. 単気筒と13馬力が非力で不満
  5. 積載性がない

①高速道路が乗れない

高速が乗れないのは不便だが、僕自身下道派なので車でもほとんど乗ったことがない。
そもそも125ccスポーツバイクでの長距離自体向いていないと思う。(根性でどうにかなりそう)

②変な形状のマフラー

純正マフラーカバーが一般的な筒状(砲弾)というより異型ショートなのでスポーティー感があまりないので少々不満。
社外品に換えたいが純正の方がなにかと高スペックなので悩みどころ。
気になるのがモリワキとビームス。その他にもカッコいいのが多いが、いかんせん高い!

【追記】

CBR125R マフラー交換
その後WR’Sのマフラーに交換しましたけどねw

関連記事:CBR125RオススメマフラーWR’S|mysimasima

③単眼ヘッドライトがダサい?

フロントマスクは賛否両論。二灯ヘッドライトの方がシャープな印象でカッコイイ。
歴代CBRは二灯が主流だがこのモデルはVFR1200のデザインをイメージしているらしい。

【追記】

LEDヘッドライト CBR125R
ヘッドライトをLEDに換えましたけどねw
ポジションランプとも相まって意外にカッコイイじゃないか。

関連記事:バイク用LEDヘッドライト交換|mysimasima

④CBRなのに単気筒かよ

単気筒のトコトコ感がスポーティーさを欠いている。
排気音もブリブリ。だが意外によく走る。13馬力という数値がどの程度かわからないが街乗りでは不便はしない。
山道やツーリングではなんともかわいそうなエンジンと思ってしまう。

【追記】


WR’Sのマフラーに換えてから排気音に太さが増してものすごくスポーティーになりましたw
しかも意外と速いぞ…
単気筒の歯切れのいいサウンドは『THEバイク』って感じでカッコイイ。

⑤積載能力が無いからツーリングは不向き?

さすがにスーパースポーツなので荷掛けフックやリアキャリアは標準じゃない。
タンデムだって排気量が小さいのでオススメはできない。このジャンルは苦手ではある。

【追記】

エアロシートバッグ CBR125R
ツーリング時にはリアシートバッグを付けますけどねw

リアシートにバッグを付けるかライダー自身がレッグバッグなどを付けるか、荷物を積むことは工夫すれば何とでもなる。
ただ、シュッとした車体のデザインを殺さないようなバッグ選びに悩むかもしれない。

→(Amazon)エアロシートバッグ2 商品一覧
→(楽天)エアロシートバッグ2 商品一覧

高速道路が乗れないデメリット以外、ウィークポイントなんてないんじゃ?と思ってしまうバイクである

まとめ

MAH00955(4)
CBR125Rというバイクは現代のスーパースポーツというジャンルの雰囲気をうまく125ccという小型バイクで表現している感じ。

さすがに大排気量と並べると骨細感は否めないが、それはそれ。
小型バイクならではのいいところを合わせつつスポーティーに仕上げたのはさすがホンダだなと思った。

バイクツーリング 金砂湖
いいとこどりという事ではないが、走りもスタイリングも取り回しも全体のバランスが良すぎる。
ネットでのレビューでは『誰が乗っても乗りやすい親近感がわくマシン』という評価もある。

その点YZF-R125やRS125のような尖った部分はないが通勤からサーキットまで幅広く対応できるのがポイントが高いと思った。

これからこのバイクでツーリングを楽しみたい。
通勤で毎日乗っているが、次に乗るのが待ち遠しくて仕方がないのだ。そう思わせてくれるバイクである。

→(Amazon)CBR125R カスタムパーツ 一覧
→(楽天)CBR125R カスタムパーツ一覧

【参考動画】


この車両を手放してまで250ccに乗り換える理由が見つからないほど完成度の高いバイクではないでしょうか。

関連カテゴリー:CBR125R|mysimasima
2013年式”CBR125R”のレビューでした!

SPONSORED LINK

関連記事

トライジムカーナ大会

【トライジムカーナ】大会初参加レポート!坂出HST四国での第2戦!CBR125Rでの順位は微妙・・

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回ジムカーナ記事は“大会初参加レポート”という事で日記的に見

記事を読む

DSC_0147

防寒対策!ヒートインナーの選び方。素材で一番暖かいのは?バイク乗りが選ぶオススメあったかウェアの紹介!

こんにちわ紫摩(しま)です。 冬の防寒対策としてヒートテックやGUウォームなど発熱素材とい

記事を読む

小豆島

香川県小豆島へ50cc原付ツーリングのプランを立ててみました。寒霞渓とオリーブ巡り

小豆島原付ツーリング日程 2014年 7月20日(日)に小豆島へ原付スクーターでツーリングに行って

記事を読む

GearS2 サムスン スマートウォッチ

選び方は見た目だけじゃない、Gear S2のいいところレビュー!女性へのプレゼントにもオススメできるかわいいスマートウォッチ

こんにちわ紫摩(しま)です! スマートウォッチって結構たくさん出ていてどれがいいのか迷うと

記事を読む

食器乾燥機4

【食中毒対策】小型の食器乾燥機のオススメ”象印EY-GA50”レビュー!サイズと通販価格も併せて紹介!

こんにちわ、しまです。 ブログのドメインが失効しちゃうのかと落ち込んでいましたがなんとか無事に

記事を読む

CBR125R ハイグリップタイヤ TT900GP 倒し込み

MSGCジムカーナ練習会(3回目)CBR125R仕様変更の紹介!125ccのSSでどれだけやれるか挑戦

こんにちわ、紫摩(しま)です。 3月27日はMSGCジムカーナ練習会に参加してきました。

記事を読む

洗車グッズ

【動画あり】バイク洗車方法!水を使う洗い方でも問題なし!注意点とコツをCBR125Rで紹介!

こんにちわ紫摩(しま)でございます。 バイクの洗車方法という事で注意点と洗い方のコツを個人的に

記事を読む

XRTアジャストレバー CBR125R

【CBR125Rレバー交換】XTR製アジャストレバーがかっこよすぎる!純正に飽きたらコレがおすすめ

こんにちわ、紫摩です。 僕は手が小さいのでバイクの純正レバーが遠いと感じること意外と多いで

記事を読む

DSC_0045

OGKカブトのフルフェイス、カムイ購入!大きさは結構デカイが軽量!メガネスリットもインナーバイザーもあってすごく機能性高し

こんにちわ紫摩です。 今回はOGKカブトのカムイのレビューです。 このフルフェイスヘルメ

記事を読む

マフラー

【CBR125Rインプレ】エンジンパワーや加速感など運動性能のレビュー

こんにちわしまです。 CBR125Rの外装からデザインを写真で細かく紹介していますが、エンジン

記事を読む

むち打ち 交通事故 対策 痛い
【むち打ちの症状】辛い、痛い、長引く!日常生活にも支障をきたす厄介な怪我

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今年に入って追突事故に遭ったと前

事故 交通事故 追突事故 対応 流れ
追突事故に遭ってしまった!事故対応の流れと通院、保険会社への連絡や説明のやり方

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回はちょっと暗いテーマ、人

タクボ 物置き ガレージ 新築 倉庫 バイク
自宅に小さい物置設置!狭い土地と駐車場のフタに悩まないオススメの選び方!安いタクボGP-157のレビュー

こんにちわ、紫摩(しま)です。 男のロマンといえば“自宅にガ

タムロン 70-300 望遠レンズ ニコン
タムロン望遠レンズ70-300mm画質とAF速度レビュー!手ぶれ補正の性能は?安いレンズだが意外とおすすめ

こんにちわ、紫摩です。 2本目のレンズ選びで候補に挙がってくるの

つな講習 ニーグリップ 上半身 操り方 乗り方
ジムカーナ『つな講習』とは。3つの基礎でうまくなる!初心者~中級トレーニング集(ライン取り・ニーグリップ・回転)の紹介

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回は大見勝成選手が主催する

クリスタルガードプロ コーティング 自動車 ボディ
『クリスタルガードプロ』レビュー!親水ガラスコーティングのメリット・デメリットと車用コーテイングの選び方

こんにちわ、紫摩(しま)です。 新車を購入してまずやっておきたい

グリースメイト KURE ベアリンググリス
ホイールベアリングのグリスアップのやり方!おすすめ万能グリスと使い方

こんにちわ紫摩(しま)です。 今回はホイールベアリングのグリ

ショウエイ X-14 フォーティーン X14
エイリアンっぽいX-14購入レビュー!OGKカブト(カムイ)とのデザイン比較とオススメポイント

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回はヘルメットの購入レビュ

GearS2 ギアS2 スマートウォッチ
ギアS2長期使用レビューと評価(良いところ&悪いところ)スマートウォッチは着信通知がとにかく便利!

こんにちは!紫摩(しま)です。 以前紹介したGear(ギア)

回転GP ジムカーナ 練習 回転
ジムカーナ『回転GP』とは?やり方とシード選手参考タイムの紹介!コースの距離、練習の方法など。

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ジムカーナの練習で”〇〇GP

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して『送信』で、
    更新情報を無料で通知してくれます(^^)

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑