*

VTR250転倒でも折れない汎用ステップ交換!純正、加工3種類比較

VTR250 ステップ アップステップ バンク 擦る
こんにちわ、紫摩(しま)です。

VTRのステップは低くてバンク角が稼げないことで有名(?)ですが、社外のステップに換えることである程度は対処できます。

安くてオススメなやつを見つけましたので、参考にしてみてください。

SPONSORED LINK

VTR250純正ステップとその加工

VTR250 ステップ
まずこちらが純正ステップ。
可もなく不可もなくで普通に使う分には特に問題は無い感じ。
むしろすごく万能で完成度が高い純正ステップ。

でもバンクさせていくとすぐ端をガリガリ擦ってしまうので、ここから加工やら交換を余儀なくされました。

VTR250純正ステップ加工

VTR250 ステップ 加工 交換
問題のステップの端っこを切断します。
バンクセンサー取り付け部分(出っ張り部分)だけ切り落とします。ステップラバー固定用のネジ穴は残しておきます。

VTR250 ステップ 加工 交換
こうなりました。
あまり違いはなさそうですが、これが結構効果テキメンなのです。

VTR250 ステップ 加工 交換
あまり切りすぎると足を置くスペースが狭くなるのでほどほどに。
これである程度のバンク角までは確保できるようになりました。

ただ、更にバンクさせていくとステップ位置が低い為に、今度はブーツを擦るようになってしまったのです・・・

汎用アップステップに交換

VTR250 アップステップ ステップ交換
これまでは純正をどうにかしようと切断加工しましたが、汎用品に交換するとどう変わるのでしょうか。
純正のバネとシャフトピンを使ってそのまま交換するだけのマルチステップ。
この手軽さ、パーツ点数の少なさが耐久性にも関わってきます。(CBR125Rでのバックステップは立ちごけでもすぐ曲がったりしました。)

→(楽天)アジャスタブルアップステップ

デイトナ製もいいけど、高いのはNG・・・
という事で安いものでどうなのか試してみました。

VTR250 ステップ 加工 交換 アップステップ
このマルチステップは高さも変更できるので若干ステップ位置を変更することができます。

更に加工で20mmくらい切断しました。
この長さが足を置いても違和感ないくらいの限界かなと思います。
切りすぎてしまうと足が置けず安定しませんし、長いとバンクした時に擦ってしまいます。

転倒時のステップの畳み具合

VTR250 ステップ 加工 交換 VTR250 ステップ 加工 交換
取り付け位置によって一番畳んだ状態での角度がかなり変わります。
できることなら転倒時はステップを折りたくないので、一番畳める部分を模索して調整します。

VTR250 ステップ 加工 交換 転倒 アップステップ
右側はマフラーがあるのでステップ自体はそこまで折り畳めなくても大丈夫そう。
ブレーキペダルが若干曲がるかな?

※あ、もちろんSSB(サクタスポーツバンパー)取り付け前提です。

VTR250 ステップ 加工 交換 転倒 アップステップ
問題は左側。
こちらはリアスライダーを付けていなければ、レバーやステップ、スイングアームにダメージが来ます。
画像で見る限りはステップはまだ畳めるので、致命傷は避けられそうですがそれでもいろんな部分が設置してしまいます。

端をカットしたのは転倒時に『ステップを折りたくなかったため、できるだけ短くしたかった』というのもあります

純正ステップの畳み具合

VTR250 ステップ 加工 交換 転倒 アップステップ
純正ペダルはやっぱりすごい。
完全に90度まで畳めてしまいます。

これならステップが直接的なダメージを受けることはほぼほぼなさそうです。
競技をやらない方は、間違いなく純正ペダルから交換するメリットはない気がします。

まとめ

VTR250 ステップ 加工 交換
このステップを付けた後に何度も転倒しましたが、全く折れたり曲がったりすることもなく強度も問題ない感じです。

デイトナなどの日本製?じゃなくても使えるんだなというのが分かりました。
というか、VTR250はスイングアームピボット部分に直接ステッププレートが取り付けされていて、NSRなどのスーパースポーツのようにオフセットプレートを付けられないのでステップ自体で対処するしかないんですけどね。

色々出ているのでこれがベストではないんでしょうが、ジムカーナ車両のVTRを見るとほぼ全員がステップ交換しているくらいメジャーな感じがします。

→(楽天)VTR250ステップ 商品一覧
→(Amazon)VTR250用ステップ 商品一覧

レーシングブーツ 擦れる バンク ジムカーナ
次はブレーキペダルが低いのでバンクするたびにブーツが削れて行く症状に悩まされている紫摩でした・・・

SPONSORED LINK

関連記事

ZX-25R フェンダー 才谷屋

【ZX-25R総まとめ】1年で手放す理由と、“買い”な人と“売るべき”人

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ZX-25Rを買って約一年。 色んなレビューをしてきまし

記事を読む

VTR250 シート あんこ抜き

バイクシートの“あんこ抜き”のやり方!VTR250のシートカバー張り替え&使用工具の紹介!

こんにちわ紫摩(しま)です。 VTR250のシートがボロボロだったのでシートごとまるまる交

記事を読む

CBR125R レッドゾーン

【CBR125Rインプレ】インパネ周りのデザインとセパレートハンドルのレビュー紹介

こんにちわしまです! 前回のCBR125Rフロント周りのディティール紹介に引き続いて今回はイン

記事を読む

アクションカム 画質設定おすすめ

アクションカムの録画モード(HDとMP4)画質の違いを比較!YouTubeにアップするなら最高画質でOK

こんにちわ、紫摩(しま)です! アクションカムレビュー、一記事でまとめようと思ったらかなりの量

記事を読む

ダムツーリング2

バイク初心者が一人旅!【ソロツーリングの楽しみ方】必要な準備物と走行距離の決め方

こんにちわ紫摩(しま)です! 皆さん、ツーリングやってますか?春から秋にかけてはバイク乗り

記事を読む

一眼レフ 雨 レインカバー

一眼レフのカメラ雨対策【レインカバー】オススメを紹介!雨の日はきれいに撮れるぞ!

カメラ小僧見習いの紫摩です。 イベント写真を撮りに行ったのはいいけど、撮影当日に雨だったと

記事を読む

DSC_0189

安物買いの銭失い 無駄遣いと良い買い物は紙一重!安全性という保険をお金で買う

こんにちわ~しまです。 今日も無駄遣いしてしまいました。 いえいえ今回は無駄遣いではないんです(

記事を読む

DSC_0079

霊場八十八ヶ所ツーリング第12番札所、焼山寺へ!一番の難所と言われているお寺では杉の巨木が神秘的でした。

こんにちわ、しまです。 今回はソロツーリングをしようということで四国霊場12番札所の焼山寺へ行って

記事を読む

VFR800F 

初大型でVFR800Fを選んだ理由とスペックじゃわからないスゴイところ!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 前回のブログではZX-25Rを下取りに出したとお話ししまし

記事を読む

VTR ハイスロ 

バイク ハイスロットルのメリット、デメリット!ジムカーナで使ってみたインプレ

こんにちわ、紫摩(しま)です。 オートバイ、アクセル全開時の手首の角度を浅くできるハイスロ

記事を読む

スポンサードリンク

コメントを残す

スポンサードリンク

オリンパス EM-5Mark3 14-150
マイクロフォーサーズ超コスパ良いレンズ見つけた!14-150㎜ OM-D EM-5Markに付けてみた

こんにちわ、紫摩です。 久々のカメラブログです。

Google Adsense 源泉徴収
Googleから税率30%の郵便が届いたら…。IMPORTANT TAX RETURN DOCUMENT ENCLOSED。納税義務はあるのか?YouTubeやブログでの税務情報をチェック

こんにちわ、紫摩です。 先日外国から郵便物が届きました。

スイングアームVFR800F チェーン調整
片持ちスイングアームバイク(VFR800F)のチェーン調整方法、締め付けトルクとやり方

こんにちは、紫摩です。 今回は短いですが、チェーン調整のブロ

VFR800F
VFR800Fが不人気?生産終了(2022)でいきなり人気になりそう

こんにちわ、紫摩(しま)です。 先日もお伝えしたVFR800

VFR800F ハンドル外し バーエンド グリップヒーター
VFR800Fをバーハンドルでアップポジションにしてみた!交換方法と注意点を紹介

こんにちわ、紫摩です。 今回はついに?VFR800Fのハンド

バイク カウル補修 タッチアップ
【カウル補修】タッチアップガンで直せるか?スプレー補修のやり方

こんにちわ、紫摩(しま)です。 先日の転倒で見事に削れたバイ

VFR800F レバー STF アクティブ
VFR800Fのクラッチが軽くなる!ACTIVEアクティブSTFレバーに交換!

こんにちは、紫摩(しま)です。 VFR800Fが転倒してしま

VFR800F カウルカット バンパー
VFR800Fカウルカットのコツ!バンパー取り付け(後編)必要な工具とやり方

こんにちは、紫摩(しま)です。 前回はVFR800Fにバンパ

VFR800F バンパー
VFR800Fにバンパー取り付け(SSB)立ちごけや転倒の被害軽減

こんにちは、紫摩(しま)です。 納車早々に転倒させてしまった

カウルカットの端 タッチアップ
タッチアップペンでタンクの塗装剥がれが完全に元に戻るか実験!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ZX-25Rを納車してすぐ、

→もっと見る

  • 最新記事をメールで通知。

    44人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑