*

暗いバイクのヘッドライト…ワット数の高いハロゲンバルブに交換!レミックス5300Kバルブレビュー

5300kハロゲンバルブ
こんにちわ、DIY好きのしまです。
今回は前回の『ヘッドライト交換方法』に続きまして、今回はレミックス スパークビームというバルブのレビューです。
ライトを白くしたいと思い、5300ケルビンを選んでみました。

関連記事:CBR125Rヘッドライト交換方法|mysimasima

余談ですが、やっぱりCBR125Rのこのフロントマスクがかっこよくてほれぼれしてしまいます。
“オートバイ”って感じじゃなく、なんかガンダムっぽい?ロボットみたいな感じがカッコいい。

すみません、話がそれました。さっそく見ていきましょう。

SPONSORED LINK

5300Kの安物ヘッドライトバルブ

昼間ライト点灯4
今回買ったのは1200円ほどの安物バルブ。
“超太バルブ”の色味と明るさを紹介します。

レミックスハロゲンバルブ
こちらはホームセンターDAIKIで買ったヘッドライト、高効率ハロゲンバルブ。
お値段は1200円程度だったと思います。
もう安さで決めました。

後々LEDヘッドライトにしようと思っているのですが、やはり後付けHIDやLEDって光軸が合っていなかったり拡散しすぎたり(その逆も)。
何かと精度が悪いというイメージでなかなか踏ん切りがつきません。
以前Keiワークスにつけていたメイドin中華製のHIDは道路標識を照らすほど上にまで拡散していて使えなかったトラウマがあります。
ハロゲンバルブならそんな心配もありません。

ワット数をあげると明るくなる

60w 80W
光量アップということで、純正が55w/60wのワット数のところを60w/80wのバルブを選択。
140w/180w相当という明るさが特徴。
参考までに、よくある高効率バルブのワット数は100w/110w相当くらいが標準でしょうか?
純正よりバルブ径を太くして光量アップを狙っている商品です。

注意点

ハイワッテージバルブ、特にワット数を上げるとハイロースイッチへの電力が増大され接触不良が起こる可能性もあります
純正のワット数(CBR125Rなら55/60w)を守る方が無難です。(僕は4か月で接触不良が起こりました)

超太バルブを選んだ理由

車はヘッドライトが二つ付いていて光量も相当明るい。
ですが、このCBR125Rは1灯式なので必然的に暗くなりがち。

高効率バルブといっても所詮、電球自体のワット数を上げないと明るくならないしそんなに変わらないもの。
という事で、明るさ(ワット数)重視で選んでみました。

超太バルブの太さ具合と色味

超太ハロゲンバルブ
一回り太くなっております。
ガス封入の圧力を上げているとかなんとか…

あと、フィラメントの配線も写真ではわからないくらいもう極々微量なレベルで太くなっておりました。
そのため純正より明るく光量を上げることができるのでしょう。
しかしハイワッテージバルブなのでバッテリーや純正カプラーやヘッドライトカバーの樹脂にどの程度影響があるのか多少不安にはなっております。

5300ケルビンという事で電球が相当真っ青に塗りたくられています。
これだけ青が強いと光量も比例して下がっちゃうんじゃないの?…

ヘッドライト交換後レビュー(明るさ、映り込み、ライトの色(昼/夜)

リフレクターへの映り込み

ヘッドライトの青色
うーん、正面からの映り込みはやっぱり真っ青になってしまいますね…。
これは良くも悪くもバルブを変えてますよ感がモロに出ます。
ミラーコートバルブならもう少しマシなのでしょう。

昼間点灯

昼間ライト点灯3
正面から見るとこんな感じ。
まさに『白い』って感じで非常に見た目はきれいな感じです。
白いボディとのバランスもよくスーパースポーツのイメージによく似合ってます。

ハロゲンバルブなら安心

ロービームはきちんと遮光(カット)があるので対向車はまぶしくはないのです。
これが安物社外HIDなどを入れるとカットを無視して全方向に照射してしまい対向車に大迷惑がかかります。

ヘッドライトはハロゲンバルブを基準にリフレクターを調整してありますのでやはりハロゲンバルブの方が相性が良いかと思われます。
純正が一番という事ですね。
ハロゲンバルブ 点灯
よく見ると真っ白というよりは若干クリーム色が混ざっているという感じ。
ポジションランプの色と比べればよくわかりますね。(ちなみにポジションは9000K)

夜間点灯

夜間点灯イメージ2
ポジションランプのLEDとヘッドライトの白が違和感なく合っています。

純正の黄淡色ではさすがにポジションとの色味が違いすぎますのでビジュアル的にNG。
見た目でこれ以上青白くするのも問題がありますのでこれぐらいが限度でしょうか?

夜間点灯イメージ3
ななめからのビュー。
なんかやっぱり真っ白という感じではなく淡い感じです。ハロゲンバルブなら8000Kくらい色温度を高くしないと青白く光らないのかな?
車検非対応の違法性を感じるくらい青いってのも問題ありますけどね。

純正バルブとレミックス光軸比較

さて気になる照射光の比較を見ていきましょう。
※壁に当てたりいろんな場所でやればよかったのですが今回は撮影ポイントを限りなく一定する事に重点を置きましたので撮影場所は一か所のみです。

ロービーム(焦点距離18mm)

純正18mmロー交換18mmロー
ロービームの比較画像。(ほぼ見た目のホワイトバランスでの撮影)

やはり最近のバイクって感じですね。純正はきっちり遮光(カット)が入っていて対向車にも配慮した光源となっています。
5300Kのバルブは、明るさは青い割には純正とほぼ変わらない?という感じ。
当然遮光もきっちり出ております。

あと商品パッケージに『ロービームが明るい!』などと書いていましたが、悪くはない感じ。
常用するロービームが明るいと非常に助かります。

ハイビーム(焦点距離18mm)

純正18mmハイ交換18mmハイ
ハイビームの明るさは、多少純正の方が明るく感じる?のは気のせいでしょうか?
どうでしょう、ホワイトなシャープな光を望んでいたのでこれはこれでアリかな?
青色バルブのため若干緑っぽくなっておりますね。

1灯式のバイクの場合、H4バルブはHi/Lo切り替え式のためハイビームにすると手前が暗くなります。
この点は2灯式のバイクの方に分がありますね。
※2灯式のロービームは片目ですが、ハイビーム時はLoとHiのダブルで照らすので明るい!

焦点距離50mm撮影

デジカメの焦点距離50mmとは人間の見た目にわりと近い画角です。

ロービーム

純正50mmロー交換50mmロー
こちらは50mmロービーム。
やはり色温度が上がり白~青白に近づくにつれて黒いアスファルトや柱に光の色が吸収されて見えにくくなります。
見やすさだけでいうなら純正色に近い方が良いのでしょうね。

ハイビーム

純正50mmハイ交換50mmハイ
下側の画像は50mmで撮ったハイビーム。
実際の色も明るさもだいたいこんな感じに照射されています。
やはり安物バルブの性能ってこんなものなのでしょうかね?

今回のレミックス スパークビームと名乗るバルブはハイワッテージバルブなので明るさ的には純正とほぼ変わらないくらいは保てました。
※基本的にケルビン数を上げるとハロゲンは暗くなる方向。

まとめ

CBR125Rヘッドライト
はい、まとめでございます。
今回は安物ハロゲンバルブでイメージチェンジしてみたのですが、やはり値段相応という部分は否めませんね。
1200円程度で純正より白くしたいという見た目で割り切って交換するなら大いにありかなと思います。

実際にハイワッテージバルブのため純正に比べて光量はさほど変わらない結果になりました。
そのため見にくいという事はなく、かと言って特別見やすいという事もなく日頃の見た目に近いバルブでした。

純正でハロゲンバルブが付いているバイクはハロゲンバルブに合わせて調整されているので下手にHIDやLEDヘッドライトに交換するより高効率ハロゲンバルブの方が見やすかったりバランスが良かったりします。
結局純正に近い色温度に行き着くことが多いです。

→(楽天)高効率ハロゲンバルブ H4 商品一覧
→(Amazon)高効率H4ハロゲンバルブ 商品一覧

一応ハロゲンバルブの商品一覧を探してみたのですが、たくさんありすぎて迷います。
最近は面白いハロゲンバルブが多いのですね。
…また違うバルブに換えてしまいそう。

レミックス スパークビームの交換レビューでした!

SPONSORED LINK

関連記事

GearS2 ギアS2 スマートウォッチ

ギアS2長期使用レビューと評価(良いところ&悪いところ)スマートウォッチは着信通知がとにかく便利!

こんにちは!紫摩(しま)です。 以前紹介したGear(ギア)S2の紹介をしましたが、訳あっ

記事を読む

CBR125Rタンクバッグ

日帰りツーリングの荷物持ち運び6選!積載方法の比較とレッグバッグとタンクバッグのメリット

こんにちわ、紫摩(しま)です。 バイクに乗っていて一番悩むこと、それは荷物の持ち運びの方法

記事を読む

減衰 フォーク 構造

PDバルブのセッティング【VTR250】減衰が弱すぎてフォークがフワフワ。オイル粘度とリバウンド

こんにちわ紫摩です。 先日のサスセッティング沼なのですが、まだ続きがあります。 リアショ

記事を読む

グロム サイドバッグ ツーリング

グロム(GROM16’〜)タナックスの小さいサイドバッグ取り付け!コンパクトでツーリングにオススメ

こんにちわ紫摩です。 ツーリングではシートバッグやボックス、タンクバッグなどツーリングで荷物を

記事を読む

CBR125R バーハン化 アップハンドル

CBR125Rアップハンドル化!バーハンドル交換のメリット、デメリット。ジムカーナ仕様でコーナーリング性能を上げる

こんにちわ、紫摩(しま)です。 CBR125Rをジムカーナ仕様にしていく第一関門としてアッ

記事を読む

DSC00135

塩江桜まつりへ原付ツーリングに行ってきた。行基庵と行基の湯を満喫

この4月6日に香川県塩江の方まで桜まつりツーリングに行ってきました。 ホンダジョルノとヤマハJ

記事を読む

グロム 16 ニーグリップパッド

バイクのニーグリップパッドを自作!【グロム】滑り止めシートでの作り方

こんにちわ、紫摩(しま)です。 後期グロム(JC75)は前期型に比べるとボディも普通のロードバ

記事を読む

デジタル タイヤ 空気圧 温度計 TPMS

バイクの空気圧点検便利グッズ!ワイヤレスモニター『TPMS』リアルタイムで温度もチェックできるセンサー

こんにちわ、紫摩です。 良い物を手に入れました!その名も『TPMS』というデジタルの空気圧

記事を読む

ビーコム5 5X インカム バイク ヘルメット サウンドハウス

ビーコム6X出たけど5Xもまだまだ使える!1年後レビュー(いい所3選&使いにくい点)違いはあまりない?

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回はクッソ便利で僕のツーリングに革命を起こした『ビーコム』の

記事を読む

TT900GP CBR125R

【CBR125Rタイヤ交換】RX01からTT900へ!ツーリングタイヤとのグリップ力の違いと暖まりやすさ

こんにちわ紫摩です。 今回愛車のCBR125Rのタイヤ交換をしに高松のイワサキまで行ってき

記事を読む

スポンサードリンク

コメントを残す

スポンサードリンク

直線 スラローム
直線スラロームがめっちゃうまくなるコツ!加減速と体重移動のタイミングがポイント

こんにちは!しまです。 今回はライテクブログです。 あまり

TNT125 アイドリング スタンド
TNT125のサイドスタンドスイッチをキャンセルするやり方!暖機運転ができない

こんにちは、紫摩(しま)です。 TNT125は誰もやってる人

TNT125 転倒 バンパー
TNT125転倒実験!スライダー兼バンパー取り付け!立ちごけ対策になるか?

TNT125を買いました。こんにちは、しまです。 そしてジム

ZX-25R リアサス ZX-10R
ZX25Rでスポーツ走行するならこのカスタム3選!+おまけ

こんにちは、紫摩(しま)です。 最近ZX-25Rネタばっかり

TNT125 レバー 
ベネリTNT125カスタム【クラッチ/ブレーキレバー】交換!

こんにちは、紫摩です。 ベネリTNT125を妻が購入したので

TNT125 マフラー
バイクサイトも知らないTNT125のスゴイところ!グロムと比べてみた結果(ヘッドライト、フォーク、フレーム、リアサス、ブレーキ)

こんにちは、紫摩です。 以前もグロムとベネリTNT125の原

ZX-25R タイヤ 交換 
【スーパーコルサSP V3インプレ】ZX-25Rでジムカーナ!公道グリップ最強タイヤは滑らないのか?

こんにちは、紫摩です。前回のブログでZX-25Rのタイヤ交換しまし

ZX-25R タイヤ 交換 
【ZX-25Rタイヤ交換】GPR300からハイグリップタイヤスーパーコルサSP

こんにちは、しまです。 ノーマルタイヤではダンロップのGPR

ZX-25R 純正ハンドルと社外ハンドル
ハンドルポジション調整の決め方 セパハンの角度で走りはどう変わる?

こんにちは、紫摩です。 前回は調整式のセパレートハンドルに交

アストロプロダクツ ビードブレーカー
アストロプロダクツのビードブレーカーのインプレ!12〜17インチバイクを試してみて。

こんにちわ紫摩(しま)です。 バイクのタイヤ交換はいつもタイ

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して『送信』で、
    更新情報を無料で通知してくれます(^^)

    42人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑