*

動画撮影の違い【デジタル一眼レフvsビデオカメラvsスマホ】画質や音質比較!気になる3種類を撮り比べ

20141013_190033
こんにちわ、しまです。
今回は”動画撮影の違い”ということで対極にある機種、一眼レフビデオカメラではどのような違いがあるのか調べてみました。

「どうせ一眼レフのほうが画質が良いんだからビデオカメラなんて要らない」

と思う方も多いかと思われます。確かに用途によって必要/不必要が分かれてくるかもしれません。
動画も参考程度に載せてみましたので見ていただけるとありがたいです。

SPONSORED LINK

一眼レフとビデオカメラの違いと特徴

最近のデジタル製品はハイビジョン撮影はもうデフォルトで、フレームビット数も60p対応モデルがほとんど!
画質という面での違いはあまり変わらないものとなりました。ではそれそれどのようなメリット、デメリットがあるのか個人的な見解も踏まえまして紹介したいと思います。

デジタル一眼レフで動画撮影

メリット
  • 大きいセンサーサイズのおかげで暗いところに強い
  • ピクチャーエフェクトや明るさなどの設定を任意で設定しやすい
  • 背景をぼかしたドラマティックな画像、動画が撮れる
  • レンズの交換によりさまざまな画角で撮れる
デメリット
  • 全体的に重たいので撮影中に疲れる
  • 撮影中の測光、オートフォーカスが弱い&いきなり切り替わる
  • 長時間撮影ができない(サイズ、画質により10分~30分)

画質は良いが激しい動画撮影には向いていない

一眼レフはセンサーサイズが比較的に大きいモデルが多くISO感度など暗い場所(夜景やお祭りなど)に強いのはご存知ですよね。動画モードでもそのスペックのおかげできれいな映像が撮れるのです。
一眼レフは絞りや露出、ISO感度などいろいろ細かく設定できますので(モードによる)好みの映像に仕上げやすい。
しかし一眼レフは静止画に特化している反面、動画撮影はやはり少し苦手のようです。

“重い”という点では長時間手に持って撮り続けなければいけない状態では少々難アリですね。(そもそも長時間に対応していない)


一昔前に比べれば最近のモデルは非常に改善されてきていますが、Nikon D5300に限って言えば動画撮影中にはオートフォーカスが効かず、シャッターボタンを半押しすれば一時的に測光とピントが適正化されますが撮影者が移動すればまた半押しし直さなければなりません。
ズームはリングを手動で回さなければいけないのでそのときにブレたりカクカクしたズームになったりとアクティブに動画撮影ができないのも弱点かなと思います。

ただ、ミラーレスカメラは動画撮影も強いモデルも多いです。
定点カメラやちょっと撮影するレベルで有れば全然無問題。

(楽天)一眼レフカメラ 商品一覧
(Amazon)一眼レフカメラ 商品一覧

 ビデオカメラで動画撮影

 メリット

  • 軽い&コンパクト
  • 制限なしで長時間撮影できる(内蔵メモリ分)
  • ズームが高倍率
  • オートフォーカスの制度が良く手ぶれ機能もあわせて激しい動きにも対応したモデルも多い
  • 撮影中に静止画も残せるモデルも多い
デメリット
  • センサーサイズが小さいので暗所に弱い
  • ボケを生かした撮影ができない(遠景までシャープになる)
  • 静止画機能はおまけ程度

動画撮影でのデメリットはほぼ皆無

動画撮影に特化したのがビデオカメラだけに撮影のためのデメリットはほとんどありません。
軽い機種が多くバンドに右手を通して持てるスタイルが主流。なので長時間撮影しても手が疲れない上に片手がフリーになるという利点もあります。親指に録画ボタン人差し指にズームレバーを配置してそのままの状態で撮影ができます。

レンズ交換できないビデオカメラは超高倍率ズームが特徴で、中には光学50倍というのもあり、遠く離れた対象への撮影も難なくこなせます。
(楽天)高倍率ズームで選ぶビデオカメラ一覧
(Amazon)ビデオカメラ 商品一覧


ソニーのハンディカムは空間光学手ぶれ補正機能を搭載し、歩き撮りやスポーツ撮影も問題なし。
新型には4Kサイズにも対応したビデオカメラも出てきていますので自宅での鑑賞にもいいかと思います。

そのぶん静止画機能はスマホと同レベルかそれ以下で記録的には使えますが画質はそれほど良くありません。

音量レベルも動画内容に合わせてレベルを自動調整する精度もばっちりです。

2020.1追記:画質もAF性能もめちゃくちゃ良いビデオカメラ買いました。
ソニーのハンディカムAX700です。

関連ページ:AX700レビュー|Mysimasima

スマホor携帯電話での動画撮影

DSC01430

メリット
  • 手軽
  • 超コンパクト
  • すぐにアップロードできて共有できる
デメリット
  • 画質、音質、機能性は専用機種に比べ劣る
  • 撮影時間に制限がある

手軽に記録する程度なら十分

携帯電話は手軽にスピーディーに撮影できてネットや友達などにすぐシェアできるのが最大のメリットですよね。

あおり運転された時や暴行事件など、緊急時の撮影にはこれ。
メモを取ったり記録的に使うのであればこれほど便利なものはないでしょう。僕も良く使っています。

しかしその反面、画質や音質で比べたときにどうしても見劣りしてしまいます。暗いところではほとんど撮影できません。


動画でもわかりますが、大きい音にあわせて小さい音が消えてしまっています。こういう補正が弱いのですね。
あとズーム機能は光学でもなんでもないただ画像を大きくする拡大。しかも段階的でゆっくりスムーズにアップにすることは不可能です。
画質はシャープで良質なだけにすこし惜しいですね・・

※コンパクトデジカメの使用感や動画モードの画質はどちらかというとビデオカメラに近い気がします。

ビデオカメラの選び方

ビデオカメラを買うに当たってどのように選んだらよいのか個人的な使いやすさの点も踏まえて書いていきます。

僕が購入したビデオカメラがこちらソニーハンディカムHDR-430V

映像で音声でズームで、大満足の名シーンが撮れる CX430

こちらを購入したポイントは

  • 空間光学手ぶれ補正があること
  • 他の機種に比べて画質が良いこと
  • 内蔵メモリが32Gもあること
  • 比較的安いこと

まずお値段が非常に安かった(4万くらい)ので高性能とのバランスでこれを購入しました。
ソニーの特許、空間手振れ補正がやっぱりすごい。
適当に歩き撮りしてもブレません。

AX700 ハンディカム ビデオカメラ
どんなに画質が良いカメラでも手ぶれしてしまっては話にならないのです。

結局どんなビデオカメラがいいのか

選ぶポイントとして上げられるのが画質、ズーム性能、手ぶれ機能、内蔵保存容量、その他プロジェクターやフォーカスダイヤルや防水などの便利機能がありますが、主にどんな撮影をするのかというイメージを持って選ぶのがよいです。

僕は画質もそうですが、出先での歩き撮りやバイクの走行動画などを撮りますので手ぶれ補正機能に重きを置いて選んで大正解!
その分、他メーカに比べてこのCX430Vは電池寿命が短く、すぐに電池切れを起こします。

ズームならパナソニック、かわいい見た目ならJVC、性能ならソニー、と各メーカによって得意分野があります。

AF性能重視でがいいものを選んだほうがいいです。AX700とか。

あとお財布が許すなら上位グレードを選ばないとスマホとの差別化の意味がなくなってきます。(スマホでも十分画質が良いのでね・・・)

しかし最近の一眼レフは動画撮影でもビデオカメラと同レベルにまで上がってきているのでますます選ぶのが迷ってしまいますが。

僕はソニー一択です。

(楽天)ソニー ビデオカメラ 商品一覧
(Amazon)ソニー ビデオカメラ 商品一覧

 

SPONSORED LINK

関連記事

menu_buy_item01

年賀はがき、郵便局員の販売ノルマの実態。キティちゃん大人気すぎて在庫切れ?

こんにちわしまです。 年が暮れると次はあけおめ年始のイベント、年賀状ですね。 販売の現状

記事を読む

一眼レフ 雨 レインカバー

一眼レフのカメラ雨対策【レインカバー】オススメを紹介!雨の日はきれいに撮れるぞ!

カメラ小僧見習いの紫摩です。 イベント写真を撮りに行ったのはいいけど、撮影当日に雨だったと

記事を読む

バイク バンク リーンウィズ コーナー

【バイクでバンクが怖い人へ】曲がらない・転倒の理由と遠心力の使い方

こんにちわ、紫摩(しま)です。 僕が免許を取ってジムカーナを始めて、それから教える立場になって

記事を読む

フェイスウォーマー 防寒オススメ

フェイスウォーマーとネックウォーマーの違い!真冬の郵便配達が超快適になるオススメの防寒グッズ

こんにちわ、紫摩(しま)です。 いやー、さっぶい!(寒い) 真冬の中バイクに乗るほど酷な

記事を読む

むち打ち 交通事故 対策 痛い

【むち打ちの症状】辛い、痛い、長引く!日常生活にも支障をきたす厄介な追突事故による怪我

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今年に入って追突事故に遭ったと前回の記事で報告しましたが、やは

記事を読む

ビーコム5 5X インカム バイク ヘルメット サウンドハウス

ビーコム6X出たけど5Xもまだまだ使える!1年後レビュー(いい所3選&使いにくい点)違いはあまりない?

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回はクッソ便利で僕のツーリングに革命を起こした『ビーコム』の

記事を読む

アクションカムのいいところ ライブビューモニター

モトブログ用にアクションカムX1000Vを選んだ理由!GoProやAS-200Vよりもおすすめできるポイント

こんにちわ紫摩(しま)です! モトブログ用にアクションカムを導入したのは前回のブログで軽く紹介

記事を読む

1-8 5.6 100 照明 ライト 小物撮影

小物撮影でLEDライト比較!100Wと40W明るさの違いと綺麗に撮るためのメリットとデメリットとは

こんにちわ、しまです。 みなさん小物撮影のライトアップってどうされてますか? 以前の記事で撮

記事を読む

動画撮影 マイク おすすめ

YouTube動画撮影用にショットガンマイクがおすすめ!オーディオテクニカ製マイク比較

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ユーチューブで動画をアップする際に、喋り系(講座、講習、商

記事を読む

ホンダ CB

タンデムをもっと楽しくする人気のバイク用品3選!快適にツーリングできるグッズがほしい!

こんにちわ、CBR125R乗りのしまです。 バイクを一人でいじって走って風を感じるのももちろん

記事を読む

スポンサードリンク

Comment

  1. […] ない状態では少々難アリですね。 [紹介元] “デジタル一眼レフvsビデオカメラvsスマホ”動画撮影の画質や音質はどう違うのか?気になる3種類を撮り比べして比較! | mysimasima […]

  2. […] 僕が初めて動画講義を作った時、MacBook Airに内蔵されているカメラで撮りました。その次にドンキホーテで購入した2万円前後のビデオカメラで幾つか撮り、事業が軌道に乗り始めてからはCanonのビデオカメラiVISシリーズを使うようになりました。この辺りから音にもこだわり始めて、ショッドガンマイクを使ったりSHAREの送受信器を使ってピンマイクから音を飛ばしたりしていました。今は、デジタル一眼レフのLUMIX GH4を使っています。こちらにビデオカメラ、一眼レフの比較があります。見てみてください。スクリーンキャストベースで動画を撮る際は、顔を写すなら内臓カメラをそのまま使っているし、顔を写さないならCamtasia一本で撮っています。 […]

コメントを残す

スポンサードリンク

OGK カブト リュウキ RYUKI
【リュウキRYUKI】インプレ評価は微妙?OGKカブトのシステムヘルメットは買いなのか?

こんにちわ、紫摩です。 2020年の夏に発売されたOGKカブ

ベランダ キャンプ 野宿
【アウトドア練習】ベランダでキャンプしてみた!快適に寝るための準備物やコツ

こんにちわ、紫摩(しま)です。 キャンプをしてみたいけど一人

4
大人の発達障害は辛い。HSP、PTSD、ADHD、コミュ障はストレスでTwitterに不満を書いてしまう

こんにちわ、紫摩(しま)です。 みなさんは自分の事が好きです

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
【K&F Conceptレビュー】2020年NEWモデル!自由雲台付き折り畳み三脚『s211』

こんにちわ、紫摩です。 お世話になっているK&F C

グロム サイドバッグ ツーリング
グロム(GROM16’〜)タナックスのサイドバッグ取り付け!コンパクトでツーリングにオススメ

こんにちわ紫摩です。 ツーリングではシートバッグやボックス、タン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
メッキチェーンの注油不要論は嘘!メーカーに適切なメンテの方法を聞いてみた(DID、RK)

こんにちわ、紫摩(しま)です。 チェーンメンテナンス、もう当

女性ライダー 革パンツ レザーパンツ
146cm低身長女性ライダーに合う革パンツ【タイチ アローレザーパンツ】お尻と丈どちらを取る?

  こんにちわ、紫摩です。 低身長に合わせた

キタコ ハンドルストッパー グロム
【グロムの切れ角調整やり方】ハンドルストッパー6選と転倒時のリスク

こんにちわ、紫摩です。 グロム、MSX125でジムカーナをや

バイク ハンドル
グロム/MSX125のハンドル考察最終?【カブプロ110(JA10)】転倒すると曲がる!

こんにちわ、紫摩です。 MSX1225SF(グロム)って転倒

ヘッドライト ZX-25R
ZX-25RとNinja(ニンジャ)250、スペックの違い(デザイン、馬力、価格、車重)乗りやすくて速いのはどっち?

画像引用元:kawasakiモーターサイクル こんにちわ、紫

→もっと見る

  • mysimasima筆者、紫摩(しま)のプロフィール

  • メールアドレスを記入して『送信』で、
    更新情報を無料で通知してくれます(^^)

    40人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑