*

バイクのフォークダストシール交換方法!ヒビがあれば要注意。必要なジャッキと作業手順をCBR125Rで詳しく紹介

公開日: : 最終更新日:2016/05/07 CBR125R(画像・整備・カスタム), バイク, DIY , ,

フロントフォーク ダストシール交換 CBR125R
こんにちわ、紫摩(しま)です。
CBR125R整備という事で、今回はフロントフォークのダストシール(ダストカバー)の交換方法の紹介です。

ホンダに出してもいいのですが、愛車のバイクぐらいは自分でやってみようというわけで手順の記録です。

SPONSORED LINK

フロントフォークの外し方

バイクのダストシールは硬質なゴム製。時間が経てばひび割れてくるので定期的に交換しなければいけません
今回は12880kmでの交換になりました。

まずフロントフォークを車体から取り外します。

【必要な物】
  • モーターサイクルジャッキ
  • リアスタンド
  • 12mmソケット
  • 14mm 〃
  • 19mm 〃

まず各ボルトを緩める

フロントフォーク ダストシール交換 アクスルシャフトボルト
ジャッキアップして不安定な状態で取り外しなどのトルクをかけると倒れたり危険なので、予めアクスルシャフトのボルトなどのボルト類を一旦緩めておきます。
※完全に外さなくても軽く緩めるだけでも十分。

アクスルシャフトのボルトナットのサイズは右が14mm、左が19mmです。

フロントフォーク 交換 CBR125R 
ただし!アッパーブラケット及びアンダーブラケットを留めている12mmのボルトは緩めすぎてしまうと車体が落ちてくるので、ここを緩めるときは特に注意してください。

モーターサイクルジャッキ、スタンドのかけ方

モーターサイクルジャッキ バイク用 アストロプロダクツ
今回の作業ではフロントフォークを外さなければいけないので、必然的にフロントタイヤを浮かせる必要があります。
CBR125Rはクランクケース下にあててジャッキアップします。

僕が使っているのはアストロプロダクツのモーターサイクルジャッキ(MZJ01)です。

→(Amazon)APモーターサイクルジャッキ 商品一覧
→(楽天)APモーターサイクルジャッキ 商品一覧

モーターサイクルジャッキ バイク用 アストロプロダクツ
右側はここ。
土台の高さは一番下を使います。

モーターサイクルジャッキ バイク用 アストロプロダクツ
左側は高さを一番上にしてギリギリ届く感じ。
CBR125Rはクランクケースの端にかけるので“L字型”の土台じゃないと無理。
なのでやっぱりアストロプロダクツのジャッキ一択ですな。。。
※ジャッキを少し回転させてちょうどいい位置を探します。

マフラーを外さなければいけない

モーターサイクルジャッキ バイク用 アストロプロダクツ
ジャッキを上げていくと、車体が持ち上がる前に触媒の部分にガッツリ当たってしまいます。
僕の場合はWR’Sマフラーに換えているのでなおさら。

マフラーの外し方は関連ページからどうぞ。
関連ページ:CBR125Rのマフラー交換と外し方|mysimasima

モーターサイクルジャッキ バイク用 アストロプロダクツ
アストロのジャッキ用“ハイリフトアダプター”を使えば問題は無いのですが、僕は一緒に買ってなかったので仕方なくマフラーを外しました。(・・・めんどくさい)

→(Amazon)AP M/Cジャッキ用 ハイリフトアダプター
→(楽天)AP M/Cジャッキ用ハイリフトアダプター 商品一覧

  • ノーマル:110~420mm
  • ハイリフト(ショート):210~500mm
    ハイリフト(ロング):240~530mm

純正マフラーでもやっぱりギリギリで干渉してしまうので、アダプターを使うかマフラーを外して作業するかどちらかはお任せします。

リアスタンド アストロプロダクツ バイク用
垂直にジャッキアップしないと転倒の危険があります。
安全を考えるなら、バイク用リアスタンド(メンテナンススタンド)もかけておいたほうがいいかと思われます。
これもアストロプロダクツ製品です。

→(Amazon)アストロプロダクツ リアスタンド 商品一覧
→(楽天)アストロプロダクツ リアスタンド 商品一覧

各部品を外す

CBR125R キャリパー外し フロントフォーク ダストシール交換
ジャッキアップができましたら、各パーツをフロントフォークから外します。

  1. キャリパー
  2. ホイール
  3. フェンダー
  4. ハンドル

キャリパーはブレーキホースを痛めないようにフレーム等に吊るしておきます。(タイラップでも紐でも何でもいい)

フロントフォーク ダストシール交換 CBR125R 
フロントタイヤを外した後、最後にフェンダーを外します。
フェンダーは8mmボルト×6です。

フォークの突き出し量をメモしておく

フロントフォーク 突き出し量 ダストシール交換
ストッパーリングを外してハンドルを外すとおおかたは終了。

交換後は突き出し量を合わせなければいけないので、ノギスできっちり長さを測っておきます。
ここはミリ単位での調整が必要になります。

ノギスがない方はマスキングテープやマジック等であらかたの目安くらいは記録しておいてください。

ダストシール(ダストカバー)交換作業

CBR125R フロントフォーク ダストシール 交換
ここからは実際に交換していきます。
写真のようなひび割れをほおっておくと水分や塵などがフォークの隙間に入って内部のオイルシールを痛める原因になるんですよね…すぐではないですが。

【ダストシール交換の目安】

だいたい10,000~20,000kmごとか、2年くらいで交換とは言われています。
…が、ひび割れの有無で判断してもいいでしょう。

CBR125Rのインナーチューブ径は31mm(31Φ、31パイとも言う)なので、31パイ用のダストシールであれば何でも付きます。

→(Amazon)31パイ用ダストシール 商品一覧
→(楽天)31パイ用 ダストシール 商品一覧

※安すぎるダストシールはなぜかわからないがすぐ傷んでひび割れするので注意が必要です。

ダストシール交換 バイク CBR125R
あとはダストシールを外すだけ・・・
と思ったらこれがめっちゃ固いのです。

マイナスドライバーでこじる人もいますが、クリップ外し等の工具の方がやりやすかったのでオススメです。
フォーク側を傷付けないように一周ぐるっと上げていきます。

CBR125R フロントフォーク ダストシール 交換
この中にもシールが入っているのですが、こちらはオイルシールと言ってフォークオイルが漏れないようにしている物。
こちらはオイル漏れが起こってからでいいので、今回は触りません。(専用工具も必要になる)

ダストシールはかなり固く入っている

CBR125R フロントフォーク ダストシール 交換
後ははめ込むだけ。
でもこれもまたものすごく固いので、結構本気で握ってもちょっとずつしか入りません。

挫折して微妙なままで行こうか悩みましたが、それじゃダストシールの意味がないと思い、やっぱり粘ることに。

プライヤーを使えば意外と簡単

CBR125R フロントフォーク ダストシール 外し方 交換
あまりオススメではありませんが、傷を付けないように注意しながらプライヤーで圧入していきます。
くれぐれも無理は禁物です(インナーチューブに傷を絶対入れないように)

工具さえあればそこまで難しい整備ではないのでやってみてはいかがでしょうか

まとめ

CBR125R フロントフォーク ダストシール 交換
注意点はインナーチューブに傷を入れないことと、ジャッキの安定性でしょうか。
突き出し量のメモも忘れずに。

手順さえ間違えなければ問題ない作業です。

ただ、きちんとした工具を使わないとボルトを舐めてしまったりします。

ボルト なめる 高トルク
これはブレーキキャリパーの固定部分。
グラグラで精度が悪いナットを使うと、写真のようにボルトの頭を傷めてしまうので注意。

高トルクを必要とする部分には12角じゃなく6角ソケットを使ってください。

フロントフォーク ダストシール交換 CBR125R 
自分の愛車であれば出来ることは自分でやる
というのもまた勉強になっていいかと思います。

安全面にもかかわってくるので、不慣れな方はお店に出すというのでも全くもって正解。
僕の場合はゆっくりダラダラやっても2時間弱で出来ました。

CBR125Rのフロントフォークダストシールの交換でした!

SPONSORED LINK

関連記事

バイク ホイールベアリング 交換 プーラー

VTR250ベアリング交換方法(ホイール、ステム、スイングアーム)手順と必要な工具の紹介!

こんにちわ、紫摩です。 素人整備、第2弾?第3段?という事で今回はベアリングの打ち換えについて

記事を読む

DSC00595

夏休みにオススメ!キャンプどころで有名な柏原渓谷の3つの楽しみ方

夏休み真っ只中ですね。“どこへ行こうか迷っている”そんな方に読んでいただきたいのが今日のテーマ。

記事を読む

グリースメイト KURE ベアリンググリス

ホイールベアリングのグリスアップのやり方!おすすめ万能グリスと使い方

こんにちわ紫摩(しま)です。 今回はホイールベアリングのグリスアップについてです。 経年

記事を読む

自宅へ2

400kmソロツーリングの帰り道ルートの選び方とは。疲労のピークであわや大問題発生!?

さて、今回の長距離日帰りソロツーリングもついに最終話でございます。(下部リンク有り) その3で

記事を読む

20120211_1127129

小型二輪、原付二種バイクのメリットとデメリットとは?125ccまでのスクーターならAT限定免許がおすすめ!ファミバイ特約保険で維持費も安い

こんにちわ原二生活をしているしまです。 今回はいま流行りの“小型二輪”についてのお話です。

記事を読む

DSC00404

小豆島の絶景スポット“寒霞渓”の流しそうめんが絶品!銚子渓ではおさるの猛攻が始まる(猛攻動画アリ)

寒霞渓は絶景 小豆島のお勧めスポットといえば、そう寒霞渓ですよね。この写真の場所は四方展望台と呼ば

記事を読む

小豆島

香川県小豆島へ50cc原付ツーリングのプランを立ててみました。寒霞渓とオリーブ巡り

小豆島原付ツーリング日程 2014年 7月20日(日)に小豆島へ原付スクーターでツーリングに行って

記事を読む

マフラー

【CBR125Rインプレ】エンジンパワーや加速感など運動性能のレビュー

こんにちわしまです。 CBR125Rの外装からデザインを写真で細かく紹介していますが、エンジン

記事を読む

DSC00182

初夏公園めぐりツーリング!高山航空公園~琴南~満濃池~朝日山森林公園。ゼファーとCBR125Rがゆく

今日は友達のゼファーX10thアニバーサリーモデルと僕のCBR125R2台でツーリングに出かけました

記事を読む

DSC_0189

安物買いの銭失い 無駄遣いと良い買い物は紙一重!安全性という保険をお金で買う

こんにちわ~しまです。 今日も無駄遣いしてしまいました。 いえいえ今回は無駄遣いではないんです(

記事を読む

コメントを残す

KTM 内圧コントロールバルブ ブローバイホース VTR250
KTM内圧コントロールバルブ、VTR強制減圧での効果は?街乗り、スポーツ走行のインプレや取り付け方

こんにちわ、紫摩(しま)です。いつも皆様、見てくださってありがとう

ドルツ パナソニック 音波振動歯ブラシ
電動歯ブラシレビュー【パナソニックEW-DE55ドルツ】手磨きには戻れない理由!おすすめポイントと安いものとの違い

こんにちわ、紫摩(しま)です。 久々の商品レビューということで今

トライジムカーナ 2017 第2戦 坂出 香川
【トライジムカーナ2017第2戦レポート】20名超えの昇格者が出た猛暑の坂出大会!新連載コース攻略法やリザルトなど

こんにちわ、しま(紫摩)です。 2017年7月30日にジムカーナ

エーテック フェンダーレス VTR250
VTR250フェンダーレス化(エーテック)LEDテールランプ配線加工と取り付け方

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回の商品レビューはVTR250

DSC_0410
簡易テント“カンタンタープ”のおすすめポイント!揃えておきたいオプションと商品レビュー

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回は簡易テント(タープ)の

バイク スプリング フロントフォーク
ハイパープロのスプリングに交換!競技と街乗りでの比較レビュー。VTR250で使ってみた評価はまずまず

こんにちは!紫摩(しま)です。 今回のレビューは『ハイパープ

バイク タイヤ交換 手組み タイヤレバー
【バイクのタイヤ交換】女性でも簡単にできるコツと手順!タイヤチェンジャーを使わない手組みの方法、準備物の紹介

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回は『バイクのタイヤ交換』

才谷屋ファクトリー VTR250 インナーフェンダー 取り付け
【VTR250インナーフェンダー取り付け】才谷屋ファクトリーがおすすめ!ガルアームみたいなデザインがかっこよすぎる

こんにちわ紫摩です。 VTRのインナーフェンダー(リアフェンダー

トライジムカーナ2017第1戦
【トライジムカーナ2017】開幕戦レポート!つな選手に訊くコースの攻略法と気になるフリーセクション

こんにちわ、紫摩(しま)です!大見勝成選手と大見有希選手が主催する“

むち打ち 交通事故 対策 痛い
【むち打ちの症状】辛い、痛い、長引く!日常生活にも支障をきたす厄介な怪我

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今年に入って追突事故に遭ったと前

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して『送信』で、
    更新情報を無料で通知してくれます(^^)

    33人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑