*

小物撮影でLEDライト比較!100Wと40W明るさの違いと綺麗に撮るためのメリットとデメリットとは

DSC_0755
こんにちわ、しまです。
みなさん小物撮影のライトアップってどうされてますか?
以前の記事で撮影にはライト(照明)がいかに大事かということは説明しましたが“ライトの明るさの違い”については書いておりませんでした。
参考記事:照明を使って写真をきれいに撮りたい!小物撮影用LEDをレビュー

まず照明のことを理解しておく必要がありますので参考記事を読んでみてくださいね。
今回新たにLED球を買い換えたのでその違いについてメリット/デメリットを検証していきたいと思います。

SPONSORED LINK

東芝 昼白色LED 100W球のレビュー

DSC_0756
今回買ったLED球は昼白色の100W球です。(1520ルーメン)
正確には100Wではなく『白熱球100W相当の明るさ』ということです。※以下〇〇相当の明るさを省く
電気屋さんで売っている中では一番明るいタイプのものになります。
→(Amazon)東芝 100W LED商品一覧
→(楽天)東芝 100W LED商品一覧

光が広範囲に広がるタイプのLED

40W球の明るさf5
左が現在まで使っていた40WのLED。電球と違ってLEDは指向性が強く直線的に照射してしまうという性質があります。
100Wの方は広角タイプで光の照射に広がりがあるという事で撮影に向いていそうな感じがします。

DSC_0026
以前使用していた電球は40Wで明るさ自体にも不満があったので今回新調したわけなのです。
どちらもバランスのいい昼白色の色味をチョイスです。

その昼白色って何?という疑問があると思いますので説明しましょう。

昼白色と昼光色の違い

DSC_0059レフ板無し
写真の左(スマホでは上)が昼白色イメージ。
写真の右(〃下)が昼光色イメージ。
どちらもイメージ画像ですが色味が違いますよね?そう、電球の色味(ケルビン)が違うのです。
ケルビンとは色温度の事で、数字が高くなると青色に近づき低くなると黄色に近づきます。

色味が極端に変わるとカメラ側でホワイトバランスの調整が必要になってきます。
昼白色の色温度は約5000K

いわゆる見た目の白色に近く太陽光の光に近いとされています。
僕はもっぱらこの昼白色を好んで使用しています。普段の見た目に近いというのが良い。

昼光色の色温度は約6500K

6500Kというと白色からちょっと青白みがかった色でスノーホワイトや蒼白といったイメージしていただけるとわかりやすいと思います。
写真撮影ではこの『白』という光が被写体に対して大きく影響してしまうのです。
参考記事:撮影ブースは簡単に自作できる!背景紙やライトを使って売れる商品写真に。

LED球の明るさ(ワット数)の違いでどう変わるのか

同じ位置からの撮影でLED球だけ交換して撮影してみました。
条件としては下の通りになっています。

  • フルオート(フラッシュ禁止)での撮影
  • 絞り値やISOはカメラに判断させる

この二点に注目してみていきたいと思います。

光源の明るさによって絞り値が変わる

f3.5f5
左(スマホ上)が40Wで右(〃下)が100W。
「被写体の明るさが変わっていないじゃん」と思われるでしょう。
カメラが自動で絞りを変えて明るさ調整をしたので仕上がりはほとんど変わらないのです。(シャッタースピードは1/50秒で同じ)

40Wの方がf3.5、100Wの方がf5です。
絞りを開けなくても十分な光が取り込めるということになります。
逆を言えば「暗いライトでは絞りを開けなくてはならない。(カメラにも限界がある)」ということです。

1-60 f4
ちなみにこちらは何もライトアップしていない場合。1/60秒のf4です。
あれ?シャッタースピードもライトアップした時より速いし、絞りも全開放じゃない?ライトアップしていないのにどういう事?

カテゴリー違いになるので長くは書けませんが、カメラがどこの明るさに合わせるかという測光の影響で設定が変わっています。
なので机の明るさや背景がライトアップ時と比べて全く変わっているでしょ?

モードによってシャッタースピードが変わる

1-15 5.6 1001-13 5.6 100(2)
同じく左が40W、右が100W。
それぞれ1/15秒と1/13秒で明るさもあまり変わりませんね。

三脚を使った小物撮影でシャッタースピードの違いなんてほとんど影響しないのです。
カメラを手にもって撮影した時に手ぶれしやすいか、しにくいかというが挙げられます。

光源の明るさによって被写体の映り方が変わる

1-13 5.6 100(2)
これが重要ポイント。単純に光が強くなると色鮮やかに写ります。
色味(ケルビン)の違いも影響はしてきますが、基本的に明るいとコントラストも多少高くなります。

その反面、やはり電球の仕様が変わったとはいえ影もくっきり強くなってしまうというデメリットも出てきますね。
くっきりするとだめなのか?といえば、ダメではないのですがこの濃く黒い部分が非常に邪魔。

被写体(商品画像)を生かしたいのであればこの影を弱くする必要があります。
※狙ってこの影を使ったダークな構図、作品というのも当然ありますので使い分けが必要です。

“光を柔らかくする”と被写体が引き立つ

意味が分からない。多くの方がそう思うでしょう。
それが不思議と被写体が引き立つテクニックといいますか、目の錯覚といいますか…まぁ百聞は一見に如かずなので見てもらいましょう。

1-13 5.6 100(2)1-8 5.9 100
左がそのままの光、右が光を柔らかくした場合。(どちらも100WのLED)
影の違いが一目瞭然ですね。
人間の目の物理とかは置いといて、右(光を柔らかくした方)の方が小物だけが浮き出て見えませんか?
反対に左ではシャープな影が小物を邪魔してしまいごちゃごちゃうるさい感じがします。(例外でこういう風に撮る場合もある)

それとお気づきの方は素晴らしい、“小物自体の影”も若干薄くなっています。(葉っぱの緑やしわの部分やいろいろ)

やっぱり明るい方が鮮やか

1-8 5.6 100(2)1-8 5.9 100
参考までに40W(左)と100W(右)の柔らかい光同士で撮り比べしてみました。

設定は1/8秒 f5.6(右f5.9)とほぼ同じですが明るさと色味も違ってきます。
僕はくすんだ左よりは右の明るい方がきれいだと思っていますが皆さんはどうでしょうか?

明るいライトの方が対象物はきれいに写ります。

しかしこれはどのようにして撮っているのか、続きを見ていきましょう。

簡易的ディフューザーのすすめ

簡易ディフューザー
ディフューザーとは”拡散させる者”という意味です。カメラ業界でいえば照明の光を拡散させるために使うアイテム。
本来はライトの前にボードを立てるのですが、僕みたいに買い物袋でも代用はできます。

この白い袋がいい仕事をしてくれるのです。鋭い光を柔らかく、かつ広角に光を広げる効果もあります※若干光量が下がるので暗いライトでは弱い場合もあります。
写真撮影でステップアップしようと思っている方はぜひ騙されたと思ってやってみてください。
※絶対に白熱球ではやらないでください!溶けます。

カメラでの調整も必要だがレフ板も必要

1-8 5.6 100
照明とディフューザーだけではきれいにならない場合も多いかと思います。
そういう場合はホワイトバランスやシャッタースピード、絞り、露出補正など明るさを変えてみるのもいいかもしれません。
さらにレフ板という反射板を当てることにより美しくできます。

1-13 5.6 100(2)1-8 5.6 100
反射光の利用です。これを活用すればBOXで撮ったような仕上がりに近くなります。(この写真はBOXを使っていません。)
関連記事:自作レフ板で写真クオリティを上げる!DIYでの作り方と使い方。

関連記事の方では簡易レフ板の作り方と使い方を載せています。

LED照明についてまとめ

DSC_0762
はい、どうでしょうか?今回の結論やメリットデメリットをまとめますと以下のようになります。

  • LED球40Wクラスと100Wクラスでは仕上がりにそんなに差は出ない
  • ただしライトは明るい方が鮮やかに写り、見栄えが良くなる
  • 撮影での使用では、100Wは40Wの上位互換
  • 昼白色の方が太陽光に近い色で視覚的になじみやすい

という検証結果になりました。
とりあえずでそろえるなら安い40Wで十分なレベル。こだわって撮りたい場合は100Wがおすすめ。
仕上がり具合にはあまり違いが出ない結果になりました。(後の加工でどうにかなる)
→(Amazon)東芝 100W LED商品一覧
→(楽天)LEDライト100W 商品一覧

“明るい”という事はいろいろメリットがあります。
ディフューザーで光を拡散させたときに暗いライトだと光量が足りなくなる場合や、ライト自体を離して当てたいときなんかは100Wライトが有利かな。
人物撮影になると話が変わってきますので、今回は小物撮影でのライトのレビューでした!

またこれからもカメラの話についていろいろ書いていきたいと思います。
参考になりましたら、ぜひシェアの方をよろしくお願いします。

SPONSORED LINK

関連記事

DSC_0340

秋祭りといえば獅子舞!牡丹くずしと平獅子の違いとは!?三木町天野神社の獅子舞の詳細!

こんにちわ、しまです。 秋といえば食の秋、読書の秋、芸術の秋といろいろありますが、祭りの季節でもあ

記事を読む

CBR125R フロントフォーク ダストシール 交換

バイクのフォークダストシール交換方法!ヒビがあれば要注意。必要なジャッキと作業手順をCBR125Rで詳しく紹介

こんにちわ、紫摩(しま)です。 CBR125R整備という事で、今回はフロントフォークのダストシ

記事を読む

夜景撮影

【夜景撮影がうまくなる方法】綺麗に撮れない原因はカメラの設定かも!三脚の使い方と撮り方のコツ

こんにちわ紫摩(しま)です。 デジカメ撮影の中でも特にレベルの高いシーン、それが『夜景撮影

記事を読む

BTマルチインターフォン

【BTマルチインターフォンの性能】通信可能距離と音質がすごい!ツーリング時に検証してみたぞ

こんにちわ、紫摩(しま)です。 前回、安いインカム購入という事で【BTマルチインターフォン

記事を読む

マフラー交換

バイクのマフラー交換で絶対失敗しない方法と必要な物!CBR125RとWR’Sマフラーで取り付け手順の紹介

こんにちは、紫摩(しま)です。 今回CBR125R用のマフラーということでWR'S(ダブル

記事を読む

エルリボン PH7 XR100 取り付け

XR100にエルリボンLEDヘッドライト交換!気になる明るさと取り付け方。PH7タイプの光量もここまできたか!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 LEDヘッドライト、もうずいぶんメジャー化してきましたがま

記事を読む

J5の大きさ

Nikon1 J5を購入!J4との違いと画質や使いやすさを一眼レフユーザーがレビュー!

こんにちわ、カメラ好きの紫摩です。 このたびニコンから2015年4月23日に発売しましたミラー

記事を読む

事故 交通事故 追突事故 対応 流れ

追突事故に遭ってしまった!事故対応の流れと通院、保険会社への連絡や説明のやり方

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回はちょっと暗いテーマ、人身事故についてのお話です。

記事を読む

CBR125R 突き出し量 フォーク

【フロントフォーク突き出し量調整】Uターンがやりやすく切れ込みも速いがメリットとデメリットがある

こんにちわしまです。 今回のCBR125R整備は『フロントフォークの突き出し量調整』です。ここ

記事を読む

CBR125R ハイグリップタイヤ TT900GP 倒し込み

バイアス最強?小型バイクにおすすめTT900GP!寿命がかなり短いハイグリップタイヤのインプレ

こんにちわ、紫摩(しま)です! ダンロップのタイヤ、『TT900GP』を装着してから約3か

記事を読む

Comment

  1. PCK より:

    パナソニックの LED 電球プレミア(60W) を使えば対象物の発色をキレイに写せますよ。

    • 紫摩 より:

      コメントありがとうございます。
      それは貴重な意見ありがとうございます!
      今度電気屋さんに見に行ってみます^o^

コメントを残す

バイク タイヤ交換 手組み タイヤレバー
【バイクのタイヤ交換】女性でも簡単にできるコツと手順!タイヤチェンジャーを使わない手組みの方法、準備物の紹介

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回は『バイクのタイヤ交換』

才谷屋ファクトリー VTR250 インナーフェンダー 取り付け
【VTR250インナーフェンダー取り付け】才谷屋ファクトリーがおすすめ!ガルアームみたいなデザインがかっこよすぎる

こんにちわ紫摩です。 VTRのインナーフェンダー(リアフェンダー

トライジムカーナ2017第1戦
【トライジムカーナ2017】開幕戦レポート!つな選手に訊くコースの攻略法と気になるフリーセクション

こんにちわ、紫摩(しま)です!大見勝成選手と大見有希選手が主催する“

むち打ち 交通事故 対策 痛い
【むち打ちの症状】辛い、痛い、長引く!日常生活にも支障をきたす厄介な怪我

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今年に入って追突事故に遭ったと前

事故 交通事故 追突事故 対応 流れ
追突事故に遭ってしまった!事故対応の流れと通院、保険会社への連絡や説明のやり方

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回はちょっと暗いテーマ、人

タクボ 物置き ガレージ 新築 倉庫 バイク
自宅に小さい物置設置!狭い土地と駐車場のフタに悩まないオススメの選び方!安いタクボGP-157のレビュー

こんにちわ、紫摩(しま)です。 男のロマンといえば“自宅にガ

タムロン 70-300 望遠レンズ ニコン
タムロン望遠レンズ70-300mm画質とAF速度レビュー!手ぶれ補正の性能は?安いレンズだが意外とおすすめ

こんにちわ、紫摩です。 2本目のレンズ選びで候補に挙がってくるの

つな講習 ニーグリップ 上半身 操り方 乗り方
ジムカーナ『つな講習』とは。3つの基礎でうまくなる!初心者~中級トレーニング集(ライン取り・ニーグリップ・回転)の紹介

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回は大見勝成選手が主催する

クリスタルガードプロ コーティング 自動車 ボディ
『クリスタルガードプロ』レビュー!親水ガラスコーティングのメリット・デメリットと車用コーテイングの選び方

こんにちわ、紫摩(しま)です。 新車を購入してまずやっておきたい

グリースメイト KURE ベアリンググリス
ホイールベアリングのグリスアップのやり方!おすすめ万能グリスと使い方

こんにちわ紫摩(しま)です。 今回はホイールベアリングのグリ

→もっと見る

  • mysimasima筆者、紫摩(しま)のプロフィール

  • メールアドレスを記入して『送信』で、
    更新情報を無料で通知してくれます(^^)

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑