*

「 DIY 」 一覧

後期グロム/MSX125ニーグリップパッドを自作してみた!素材は滑り止めシート

こんにちわ、紫摩(しま)です。 後期グロム(JC75)は前期型に比べるとボディも普通のロードバイクっぽくなっているのですが、いかんせん形状が悪いです。 ドラム缶というか、跨ると太ももは密着

続きを見る

ハイエース荷室に自作サイドバー(ステンレスパイプ)取り付け!トランポでのラダー引っ掛けに便利

こんにちわ、紫摩(しま)です。 200系ハイエース、いろんな用途に使用できる車の代表で、バイクを積むトランポとしても大活躍。 ジムカーナの先輩から「荷室にバーを付けると便利だよ」という話を

続きを見る

VTR250マフラー交換(汎用スリップオン)エキパイのスタッドボルトが抜けちゃった!

こんにちわ紫摩(しま)です。 バイクのカスタムの定番、『マフラー交換』はいろいろ記事が出ていて今更書くのもどうかなと思いましたが、せっかくいろいろやってるので書いていきます。 VTRで言えばモ

続きを見る

新型グロム(JC61後期)足つき対策ローダウン化!Composimoレイダウンリンク取り付け

こんにちわ、紫摩(しま)です。 先日、妻専用のバイクとして新型グロム(JC61後期)を購入しました。正確にはMSX125SFですが… 妻がそのままノーマル車高で練習をしていたわけなので

続きを見る

【バイクの台風対策】転倒防止の固定方法は?ラッシングベルト(タイダウンベルト)がおすすめ!

こんにちわ、紫摩です。 台風、年々直撃個数が増えているような気がしますが、皆さんバイクの台風対策はされてますでしょうか。 僕もバイクを数台所有しているのでいろいろと倒れないように試行錯誤し

続きを見る

【バイクのタイヤ交換】女性でも簡単にできるコツと手順!タイヤチェンジャーを使わない手組みの方法、準備物の紹介

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回は『バイクのタイヤ交換』に焦点を絞って見てきたいと思います。タイヤチェンジャーを使わなくてもその場で簡単に交換する方法をツナ講習でおなじみの大見勝成選手に

続きを見る

【VTR250インナーフェンダー取り付け】才谷屋ファクトリーがおすすめ!ガルアームみたいなデザインがかっこよすぎる

こんにちわ紫摩です。 VTRのインナーフェンダー(リアフェンダー)の取り付けを行いましたのでレビューを書いていきます。 泥跳ねからリアサス保護という意味もありますが、スカスカなリア回りのイメチ

続きを見る

『クリスタルガードプロ』レビュー!親水ガラスコーティングのメリット・デメリットと車用コーテイングの選び方

こんにちわ、紫摩(しま)です。 新車を購入してまずやっておきたいのがボディーコーティングですよね。 昔はポリマー加工が安くて流行ってたんですが、今ではガラス系の被膜コーティングが主流でしょうか

続きを見る

VTR250対向4ポッドキャリパー取り付け方!Nプロジェクトのキャリパーサポートと必要な部品、手順の紹介

こんにちわ、しまです。 フロントブレーキの強化という事で、VTR250ノーマルの片側2ポットキャリパーからホンダ純正(ニッシン)対向4ポットキャリパーにスワップしました。 作業手順と整備記

続きを見る

バイクシートの“あんこ抜き”のやり方!VTR250のシートカバー張り替え&使用工具の紹介!

こんにちわ紫摩(しま)です。 VTR250のシートがボロボロだったのでシートごとまるまる交換しようとも考えたのですが、出費を少しでも抑えたかったのでシートカバーのみ張替えを決断しました。

続きを見る

XR100にエルリボンLEDヘッドライト交換!気になる明るさと取り付け方。PH7タイプの光量もここまできたか!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 LEDヘッドライト、もうずいぶんメジャー化してきましたがまだまだ高くて手を出しにくい。 サインハウスのエルリボン(LED RIBBON)をXR100モタード

続きを見る

【VTR250の点火時期調整】進角化のやり方!バイクの加速をよくする小加工のやり方と注意点

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ジムカーナ用にVTR250を仕上げていますが、まだまだ手を入れるところが多くてなかなか進みません。 今回のチューニングは『進角化』をしました。 手順さ

続きを見る

VTR250(キャブ)自作ニーグリップパッド!硬質スポンジを使った作り方と走りの効果

こんにちわ、紫摩(しま)です。 VTR250に乗り始めて一番に気になった部分といえば、タンクへのニーグリップがやりにくいという事でした。 正確にはフレームに膝が当たるといったほうがいいかも

続きを見る

【CBR125Rブレーキフルード交換】やり方は簡単…エア抜きを忘れるとヤバいので注意。

こんにちわ、紫摩(しま)です。 CBR125Rを購入して早、2年半がたちました。 いろいろと消耗部品を交換したりメンテが増えてきましたが、今回はブレーキフルードについて話していこうかと思い

続きを見る

CBR125Rサスがふわふわ…フロントフォークオイル交換方法!半年~1年ごとの頻度で換えるべき。

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回はフロントフォークオイルの交換です。 “エンジンオイル”に比べて聞き慣れない部分なので、案外放置されている方も多いのではないのでしょうか? 僕も2

続きを見る

CBR125Rフロントスプロケ交換!14Tの加速重視でジムカーナ仕様に。最高速は落ちるがそれ以上にメリットのデカいチューニング

こんにちわ、紫摩(しま)です。 CBR125Rをジムカーナ仕様ということでドライブスプロケットを交換しました。 今回は15T→14Tにして加速重視のセッティングです。 ではではスプロケ交

続きを見る

バイクのフォークダストシール交換方法!ヒビがあれば要注意。必要なジャッキと作業手順をCBR125Rで詳しく紹介

こんにちわ、紫摩(しま)です。 CBR125R整備という事で、今回はフロントフォークのダストシール(ダストカバー)の交換方法の紹介です。 ホンダに出してもいいのですが、愛車のバイクぐらいは

続きを見る

CBR125R用SSBバンパー取り付けレビュー&カウルカット!エンジンガードで転倒の傷防止、ついでにリアスライダーもオススメ

こんにちわ、紫摩です。 CBR125Rをジムカーナ仕様にしていくためにいろいろとカスタム中でございますが、今回は“バイク用のバンパー”です。 第一弾はアップハンドルにしましたので関連ペ

続きを見る

CBR125Rブレーキ交換方法!デイトナ赤パッド取り付けに必要な工具と作業手順 フロントもリアも簡単にできる

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回のCBR125R整備はトブレーキパッドの交換です。 安全に走るためには欠かせないメンテナンス(整備)なので、覚えておいて損は無いかと思われます。 必要

続きを見る

CBR125Rアップハンドル化!バーハンドル交換のメリット、デメリット。ジムカーナ仕様でコーナーリング性能を上げる

こんにちわ、紫摩(しま)です。 CBR125Rをジムカーナ仕様にしていく第一関門としてアップハンドル化(バーハンドル化)を行いました。 ただ、これは正直お勧めしません・・・ いろいろ

続きを見る

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ツーリング
【マスツーのペース配分】初心者は遅い?速い人が偉い?着いて行けない理由

こんにちわ、紫摩(しま)です。 バイクを買ってソロツーの楽しさを

交通事故 多段階停止
事故を起こす原因と安全運転のコツ3選『危険予知トレーニング』ができてない!

こんにちわ紫摩です。 Twitterでも毎日のようにバイク事故や

後期グロム 16 ヨシムラ マフラー
後期グロムにヨシムラ ダウンマフラー交換と排気音インプレ

こんにちわ、紫摩(しま)です。 グロムの定番カスタム、マフラー交

ぱくたそ 失敗
失敗しても大丈夫!辛い思いをせずして経験談は語れない

こんにちわ、紫摩です。 また暗いメンタル的なお話なので興味が

ジムカーナ グロム
【バイクのライテクが上達しない理由】スランプの原因はセンスではない

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ジムカーナを始めて4年ぐらいたっ

タイヤ 幅 太く 形状
バイクのタイヤ、太さ変更のメリットデメリット『幅より扁平に注意』

こんにちわ。紫摩(しま)です。 バイクのタイヤサイズを変更し

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
MSX125/後期グロムのリアサスをナイトロンに交換!เปลี่ยนช่วงล่างด้านหลัง MSX125

こんにちわ、紫摩(しま)です。 グロムのリアサスは鬼のように

コラントッテ 磁気ネックレス
コラントッテ(磁気ネックレス)の効果は?数か月でも肩こり解消できる!

こんにちわ、紫摩です。 僕はめっちゃ肩こりがひどくて、ずっと

K&FConcept UVフィルター
【K&F Concept】レンズUVフィルターは意味あるのか?可変NDフィルターも紹介

こんにちわ、紫摩です。 K&FConceptさんからの商

タイカンストリーム 体幹 筋トレ オススメ
バイクは体幹で乗る!「タイカンストリーム」おすすめ筋トレグッズ

こんにちわ、紫摩です。 バイクジムカーナをやっていてもっと速く、

→もっと見る

  • mysimasima筆者、紫摩(しま)のプロフィール

  • メールアドレスを記入して『送信』で、
    更新情報を無料で通知してくれます(^^)

    35人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑