*

川って危険!?川遊びに持って行くべき物4選。安全に楽しむ心得と準備物の紹介

川遊び
こんにちわ紫摩(しま)です。

夏といえば、山や川でのキャンプ!ですよね
今回はその中でも川遊びについての注意点と必要な準備物、あると便利な物を紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

川のいいところと注意点

川遊び
夏では海を楽しむ派と川で遊ぶ派に分かれるとは思いますが、海に比べて川のいいところを挙げてみたいと思います。

  • 真水なのでベトベトしない
  • 木陰があるので直射日光から逃げられる
  • 山なので涼しい
  • 場所によっていろんな川状況を楽しめる
  • 河原でバーベキューができる

NMS_2275
川の特徴といえば真水なので海のようにベトベトせず、水から上がってもサラッとしているので純粋に気持ちがいい。

基本的に山の中にあるので涼しいというのもありますが、水が冷たくてすごく気持ちいい!
やはり真夏の海では味わえない清涼感が川の最大の特徴ではないでしょうか。

とにかく水に浸かっているだけで色々と楽しい、それが川遊びの醍醐味

川での注意点

川のしぶき
水場エリアには海にしても川にしても危険と隣り合わせですが、川は特に注意が必要なのです。

  • 流れがある
  • 川底の状況が読めない
  • 岩や堆積物があるので危ない
  • 海と違って浮かない
  • 天候に大きく左右される

テレビで『川で溺れて亡くなった』というニュースを一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

それもそう。川には流れというものがあります。
川の形状によって流れが速いところ、緩やかなところなどが存在し、ちょっとでも速ければ人間なんてあっという間に流されます

川の岩など
流れもそうなのですが、川底も急に深くなるなど予測ができない。
足が着かずに流されたり、岩がごろごろあって足を滑らせて頭を打ったりと危険が多いのも川の特徴。

これは上流に限った話ではなく、下流でも急に深くなるところは多々あります。

天気に左右される

山と青空
台風や大雨が降った後、数日は水量が増えたり流れも速くとても危険。
晴れているから…と安心はできないのです。

川で遊んでいる時に天候が悪化した場合は、たいていは問題はありませんがその場を後にするのが吉かと思われます。

川は安易に考えているととても危険なのです

川遊びを安全に楽しむための準備物

川遊び準備物
ちゃんとした装備や準備物で、危険な川も安全に楽しく遊べるものです。
逆に適当な格好で行くととても危ないので、最悪の事態になる前にしっかりと準備物は用意しておきましょう。

  • しっかりとした靴
  • 救命胴衣(ライフジャケット)
  • 日焼け防止のウェア
  • 日焼け止めクリーム
  • 熱中症対策
  • バーベキューセット
  • テント
  • ゴーグル
  • 虫よけスプレー
  • ビニール袋
  • etc…

大がかりなものから細かい物まで必要な準備物を挙げていたらキリがありませんが、その中でも『川遊び』に外せない重要な物はあるのです。

  1. 日焼け対策
  2. ライフジャケット
  3. 熱中症対策

タイトル通り上記の4点について説明していきます。

日焼け対策にラッシュガードを着用

ラッシュガード
まず日焼け対策として、マリンスポーツなどではメジャーな“ラッシュガード”というウェアを着用するのもいい。

紫外線を大幅にカットする素材でサーファーや水上バイクなど海で使用するのが目立っていますが、もちろん川遊びで使用するのも問題ありません。

ラッシュガードの特徴
  • 紫外線から肌を守る
  • 体温を逃さない
  • 小さい怪我の防止


単なる日焼け対策と思われがちなラッシュガードも使ってみると意外に便利。
紫外線から肌を守るのは当然のことながら、冷たい川の中での体温低下も若干ながら防いでくれます

まぁ、足元からも体温が放出されるので微々たるものですが、あるのとないのとでは快適さは大きく違います。
※僕は水に浸かりすぎて体が寒くなり、おなかを壊してしまいました。(適度に川から上がるのがいいかもしれません)

→(Amazon)ラッシュガード 商品一覧
→(楽天)ラッシュガード 商品一覧

日焼け止めクリームはしっかりと

日焼け止めクリーム
川といえど真夏の炎天下の中で過ごすと日焼けからは確実に避けられません。

そこで簡単に済ませるには日焼け止めクリームが効果的。
その中でも「ウォータープルーフ」というタイプの日焼け止めクリームを使ってください。


これは水をはじくクリームなので、水の中に浸かっても簡単には落ちないという利点があります。

→(Amazon)ウォータープルーフ日焼け止め 商品一覧
→(楽天)ウォータープルーフ 日焼け止め 商品一覧

ただ、塗りムラがあったり手が届かない背中が塗れていないと日焼け止めクリームの意味がないので、ウェアを着ない方は別の人に塗ってもらうのがいいかと思われます。

ライフジャケットで万が一を回避

ライフジャケットを着用
川は流れがあるので穏やかなところはいいのですが、上流など急な流れでは膝まで浸かっていると思うように歩けません。

歩けないだけならまだマシ。
急に深くなって足が着かないと大人でも流れには逆らえません。
ニュースで溺れた人を助けるために飛び込んだらその人まで亡くなったというのは実は当然の話なのです。


トップスイマーやライフセーバーじゃない一般の家族が救命胴衣(ライフジャケット)無しで急流を泳げるわけもありません。

海と違って真水は浮かないので、特に子供さんは体力もなく川は非常に危険なのです。

ライフジャケットで浮いていれば助かる

川あそびの準備物
僕は泳ぎが大の苦手なカナヅチなので「川へ行こうよ」と言われても当然恐怖しかないわけで。

そんな僕がホームセンターでふと見つけた『ライフジャケット』、これが非常に便利でした。
泳げない人は必ず着用をオススメします。

「着用すれば泳げる」というものではありませんが両手がフリーになる利点と、万が一の保険を持っていると一つリスクが減るので気分的に楽になります

→(Amazon)ライフジャケット 商品一覧
→(楽天)ライフジャケット 商品一覧

しっかりとした靴で安全に楽しむ

川遊び 靴
川遊びをする際は靴選びが一番重要かもしれません。

海と違ってゴツゴツとした岩場や流された木々、いろんな堆積物があります。
そんな何が落ちているかわからない川で靴底の薄いゴムサンダルを履いていると何かしら突き刺さって足を怪我してしまう危険性があります。

川に落ちていた骨
こういう動物の骨なんかも落ちているので、怪我をしてしまう要因はいくらでもあるのです。

海なら大丈夫でも河原を素足で歩くなんてもってのほか。
やっぱり安全な靴が必要になってきます。

靴が流されないように工夫が必要

ゴムサンダルはダメ
海とは違い、場所によっては体を持って行かれるような流れもあるのが川。
当然ビーチサンダルやゴムサンダルなんかでは不意に流されてしまいます。


安全のためにしっかりとしたシューズタイプの靴が本当はいいのですが、みんながみんなそういうシューズを持っているわけもなく…

それでも脱げなければ何とかなります。

ゴムサンダルの固定
「ゴムサンダルしか持っていないや」っていう方は一工夫で買い物ビニール袋などで足首に固定しましょう。

買い物ビニール袋のいいところは、肌にあたる面積が広いので食い込むことがなく痛くないので非常にオススメ。
まぁビニール自体ガサガサして硬いので、本当は肌触りが柔らかい物がいいんですが緊急用としてはビニール袋がいいでしょう。

ゴムサンダル 
こういうベルクロ(マジックテープ)での調整タイプの留めバンドはまだいいですが、安いゴムサンダルの簡単な留めバンドなんてほとんど意味を成しません。
それで外れて流されてしまう可能性も無きにしも非ず。

靴が脱げてしまっては川に入ることすら困難になりますし、そもそも危ない。

→(Amazon)ウォーターシューズ 商品一覧
→(楽天)ウォーターシューズ 商品一覧

ウォーターシューズや靴をしっかり選んで不安要素をなくした方がもっと楽しめるかもしれませんよ

真夏は熱中症対策を怠るとえらい目に遭う

塩あめ 塩タブレット
スポーツをする時は当然ながら水分、塩分補給はこまめに摂りますよね?
でも川は冷たいので体が冷やされて「別に水分を取らなくても大丈夫じゃないの?」と思われがちですが、全然逆なのです。

水中でも当然汗はかく上に、流れに逆らったりといろいろと体力を使います。
河原に上がれば暑いしもちろん汗をかきます。

やっぱり知らず知らずのうちに脱水症状を起こしてしまうのです。

水中で吐き気
僕もお茶(水筒)を持って行っていたにもかかわらず、水分をあまり摂らなかった為に気分が悪くなって吐き気や頭が痛いなど症状が出てしまいました

川の中で足がつったり気分が悪くなったりすると、非常に危険なのでこまめな水分補給、塩分補給を心掛けてくださいね。

まとめ

壮大な川
川遊びを快適に、安全に楽しむためにはやっぱりそれなりの準備物が必要になります。

  • ライフジャケット
  • 日焼け対策

この3点があればとりあえずは安全に川遊びが楽しめるでしょう。
怪我や事故を防止するためにはケチる部分ではないんだなと強く感じました。

ゴムサンダル 川
靴はやっぱりしっかりしたものを用意するということは大事で、岩場を歩いたり川の中を歩いたりするのならゴムサンダルやビーチサンダルでは危険が多いです。

その他にもライフジャケットの使用は、不意に急流に流されたときにでも溺れる危険性を下げられるのでとにかくオススメ

特に小さいお子様と一緒に川遊びする場合は“浮き輪じゃなくライフジャケット”を全員が着けるようにするととても安心。
※助けに行った方が一緒に溺れるなんて最悪の事態があってからでは遅いですし。

数千円で命が助かるか、落とすかその保険をケチる部分ではないという事。

そう考えたら皆さんが強く気にしている「日焼け対策」なんて二の次でもいいと思えてくるでしょ?
海では考えられないような危険が川にはたくさん潜んでいるのです。

川でしか味わえない清涼感と解放感

川 清涼感
危険危険って言ってきましたが、そう暗くならないでください。

川には川にしかない楽しさがあり、一度味わうとやっぱりまた行きたくなってしまいます
山々のマイナスイオンを感じる、川に浮かんで楽しむ、河原でバーベキューを楽しむ、など涼しい川辺ならでは清涼感ってのは海では絶対に味わえません。

バーベキューも超楽しい!

河原でバーベキュー
準備物として持って行ったほうがいい物の一つとして、やっぱりバーベキューセットは外せません。

そこまで大がかりなものになると移動などが大変になってしまいますので、コンパクトなもので十分。
川から上がって休憩がてら木陰でバーベキューをするのはやっぱり川ならではの楽しみではないでしょうか。

→(Amazon)ミニバーベキュー 商品一覧
→(楽天)ミニバーベキュー 商品一覧

夏の激しい暑さからの解放を約束してくれます。海だとなかなか涼しい場所を探すのも大変ですもんね。
ダイバーみたいなガチガチな格好をしなくてもいいですが、ただ、やるべき安全対策はきちんとやってから楽しみましょう

という事で、川遊びのための準備物の紹介でした!

SPONSORED LINK

関連記事

自宅へ2

400kmソロツーリングの帰り道ルートの選び方とは。疲労のピークであわや大問題発生!?

さて、今回の長距離日帰りソロツーリングもついに最終話でございます。(下部リンク有り) その3で

記事を読む

ぱくたそ

煽り運転をするドライバーの心理と対処法(まずは左に寄って逃げる)

こんにちわ、紫摩(しま)です。 2018年は何かと“あおり運転”が注目されていますよね。

記事を読む

DSC00595

夏休みにオススメ!キャンプどころで有名な柏原渓谷の3つの楽しみ方

夏休み真っ只中ですね。“どこへ行こうか迷っている”そんな方に読んでいただきたいのが今日のテーマ。

記事を読む

DSC01196

【室戸岬ソロツーリング①】高知の国道55号は海がきれいに見えるドライブスポット!本場の海でイカ釣りに同行!

こんにちわ、しまです。 今回のソロツーリング計画は高知の室戸岬まで行ってみることにしま

記事を読む

今切川河口堰 ダムカード

【ダムカード徳島県】旧吉野川河口堰!ダムが2つ存在!?行き方とダムカードのもらい方、場所が分からん…

こんにちわ、紫摩(しま)です! 徳島県のダムカード巡りでおそらく足止めを食らうのではないか

記事を読む

忠左衛門 看板

おいしい小豆島カフェ【忠左衛門】レビュー!写真に残したいオススメのお店

こんにちわしまです。 小豆島でカフェをお探しの方、オシャレなオリーブカフェがありますよ。

記事を読む

DSC00135

塩江桜まつりへ原付ツーリングに行ってきた。行基庵と行基の湯を満喫

この4月6日に香川県塩江の方まで桜まつりツーリングに行ってきました。 ホンダジョルノとヤマハJ

記事を読む

DSC_0006

香川の隠れた名店!?はまんど“讃岐ラーメン”の平打ち麺が絶品!営業時間やレビューの紹介

こんにちわ、しまです。香川では讃岐うどんが超有名ですが、ラーメンはいたって普通かそれ以下。あまりラー

記事を読む

四国カルスト

バイカーの聖地、四国カルストは“日本三大カルスト”の中で一番の●●●だった!400km日帰りソロツーリング

長距離日帰りソロツーリングもそろそろ大詰め! その3ということで今回はカルスト方面へ出発だ!(

記事を読む

小豆島

香川県小豆島へ50cc原付ツーリングのプランを立ててみました。寒霞渓とオリーブ巡り

小豆島原付ツーリング日程 2014年 7月20日(日)に小豆島へ原付スクーターでツーリングに行って

記事を読む

スポンサードリンク

Comment

  1. […] 引用元-川って危険!?川遊びに持って行くべき物4選。安全に楽しむ心得と準備物の紹介 | mysimasima […]

コメントを残す

スポンサードリンク

VTR250
【また故障バイクを手に入れた!】VTR250の状態とバイクのレストアについて

こんにちは、紫摩です。 以前にもVTR250を格安で購入してレス

VFR800F
【大型バイクの車検で気を付ける事】年式違いのハンドルやマフラー交換すると不適合?カスタム車両でもOKなのか検証してみた VFR800F

こんにちは、紫摩です。 VFR800Fを購入してはや2年。車検の

ぱくたそ
香川の交通マナーの悪さから学ぶ【信号で一番危険なのは青信号だ!】道路交通法と安全運転の豆知識

お世話になっております。紫摩です。 今回も私の指導員審査勉強にお

ロッソ4 タイヤ 
バイクの“乗りやすさ”はフロントタイヤ選びが重要だった?10割のライダーが誤解するハンドリングの良し悪しを検証してみた

こんにちは、紫摩です。 今回は謝罪も兼ねてバイクのハンドリン

cc-drivingaptitudetest-ktype-odtype_img_002
交通事故は決まった人が何度も起こす事実が判明!多発者の心理と傾向

こんにちは、紫摩です。 只今、教習指導員審査にむけて猛勉強中

ぱくたそ
教習所は免許を取らせるための施設だった?一発試験と何が違うのか。転職、入社してすぐ思ったこと

こんにちわ、紫摩です。某教習所に入社して思ったことを書いていきます

VFR ステムナット ハンドル
ステムアジャストナットの締め付け具合で何が変わる?やり方と注意点

こんにちは、紫摩です。 以前からVFR800Fのハンドリング

ぱくたそ
30代後半からの転職がNGな人は?実際に仕事を辞めて分かった3つの事

こんにちは、紫摩です。 令和になって転職ブームとも言われてい

VFR800F 練習
【リアサス考察】ハイパープロはほんとにメリットのあるスプリングなのか?

バイクのフロントフォーク、リアサスにはスプリングがついており、この

グロム シート加工 ノイワットダン
バイクのシート加工(ローダウンなど)のやり方とコツ!ポジション変更で快適ライディングを

こんにちわ、紫摩です。 グロムのシート加工を、ようやく重

→もっと見る

  • 最新記事をメールで通知。

PAGE TOP ↑