*

バイクのチェーントラブルを防ぐためにやるべきメンテナンスとその方法!

チェーン
こんにちは、しまです。みなさんバイクのチェーンメンテってやっておられますでしょうか?
もちろんという声も聞こえてきますね。

もうご存知かとは思いますが、チェーンのメンテナンスはどんなメリットがあるのか、放置するとどのようなデメリットがあるのか書いていきたいと思います。

SPONSORED LINK

チェーンのメンテナンスの意味

チェーンのメンテナンスとは清掃と注油、たるみ調整などありますがめんどくさいメンテをする意味とは何があるのでしょうか。

  1. さび防止
  2. 摩耗を緩和
  3. 潤滑

注油の意味といえば主にこの三つでしょうか。
メンテをしていないとこの逆が起こります。

『放置するとどうなる!?』それぞれにちょっとづつ解説していきます。

チェーンのさび防止

さびにくい合金やステンレスのチェーン(自転車)も出ていますが、純正や多くのチェーンは強度やコストを考えてスチール製。

当然空気に触れている時点で酸化は始まっています。雨ざらし駐車などしていれば一発ですね。
錆は防ぎきれませんが、油で膜を張ることで酸化の進行を遅らせることができるのです。

見た目も悪くなる他に滑らかに動かない、スプロケットやチェーン自体が傷むというトラブルにつながります。

社外品などで錆にくいチェーンなども売っていますがものすごく高いのでお気に召された方はどうぞ。

→(楽天)バイク用 チェーン一覧(シール/ノンシール)

チェーン摩耗の緩和

機械としては当たり前のことですが、駆動部分や擦れ合う部分にはグリスアップしなければ焼き付きます。
久しぶりにチェーンを見てみると真っ黒になってたりしませんか?

走行環境にもよりますが泥や埃の他にチェーンやスプロケットが摩耗して出た金属の削りカスも汚れとなって出てきます。
これはチェーンの油切れで特に顕著に出てきますし、逆にこまめに注油しているとそこまで真っ黒にはなりません。

摩耗するとチェーンが伸びる

「チェーンが伸びる」とよく言いますが原因はこのリンク部分の摩耗にあります。すべてのコマですり減ると結果的に数ミリ伸びるという事。
チェーンメンテを放置するとチェーンが大きくたるんだ時に最悪外れてしまうことにもつながります。

チェーンの潤滑

2番の摩耗と重複しますが金属部分の稼働を滑らかにするのもオイルの役割になります。
自転車なら抵抗が少なくなり、こぎ出しが軽くなりますがバイクだとそれは実感できません。

チェーンの音を聞いてシャラシャラと音が出てきたらそれは注油の目安です。

チェーンの洗浄/注油方法

洗車グッズ
上記の説明でチェーンの注油の大切さはわかったけど洗浄など結局どうすればいいのという事ですよね。
簡単ではありますがチェーン注油の流れを説明していきます。

  • センタースタンドをかける(なければ移動させながら)
  • 汚れを落とす
  • 乾燥させる
  • 注油する
  • ふき取り

余分な汚れを落とす

注油する前に汚れを落とします。ギトギトの上から油を差しても効果が薄いので汚れは落とします。
ただしそこまでひどくなければそのままでもよいでしょう。※毎回毎回するのもいいですが正直めんどくさいので。

チェーンの寿命にもかかわってきますので、できるのであれば汚れは落とした方がいいですね。

僕が使っているのはこちらのクリーナーです。
これのいいところはシールチェーンを傷めない液体(溶剤+洗剤)を吹きかけてそのままゴシゴシ洗えるところにあります。

缶スプレータイプだと容量が少ないのと値段が高いのであまり手が出ませんが、これは少量でもよく油汚れが落ちるので経済的。

安く上げたい方にはこれがおすすめです。
そのあとに飛び散った汚れやチェーンなど洗車をしてもいいですしそのまま乾かしてもよし。

→(楽天)MOTOWN モータウンチェーンデグリーザー

エアブローなどで乾かす

チェーンの汚れを落とす作業が終わったら次はチェーンの油の乗りをよくするために乾燥させます
エアブロー(コンプレッサーでのエアーガン)でプレートとローラーの隙間などに水分が詰まっているので飛ばして下さい。

いやいや、そんな道具の環境がないよという方も多いのでここは時間はかかりますが天日干しでよろしいかと思われます。

チェーンを丸洗いした場合は特にですが、水と油は相性が悪く物によってはチェーンのリンクに浸透せず上に乗っているだけになり意味がありません。

水置換性のチェーンルブを使う


ただし例外もありまして、水がついている時に使えるのがこの『水置換性』というチェーンルブ。

これはその名の通り水と油が置き換わってチェーンに浸透していくのです。
ちょっと高いですが手間を省きたい方はこれを選ぶのも一つの手かなとも思います。

→(楽天)ワコーズ 水置換性チェーンルブ

チェーンルブでまんべんなく注油

チェーンオイル、チェーンルブなどいろいろ名称はありますがこれが本題の注油作業になります。

チェーンルブ一つとってみてもいろんな種類が出ていて正直迷います。
僕が使っているのがこちら、値段は高いものの質には定評がある『ワコーズ』のチェーンガードです。

これはドライタイプで飛び散りがほとんどなく高耐久で長く使えます

愛車のチェーンを長持ちさせたいのであればオイルはいいものを使ったほうが良いかもしれません。
※CRCなどの潤滑油は飛びやすく、極端に言えば一週間に一回くらいは注油が必要になるほどサラサラしているので、頻度的にも手間なのであまりオススメはできません。
最低でもグリースタイプを選んだほうが良いかもしれませんね。

→(楽天)ワコーズチェーンルブ 商品一覧

チェーン注油作業の注意点

DSC_0172
チェーンの注油と簡単に言いましても気を付けてほしいことがいくつかありますので知識として覚えておいてください。

絶対にエンジンをかけて行わない

「エンジンをかけてホイールを回しながらやった方が効率的なんじゃないの?」と思いますが、もし手がスプロケットに挟まれると大変なことになります。
絶対にエンジンは切ってニュートラルの状態で。
その時もチェーンが後ろから前に流れるようにタイヤを回しながらやると安全です。

シールチェーンとノンシールチェーンを知る

これは構造の事でシールチェーンとはリンク部分(ローラーの内部)にグリスを封入してチェーン自体の耐久性を上げているもので最近のバイクではこれがメジャーになっています。

逆にノンシールチェーンはごく一般的な安いチェーン。自転車や原付やビジネスバイクに多く、またこの違いによってメンテナンス方法も変わってきます。

シールチェーンはゴムシールを溶かさない“シールチェーン対応のケミカル”が必須となってきます

オイルは塗りすぎない

何でも言えることですが適度が一番いいのです。チェーンに大量に注油してもタイヤホイールやチェーンカバー内に飛び散るだけ。
一度チェーンにオイルを差した後『余分なオイルをふき取る』という作業をするだけで全然変わってきますので参考までに。

まとめ

リアすぷとけっと2
チェーンのメンテナンスをほおっておくと滑らかに回らないだけでなく錆びて摩耗が早くなったりチェーンが伸びたりします。
長い目で見るとスプロケットが削れて交換スパンが短くなってしまうという色んなデメリットしかありません。

買ういう自分もチェーン清掃となると汚れ飛散防止の段ボールやブラシ、リアスタンドなど準備物が多くなかなか時間が取れずについチェーンルブだけで済ませてしまうことも多いのです。

チェーン注油、洗浄時期

最後にチェーンの注油頻度なのですが、約500kmの走行ごとと一般的に言われていますがそれに加え以下のポイントもプラスしてください。

  • 雨天走行後
  • 長距離ツーリング前夜
  • 洗車後

雨や洗車の水ですべて流れてしまうわけではありませんが、地面にチェーンルブが流れた跡があればついでに注油をしてあげてもいいかもしれません。
ドライタイプや粘度が高いタイプはそこまで神経質にならなくても結構ロングライフで逆に経済的。

粘度が低いタイプのチェーンオイルはこまめにチェックをしたほうが良さそうです

以上、バイクのチェーン洗浄、注油の意味と理由のお話でした。

SPONSORED LINK

関連記事

DSC_0340

秋祭りといえば獅子舞!牡丹くずしと平獅子の違いとは!?三木町天野神社の獅子舞の詳細!

こんにちわ、しまです。 秋といえば食の秋、読書の秋、芸術の秋といろいろありますが、祭りの季節でもあ

記事を読む

img_howtoplay-mode06_pc

【スマブラSP】新キャラのタイマン性能比較(強くて使いやすいファイター)

画像引用元:任天堂スマブラSPホーム こんにちわ、紫摩(しま)です。 スマブラSP、

記事を読む

DSC00314

四国中央市へ霊場ソロツーリング!三角寺~琴弾公園~仁尾マリーナに迷い込みつつ絶景の弥谷寺へ!

こんにちわ、しまです(^_^)/ 今日はですね、霊場巡りソロツーリング第二弾ということで 愛

記事を読む

ジムカーナ 服装 装備 プロテクター

バイク初心者必見、練習用のおすすめプロテクター&装備3選(モトジムカーナを始めるために必要な準備物)

こんにちわ、紫摩(しま)です。 「バイクに乗るためにちょっとでもうまくなりたい。」そう思っ

記事を読む

CBR125R レッドゾーン

【CBR125Rインプレ】インパネ周りのデザインとセパレートハンドルのレビュー紹介

こんにちわしまです! 前回のCBR125Rフロント周りのディティール紹介に引き続いて今回はイン

記事を読む

CBR125R フォークボルト フォークオイル交換

CBR125Rサスがふわふわ…フロントフォークオイル交換方法!半年~1年ごとの頻度で換えるべき。

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回はフロントフォークオイルの交換です。 “エンジンオイ

記事を読む

ダンロップ ジムカーナ 愛媛大会

ダンロップ杯、愛媛ジムカーナ大会へ初参加レポート!バイク初心者が完全アウェーで臨んだ第2戦

こんにちわ、紫摩(しま)です。 2016年9月4日に行われたダンロップオートバイカップ、愛

記事を読む

KTM 内圧コントロールバルブ ブローバイホース VTR250

KTM内圧コントロールバルブ、VTR強制減圧での効果は?街乗り、スポーツ走行のインプレや取り付け方

こんにちわ、紫摩(しま)です。いつも皆様、見てくださってありがとうございます! 今回は今更

記事を読む

menu_buy_item01

【2015年用年賀はがき新商品情報】キティちゃん大人気すぎて在庫切れ!?年賀状離れで郵便局員の販売ノルマがヤバイ事に!

  こんにちわしまです。 もうそろそろ年末で2014年ももう終わりが近いで

記事を読む

オイルキャップ

【初心者整備】バイクオイル交換方法!廃油処理はビニールじゃなく専用ボックスでやるべき

こんにちわ、DIY好きのしまです。 バイクのオイル交換、日常点検項目ではないですが自分でもでき

記事を読む

スポンサードリンク

Comment

  1. kitami より:

    ずーっと欲しかったcbr125rを納車しました!
    納車前からこのブログを見ていろいろ勉強させてもらっています^^
    見やすくとても丁寧でわかりやすいですし、動画も面白くて大好きです!
    メンテナンスなど是非参考にしたいのでこれからも記事、動画ともに楽しみにしています。

    • 紫摩 より:

      コメントありがとうございます!
      僕の記事と動画が参考になったというお声をいただくとすごくうれしいです。
      なによりCBR125R乗りの仲間が増えてつながりができるのがバイクのいいところですよね。

      いろいろ簡単なメンテナンスなども書いていく予定ですのでまたよろしくお願いします^^

コメントを残す

スポンサードリンク

VTR セルモーター スターターモーター
バイクのエンジンがかからない!カチカチと言う原因はセルモーターかも。

こんにちわ、紫摩です。 バイクのエンジンがかからない事ってよ

バイク バネレート ナイトロン アイバッハ オーリンズ
【バイクのスプリング交換】バネレートとプリロードセッティングで走りはどう変わるか

こんにちわ、紫摩(しま)です。 リアサスセッティングって難し

クールカーシート レビュー カー用品
夏の長距離ドライブに『クールカーシート』が猛暑対策にオススメ

ちょっと投稿の時期が外れますが、夏のドライブにおすすめグッズがあり

POSH ポッシュ ハンドル VTR
VTRハンドル交換5本目(笑)今度はPOSHとCB400用トップブリッジ交換

こんにちわ紫摩(しま)です。 VTRハンドル考察、またまた交

AX700 ハンディカム ビデオカメラ
ビデオカメラ三脚撮影のメリット、デメリット!手振れ補正の正しい使い方

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ビデオカメラを使って色々記録

kuchikomi902_TP_V4
自分が嫌い…ネガティブはただの甘え!SNSで愚痴をつぶやく人の特徴と心境

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回はまたまたメンタル的なお

ジムカーナ VTR MSGC
ジムカーナでうまくいかない『分かっているけどできない』考えて練習することの意味

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ジムカーナ練習をしていてうま

ゲイルスピードラジアル ブレーキ
バイクジムカーナ、ブレーキレバーの選び方と比較 握り方はどうする?

こんにちわ、紫摩(しま)です。 皆さんブレーキレバーはどうい

カメラ バッグ リュック K&F
R&F Conceptカメラバッグレビュー依頼分 持ち運びに便利なバックパック

こんにちわ、紫摩(しま)です。 カメラ専用リュックサックの紹

K&F Concept 三脚 レビュー
R&F Concept三脚(TM2534T)レビュー依頼品

こんにちわ、紫摩(しま)です。 カメラグッズ販売K&

→もっと見る

  • mysimasima筆者、紫摩(しま)のプロフィール

  • メールアドレスを記入して『送信』で、
    更新情報を無料で通知してくれます(^^)

    35人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑