*

高性能ビデオカメラ、ソニーAX700レビュー!AF性能がすごいので初心者にオススメ

AX700 ハンディカム ビデオカメラ
こんにちわ、紫摩(しま)です。

YouTubeの動画撮影用に今まで使っていたハンディカム(CX430V)がとにかく使いやすかったのですが、やっぱり画質や使いやすさを求めてハイエンドなビデオカメラが必要になってきました。
そこで購入したのが家庭用ビデオカメラのフラッグシップ、ハンディカム『FDR-AX700』です。

結論から言うと、僕のようなカメラ初心者でもかなり使いやすく感じました。
それだけサポート性能に優れたカメラを紹介します。

(Amazon)ハンディカムFDR-AX700
(楽天)ハンディカム FDR-AX700

SPONSORED LINK

AX700ボタン配置や基本設計など

AX700 ハンディカム ビデオカメラ
気になるボタン配置などの外見を見ていきましょう。まずは右側面から。

大型のズームレバー(シーソー)とマイクジャック、3個のマニュアルボタンが見えます。
AX100からの進化として、パッと見で一番目立つのはこの大型化された右手のグリップ部分ではないでしょうか。

s4_img03
画像引用元:SONY

画像はAX100の背面画像。
ハンディカムらしいコンパクトなデザインですが、965g(電池含む)の重さでこの形はちょっと持ちにくい。

AX700 ハンディカム ビデオカメラ
一方AX700は1080gと若干重たくなったものの、大きく張り出したグリップ部分が握りやすさを向上させています。
後で詳しく説明しますが、これでかなり右手のホールド感が増すことになっています。

そして録画ボタンの横についているジョグダイヤル(選択/決定ボタン)が追加されることでかなり作業性も良くなっている気がします。
反対にバンド部分に収納していたUSBケーブルが廃止されています。

AX700 ハンディカム ビデオカメラ
フルオートとマニュアルの切り替えはレバー一つでできます。わかりやすい。
初心者のうちはほとんどオートで事足ります(逆にあまり設定変更できない…いや、“する必要がない”といった方が正しいか?)

その下にAX100にもついていたNDフィルターも搭載。
明るすぎるところでの光量カットができます。

今の時代、こういう光量カットの機能もデジタルで表現できるのがすごく便利になりました。

設定変更&マニュアルボタンがめっちゃついている

AX700 ハンディカム ビデオカメラ
このカメラはハイエンドモデル同様、設定変更ボタンがたくさんついていて、撮影しながらの変更が簡単に行えます。
下部にマニュアルダイヤル、メインメニューボタン、露出を決めるボタン(絞り、ISO、シャッタースピード)など。

主に動画作品を作る際、録り方にこだわりたい人にも対応。
※マニュアルモード時のみ使用可能なボタン。

AX700 ハンディカム ビデオカメラ
モニターを開くとショートカットボタン(ASSIGN“アサイン”ボタン)が見えます。ここでは好きな機能をショートカットとして割り振ることができます。
※カメラ的には全部で6つのショートカットボタンを配置。

僕はAF設定やステータスチェックなどすぐに切り替えたい設定を割り振っています。

やっぱりここらあたりは一眼レフと同じで、メニューを探っていかなくても作業できるところが良いところです。

AF性能がかなりハイスペック

AX700 オートフォーカス
このAX700の一番のポイントと言えばオートフォーカスの精度が格段に上がっているという事が言えます。

『像面位相差AF』ということで一眼レフで主流の速いピント合わせがビデオカメラでも採用されました。
よくあるコントラスAFの精度と位相差AFの速度を兼ね備えたハイブリッド的に使えます。

色々なピント調整の設定

【AF被写体追従設定】
  • 追従範囲(奥行き)・・・狭い~広いで5段階
    前後でたくさん被写体がある場合は広く、動きの小さい物には狭くして、被写体をどこまで拾うか設定できる。
    例えばスポーツや動物撮影は奥行きを広くして、街頭インタビューなど変にピントを拾わないように狭くする。
  • AF乗り移り感度・・・敏感~粘るで5段階
    被写体がフォーカスエリアを外れた時にすぐ他の被写体に移るか、特定の被写体をまだ追いかけたい場合は粘るという使い方。
    ジムカーナ撮影では被写体が一つなので粘るにしておきたいところ。サッカーなどの球技系は敏感の方がいい。
【AF駆動速度】
  • 低速~高速で7段階

これは単純にピントを高速で合わすか、ゆっくり合わしていくかの違い。
例えばサクサク合わせたいスポーツ撮りと、幻想的なドラマ撮影と使い分けができそうです。

【フォーカスエリア】
  • ワイド・・・モニター全体
  • ゾーン…3段階9マス
  • 中央・・・中央付近
  • フレキシブルスポット・・・ごく小さな1点を指定

ワイドとゾーンの範囲の時だけ位相差AFでの追従が使えます。
中央とフレキシブルスポットは、今まで一眼レフで使っているフォーカスポイントに似ていて動かないもの向け。

AFが自動で追従してくれたりその追従も細かく設定を変えられるので、ピントずれが起きにくくめちゃくちゃ賢いカメラです。
下手にマニュアルモードでかっこつけるよりもきれいな動画が撮れてしまいます(笑)

ハンディカム『FDR-AX700』『HD-CX430V』

AX700 Cx430V ビデオカメラ ハンディカム
いつも使っているCX430Vと大きさや仕様の比較でどれくらいの違いがあるのか見ていきたいと思います。

スペックは以下の通り。

 CX430VAX700
重さ320g(バッテリ-+100g)935g(バッテリー+100g)
センサーサイズ1/3.91型(エクスモアR)1型(エクスモアRS)
有効画素数223万画素1420万画素
レンズGレンズZEISS バリオゾナーT*
手振れ補正機能空間手振れ補正レンズシフト
ズーム(35㎜換算)・26.8~804㎜(光学30倍)
・デジタル350倍
・29.0~348㎜(光学12倍)
・デジタル192倍
最短撮影距離1㎝(ワイド端)
動画記録レート
ハイビジョン比較
約28Mbps
(1920×1080/60p)
16~50Mbps
(1920×1080/60p)
スロー&4K撮影は別
ハンディカム CX430VAX700 ハンディカム

大きさやスペックは違いすぎるので比べられませんが、一応参考程度に比較してみてください。

グリップ部分の進化、フィット感が重さを感じさせない

AX700 ビデオカメラ 大きさ
このAX700はどちらかと言えばそんなに軽いビデオカメラではありません。エントリークラスの一番レフくらい重たいです。
でも持った感じはそこまで重たいという感じではないのです。

恐らく右手グリップ部分の大型化によって、グリップ性能やホールド感がいいからだと思われます。
ホールド感がいいという事は歩き撮りなどの手持ち撮影でもブレが出にくいなどの利点のほかに、長時間撮影でも疲れにくいという点でかなりメリットです。

AX700 ハンディカム ビデオカメラ
しっかり持てるのでいろんな方向へ振り回せるので撮影の幅が広がります。
左手を添えてやれば(軽すぎないのもあって)ピタッと映像(ブレ)を止める事が簡単にできます。

AX100ユーザーの乗り換えはあまり意味がないという記事も見ますが、スペックより取り回しや操作性が大きく変わってきそうです。

小型ビデオカメラCX430Vはの持ち具合は?

ハンディカム CX430V 家庭用ビデオカメラ
逆にCX430Vは小さくて手のひらに隠れます。
これはこれで軽くてコンパクトなのですが、その反面大きくブレて空間手振れが余計に補正してしまい、映像が常に動いて撮れてしまいます。

メニューがかなりハイクラス

AX700 ビデオカメラ
今までのハンディカムとは一味も二味も違う、かなり操作性や作業性を考慮したメニュー画面になっています。AX100はメニューをだいぶ潜っていく必要がありました。

これは階層が非常に浅く、すぐ設定を変えていけます。
しかも見てわかる通り、今撮っている画像を見比べながら調整できるので、これはほんとサポート力が強いので初心者でも安心できますね。

そして個人的にソニーで嫌いだった『OKすると最初に戻る』という事がなくなり、一つ前に戻るだけなので仕事効率が格段に良くなっています。
※それが嫌で、CX430Vではフルオート以外使っていません。

このAX700の作業性を知ってしまうともう以前のモデルに戻れません。
店頭で触る機会がありましたら、このメニューの使いやすさをポイントとして体験してみて下さい。

ハンディカムAX700まとめ

高いカメラなので多少はよくなっていてほしいと思っていましたが、ここまで違いが出るなんて予想外です。
一眼レフできれいに動画が撮れたらなぁ、と思っていた時代から今では普通にハンディカムが家庭用としてそこまで出してきているあたり進化したなと思いました。

【AX700紹介動画|mysimasima】


AF性能がとにかくすごいのは当たり前として、設定変更や使いやすさなど玄人から素人まで撮ることのストレスを無くしたビデオカメラという印象です。

むしろ僕のような初心者でも使いやすいという感じたので、やっぱり高いカメラはすごいなと思いました。
今回は新たな機材投入という事でAX700の紹介でした。これは確実にAX100との差別化もできそうです。

(Amazon)ハンディカムFDR-AX700
(楽天)ハンディカム FDR-AX700

SPONSORED LINK

関連記事

CBR125R バックステップキット タイ製品

CBR125R安いバックステップ取り付け&インプレ!転倒しても折れないがやっぱり壊れる。

こんにちわ、紫摩(しま)です! 前々から欲しかったパーツ、そう、バックステップキットへの交換を

記事を読む

角型フィルター K&FConcept

カメラ初心者が角型フィルターを使ってみた!(K&F Concept ND1000フィルター)

こんにちわ、紫摩です。 今回もK&FConceptさんのフィルター紹介です。

記事を読む

K&F LEDライト カメラ 照明

K&FConceptのカメラLEDと三脚レビュー

今回もカメラグッズメーカー、『K&FConcept』のLEDライトとライトの紹介です。

記事を読む

GearS2 ギアS2 スマートウォッチ

ギアS2長期使用レビューと評価(良いところ&悪いところ)スマートウォッチは着信通知がとにかく便利!

こんにちは!紫摩(しま)です。 以前紹介したGear(ギア)S2の紹介をしましたが、訳あっ

記事を読む

ギアレンチ 比較

【ギアレンチの選び方】角度、正逆レバー有無のメリットデメリット

こんにちわ、紫摩(しま)です。 整備士でもない僕が工具の話を言うのもなんですが、素人目線か

記事を読む

スマブラSP 人気 使用 キャラ

【スマブラSP】強い&人気キャラはこいつだ!傾向と対策

画像引用元:任天堂スマブラSPホーム こんにちわ、紫摩(しま)です。 スマブラSPで

記事を読む

GT601 CBR125R

【CBR125Rタイヤ交換】ダンロップGT601 バイアスタイヤのインプレ

CBR125Rのタイヤ選択でかなり頭を悩ませている方も多いと思います。 ダンロップ、ブリヂ

記事を読む

韓流マスク

花粉症対策!楽天で見つけた高機能マスク3種とおしゃれなブラックマスクの紹介

こんにちわ、ものっそ(ものすごく)花粉症のしまです。 この時期、おそらく2月後半から5月中旬ま

記事を読む

バイク チェーン 錆

梅雨のバイク保管注意点『サビが出やすい部分』湿気や水分はこまめに飛ばす事

こんにちわ、紫摩です。 梅雨の時のバイクの保管方法という事で僕の分かる範囲で紹介します。

記事を読む

mysimasima

YouTubeサポート『BBTV』の効果や評判は?気になる収益の変化を紹介

こんにちわ、しま(紫摩)です。 YouTubeで収益されているユーチューバーの皆さんの中で

記事を読む

スポンサードリンク

コメントを残す

スポンサードリンク

オリンパス EM-5Mark3 14-150
マイクロフォーサーズ超コスパ良いレンズ見つけた!14-150㎜ OM-D EM-5Markに付けてみた

こんにちわ、紫摩です。 久々のカメラブログです。

Google Adsense 源泉徴収
Googleから税率30%の郵便が届いたら…。IMPORTANT TAX RETURN DOCUMENT ENCLOSED。納税義務はあるのか?YouTubeやブログでの税務情報をチェック

こんにちわ、紫摩です。 先日外国から郵便物が届きました。

スイングアームVFR800F チェーン調整
片持ちスイングアームバイク(VFR800F)のチェーン調整方法、締め付けトルクとやり方

こんにちは、紫摩です。 今回は短いですが、チェーン調整のブロ

VFR800F
VFR800Fが不人気?生産終了(2022)でいきなり人気になりそう

こんにちわ、紫摩(しま)です。 先日もお伝えしたVFR800

VFR800F ハンドル外し バーエンド グリップヒーター
VFR800Fをバーハンドルでアップポジションにしてみた!交換方法と注意点を紹介

こんにちわ、紫摩です。 今回はついに?VFR800Fのハンド

バイク カウル補修 タッチアップ
【カウル補修】タッチアップガンで直せるか?スプレー補修のやり方

こんにちわ、紫摩(しま)です。 先日の転倒で見事に削れたバイ

VFR800F レバー STF アクティブ
VFR800Fのクラッチが軽くなる!ACTIVEアクティブSTFレバーに交換!

こんにちは、紫摩(しま)です。 VFR800Fが転倒してしま

VFR800F カウルカット バンパー
VFR800Fカウルカットのコツ!バンパー取り付け(後編)必要な工具とやり方

こんにちは、紫摩(しま)です。 前回はVFR800Fにバンパ

VFR800F バンパー
VFR800Fにバンパー取り付け(SSB)立ちごけや転倒の被害軽減

こんにちは、紫摩(しま)です。 納車早々に転倒させてしまった

カウルカットの端 タッチアップ
タッチアップペンでタンクの塗装剥がれが完全に元に戻るか実験!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ZX-25Rを納車してすぐ、

→もっと見る

  • 最新記事をメールで通知。

    43人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑