*

CBR125Rマフラー交換WR’S(ダブルアールズ)がカッコイイ!静かな排気音で加速も良くなるってスゲー

WR'Sチタンマフラー
こんにちわ紫摩(しま)です。

バイクでのカスタムといえばマフラー交換!ですよね。
CBR125RのマフラーでオススメのWR’S(ダブルアールズ)の紹介とレビューです。

マフラーの交換方法については別記事で紹介しています。
関連記事:バイクのマフラーで絶対失敗しない方法と必要な物!|mysimasima

SPONSORED LINK

CBR125Rのマフラー選び

wr's マフラー
バイクのマフラーって意外と価格が高く、自動車用が2~3万で買えるところがバイク用なら5万~8万くらい。
大型車用になるとさらに倍はするものが多い。

安物はちょっと気が引けるけど、それにしても高すぎる物はさすがに買えないのが現状。

いろんなメーカーから厳選してみる

ダブルアールズ マフラー
CBR125R用のマフラーはモリワキ、ヨシムラ、アクラポビッチ、BEAMS、WR’Sといろいろなメーカーが出しているので選ぶ方が迷うほどのラインナップ。

ただ、そうは言ってもデザインと音量のいいとこどりを考えるとなかなか見つからないのが惜しいところ。


モリワキ。
メーカーオプションカタログにも掲載されているくらい、とても合法なマフラー。
エンド部分が細くてちょっと僕好みじゃない。


ヨシムラ。
サイレンサーの形が三角形でレーシー。音が割と大きめ。
爆音なのでやめました。


アクラポビッチ。
ヨーロッパの大手エキゾーストメーカー。
ヨシムラ同様、カッコいいけど音が大きめ。


ウィルズウィン。
安くてカッコいい、でも値段なりの非合法マフラー。


ダブルアールズ。
品質と価格のバランスが良い合法マフラー。

さすがCBR250Rの弟分の125R。
これ以外にもマフラーラインナップは結構あるのが嬉しいところですが当然ながらどれがいいか迷う。

マフラー選びの条件

僕がマフラーを買うにあたっていろいろと悩んだのが、個人的に選ぶ“条件”が多いから。

  • 音量が大きくないもの
  • パワーダウンは避けたい
  • チタンマフラー(焼き色が欲しい)
  • サイレンサーが大きく迫力があるもの
  • 車体デザインと合わせたい
  • 出来れば安い物
  • やっぱり砲弾型がカッコいい

昔は爆音を求めて直管なんてものに憧れてましたが、もうそんな年じゃないしダサい…
でもちょっとは排気音を楽しみたいので合法マフラーは当然の条件

音量や値段もそうなのですが、やっぱり一番はマフラーの見た目を気にしてしまいますよね。

すべての条件をクリアーする物が『WR’S(ダブルアールズ)』のマフラーでした

WR’Sチタンマフラーのレビュー

マフラー 内容
さて、そんなダブルアールズのマフラーを注文して一週間で到着しました。

→(楽天)ダブルアールズマフラー 商品一覧
→(Amazon)ダブルアールズマフラー 商品一覧

梱包はとてもしっかりしていて、特に大事なサイレンサー部分は段ボールで保護してくれています。

3分割構造のフルエキゾーストマフラー

CBR125R フルエキマフラー
“フルエキゾーストマフラー(フルエキ)”とはバイク用語でエキマニからリアエンドまですべてごっそり交換するマフラーの事でサイレンサーから後ろだけを交換するマフラーはスリップオンマフラーといいます。

  • エキパイ(エキマニ)
  • メインパイプ(センターパイプ)
  • サイレンサー

今回買ったWR’Sラウンドチタンマフラーをはじめ、多くのフルエキマフラーでは3分割で造られています。

CBR125R 純正マフラー
逆に純正マフラーは全て溶接されて一体物になっているので、取り外すと必然的にエキパイ部分からすべて取り換える必要が出てきます。

品質がとても良くて綺麗なマフラー

WR'Sマフラー溶接部分 ビード
社外マフラーで気になる部分といえば溶接の仕上がりです。

特に目立つ部分はビードの形が綺麗に出ているかどうか。
カスタムオーナー同士の会話でよく「ビードがビードが・・・」なんていうのはこの接合部分の溶接の事を指します。

WR'Sマフラーエンド
一昔前の安い粗悪品(四輪用)はとても雑な造りが多かったのですが、ダブルアールズに限って言えばビードの仕上がり具合がとても綺麗に出ています。
マフラーの見た目を決めるポイントでとても重要かと思われます。

ダブルアールズ エキパイ メインパイプ
チタンマフラーとはいってもエキパイとメインパイプはステンレスで出来ています。
フルチタンではないので安価に納まっているのでしょうね。

ノックする感じで軽く叩いてみると「カーン」とステンレスならではの響く音がします。

ダブルアールズ チタンマフラー
そして肝心のサイレンサー部分が特にいい。

チタンマフラー特有の美しい焼き色で、これだけでも見ていてうっとりしてしまいます。
女性が宝石を好むように。

こちらも手で軽く叩いてみると「コッコッ」というプラスチックのような柔らかい音(?)がします。

※基本的にチタンは密度当たりの強度がとても高い金属。
そのため肉厚を薄くできて超軽量に仕上げることができます。

WR’Sマフラー内部構造

バイクマフラー サイレンサー内部
サイレンサーの内部はステンレスのパンチング。
その中にグラスウールを詰め込んだストレート構造で排気効率を極力落とさず消音できるメジャーな物。

マフラー 触媒
合法マフラーらしくメインパイプの中にはキャタライザー(触媒)が付いております。

これがついていると排気の抵抗になり高回転時の抜けが悪くなってしまいますが、音量と環境の為には外すことができないので仕方ないでしょう。

マフラーの音量には騒音規制がある

JMCA基準
バイクのマフラーを交換するといってもやたら大きい音量は取り締まりの対象になってしまいます。

上はJMCA認定プレート。
これがあると「出荷時には騒音規制をクリアしていますよ」という紋章になります。

平成22年規制
50cc 近接:84dB加速:79dB
50cc~125cc 近接:90dB加速:79dB
125cc~250cc 近接:94dB加速:82dB
250cc~ 近接:94dB加速:82dB

道路運送車両法で騒音のMAX値が決められていて、あまりにもウルサイと整備不良でアウトにされたり。

それだけならいいけど、ご近所トラブルなんてちょっと笑えないので静かな音量に越したことは無いですよね。

音量が静かで綺麗な音質

音質は説明が難しいですが、「乾いた重低音」が増えた感じ。
アイドリングは歯切れのいいシングルサウンドが特徴で、空ぶかしで回していくと甲高い音が響きます。

特に8000rpm以降、単気筒らしくない音でものすごくレーシーでカッコイイ。

【WR’Sマフラー音動画】


WR’Sマフラーのサウンド、一言でいうと「超レーシーになった」でしょうか。

  • アイドリング:「スタタタタ」→「ドコドコドコドコ」
  • 空ぶかし:「ブフォォォウ…」→「ブワァァァン…」

それでいて4000rpmを境に音量はエンジンの方が大きくなるくらいジェントルな音量のマフラーです。
僕はうるさくなるのが嫌だったので、このくらいの音量だと非常にありがたいです。

WR’Sラウンドチタンマフラーの加速性能

CBR125Rのマフラー
ダブルアールズのマフラーを選んだ理由の一つに「社内テストでしっかり性能を追いこんでいる」という部分があります。
シャシダイ(計測器)に載せて一回一回パワーチェックを経て、改良を重ねて仕上げていることに好感が持てます。

安物の海外製マフラーを取り付けると「パワーやトルクが落ちた」「低速がスカスカ」「音ばっかり」…なんていうことも少なくない。

ただ単に取り回しだけの設計ではなく、メインパイプの径や長さなど車種の特性に最適化した造りをしているので性能面でも期待大。

CBR125R用は加速時間を短縮

リアタイヤ2
ダブルアールズの説明によると、CBR125Rは純正マフラーだとサイレンサー容量が大きすぎてピークパワーまでの到達時間がやけに長いとの事。
小排気量だから低速トルクに重点を置いて走りやすく…と言ったマフラーでは実際に体感できるほどのパワーアップは無いそう。

逆にピークパワーを追い詰めると、レッドゾーン付近では速いがそれまでに無駄な時間を要したりトルクバンドが極端に狭くなったりと扱いにくいマフラーになってしまう。

それよりも中速以上の回転域からスムーズに高回転までつなげられるレスポンス重視の性能に仕上げたマフラーなのです。

参考:ダブルアールズ開発者ブログ

実用回転数でとても走りやすくなった

一応補足ですが、ダブルアールズがシャシダイで性能チェックをしているのは知っていたものの、開発者ブログの内容は見ていませんでした。
なのでパワーアップがどうとかいう先入観は無い中でのインプレです。

  • 4000rpmからの吹けがよくなった
  • 低速からのトルクが増えた(気がする)
  • 高回転までのつながりがスムーズ
  • 頭打ちが緩和された
  • 発進時のトルクが弱い

社外マフラーって“高回転時の抜けをよくするだけのもの”というイメージがあったので正直あまり期待はしていませんでした。

いやー、WR’Sのマフラーって意外と速い!
高回転へのつながりがスムーズなのか、中速からもりもり加速していくのでカーブの立ち上がりが速い。

さすがに高回転のパワーが劇的に上がったとは言えませんが、とにかく街乗りからワインディング走行まで“走りやすさ”を重視している感じがします。

レブ付近での頭打ち改善

CBR125R レッドゾーン
基本的なエンジンはレブリミット付近は馬力が落ちる傾向にあるのはこのCBR125Rも同じ。
特に純正マフラーではその傾向が強かったのですが、WR’Sマフラーに換えて一気にレブまで回る感じに変わりました。(イメージ的に)

そこまで期待していなかった分、とにかく上までスムーズになったのは正直ビックリしました。

ステップの置き方でマフラーに靴が当たる

マフラーに靴が当たる
いいことばかりならメーカーホームページにも書いていますが、いい物を求めるとやっぱり不満な点も出てくるもの。

抜けすぎて低速トルクがスカスカとまではいきませんが、やはり発進時のトルクは薄くなったように思います。
それ以降は吹け上りの方が目立つので気になる程度ではないですが。

あと、このマフラーが…というわけではないですがステップへの足の置き方にちょっと工夫が必要になってきます。

僕はブレーキング以外、母指球部分で踏む癖が多々あります。
そうすると靴によってはサイレンサーにかかとの部分が当たってしまうのです。

CBR125Rのステップ位置の問題でしょうけど、バックステップキットで改善するか土踏まずを載せるかしないといけません。

→(楽天)CBR125Rバックステップ 商品一覧
→(Amazon)CBR125R バックステップ 商品一覧

まとめ

ホンダ バイク マフラー
マフラー選びという事で僕がチョイスした『WR’S(ダブルアールズ)』のラウンドチタンマフラー。
原付二種125ccの限られたパワーに合わせて適正なトルクカーブに追い込んだ使いやすさが魅力的。

ダブルアールズにはその他にもオーバルマフラーってのがあって、そっちの異形型も近未来的でかっこいいのですが…

でもやっぱりマフラーは王道の砲弾型でしょ!
という心の中の誰かが言ったので僕はラウンドタイプにしました。

CBR125RとCBR250R
オーソドックスというかベーシックというか落ち着いた存在感がやっぱりいい。
スポーティーなレーサーレプリカのバイクによく似合っています。

所詮シングルエンジンのトコトコ音ですが、チタンマフラーの歯切れのいいメカニカルな音質がやる気にさせます。
価格に見合った満足感っていうのはたぶんオツリが返ってきそうです。

という事でWR’S(ダブルアールズ)ラウンドチタンマフラーのレビューでした!

→(楽天)CBR125Rマフラー 一覧
→(Amazon)CBR125Rマフラー 一覧

SPONSORED LINK

関連記事

DSC_0004

車載動画撮影時の風きり音対策!ノイズ低減のために外付けマイクはどうなのか!?検証してみた(動画あり)

こんにちわ、ケチが故に安物買いで無駄遣いしてしまう、しまでございます。 前回、バイクの車載カメ

記事を読む

DSC01155

バイクの走行動画を撮るために車載で必要な物を紹介!(動画あり)吸盤式カメラマウントが便利でおすすめ

こんにちわ、しまです。 一度は車載動画を撮ってみたいと思った方も多いのではないでしょうか?

記事を読む

DSC00891

塩江ふじかわ牧場へLINEグループツーリング!途中で緊急避難指示!?その原因とは?

こんにちわしまです。 今日はバイクのツーリングに参加してきましたので綴っていきたいと思います。

記事を読む

CBR125Rタンクバッグ

日帰りツーリングの荷物持ち運び6選!積載方法の比較とレッグバッグとタンクバッグのメリット

こんにちわ、紫摩(しま)です。 バイクに乗っていて一番悩むこと、それは荷物の持ち運びの方法

記事を読む

自宅へ2

400kmソロツーリングの帰り道ルートの選び方とは。疲労のピークであわや大問題発生!?

さて、今回の長距離日帰りソロツーリングもついに最終話でございます。(下部リンク有り) その3で

記事を読む

ダンロップ ジムカーナ 愛媛大会

ダンロップ杯、愛媛ジムカーナ大会へ初参加レポート!バイク初心者が完全アウェーで臨んだ第2戦

こんにちわ、紫摩(しま)です。 2016年9月4日に行われたダンロップオートバイカップ、愛

記事を読む

CBR125R バックステップキット タイ製品

CBR125R安いバックステップ取り付け&インプレ!ジムカーナで転倒しても折れない、タイ製品がスゲーぞ!

こんにちわ、紫摩(しま)です! 前々から欲しかったパーツ、そう、バックステップキットへの交換を

記事を読む

CBR125R フロントフォーク ダストシール 交換

バイクのフォークダストシール交換方法!ヒビがあれば要注意。必要なジャッキと作業手順をCBR125Rで詳しく紹介

こんにちわ、紫摩(しま)です。 CBR125R整備という事で、今回はフロントフォークのダストシ

記事を読む

バイク立ちごけ

新車フルカウルバイクで押しゴケ・・・押している時に倒す!立ちゴケよりダサい倒し方と倒さないコツ

はい、どうもこんにちわしまです。 今回の記事はタイトルにありますようにバイクの立ちゴケについて

記事を読む

CBR125Rレバー3

バイクのレバー交換手順!CBR125Rのカスタムや作業で注意する点を分かりやすく紹介!

こんにちわしまです! 今回もCBR125Rの整備という事で、簡単にレバー交換手順を紹介したいと

記事を読む

コメントを残す

dsc_6660
VTR250対向4ポッドキャリパー取り付け方!Nプロジェクトのキャリパーサポートと必要な部品、手順の紹介

こんにちわ、しまです。 フロントブレーキの強化という事で、V

VTR250 シート あんこ抜き
バイクシートの“あんこ抜き”のやり方!VTR250のシートカバー張り替え&使用工具の紹介!

こんにちわ紫摩(しま)です。 VTR250のシートがボロボロ

エルリボン PH7 XR100 取り付け
XR100にエルリボンLEDヘッドライト交換!気になる明るさと取り付け方。PH7タイプの光量もここまできたか!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 LEDヘッドライト、もうずい

トライジムカーナ第3戦 VTR250
しま、VTR250ジムカーナ大会に挑戦記!(トライジムカーナ岡山大会、ダンロップ杯愛媛大会)2016年のまとめ!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 8月にVTR250を購入してレス

トライジムカーナ 岡山 2016 第3戦 バイク 大会
【トライジムカーナ2016】第3戦レポート!優勝者は?関東SBチャンピオンも参戦、総数84台の大会!

こんにちわしまです。 ジムカーナ大会のレポートを書くことになりま

PDバルブ フォークバルブ フロントフォーク
41パイフォーク用インナーバルブ(PDバルブ)のセッティングと取り付け&加工方法!オイル粘度、減衰調整の違い

こんにちわ、しまです。 ジムカーナ用にVTR250を作っていて気

VTR250 点火時期 進角化
【VTR250の点火時期調整】進角化のやり方!バイクの加速をよくする小加工のやり方と注意点

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ジムカーナ用にVTR250を

バイク用スプリングコンプレッサー
バイク用スプリングコンプレッサーのおすすめ!ストレート製と自動車用との違いを比較

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回はバイク用のスプリングコ

タンク ニーグリップパッド 自作 スポンジ VTR250
VTR250のニーグリップパッドを自作!スポンジを使った作り方と走りの効果

こんにちわ、紫摩(しま)です。 VTR250に乗り始めて一番

バイク ホイールベアリング 交換 プーラー
VTR250ベアリング交換方法(ホイール、ステム、スイングアーム)手順と必要な工具の紹介!

こんにちわ、紫摩です。 素人整備、第2弾?第3段?という事で今回

→もっと見る

  • mysimasima筆者、紫摩(しま)のプロフィール

  • メールアドレスを記入して『購読』で、
    更新情報の通知

    9人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑