*

【CBR125R】バイク用LEDヘッドライト!ハロゲンバルブとの明るさの違いと光軸や品質レビュー

公開日: : 最終更新日:2015/12/07 CBR125R(画像・整備・カスタム), バイク, 比較・検証系(雑学系)

cbr125r LEDヘッドライト
こんにちわ、紫摩(しま)です!

CBR125RのヘッドライトにLED球を投入しました。(球というのか?)
たくさん種類がある中でどれを選んだらいいか迷っている方の参考になればと思います。

SPONSORED LINK

LEDヘッドライト(H4バルブ)


→(Amazon)LEDヘッドライト 商品一覧
→(楽天)LEDヘッドライト 商品一覧

LEDヘッドライトと一言で言っても、ほんとたくさん種類があってピンキリ。

安物を買うと光軸が合わないとか壊れるとか言われますし、逆に高いものを買って失敗するとそれこそ痛い。


→(Amazon)e-auto fan LEDバルブ商品一覧

とか言いながら、今回買ったのはAmazonで買える超安いLEDバルブです。
名前が…わからない。

e-auto fun LEDバルブ

安いLED H4ヘッドライト
メーカー名なのか販売元なのかわかりませんが、e-auto fan(イーオートファン)というネーミングとNAOというロゴがあります。

もちろん例にもれず、Made in Chinaです。
パッケージからして安そう…

安いLEDヘッドライトH4
説明は裏に英語での表記。ますます怪しくなってきた。
「ほんとにコレ大丈夫か!?」という思いが消えない。

ただ、評価(ネットレビュー)は意外に良いから不思議。

放熱フィンと一体化されたH4バルブ

安いLED H4ヘッドライト
熱に弱いLEDヘッドライトの課題でもある“放熱”

本体はアルミ製でLED発光面の裏側に放熱フィンがついています。
これはこれでコンパクトに仕上がっていてとてもいい。

一方でファンやヒートリボンなどいろんなメーカーが熱対策に力を入れています。

ヒートリボン式、“エルリボン”


→(Amazon)サインハウスLED 商品一覧
→(楽天)サインハウスLED 商品一覧

おそらく現在(2015年)のLEDヘッドライトの中で最強と思われるのが、サインハウスの『エルリボン』でしょう。

熱対策と配光と明るさのバランスがすごい
ただ、価格も比例してえらいことになっているのでなかなか手が出ません。

中身がむき出し

安いLEDヘッドライト H4バルブ
さて話を戻します。
このe-auto fanのLEDバルブはコイルから配線などいろいろと剥き出しになっています。
防水対策は期待できません。

ヘッドライトの中に直接水は入らないものの、湿気はどうしても防げないので寿命が不安です。

e-auto fan LEDヘッドライトの明るさや配光

e-auto fan LEDバルブ
さて、これが一番気になるところでしょう。
明るさはどうなの?
カットラインは?
光軸は?色味は?などなどキリがありませんが、一通り説明していきましょう。

LEDヘッドライトの大きさ

LEDバルブとハロゲンバルブ
全体大きさはハロゲンバルブとほぼ同じ。
なのでネイキッドやヘッドライトカバー裏にスペースがないバイクでも全く問題なしで取り付けできます。

バルブを差し替えてポン付けで作業終了なのです。この手軽さはマジで強い。
僕もいろいろ配線やバラスターなどゴチャゴチャするのが大嫌いなので、シンプルなデザインはとても高評価です。

ヘッドライトの光軸とカットライン

高効率ヘッドライト バルブ LEDヘッドライト 光軸
ロービームでの比較。

左は普通の高効率ヘッドライトバルブ(ドン・キホーテで900円で買ったやつ)です。
カットラインがきれいに出て全体的に均一に照らしてくれます。

右がe-auto fanのLEDヘッドライト。
カットラインがあいまいでぼやっとしています。
逆に照らされているところと暗いところの明るさの差が激しいです。

高効率バルブ 光軸 LEDヘッドライト 光軸
ハイビームでの比較。

ハイビームではLEDもバルブも配光という意味ではほぼ互角。

やはりLEDの性質上、配光の範囲は狭くなる傾向にあります。
が、結構明るいぞ。

LEDヘッドライト ロービーム

e-auto fan LEDヘッドライト
実際の道路上(田舎道)での撮影。
※ほぼ見た目に近く表現していますが、人間の目の方がもっと視界がよく見えます。

ロービームでは20~30m先に明かりが照らされて、それより手前は暗くなります。
バイクのすぐ手前は割と光が漏れているので見やすい。

LEDヘッドライト ハイビーム

e-auto fan LEDヘッドライト
ハイビームでは照らされる部分が奥に移動するだけで変に拡散したりまた明るくなったりもしません。

昔、自動車に安物HIDを付けていたのですが、その時代に比べればいくらかマシ。
下手なLEDヘッドライトメーカーはハイとローの違いが分からない物も多い中、これは十分違いがあります。

実際こんな感じで見えますが、感じとしてはバルブとほぼ明るさは変わらないくらいかちょっと見やすくなった感じ

説明書によると800lm(ルーメン)ということなので、よく出回っているLEDヘッドライトの半分程度の光量かと思われます。
消費電力も6W(ほんとか?)という表記なので、電装系や熱にもメリットがあります。

LEDヘッドライト 光軸

e-auto fan LEDヘッドライト e-auto fan LEDヘッドライト
左がローで右がハイ。(ちょっと写真がずれてる)
ワット数はどちらも同じ6W。

前後にチップが配置されているので、切り替わるとその位置の違いで高さが変わります。

こうして見るとまともなヘッドライトなんだなと思いますが、やっぱりサインハウスなどに比べるとぼんやり感が否めません。
値段相応か…?

LEDヘッドライトの見た目

LEDヘッドライト CBR125R
何を隠そう、僕はほぼこの『見た目』でLEDヘッドライトに交換したといっても過言ではありません。

CBR125R ヘッドライト ヘッドライトの青色 CBR125R
純正の黄色い光も温かみがあって悪くはないですが、どうしても古さを感じてしまいます。(スポーティーモデルには似合わないという意味)

かといって白い光を求めて高効率バルブにするとリフレクターにバルブの青色が反射してダサい…

CBR125R LEDヘッドライト
LEDヘッドライトは白く明るく、放熱フィンの見た目もカッコいいと、見た目に関していえばものすごく満足できます。

ケルビン数は記載されていなかったのですがHIDでいう6000K相当といったところ。
とてつもなく青白いというわけでもなく、アスファルトも見やすい純白といった感じ。

超安くてきれいな見た目になれるLEDなら多少の品質は目をつぶれます

LEDヘッドライトのまとめ

LEDヘッドライト バイク
このe-auto fan(イーオートファン)のLEDヘッドライトをオススメできる理由としては、安い割にしっかりしたライトということが言えるから。

激安なのに意外に明るい。
デイライトとしての視認性向上にも貢献してくれそうです。

ネットレビューで一部「暗くて使えない」や「30分で切れた」などという評価もありましたが、僕の感想としてはそんなことは無い。

確かに明るさは800lmで劇的に明るいわけではありません
ロービームなら対向車から見ても目がやられるほどまぶしくはないです。
※一昔前のHIDではやたらまぶしい対向車がいたものです。

白くて見やすいし熱もそこまで上がらないので普通に使えましたね。

LEDヘッドライトの注意点

e-auto fan LEDヘッドライト e-auto fan LEDヘッドライト
「安くて評価いいんなら買いじゃね?」
ちょっと待って、やっぱりそれなりの注意点を理解して買うべきかと思います。

写真のように“ツルシ”の状態では光軸がめちゃくちゃ高くなりました。(CBR125R)

ロービームで普通にハイビームに近い高さ。
んで更にハイビームにすると、とんでもないところを照らしてしまいます。
光軸調整は必須です。

車検は恐らく通らない

251cc以上のバイクや自動車には車検が付いて回りますが、このバルブでは光量と配光で十中八九車検に通らないでしょう。
ただ、厳密に言えばという話なので、これを付けているからといって整備不良で停められることはまずありません。

耐久性に難あり

やはりLEDといえば熱に弱い。
放熱フィンがついているとはいえ、熱に対してどこまで耐性があるのか、中国製なので経過観察してみたいと思います。

あと湿気や膨大な電圧には弱いのでLEDヘッドライト、まだまだ課題は多そうな気がします。

今回はe-auto fan LEDヘッドライト(H4)のレビューでした!

→(Amazon)e-auto fan LEDヘッドライト 商品一覧

SPONSORED LINK

関連記事

BTマルチインターフォン内容

【BTマルチインターフォンの使い方】安いバイク用インカムのレビュー!

こんにちわ、CBR125Rに乗ってます紫摩(しま)です。 バイクツーリングは楽しいですよね

記事を読む

あったかインナー ヒートインナー 選び方

防寒インナー選びで迷った時の3つのポイント!どっちが暖かい!?フィット系とゆったりの違い&防風インナーもおすすめ

こんにちわ、紫摩(しま)です。 僕は毎日バイク便で年賀というハガキを配る屋さんをしているの

記事を読む

CBR400RR ジムカーナ 走行

【CBR400RR(NC29)レストア】其4:LCGフレームの恩恵と扱いやすい速さ(走行性能のインプレ)

こんにちわ、紫摩(しま)です。 1994年式の最終型CBR400RR(通称ヨンダボ)を修理

記事を読む

DSC_0079

霊場八十八ヶ所ツーリング第12番札所、焼山寺へ!一番の難所と言われているお寺では杉の巨木が神秘的でした。

こんにちわ、しまです。 今回はソロツーリングをしようということで四国霊場12番札所の焼山寺へ行って

記事を読む

VTR ブレーキ キャリパー

VTR250ブレーキ周りカスタム(4PODキャリパー、パッド、マスターシリンダー考察)制動力とコントロール性

こんにちわ、紫摩(紫摩)です。 ジムカーナ用のVTRのカスタムとして結構大事なのがブレーキ

記事を読む

バーベキューコンロ 引き出し

バーベキューコンロ2選!比較(コールマン、尾上製作所)使いやすさは?おすすめは?実使用レビュー

こんにちわ、紫摩(しま)です。 バーベキューコンロって結構いろいろ種類があってどれを買った

記事を読む

DSC00314

四国中央市へ霊場ソロツーリング!三角寺~琴弾公園~仁尾マリーナに迷い込みつつ絶景の弥谷寺へ!

こんにちわ、しまです(^_^)/ 今日はですね、霊場巡りソロツーリング第二弾ということで 愛

記事を読む

オイルキャップ

【初心者整備】バイクオイル交換方法!廃油処理はビニールじゃなく専用ボックスでやるべき

こんにちわ、DIY好きのしまです。 バイクのオイル交換、日常点検項目ではないですが自分でもでき

記事を読む

スロットルアシスト

【スロットルアシストの使い方と選び方】ツーリングにおすすめのバイクグッズのレビュー

こんにちわ、バイク好きの紫摩(しま)です。 ツーリングに便利なバイクパーツ、その名も「スロット

記事を読む

CBR125R バイク スプロケ交換 フロントドライブスプロケット 外し方

CBR125Rフロントスプロケ交換!14Tの加速重視でジムカーナ仕様に。最高速は落ちるがそれ以上にメリットのデカいチューニング

こんにちわ、紫摩(しま)です。 CBR125Rをジムカーナ仕様ということでドライブスプロケット

記事を読む

スポンサードリンク

コメントを残す

スポンサードリンク

年賀注文
【自爆営業】年賀はがきノルマ廃止はウソ!?郵便局の裏側と販売枚数

こんにちわ紫摩(しま)です。 ニュースで何かと話題の郵便局。

汎用スリップオンマフラー アクラポビッチ風
VTR250マフラー交換(汎用スリップオン&爆音モリワキ)パワーが無いので改善できるか?

こんにちわ紫摩(しま)です。 バイクのカスタムの定番、『マフラー

VTR ハンドル 純正
VTRはハンドルが遠くてポジションが悪い!ハリケーンハンドル交換とセットバックスペーサー取り付け

こんにちわ紫摩(しま)です。 VTRの乗車姿勢ってどうですか

mysimasima
YouTubeサポート『BBTV』の効果や評判は?気になる収益の変化を紹介

こんにちわ、しま(紫摩)です。 YouTubeで収益されてい

油面調整 バイク
フロントフォーク油面の違いで走りがどう変わる?(ジムカーナ/街乗り)

こんにちわ、紫摩(しま)です。 バイクのフロントフォークはオ

キタコ キル セル 汎用スイッチ
【ハイスロにブレーキが当たる対策】汎用薄型スイッチ(キル&セル)取り付けと配線加工(キタコ)

こんにちわ、紫摩です。 先日取り付けしたゲイルスピードのラジアル

ゲイルスピード ラジアルマスター ハイスロ
VTR250ラジアルマスターに交換【ゲイルスピード】レビュー!ブレーキの効きもよくなったぞ

こんにちわ、紫摩(しま)です。 VTRをジムカーナ使用に作っ

PEZ_2076_TP_V4
総務省『郵便配達の平日のみ(土日休み)』はデメリットばかり!人件費と仕事の負担が増える

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ニュースで聴いた方も多いと思いま

RX-03スペックR バイク タイヤ
バイアス ハイグリップRX-03スペックRインプレ(ウェットグリップ)雨天でもタイムアップを見込めるタイヤ

こんにちわ、紫摩(しま)です。 バイアスタイヤってどうなの?

Green15_jyougi20141123165428_TP_V4
【パワハラの事例、体験談】ブラック企業の実態!鬱になる前に3つの対策を教えます。

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ブラック企業やパワハラがまだ

→もっと見る

  • mysimasima筆者、紫摩(しま)のプロフィール

  • メールアドレスを記入して『送信』で、
    更新情報を無料で通知してくれます(^^)

    35人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑