*

【CBR125Rインプレ】フロント周りのデザインの評価とカウル(外装)ディティールを写真で解説。

公開日: : 最終更新日:2015/04/06 CBR125R(画像・整備・カスタム), カメラ、写真をメインの記事 , バイク

CBR125R夕焼け
こんにちわしまです。
CBR125Rを購入してはや一年がたとうとしています。
国産125ccでいえば快速スクーターばかり。
そんな中でスーパースポーツを思わせるようなデザインが超カッコいい。

CBR1000RRもガチでかっこいいけどそれをミニチュアにした感じのマシン、CBR125R。
一昔前はNSR50やNS-1などレーサーレプリカの小型版が流行っていましたが現代では皆無です。
各所ディテールをはじめ、街乗りや軽く走ってみたマシンパワーのインプレッションなど数回にわたり紹介していこうと思います。

SPONSORED LINK

フロントマスク ヘッドライト、アッパーカウル周り

Ledポジションランプcbr125r
バイクの顔ともいえるヘッドライト周り。フロントマスクは単眼ヘッドライトと独立したポジションランプという造り。
歴代CBRはどれも二灯式のデュアル(双眼)ヘッドライトを採用していました。
このCBR125Rはロボットというかガンダムというかそういうのにも似ています。

バルブはH4が一灯。Hi/Loを兼用しているので省スペースと明るさを両立。

ポジションランプ

CBR125Rポジション2
ポジションランプ部分がブラックアウトしていて繊細なデザイン。
こういうデザインはガキっぽいorカッコいいというように正直好みが分かれる部分ではあります。
ライトカバーはプラスチック製でラインが入っていないクリアータイプ。

独立式のアッパーカウル

CBR125Rヘッドライト
スーパースポーツやレーサーレプリカの特徴といえば″空気抵抗を少なくする効果もあるカウリング”ですね!
アッパーとミドルが一体となったタイプが多いのですが、CBR125R/250Rの外装はアッパーカウル、ミドルカウル、アンダーカウルがそれぞれ独立したデザイン。
それによってつなぎ目が多く、シャープにみえるので僕は惚れてしまいました。

実感できませんが走行風もうまく整流してくれそうな感じですね。

可倒式ミラー

CBR125Rミラー一式
CBR125Rは先代モデル(2009年)はハンドルについていたのですがこのモデルはアッパーカウルに付いています。
前傾姿勢になった時にハンドルについているタイプより目線の移動が少なくてよいのでスーパースポーツ向き。
視認性は普通程度で特に悪いという感じはないですが、普通のスクーターみたいな形。

細いミラーステーと取り付け部分

CBR125Rミラーステー
細いミラーステーのおかげで視界が邪魔になることはないので実用性だけでいえば『良』。
取り付け部分は可倒式で転倒したときに折れないようになっています。強度もそこそこでぐらぐらすることもないのですが、単気筒の振動でぶるぶる震える感じがします。
ステーがもう少しスポーティならいう事なかったのですが…まぁこれはこれでバランスが良いのでOKでしょう!

ミラーの視認性

CBR125Rミラー
視認性は良好。角の取れた長方形をしているので実用指向。
スポーツタイプのミラーは5角形のシャープなデザインが多いのでCBR125Rはちょっと情けない感じがします。
ステーと本体の2weyでミラーの角度を変えられるので「腕が映ってしまって後方が見えない」という事も少ないと思われます。

ウインドウスクリーン

CBR125Rスクリーン
このウインドウスクリーンはフチがないので視界が広く走行動画を撮っても邪魔になることがありません。
防風性能はあまり期待できません。伏せて対策もできなくはないですが、ここから前を覗くシーンというのはほとんどないように思います。

タンクに顎を当てるイメージで伏せないとこのスクリーンの陰に隠れることはできないので少ししんどい。
ツアラーのような防風という目的ではないのでしょう。

曲面が強い整流効果のあるスクリーン

CBR125Rウインドスクリーン
整流を考えたデザインなのでしょうか?ウインドスクリーン自体の曲面が強くサイズは小振り。
このスクリーンのおかげで雨が降っても走っていればメーター周りにかかることは少ないです。
ガチスポーツバイクと比べれば大きめになるのかな?実用性とスポーツ性を両立しています。

CBR250Rアッパーカウル
参考までにこちらはホンダCBR250R(2014年)のウインドスクリーン。
125Rよりも更に小振りでサイドにはフチがついています。なんかCBR250Rの方がスポーティですな。
デザイン的にはワイド感のあるフロントマスクの125Rの方が好みです。

サイドカウル 側面のデザイン

cbr125サイド
側面のトリコロールカラーがカッコいい!
CBR125R(2013年)はこのトリコロールカラーとブラックの二種類しかないのでそもそも選びようがないのですが、僕はこのシャープなデザインが好きなので大いにアリです。
サイドカウルは一枚物の大きなステッカーです。
タンクはステッカーの上からクリア塗装をしています。

CBR250Rサイド
参考のCBR250Rはアンダーカウルが大きい上に塗装までしてくれているこだわりよう。
125Rは逆に無塗装部分が多くコストダウンに成功しています。

ミドルカウルだけ単品で外せる

ミドルカウルは単体で外せるので交換は容易に行えそうです。
フルカウルバイクの外装は『消耗部品』といわれるように、補修してどうこうする話ではないのでしょう。
ステッカーをはがして補修して塗装してステッカーを貼って…金額も相当跳ね上がりそうです。

ミドルカウルに取り付けられているウインカー

CBR125Rウインカー
ウインカーはクリアレンズの中にオレンジ色のバルブの普通の電球タイプ。
このオレンジ色が嫌いな人はLEDにしたりシルバーコーティングをしている電球に換えたりするみたいです。

横にぴょんと飛び出たデザインは対向車からの視認性はいいですがスマートじゃない。
運よくシャープなデザインのおかげで、不恰好になることは避けられています。

アンダーカウル

アンダーカウル
アンダーカウルも独立したパーツになっています。
この部分は未塗装で艶消しの素地です。全体が白ばっかりだとちょっとしまりがないので艶消しパーツを使っているのは高評価。
こればっかりは好みの問題なのでどれがいいというのはありませんが、すごくバランスのいい色割合だと思います。

艶消し部分はデリケート

未塗装部分のデメリットは補修ができないというところ。
下周りは泥はね飛び石などで小傷が増えるので磨くこともできない上に泥ピッチ/タールが凹凸部分に入り込んで汚れが取れにくいデメリットがあります。
定期的に手入れをしていないとすぐ白ボケちゃうので塗装部分とはまた違ってデリケートではあります。

必要で十分なサイズのタンク

ホンダロゴ
全容量13Lのタンク。燃費が40km/Lだとすると500km以上走行できる単純計算になります。
カラカラまで使わなくても400kmくらいは余裕で走れるので非常に経済的かつ安心感があります。
現にソロツーで400km無給油を達成していますのでその燃費の良さは折り紙付き!

参考記事:四国カルストまで400kmソロツーリング!|mysimasima

タンクの前側についている樹脂製のパーツがこれまたスポーティでカッコいい。
ホンダのロゴとトリコロールカラーのステッカーは上からクリアを吹いていて剥がれることはありません。

給油口キャップ

CBR給油口
いたって普通のカギで開けるタイプの給油口。
“PUSH LOCK”と書いているのでこの部分を押すだけでカチンと給油口をロックできます。
簡単でスピーディーに取り外したり取り付けたりできるのがいいところ。

後ろの隙間と前側の隙間が違うのがおわかりでしょうか?
これは精度の問題ですかね?奇跡的に神クリアランスでタンクには当たっていないので塗装は傷はついていません。

フロント周りデザインのまとめ

CBR5
CBR125Rは所詮ミニバイクでしょう。
「この性能で″CBR”の名前を名乗る資格なし」という声も一部であります。
ですが実際にこうして乗ってみたりなめまわすように眺めているたびに不思議とカッコイイと思えてくるのです。

さすがにパワーや性能で本家(CBR250RRや1000RR)には勝てっこないですがデザインだけでいえば負けず劣らずっていう感じです。
書いていて思ったのですが日常使いに重きを置いたデザインで使い勝手がいいバイクなのですね。
ウインカーやミラーも然り、機能性を優先したパーツなのでそりゃ乗りやすいわけだ。

写真引用元:HONDAバイク

関連記事:【CBR125Rインプレ】インパネ周りとセパレートハンドルのレビュー|mysimasim
関連記事:【CBR125Rインプレ】エンジンパワーや加速感、運動性能のレビュー|mysimasim

SPONSORED LINK

関連記事

DSC_0314

【フリー素材・無料画像集】動物写真!ネコのしぐさから顔のアップなど

こんにちわ、しまです。 だいぶ日が空きましたが無料画像集のアップです。 写真を撮ってただファ

記事を読む

DSC_0079

霊場八十八ヶ所ツーリング第12番札所、焼山寺へ!一番の難所と言われているお寺では杉の巨木が神秘的でした。

こんにちわ、しまです。 今回はソロツーリングをしようということで四国霊場12番札所の焼山寺へ行って

記事を読む

抜けた2

パンク修理を自力でやってみた!ホームセンターの修理キットで起きた失敗とその原因は

こんにちわ紫摩です。 朝、妙にタイヤの空気が抜けているなぁと思っていたらやっぱりというか当然と

記事を読む

PDバルブ フォークバルブ フロントフォーク

41パイフォーク用インナーバルブ(PDバルブ)のセッティングと取り付け&加工方法!オイル粘度、減衰調整の違い

こんにちわ、しまです。 ジムカーナ用にVTR250を作っていて気になったのが“フロントフォーク

記事を読む

DSC_0282

“Nikon”と”キヤノン”初心者にオススメのデジタル一眼レフの選び方とは?カメラを試し撮りの際の注意点

こんにちわ、しまです。 ブロガー友達に勧められてブロガーになってはやふた月がたちました。 そろそ

記事を読む

DSC_02702

レンズフィルターだけでマクロ撮影!?ケンコークローズアップレンズで接写が出来る!

こんにちわ、しましまです。 「マクロ撮影ができない!!」 一眼レフを買ってみたものの近距離で

記事を読む

VTR250 シート あんこ抜き

バイクシートの“あんこ抜き”のやり方!VTR250のシートカバー張り替え&使用工具の紹介!

こんにちわ紫摩(しま)です。 VTR250のシートがボロボロだったのでシートごとまるまる交

記事を読む

VTR250 リアサス ナイトロン

VTR250リアサス交換と3種類比較!(純正、NSR用、ナイトロン)走りとセッティングの違い

こんにちわ、しまです。 VTR250でジムカーナを走っていると、どうも気になってくるのが足

記事を読む

VTR250 バンパー SSB 転倒 ジムカーナ

VTR250転倒対策にSSBバンパーをオススメする理由とジムカーナでの効果

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ジムカーナの必需品としてバンパー(エンジンガード)があります。

記事を読む

XRTアジャストレバー CBR125R

【CBR125Rレバー交換】XTR製アジャストレバーがかっこよすぎる!純正に飽きたらコレがおすすめ

こんにちわ、紫摩です。 僕は手が小さいのでバイクの純正レバーが遠いと感じること意外と多いで

記事を読む

スポンサードリンク

コメントを残す

スポンサードリンク

トライジムカーナ 集合写真
保護中: 【トライジムカーナ2018第二戦レポート】オーバルの走り方コラム!新HSTでの初大会、昇格者&優勝者

こんにちわ、紫摩(しま)です。 2018年のトライジムカーナ(バ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
郵便配達員が教える夏の暑さ対策、熱中症対策、冷感グッズのオススメ

こんにちわ、紫摩です。 今回時期がちょっと遅いのですが、熱中

バーベキューコンロ 引き出し
バーベキューコンロ2選!比較(コールマン、尾上製作所)使いやすさは?おすすめは?実使用レビュー

こんにちわ、紫摩(しま)です。 バーベキューコンロって結構い

DSC_0050
大阪、中之島エリアでランチ【GARB weeks(ガーブウィークス)】オシャレなイタリアン!近くには大阪市中央公会堂やバラ園も。

こんにちわ。紫摩です。 大阪散歩で訪れたおしゃれな飲食店を紹介し

DSC_0317
ハンディカムAX700レビュー!【初心者でも使いやすい理由】AF性能がすごくて超おすすめ(高いけど)

こんにちわ、紫摩(しま)です。 YouTubeの動画撮影用に

Andoer 照明 アマゾン 小物撮影
撮影用ライトおすすめ【Andoer照明レビュー】きれいに写真を撮るならライティングは基本!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 メルカリやヤフオクなどできれ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
【ライブチケット初!当選】ジェネレーションズ2018初ドームコンサートへ行ってきた!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 タイトルにもありますように「

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
冷蔵庫を買い替えるときのポイントと選び方!省エネよりも置き場のスペース優先で。

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今まで使っていた冷蔵庫、特に

ピザオーブン バーベキュー
【超おすすめ】バーベキューでピザを焼く!BBQのコンロに設置するだけ、簡単ピザ窯

こんにちわ、紫摩(しま)です。 夏と言えばバーベキュー!食材

cbr400rr
【CBR400RRをジムカーナと街乗りで使ってみて】高速域は速いが低速の取り回しはかなり難しいバイク

こんにちわ、紫摩(しま)です。 CBR400RR(NC29)

→もっと見る

  • mysimasima筆者、紫摩(しま)のプロフィール

  • メールアドレスを記入して『送信』で、
    更新情報を無料で通知してくれます(^^)

    35人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑