*

SPONSORED LINK

徳島県のかずら橋の種類

かずら橋
徳島県のかずら橋は実は3種類あるのはご存知ですか?

  • 祖谷のかずら橋
  • 奥祖谷二重かずら橋(男橋・女橋)

よく聞く“祖谷のかずら橋”というのは西祖谷にあるかずら橋の事で、そこからさらに東へ進んだ東祖谷にあるのが秘境の地、奥祖谷の『二重かずら橋』になります。

祖谷のかずら橋へのアクセス、行き方


祖谷のかずら橋は、国道32号からJR大歩危駅方面(県道45号~県道32号)へ走り、道の駅“西祖谷(にしいや)”がある軽快なワインディングロード。

道幅は広いですが周りの山も険しく、標高800m近い山道を駆け抜けていきます。

祖谷のかずら橋の駐車場

祖谷のかずら橋 駐車場
祖谷のかずら橋周辺はとにかく駐車場が多いので困ることは無さそう。
大駐車場は鬼のように広くて四輪400円、二輪200円~無料。

※他の駐車場も多少は違いますが似たような料金設定です。

奥祖谷二重かずら橋へのアクセス、行き方


一方、奥祖谷の二重かずら橋は県道32号経由、国道439号(通称:酷道ヨサク)沿いにあります。

祖谷のかずら橋に比べてこちら側はアクセスが非常に困難なので、なかなか難易度は高いですがぜひとも行ってみたい場所です。

奥祖谷二重かずら橋の駐車場

かずら橋
奥祖谷の駐車場は料金は無料なので良心的で国道439号沿いに20台ほど停められます。

いかんせん道幅も狭いので迷惑駐車にならないようにだけ注意してください。

メジャーな西祖谷のかずら橋

祖谷のかずら橋
さて前置きが長くなりましたが、まずメジャーな祖谷のかずら橋の方から紹介したいと思います。

こちらはアクセスが簡単なので観光客も多く、休日にはとてもにぎわっています。

祖谷のかずら橋
かずら橋の下を流れるのは祖谷川で、この下流(写真手前側)は祖谷渓谷に続いています。
その上に架かっているつり橋(かずら橋)を渡るという絶叫絶景スポットです。

かずら橋の料金

かずら橋料金所 かずら橋 料金所
ここのかずら橋はタダでは渡らせてもらえません
木漏れ日がさわやかな遊歩道を少し歩き、その先にある料金所を目指します。

かずら橋料金
5、6年前に行った時はもっと安かった記憶がありますが、時代の値上げラッシュでここも値上げされていました。
でもまぁ、せっかく来たのだから渡らない手はありません。

高い主塔が特徴の祖谷のかずら橋

祖谷のかずら橋
主塔とは吊り橋のメインケーブルをつないでいる一番高い塔のこと。
ここは徳島県3つのかずら橋の中でも尋常じゃないくらい大きい吊り橋です。

祖谷のかずら橋
今でこそ技術が進歩していますが、大昔にツルだけで作った橋ってすごい。

一説によると、戦の時にここを切断して追手が渡って来られないようにわざとこういう造りにしたらしい。

ワイヤーで安全対策はバッチリ

かずら橋 ワイヤー かずら橋 ワイヤー
今は安全のためにワイヤーと固定金具でガッチリ留められているので、橋自体の強度も問題なさそうです。
実際たくさんの人が渡っても揺れるには揺れますが、そこまで危機感を感じることはありませんでした。

渡るとやっぱり怖いかずら橋

かずら橋
でもいざ渡ってみると安全と分かっていてもやっぱり怖いものです。
皆様必死で掴まって渡るのが基本的なスタイルとなっています。

入場料金の550円の元は取らないと帰れません。
無理しても怖がった方がお得な感じはします。

祖谷のかずら橋 足下

かずら橋の幅
意外に足場が細く、脚だって普通にスルッと落ちてしまうほどの隙間があるのがここの祖谷のかずら橋の特徴。
しかも間隔がいびつなのでかなり広い部分もあったり…

そりゃ幼児のみの入場は禁止だわ…。

とはいってもちょっと怖いくらいがかずら橋の面白いところなので、大げさかもしれませんが「怖い…」と口癖のように言ってしまいます。

「祖谷のかずら橋」は徳島で一番大きなかずら橋です

奥祖谷の二重かずら橋とは?

奥祖谷 二重かずら橋
さて次は東祖谷まで走って、奥祖谷の二重かずら橋の方へ行ってみます。

上でも地図で紹介しましたが、国道439号(通称:ヨサク)を通っていきます。

マニアにはその道を『酷道』とも呼ばれ、道は狭くガタガタでひどいのでワンボックスカーや大きい高級車ではすれ違いが困難になるかもしれません

DSC_0611
じゃぁ二輪がいいのかというとそうでもなく、路面には湧き水や砂が堆積しているところもあり走行には十分注意してください。

奥祖谷二重かずら橋の入場料金

二重かずら橋 料金
料金は西祖谷川のかずら橋と同じく大人550円、子供350円です。
こちらも値上がりしていますが時代の流れで仕方ないでしょう。

全体が森林公園のようになっていて、歩道もありトイレもあり、川岸に下りたりと意外にもいろいろと遊べます。

二重かずら橋『男橋(おばし)』

二重かずら橋 男橋
二重かずら橋はその名の通り二つ架かっていて、男橋(おばし)と女橋(めばし)があります。
その男橋の方から紹介します。

男橋は長くて高さもあるが安心感がある

男橋 主塔
主塔の高さは西祖谷のかずら橋ほどではないですがそこそこあります。
規模的にはさすがに見劣りしてしまう感じは否めません。

二重かずら橋 男橋
ただ、次に紹介する女橋と比べると高さも結構あるのと割と長いので楽しめます。

西祖谷のかずら橋より造りがきれいで、渡っていると何だか安心感がありました。

男橋の足下は綺麗な角材

かずら橋 男橋
安心感はたぶんこの角材のおかげだと思われます。

綺麗に並んでいて隙間も小さい。
西祖谷のかずら橋の方が結構怖かった気がします。

下にはワイヤーが通っているだけというシンプルな構造。ちょっと物足りない感じがします。

かずら橋 男橋
ちょっとうねりがありますが、渡っていてもそこまで激的に恐怖を感じることはありませんでした。
ツワモノなら両手を離して撮影も余裕で出来てしまうでしょう。

男橋は高くてとても気持ちがいい橋です

二重かずら橋『女橋(めばし)』

かずら橋 女橋
男橋を渡り終えて遊歩道を東に進むと見えてくるのが女橋。
3つの中では一番おとなしいかずら橋で、最後に渡ってしまうと物足りなさを感じてしまうかもしれません。

かずら橋 女橋
女橋の方は主塔が低く、全体的に小振りなかずら橋です。
コンパクトなボディから『女橋』というネーミングはピッタリな気がします。

幅も狭く恐怖感は皆無

女橋の幅
女橋の特徴は幅も長さも高さもそれほど過激な橋ではなく、「ものすごくコンパクトなかずら橋」という印象です。
皆さんこちらの橋は余裕なのか、両手放しで渡っている方が多かったです。

二重かずら橋 女橋の足下

かずら橋 女橋
女橋はとにかく狭くて人ひとりが通るのがちょうどいいサイズ。
足下は男橋と同じく角材でとても歩きやすいです。

ツルとかいう物がもはやロープに変わっているというオチ。
そんなどうでもいいところばかり気になって仕方がなかったのです。

女橋は怖くないので初心者にオススメのかずら橋です

徳島の野猿(やえん)に乗らない理由はない

野猿注意 野猿
二重かずら橋にもう一つ川を渡る手段として『野猿(やえん)』があります。
野猿とは、アーティストでもそのようなものがありましたが、そちらではなく物を運んだり人が移動するためのアトラ…昔ながらの乗り物です。

徳島 野猿
操作は単純明快。このロープを引っ張るだけ。
最初は結構軽く動きますが、最後の心臓破りの上りがものすごく疲れます。
大のおとな二人がフーフー言いながらロープを引っ張ってました。

※鼻で笑ったそこのあなたも日頃の運動のなさを痛感するでしょう。

野猿
冗談はさておき、もちろんワイヤーが張られているのでさすがに落ちることは無いです。
高くて揺れるのでスリルがありますが、デートでの二人の距離もグッと近づけそうですよ

徳島の二重かずら橋に行った際には野猿(やえん)にもぜひ乗ってみてください。

徳島のかずら橋まとめ

かずら橋の渡り方
さて、徳島県にある全国的にも有名な『祖谷のかずら橋』、いかがでしたか?

  • 西祖谷:祖谷のかずら橋
  • 東祖谷:奥祖谷のかずら橋(男橋・女橋)

3種類、それぞれ橋自体のキャラクターが違うので全て回っても楽しめるかと思います

行った事の無い方にも楽しさが伝わりましたでしょうか?

あの渡るときの感じって想像とははるかに違うもので、実際に体験してみないと分からない事ってあるんです。
僕もかずら橋には何度も行っていますがなぜか飽きないんですよね。

徳島はツーリングにもおすすめ

ツーリング 夕焼け
徳島の楽しいところは香川と違って山が深いこと。
ワインディングも走って楽しい、国道を走破するのもよし、景色を眺めるのもよしという事でバイクツーリングにも最適。

この日も多くのライダーとすれ違って“ピースサイン”を交わしたりするのがとても楽しかったです。
出発の場所にもよりますが祖谷のかずら橋ツーリングはちょうどいい距離なのでオススメです。

という事で西祖谷、奥祖谷のかずら橋の紹介でした!

SPONSORED LINK

関連記事

桜2

四国各県オススメ花見スポット!ドライブで行ってみたい”桜の名所ランキング”と駐車場情報

こんにちわしまです。 ようやく長い冬も越えて待ちに待った春到来! 春といえば、そう『お花見』

記事を読む

龍河洞

高知県観光スポット『龍河洞』がしんどいぜよ!鍾乳洞内部の写真と詳細

こんにちわ紫摩(しま)です。 「しんどい」とは讃岐弁で“疲れる”とか“だるい”を意味します

記事を読む

DSC_0023

【ダムカード香川県】五郷ダム!提高県内第2位で縦に長いダム!歴史ある豊稔池石積みダムも近い!(動画有り)

こんにちわ、しまです。 ずっと気になっていた五郷ダムに行ってきましたのでレポートいたします。

記事を読む

DSC_0057

四国霊場1番札所、霊山寺へ!。お遍路は実は相当お金がかかるツアーであることが判明

  こんにちわ! 今日は、これからバイクでの霊場巡りソロツーリングに向けて、四国霊

記事を読む

DSC00668

子授かりで有名!75番札所、善通寺に行ってきました。名物かたパンは歯が折れそうなお菓子でした

香川県、善通寺というお寺さんへ行ってきた   四国八十八ヶ所巡りをやってい

記事を読む

ニコン イメージセンサー

コンデジと一眼レフの違い!ボケ味はF値だけじゃない!センサーサイズで決まる2つの理由

こんにちわしまです。 今回はコンパクトデジタルカメラとデジタル一眼レフとの違いという事で書いて

記事を読む

X1000V ケーズ商談メモ

カメラ購入の際ネットとお店はどっちがいい?価格比較とサービスの違いで賢く買う!

こんにちわ、紫摩です! 僕は電気製品をケーズデンキで買うことが多いのですが、今回買ったアク

記事を読む

外付けマイク5

小型マイク”AT9902”で動画撮影!バイクでの走行風対策にオススメの撮影方法【CBR125R車載動画あり】

こんにちわ、しまです。 YouTubeにCBR125Rというバイクでの走行動画をアップしている

記事を読む

DSC_0871

スナップ写真の撮り方と4つのコツ!ブログ用写真画像はオリジナルに限る

こんにちわしまです。 写真撮影と単純に言いましても記録的な物から芸術の域に達するものまで様々。

記事を読む

柳瀬ダム

【ダムカード愛媛県】柳瀬ダム!道がヒドイが金砂湖の絶景が見どころ

こんにちわ、紫摩(しま)です! 愛媛県の柳瀬ダムは銅山川を堰き止め、金砂湖を作っています。

記事を読む

コメントを残す

バイク タイヤ交換 手組み タイヤレバー
【バイクのタイヤ交換】女性でも簡単にできるコツと手順!タイヤチェンジャーを使わない手組みの方法、準備物の紹介

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回は『バイクのタイヤ交換』

才谷屋ファクトリー VTR250 インナーフェンダー 取り付け
【VTR250インナーフェンダー取り付け】才谷屋ファクトリーがおすすめ!ガルアームみたいなデザインがかっこよすぎる

こんにちわ紫摩です。 VTRのインナーフェンダー(リアフェンダー

トライジムカーナ2017第1戦
【トライジムカーナ2017】開幕戦レポート!つな選手に訊くコースの攻略法と気になるフリーセクション

こんにちわ、紫摩(しま)です!大見勝成選手と大見有希選手が主催する“

むち打ち 交通事故 対策 痛い
【むち打ちの症状】辛い、痛い、長引く!日常生活にも支障をきたす厄介な怪我

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今年に入って追突事故に遭ったと前

事故 交通事故 追突事故 対応 流れ
追突事故に遭ってしまった!事故対応の流れと通院、保険会社への連絡や説明のやり方

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回はちょっと暗いテーマ、人

タクボ 物置き ガレージ 新築 倉庫 バイク
自宅に小さい物置設置!狭い土地と駐車場のフタに悩まないオススメの選び方!安いタクボGP-157のレビュー

こんにちわ、紫摩(しま)です。 男のロマンといえば“自宅にガ

タムロン 70-300 望遠レンズ ニコン
タムロン望遠レンズ70-300mm画質とAF速度レビュー!手ぶれ補正の性能は?安いレンズだが意外とおすすめ

こんにちわ、紫摩です。 2本目のレンズ選びで候補に挙がってくるの

つな講習 ニーグリップ 上半身 操り方 乗り方
ジムカーナ『つな講習』とは。3つの基礎でうまくなる!初心者~中級トレーニング集(ライン取り・ニーグリップ・回転)の紹介

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回は大見勝成選手が主催する

クリスタルガードプロ コーティング 自動車 ボディ
『クリスタルガードプロ』レビュー!親水ガラスコーティングのメリット・デメリットと車用コーテイングの選び方

こんにちわ、紫摩(しま)です。 新車を購入してまずやっておきたい

グリースメイト KURE ベアリンググリス
ホイールベアリングのグリスアップのやり方!おすすめ万能グリスと使い方

こんにちわ紫摩(しま)です。 今回はホイールベアリングのグリ

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して『送信』で、
    更新情報を無料で通知してくれます(^^)

    8人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑