*

【エクスペリアZ4とA4比較】価格差でA4を選ぶメリットは?スペックや大きさの違いで賢いスマホの選び方を

公開日: : 比較・検証系(雑学系)

エクスペリア
こんにちわ紫摩(しま)です。

ドコモのアンドロイドツートップといわれるギャラクシーS6とエクスペリアシリーズ。
その中でも特に人気の高いエクスペリアZシリーズとAシリーズの違いを書いていきたいと思います。
本体価格の違いも載せていますので、スマホ購入の際の参考にしていただけたら幸いでございます。

SPONSORED LINK

ソニーのスマホ“エクスペリア(XPERIA)”とは

DSC_1619
スマホのアンドロイドで今やトップシェアを誇るソニーのスマホ、エクスペリア。
一言でエクスペリアといっても、過去にはacroやray、GX、AXなどたくさんのモデルがあります。

今回紹介するZ4(ゼットフォー)とA4(エースフォー)はエクスペリアのZシリーズとAシリーズの2015年6月モデルです。

ZシリーズとAシリーズの違いと始まり

今でこそ、この2大シリーズは“エクスペリアの顔”といえるモデルですが、それが始まったのも2013年の2月に発売したエクスペリアZ(SO-02E)と同年5月発売のエクスペリアA(SO-04E)が始まりでした。

  • Zシリーズ:大画面&高性能&スタイリッシュ
  • Aシリーズ:使いやすい小型デザイン&ラウンドフォルム

Z(ゼット)シリーズの特徴

エクスペリアZ
初代Z(SO-02E)からZ4になるまで画面サイズが初代5.0インチ(Z)以降、5.2インチで統一。高画素&高画質を貫き通しています。(Aシリーズは4.6インチ)

兄弟機種、Aシリーズとの差別化も含めて常に高性能モデルという位置づけなのでZシリーズは非常に人気。
Z4ももちろんA4の上位機種、ハイクオリティーモデルとして出ています。

A(エース)シリーズの特徴

エクスペリアA
反対にAシリーズは画面サイズが初代Aの4.6インチで統一しています。(正確にはA2のみ4.3インチ)

Aシリーズの特徴は手になじみやすい形状とコンパクトなサイズ、軽量ボディで“使いやすい”を前面に押し出したモデルになっています。
性能的にはZシリーズよりも低いロースペックモデルという位置づけになります。

Z4の性能やスペックの特徴

エクスペリアZ4
まず、Z4から見ていきたいと思います。
それぞれボディサイズや電池の要領など違いは多々ありますが、特に大きく違うのは『CPU』と『通信速度』でしょう。

 Z4A4
ボディサイズ
高さ×横幅×厚み
146mm×72mm×6.9mm128mm×66mm×9.1mm
重さ144g129g
画面サイズ5.2インチ(1080×1920)4.6インチ(720×1280)
CPU2.0GHz(クアッド)+1.5GHz(クアッド) オクタコア2.5GHz クアッドコア
電池容量2930mAh2600mAh
連続待ち受け時間
 〃 通話時間
約470時間
約1180分
約620時間
約990分
メモリRAM:3GB(サクサク度:高)
ROM:32GB(保存容量)
RAM:2GB(サクサク度:中)
ROM:16GB(保存容量)
メインカメラ画素数裏面照射CMOS2070万画素裏面照射CMOS2070万画素
通信速度
(※LTEアドバンスは一部地域のみ対応)
LTE-Adv:225Mbps/50Mbps
LTE:150Mbps/50Mbps
3G:14Mbps/5.7Mbps
LTE:150Mbps/50Mbps
3G:14Mbps/5.7Mbps

大まかなスペックの違いを比較してみました。

Z4は極端に言えばカードのようにとても薄い形状が特徴的。
そのうえ、5.2インチの大型ディスプレイでゲームやネット観覧が非常に見やすい

Z4のCPUがオクタコアになった

Z4のCPUは今までのクアッドコア(CPUが4つ)をはるかに超えたオクタコア(CPUが8つ)になりました。

CPUとは人間でいう脳に当たる部分で、情報処理速度に直結するというわけです。たくさんアプリを開いて「起動や動作が遅い」とイライラした記憶とかないですか?
省エネや発熱対策にもよく、ストレスフリーなオクタコアCPUです。

じゃぁA4の2.5GHzクアッドコアは使えないのかというと全くそうじゃない。
僕が使っていた初代エクスペリアAは1.5GHzのクアッドコアだったのですがそれでも十分に速く、キャッシュが溜まってくるとちょっと気になる程度の話。

Z4に比べれば確かに劣っている感は否めませんがA4も十分ハイスペック。

RAMが3Gと2Gの違い

Zシリーズは初代を除きRAMは3GBを継承(Aはずっと2GBのまま)
RAMとはデータの読み書き、消去などの速度の値で、これが大きいとサクサク動くということになります。

A4の2GBでも十分なスペックなのですが、Zシリーズはその上を行く3GB。
これが『Z4の処理が速い』と言われる理由の一つでもあります。
使ってみるとわかりますが、アプリ起動や読み込みがめちゃくちゃ速い!

通信速度がLTEアドバンス対応になった

Z4は新しくLTEアドバンス(LTE-Advance)という高速通信が可能な225Mbpsの通信方式を使っていて、ネット回線の速度が今までより2倍以上速くなったというからすごい。
しかし僕の住んでいる田舎はLTE-Advance対象外…徐々にエリアが増えてくるとは思いますが。

関連サイト:REMIUM 4GTMの提供エリア

ただし今のところは一部の地域のみの対応なので基本的には通常のLTEで考えた方が無難かも。

A4の使いやすい絶妙なサイズ感

エクスペリアA4
エクスペリアAの特徴としては『使いやすい大きさ』というスタイルでずっと継承してきました。
このA4もディスプレイは4.6インチで初代と同サイズ。

ボディサイズもZ4から比べれば一回りほど小さいので片手で収まる大きさなのです。
A4は“歴代Aスタイル”という感じで艶消しボディと柔らかい曲線のラウンド形状で女性ウケもよさそうなかわいいデザインなのです。

A(エース)シリーズ ボディサイズ
  • A:131mm×67mm×10.5mm
  • A2:128mm×65mm×9.7mm
  • A4:128mm×66mm×9.1mm
  • ※Z3コンパクト:127mm×65mm×8.6mm

※A3は無く、“Z3Compact”がAのクラスに当てられています。

性能はZ4の下位互換という感じで、どう考えてもスペックで太刀打ちできないAシリーズ。
ですが、片手で操作できるちょうどいい大きさというのが一番のポイント。

操作性がいいとストレスをなくす

僕はカメラでもバイクでもそうですが、『スペックよりも操作性』を重視して選んでいます。
その理由は、使いやすいカメラや乗りやすいバイクなど操作性がいい物は作業効率がとてもよくなります。

手が大きい人ばかりではないですし、片手間にスマホを操作する人だっているでしょう。
ストレスがたまらず楽に操作できるというのはスペック以上の価値があるかもしれませんね

A4とZ4の違いと選び方

z4-episode
スペックと大きさなど“違い”を見てきたわけなのですが、結局どちらを買えばいいの?という疑問が出てきます。

カメラ性能や大きさ、デザイン、いろいろ好みはあるとは思いますが、僕しまの独断と偏見ですがオススメの選び方を一緒に見ていこうと思います。

スペックを重視する人はZシリーズ

スペックを気にする人、これは間違いなくZシリーズを選びましょう。
ドコモのアンドロイドには高性能のアローズや高画質のアクオスなどありますが、エクスペリアでいうとZ4がスペック最高峰。

ビジネスでアプリを利用する、ネットをよく使う、ゲームをよくするといった処理速度が仕事に直結する人には間違いなくオクタコアの恩恵を受けると思います。

持ちやすさ、使いやすさのAシリーズ

「携帯電話は小型にかぎる」というスタイルの人はAシリーズがオススメ。
確かにスペックを見るとすべての点においてA4が劣っていますが、初代Aに比べるとA4もはるかに高性能化しているという印象。

遅くてストレスがたまるという感じではないので、毎日の使用に関しては十分すぎる気がします。
持ちやすさ、使いやすさに重きを置く人にとってはA4を選ぶ理由にもなりうると僕は思います。

Z4とA4の価格

  • Z4:98,700円
  • A4:83,160円

今までスペックを比べて見てきたわけなのですが“価格差以上のものがA4にはあるのか”ということでしょう。
はっきり言います、15,540円をケチってA4にするメリットはほぼ無いと僕は思います。

A4は、スペックにしてもZ3Compactとほとんど変わらない上に初代Aからも電池寿命やCPUのスペックなど若干の違いはあるものの、Aシリーズ全体を通して劇的な違いは見られません

他社からの乗り換えならいざ知らず、今エクスペリアZシリーズやAシリーズを使っていてこれから買い換えようかなと思っている方にとっては、ほとんど変わらないスペックや仕様、デザインに8~9万も投資できるでしょうか?

反対にZ4の98,700円はありでしょう。
オクタコアCPUやLTE-Advanceなど、新しい仕様が盛り込まれているので高くてもZ4は買いだと僕は思います

ただ、今までのスマホに比べてとても高い買い物。
2年間継続して使わないと損なので、今までのようなラフな使い方はできなさそうな感じですね。

ソニーのイメージセンサー搭載のカメラ

icon_exmorrs

あと、あまり触れませんでしたがカメラ性能はどちらも同じ
Z2世代からイメージセンサーは1/2.3型というコンデジと同じ性能になっているので描写力がスマホレベルからデジカメレベルになっています。
更にレンズも明るいので暗い部分でも…とメーカーサイトには書かれていますが、正直暗所での撮影は画質劣化を覚悟してくださいね
でもZ4、A4のどちらも「面白いスマホだな」という感想でした。

以上、エクスペリアZ4とA4の違いと選び方でした!

画像引用元:SONYモバイル

SPONSORED LINK

関連記事

1-8 5.6 100 照明 ライト 小物撮影

小物撮影でLEDライト比較!100Wと40W明るさの違いと綺麗に撮るためのメリットとデメリットとは

こんにちわ、しまです。 みなさん小物撮影のライトアップってどうされてますか? 以前の記事で撮

記事を読む

VTR ハイスロ 

バイク ハイスロットルのメリット、デメリット!ジムカーナで使ってみたインプレ

こんにちわ、紫摩(しま)です。 オートバイ、アクセル全開時の手首の角度を浅くできるハイスロ

記事を読む

裏地 アルミインナー ワークマン

【ワークマン防寒2019】裏地アルミインナーレビュー!薄手でも暖かい

こんにちわ、紫摩(しま)です。 寒い冬のウェア選び、迷いますよね。 ワークショップ“ワー

記事を読む

軽自動車届出済証 バイク 名義変更

バイクを貰った時の名義変更のやり方【250cc編】必要な準備物と金額、流れを紹介!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回このようなテーマを書こうと思ったのも、実はジムカーナ用

記事を読む

ポッシュ ウルトラヘビー バーエンド

ハンドルバーエンドの重さと操作性の違い(セルフステアと曲がり具合)振動対策は?

こんにちわ、紫摩です。 みなさんバイクのハンドルバーエンドって換えたりしてますか?

記事を読む

三木町 まんで願

『まんで願』って感動!獅子舞に特化した三木町の大型イベント2015。祭りの見どころと内容

こんにちわしまです! 10月24日に開催された『獅子の里まんで願』、皆様お疲れ様でした。

記事を読む

アクションカムのいいところ ライブビューモニター

モトブログ用にアクションカムX1000Vを選んだ理由!GoProやAS-200Vよりもおすすめできるポイント

こんにちわ紫摩(しま)です! モトブログ用にアクションカムを導入したのは前回のブログで軽く紹介

記事を読む

DSC_1264

【デジカメの選び方】種類で比較、初心者にオススメ4つのポイントでもう迷わない!

こんにちわ、カメラ好きの紫摩です。 デジカメ選びって非常に迷いますよね。「買い換えたいけれど何

記事を読む

原付二種ステッカー

原付50ccを二種登録する方法と注意点!ボアアップで黄色ナンバーにするための手続きを詳しく紹介

こんにちわ、紫摩(しま)です。 50ccの原付を二種登録すればうっとおしい3大縛りから解放

記事を読む

スマブラSP 人気 使用 キャラ

【スマブラSP】強い&人気キャラはこいつだ!傾向と対策

画像引用元:任天堂スマブラSPホーム こんにちわ、紫摩(しま)です。 スマブラSPで

記事を読む

スポンサードリンク

コメントを残す

スポンサードリンク

フロントスタンド ZX25R ジェイトリップ
【ZX-25Rのフロントスタンド】干渉せず上げる方法!ジェイトリップ JT116

こんにちは、紫摩(しま)です。 ZX-25Rのタイヤ交換だっ

DSC_0518
DURO(デューロ)グロム用DM-1107Aインプレ!ハイグリップタイヤでジムカーナ走ってみた。

こんにちは、紫摩(しま)です。 ついにグロムのタイヤを交換し

卓上 ミニバーベキューコンロ
卓上ミニバーベキューコンロ2選比較!ソロツーリングでおすすめはどっち?ロゴスvsキャプテンスタッグ

こんにちは、紫摩です。 バイクでソロツーでのキャンプ“ソロキ

タイヤ スーパーコルサ
【ZX-25Rタイヤ考察】ハイグリップタイヤとツーリングタイヤの違いと選び方

こんにちは、紫摩です。 皆さん、バイクのタイヤは何を履いてま

グロム ハンドル アクティブ
【グロムハンドル考察】スーパーカブ純正→アクティブアルミハンドルに交換

こんにちは、紫摩です。 いつもありがとうございます。 さて

MSGC HST ジムカーナ 坂出
【脱初心者!】ジムカーナで簡単に結果が出る3つのコツと練習法

こんにちわ、紫摩(しま)です。 【ここがダメだ】みたいな過激

カージャンプスターター
カージャンプスターターが使えない!エラーが出る理由はこれだった【Banggood商品レビュー】

こんにちわ、紫摩です。 Banggoodさん提供の商品レビュ

K&FConcept カーボン三脚
多機能でコンパクトなK&F Conceptのカーボン三脚が●万円!?バイクで持ち運べる大きさ

こんにちわ、紫摩(しま)です。 いつもお世話になっております

ZX-25R ジムカーナ しま
ZX-25Rを選んだキッカケ、所有して感じた事

こんにちわ、紫摩です。 ZX-25Rのブログをちょこちょこ上

K&FConcept フィルター マグネット
【K&F Conceptレビュー】マグネット(磁気)フィルターセット(UV、CPL、ND1000)

こんにちわ、しまです。 カメラグッズメーカーK&F

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して『送信』で、
    更新情報を無料で通知してくれます(^^)

    42人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑