*

CBR125Rに似ている小排気量スポーツバイクのスペックを比較!(YZF-R125、デューク125、RS125、NSR50/80)

公開日: : バイク


80~90年代はレーサーレプリカと呼ばれるスポーツバイクが主流だった。
250ccの軽量、小排気量で回して走るバイクが多かった。

時は経ち、排ガス規制のあおりを受け2stから4stエンジンへ移行。
排気量も1000ccになり高トルクで低回転から速いスーパースポーツが出てきた。

SPONSORED LINK

小排気量スポーツバイク

大排気量だけがスポーツバイクではない。
小排気量でもレーサーレプリカやSSのスタイリングのバイクはたくさんある。
一部ではあるが、その紹介をしていこうと思う。

YAMAHA YZF-R125

モデル名:YZF-R125 
全長:2,015mm 
全幅:660mm 
全高:1,065mm 
シート高:818mm
乾燥重量:124.2kg 

種類:4スト・水冷・SOHC4バルブ・単気筒 
総排気量:124.6cc 
内径×行程(mm):52.0×58.6 
圧縮比:11.20 
最高出力:15PS/9,000rpm
最大トルク:1.25kg-m/8,000rpm

 

スタイリングはYZF-R6を彷彿させるようなシャープなデザインがカッコイイ。
この外観が好きで購入を検討する人も多いと思う。
実際僕もCBR125Rを買う前にこのYZF-R125を検討していたのも事実。

シート高が最近のバイクらしく高く、足つきはあまりよくない。
非常に前傾姿勢でスパルタンなライディングポジションになる。

ブレーキもブレンボ製でその他いろんな部分に特別な仕様が施されている高性能バイク。値段が45万~と非常に高いのでその点だけが悩みかもしれない。しかしそれを補っておまけが来るくらい満足度が高いバイクだと言えそう。
⇒(楽天)POSH アルマックス YZF125R 08用 エアロマックス スクリーン

KTM デューク125

■主要スペック

型式
全長(mm) 2029 全幅(mm) 836
全高(mm) 1267 ホイールベース(mm) 1367±15
シート高(mm) 800 最低地上高(mm) 170
乾燥重量(kg) 127 総重量(kg)
サスペンション形式(前) テレスコピック サスペンション形式(後) スイングアーム
キャスター角 65° トレール(mm)
ブレーキ形式(前) ディスク ブレーキ形式(後) ディスク
タイヤサイズ(前) 110/70R17 タイヤサイズ(後) 150/60R17

■エンジン・トランスミッション

エンジン型式 エンジン種類 水冷4ストロークDOHC4バルブ単気筒
総排気量 124.7 圧縮比(:1) 12.8
ボア(mm) 58 ストローク(mm) 47.2
最高出力(kW/rpm) 11.3(15PS)/10500 最大トルク(N・m/rpm) 12/8000
始動方式 セル 点火方式
クラッチ形式 湿式多板 変速機形式 6段リターン
燃料供給方式 インジェクション 潤滑方式 圧送
燃料タンク容量(L) 11 燃料消費率(km/L)

■カラー・価格

カラーバリエーション
メーカー小売価格
¥504,000 ホワイト¥504,000 オレンジ

デューク125はスーパースポーツのジャンルではないが、ハーフカウルネイキッドでパワーも装備もスペック自体はほかの小排気量を圧倒している。やはり外車は尖った性能が目立つ。
価格も50万~と非常に高価なのでなかなか手が出せないのも事実だが、これはノーマルで乗っても十分すぎるがいろんなカスタムしても個性が強く楽しそうなバイクだ。

一番のネックな点が輸入バイクなので部品の仕入れに時間がかかってしまうということ。
しかしチューニングパーツは各メーカーからたくさん揃っているみたいだ。
⇒(楽天)KTM DUKE200/125 オーリンズ リアショック

アプリリア RS125

TECHNICAL SPECIFICATIONS
エンジン 単気筒2ストロークエンジン
総排気量 124.8 cm3
ボアxストローク 54 x 54.5 mm
圧縮比 12.50±5 : 1
最高出力 NA
最大トルク NA
始動方式 セルフスターター方式
燃料供給方式 デロルト PHBH28
トランスミッション 6速リターン
クラッチ形式 湿式多板
潤滑方式 分離潤滑式
冷却方式 水冷
フレーム型式 アルミ合金、強化ボックスセクション、ツインスパーフレーム
サスペンション 前:φ40 mm倒立フォーク
後:ハイドリックモノショック
ホイール 前:3.00 x 17
後:4.00 x 17
タイヤ 前:110/70 17
後:150/60 17
ブレーキシステム 前:φ320 mm ディスク 4ピストンラジアルマウントキャリパー
後:φ220 mm ディスク 2ピストンキャリパー
全長 1,955 mm
全幅 720 mm
全高 1,100 mm
ホイールベース 1,345 mm
燃料タンク容量 14 Lit(3.5Litリザーブ)
メーカー希望小売価格 RS125 ¥549,000-
スペインズNo.1 ¥589,000-
カラーバリエーション スペインズNo.1仕様 / アプリリアブラック / フルオレッド

このバイクは現在でも2stが新車で買えるモデル。非常に尖った性能を持っており、125ccでは抜群に速い。
15馬力を発生するらしいが、エンジン構造が違うので4stと比べられない。
デザインもスパルタンでレーシングスペックなので普段乗りではかなりきつそうな印象。
これで通勤するのはちょっと勇気が必要になりそうだ。

NSR50/NSR80

 

主要諸元

NSR50 NSR80
型式 A-AC10 HC60
全長(m) 1.580 1.580
全幅(m) 0.625 0.625
全高(m) 0.935 0.935
軸距(m) 1.085 1.080
最低地上高(m) 0.105 0.105
シート高(m) 0.665 0.665
車両重量(kg) 86 87
乾燥重量(kg) 77 78
乗車定員(人) 1 1
燃費(km/L) 58.7(30km/h定地走行テスト値) 41.0(50km/h定地走行テスト値)
最小回転半径(m) 2.4 2.4
エンジン型式 AC08E(水冷・2サイクル・単気筒) HC04E(水冷・2サイクル・単気筒)
総排気量(cm3) 49 79
内径×行程(mm) 39.0×41.4 49.5×41.4
圧縮比 7.2 7.1
最高出力(PS/rpm) 7.2/10,000 12/10,000
最大トルク(kgm/rpm) 0.65/7,500 0.97/8,000
始動方式 キック式 キック式
点火装置形式 CDI式マグネット点火 CDI式マグネット点火
潤滑方式 分離潤滑式 分離潤滑式
潤滑油容量(L) 1.1 1.1
燃料タンク容量(L) 7.5 7.5
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング 湿式多板コイルスプリング
変速機形式 常時噛合式6段リターン 常時噛合式6段リターン
変速比 1速 3.166 3.166
2速 2.062 2.062
3速 1.500 1.500
4速 1.173 1.173
5速 1.000 1.041
6速 0.884 0.923
減速比(1次/2次) 4.117/3.000 4.117/2.187
キャスタ(度)/トレール(mm) 25°00′/70 25°00′/70
タイヤサイズ 100/90-12 48J 100/90-12 48J
120/80-12 54J 120/80-12 54J
ブレーキ形式 油圧式ディスク(2ポットキャリバー) 油圧式ディスク(2ポットキャリバー)
油圧式ディスク 油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック式 テレスコピック式
スイングアーム式 スイングアーム式
フレーム形式 ダイヤモンド(ツインチューブ) ダイヤモンド(ツインチューブ)

このバイクはNSR250のミニサイズモデルで通称“Nチビ”とも言われる。
今でも非常に人気のバイクで当時の価格より下がってないどころかむしろプレミアがつくほど。
NSR50は50ccの原付ながら非常に高回転まで回る2stエンジンと軽い車体のおかげで激的な加速をする。カスタムすれば軽く100km/hはでるらしい。
走っても楽しい、いじっても楽しい、ライダー心をくすぐるモデルだ。

当然ながらハードな使い方を強いられる車体がゆえに、中古車市場でもいい程度の車両を見つけるのは困難で見つけたとしても相当高額な価格になってしまう。
これを所有している人が羨ましい限りだ。

⇒(楽天)【NSR50】ボアアップキット 46.0mm 68.8cc【送料無料】
⇒(楽天)NSR50(87-99)用 エアロシャークフェンダー(シロ)

まとめ

ホンの少ししか紹介できなかったが、いかがだっただろうか?
小排気量でもスポーツバイクはたくさんある。しかし、時代は変わってバイク需要も減りつつあるが、やはり趣味の乗り物というカテゴリーでスポーツバイクというのはやはり花形!まだまだ廃れていって欲しくないものだ。
リッターバイクや大型バイクもいいが、小型バイクも遊んで楽しいということにおいては負けていない気がする。

SPONSORED LINK

関連記事

スマホホルダー アルミ サインハウス

サインハウスのアルミ製スマホホルダー取り付けと注意点 バイクカスタム

こんにちわ、紫摩(しま)です。 バイクのスマホホルダー、皆さんどんな奴を使ってますかね?

記事を読む

ゲイルスピード ラジアルマスター ハイスロ

【ACTIVEゲイルスピードラジアルマスター】VTRのブレーキ交換!性能とコントロール性は?横置きとの比較

こんにちわ、紫摩(しま)です。 VTRをジムカーナ使用に作っていていろいろ試行錯誤していた

記事を読む

アストロプロダクツ ビードブレーカー

アストロプロダクツのビードブレーカーのインプレ!12〜17インチバイクを試してみて。

こんにちわ紫摩(しま)です。 バイクのタイヤ交換はいつもタイヤチェンジャーを借りて行ってい

記事を読む

つな講習 ニーグリップ 上半身 操り方 乗り方

保護中: ジムカーナ『つな講習』とは。3つの基礎でうまくなる!初心者~中級トレーニング集(ライン取り・ニーグリップ・回転)の紹介

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回は大見勝成選手が主催するミニ講習会、『つな講習』の紹介

記事を読む

汎用 オイルキャッチタンク バイク コンパクト

バイクの汎用オイルキャッチタンク【VTR250】取り付け方と効果 ブローバイのドロドロ対策に

こんにちわ、紫摩です。 前回の記事でKTM内圧コントロールバルブを取り付けて、乳化したブロ

記事を読む

バイク ブレーキランプ CBR125R

バイクの前ブレーキライトが急に点かなくなったら…原因は断線かも。スイッチ交換では直らない

こんにちわ、紫摩です。 愛車のCBR125Rも購入してから10年ぐらいたちました。エンジン

記事を読む

DSC00891

塩江ふじかわ牧場へLINEグループツーリング!途中で緊急避難指示!?その原因とは?

こんにちわしまです。 今日はバイクのツーリングに参加してきましたので綴っていきたいと思います。

記事を読む

ゴールドウィン ウインター グローブ 手袋 

【女性向け】普通の手袋でバイクの運転は危険なのか?レディース用ゴールドウィン防寒グローブ紹介!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 バイク乗りの装備で色々試したくなるのが真夏と真冬。

記事を読む

低身長 バイク ウェア サイズ

低身長ライダー用バイクウェア選び方&プロテクター考察「合うサイズがない!」

こんにちわ、紫摩(しま)です。 YouTubeの動画の方でももうご覧になった方はご存知かと

記事を読む

TT900GP CBR125R

【CBR125Rタイヤ交換】RX01からTT900へ!ツーリングタイヤとのグリップ力の違いと暖まりやすさ

こんにちわ紫摩です。 今回愛車のCBR125Rのタイヤ交換をしに高松のイワサキまで行ってき

記事を読む

スポンサードリンク

コメントを残す

スポンサードリンク

VTR250
【また故障バイクを手に入れた!】VTR250の状態とバイクのレストアについて

こんにちは、紫摩です。 以前にもVTR250を格安で購入してレス

VFR800F
【大型バイクの車検で気を付ける事】年式違いのハンドルやマフラー交換すると不適合?カスタム車両でもOKなのか検証してみた VFR800F

こんにちは、紫摩です。 VFR800Fを購入してはや2年。車検の

ぱくたそ
香川の交通マナーの悪さから学ぶ【信号で一番危険なのは青信号だ!】道路交通法と安全運転の豆知識

お世話になっております。紫摩です。 今回も私の指導員審査勉強にお

ロッソ4 タイヤ 
バイクの“乗りやすさ”はフロントタイヤ選びが重要だった?10割のライダーが誤解するハンドリングの良し悪しを検証してみた

こんにちは、紫摩です。 今回は謝罪も兼ねてバイクのハンドリン

cc-drivingaptitudetest-ktype-odtype_img_002
交通事故は決まった人が何度も起こす事実が判明!多発者の心理と傾向

こんにちは、紫摩です。 只今、教習指導員審査にむけて猛勉強中

ぱくたそ
教習所は免許を取らせるための施設だった?一発試験と何が違うのか。転職、入社してすぐ思ったこと

こんにちわ、紫摩です。某教習所に入社して思ったことを書いていきます

VFR ステムナット ハンドル
ステムアジャストナットの締め付け具合で何が変わる?やり方と注意点

こんにちは、紫摩です。 以前からVFR800Fのハンドリング

ぱくたそ
30代後半からの転職がNGな人は?実際に仕事を辞めて分かった3つの事

こんにちは、紫摩です。 令和になって転職ブームとも言われてい

VFR800F 練習
【リアサス考察】ハイパープロはほんとにメリットのあるスプリングなのか?

バイクのフロントフォーク、リアサスにはスプリングがついており、この

グロム シート加工 ノイワットダン
バイクのシート加工(ローダウンなど)のやり方とコツ!ポジション変更で快適ライディングを

こんにちわ、紫摩です。 グロムのシート加工を、ようやく重

→もっと見る

  • 最新記事をメールで通知。

PAGE TOP ↑