*

高知県観光スポット『龍河洞』がしんどいぜよ!鍾乳洞内部の写真と詳細

龍河洞内部
こんにちわ紫摩(しま)です。

「しんどい」とは讃岐弁で“疲れる”とか“だるい”を意味します。
高知のおすすめ観光スポットとしてメジャーな場所、龍河洞ですが、実際どのようなスポットなのか紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

龍河洞とは

龍河洞
龍河洞とは日本三大鍾乳洞のひとつで高知県の香美市にあります。
何もない四国と思いきや意外にも国指定の天然記念物がいくつもあるのです。

  • 秋芳洞 山口県:総8,900m(うち1km)
  • 龍泉洞 岩手県:総3,600m(うち700m)
  • 龍河洞 高知県:総4,000m(うち1km)

有名な秋芳洞に次ぐ規模で、総延長距離4kmというのも日本三大鍾乳洞に選ばれるだけあります。

龍河洞への行き方


アクセスはJR「のいち駅」から約8km。
県道22号か龍河洞スカイラインを通って行きます。

アクセスはそこまで難しくはないので迷うことは無さそうです。

入口までは結構歩かなければいけない

龍河洞駐車場 龍河洞入口
龍河会館の横を抜けて商店街の先に行くと登り口があります。
お土産やお食事処などもたくさん。

龍河洞エスカレーター
この山の中腹に鍾乳洞の入り口があるというわけです。
登り口に階段もありますが、ほぼすべての人がエスカレーターを利用されておりました。

龍河洞内部に潜入

龍王神社
この竜王神社の横が龍河洞の入り口になります。
岩肌が迫ってきていてとても迫力があります。

龍河洞の料金

龍河洞 料金
龍河洞の中に入るには観覧料、つまりお金が必要になります。
大人1100円ということで5年前に訪れたときより値上がりしていました。

以前は800円くらいなものだった気がしますが…

ここまできて引き返すのもアレなので、せっかくだし入ることにします。

龍河洞内部

龍河洞内部
龍河洞の中は基本的に足場が組まれ、安全に観光できるようになっています。
以前はこんなにきれいに整備されてなかったのでとても歩きやすいです。

龍河洞内部
細い通路と狭い空間がまたワクワクします。
『頭上注意』の表記が至る所にあるくらい頭の上が低いのです。

洞窟内部に川が流れる

龍河洞内部
湧き水が集まって川となって流れています。
洞窟内部は湿度が99%ということもあってとにかくジメジメしています。

洞窟内部の川
チョロチョロ流れているのかと思ったら意外に流量が多いのです。
この上流には滝などもあって見所が多いのです。

人い鶏がギリ通れる狭い部分も

細い通路洞窟
龍河洞の中には人が横になって通らないといけない場所もあります。
こういう天然の通路って見たこともないような造りが多いですよね。

広い講堂のような場所

龍河洞
写真では分かりにくいですが、龍河洞の内部は高さが10m以上もある広い空間もあります。

龍河洞
ライトアップされていて非常に神秘的。
見上げると首が痛くなるほど高い。

洞窟 龍河洞
入口からは想像もできないような空間があります。
写真を撮っていると足が止まるので程々にして先に進みます。

飛龍の滝

龍河洞 飛龍の滝
進んでいくとみんなが写真を撮っているスポットの一つ、『飛龍の滝』が現れます。
規模は小さい物の、こんな洞窟内での滝って綺麗ですね。

龍河洞最大の鍾乳石「天降石」

龍河洞
何やら人が多くたまっていると思えば、ひときわ広くなった場所にステージがあります。

天降石 龍河洞
高さ11mの龍河洞の鍾乳石の中では最大の大きさの天降石と隣が絞り膜。
とても迫力があって神秘的です。

鍾乳石のでき方
鍾乳石はとても時間がかかるようですね。
この年になると自然の壮大さをまじまじと感じるようになります。

ただ歩くだけじゃなくて“どうなってこの姿ができたか”を考えながら進むともっと楽しめますよ。

「滝」と付く名称が多い

滝口
さて進んでいるといたるところに滝が現れます。

本物の滝もありますが、鍾乳石が滝のように見える場所も多い。

玉簾の滝
「玉簾の滝」は高さが6mもある、とても綺麗な鍾乳石です。
つららのように垂れ下がってきていることから滝のように見えます。

龍河洞内部画像

龍河洞内部 龍河洞内部 龍河洞内部 龍河洞内部 龍河洞内部 龍河洞内部
紹介が面倒なので写真を連投します(笑)。
全体を通してそこまで広い道ではなく、どちらかというと頭を打ちそうなくらい低いところが多いのです。

最後に心臓破りの「しんどい坂」

龍河洞 しんどい坂
通天門のしんどい坂を上ると星の世界へ行けるらしい!
これは頑張らないといけないですね。

龍河洞 しんどい坂
ただ、ここまで数百メートル歩いて、体力的にも結構来ている中でのこの坂はキツイ。
しかも階段の角度がえらいことになっています

龍河洞 しんどい坂
上からの眺めは。

これで結構中腹な感じ。
ここからまだまだ登っていくことになります。
20階建てビルに相当するらしく、そこまでしんどい坂を進んで行きます。

夏場は扇風機が設置される

龍河洞 しんどい坂 扇風機
ここのしんどい坂を進んでいくと何とも嬉しいことに”扇風機”を置いてくれています。
いやー、これがほんとにうれしい。

洞窟内は20度前後でそこまで暑くはないはずなのに、湿度も相まってシャツが汗でひどいことになってしまいます。(秋以降は快適)

龍河洞
龍河洞の中はライトアップされていて意外に明るい。
とても綺麗で幻想的な空間が広がります。

綺麗で見とれてしまいますが、坂はまだまだきつく体力的には限界です。

神の壺と呼ばれる土器

龍河洞 ツボ
一応ここの目玉として神の壺なるものがあります。

これは古代人が使用されていたとされる弥生土器で、鍾乳石に飲み込まれているものとして国内でも貴重な資料になっています。
ただ、「へぇ~」としか言いようがないですが地球規模で考えればすごい事なのです。

龍河洞出口

龍河洞 出口
さて、しんどい坂を上り切ると龍河洞出口になります。
夏場はこのハードなアトラクションのおかげで汗だくになりますが、それ以降~冬は意外と快適なのです。

洞窟内の温度 龍河洞
洞窟内の温度は年間通してほぼ一定で、夏場は涼しく冬は温かいということになります。
1時間くらいは楽しめるのでツーリングをはじめ、高知観光の際はぜひ行ってみてはいかがでしょうか?

ということで龍河洞レビューでした!

SPONSORED LINK

関連記事

隼駅

鳥取県“隼駅”にバイクが集まる!ライダーの聖地、隣の売店情報と隼まつりの紹介

こんにちわ紫摩(しま)です! 隼(はやぶさ)って聞くと大抵の人は「鳥がどうした?」って思う

記事を読む

IMG_1177

東さぬき市、白鳥動物園は動物との距離が近い!貴重なホワイトタイガーもここでは有名!

白鳥動物園 香川県にある白鳥動物園というところをご存知だろうか? ここでは動物と直に触れ合うこと

記事を読む

RAKU看板

宇治のカフェ【RAKU(ラク)】レビュー!場所と駐車場の紹介。観光ついでのランチにオススメ!

こんにちわ紫摩(しま)です。 京都は宇治にある『RAKU』というカフェをご存知でしょうか?

記事を読む

DSC_0057

四国霊場1番札所、霊山寺へ!。お遍路は実は相当お金がかかるツアーであることが判明

  こんにちわ! 今日は、これからバイクでの霊場巡りソロツーリングに向けて、四国霊

記事を読む

DSC_0247

【ダムカード愛媛県】新宮ダム!赤いゲートが特徴的な秘境ダム!ツーリングが楽しい道を行く

こんにちわ、ダムツーリングが好きな紫摩(しま)です。 皆様ダムカード集めは順調ですか?

記事を読む

吉田ダム遠景

【ダムカード香川県】吉田ダム!堤高第1位の迫力がスゴすぎる!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ダムカード巡りもそろそろ大詰め、小豆島へ上陸です! ここ

記事を読む

DSC00182

初夏公園めぐりツーリング!高山航空公園~琴南~満濃池~朝日山森林公園。ゼファーとCBR125Rがゆく

今日は友達のゼファーX10thアニバーサリーモデルと僕のCBR125R2台でツーリングに出かけました

記事を読む

DSC_0108

【ダムカード香川県】香川用水調整池!めんどくさいダムカードのもらい方と見所をくわしく紹介!

こんにちわしまです。 ついに香川県ダムカードの本土最終ポイントです。 香川用水調整池、別名“宝山

記事を読む

ダウンロード

【四国の魅力】秋に出かけたいおすすめドライブスポットベスト3!

こんにちわしまです。 そろそろ秋にかけて車でもバイクでもドライブが気持ちいい季節になってきます

記事を読む

正木ダム

【ダムカード徳島県】正木ダム!真紅のラジアルゲートがカッコいい!ダムへの行き方がとにかく遠くて迷う

こんにちわ、紫摩(しま)です。 徳島県のダム巡り、今回は山奥に入っていきます。 この赤い

記事を読む

スポンサードリンク

コメントを残す

スポンサードリンク

直線 スラローム
直線スラロームがめっちゃうまくなるコツ!加減速と体重移動のタイミングがポイント

こんにちは!しまです。 今回はライテクブログです。 あまり

TNT125 アイドリング スタンド
TNT125のサイドスタンドスイッチをキャンセルするやり方!暖機運転ができない

こんにちは、紫摩(しま)です。 TNT125は誰もやってる人

TNT125 転倒 バンパー
TNT125転倒実験!スライダー兼バンパー取り付け!立ちごけ対策になるか?

TNT125を買いました。こんにちは、しまです。 そしてジム

ZX-25R リアサス ZX-10R
ZX25Rでスポーツ走行するならこのカスタム3選!+おまけ

こんにちは、紫摩(しま)です。 最近ZX-25Rネタばっかり

TNT125 レバー 
ベネリTNT125カスタム【クラッチ/ブレーキレバー】交換!

こんにちは、紫摩です。 ベネリTNT125を妻が購入したので

TNT125 マフラー
バイクサイトも知らないTNT125のスゴイところ!グロムと比べてみた結果(ヘッドライト、フォーク、フレーム、リアサス、ブレーキ)

こんにちは、紫摩です。 以前もグロムとベネリTNT125の原

ZX-25R タイヤ 交換 
【スーパーコルサSP V3インプレ】ZX-25Rでジムカーナ!公道グリップ最強タイヤは滑らないのか?

こんにちは、紫摩です。前回のブログでZX-25Rのタイヤ交換しまし

ZX-25R タイヤ 交換 
【ZX-25Rタイヤ交換】GPR300からハイグリップタイヤスーパーコルサSP

こんにちは、しまです。 ノーマルタイヤではダンロップのGPR

ZX-25R 純正ハンドルと社外ハンドル
ハンドルポジション調整の決め方 セパハンの角度で走りはどう変わる?

こんにちは、紫摩です。 前回は調整式のセパレートハンドルに交

アストロプロダクツ ビードブレーカー
アストロプロダクツのビードブレーカーのインプレ!12〜17インチバイクを試してみて。

こんにちわ紫摩(しま)です。 バイクのタイヤ交換はいつもタイ

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して『送信』で、
    更新情報を無料で通知してくれます(^^)

    42人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑