*

スポーツバイクにはやっぱりフルフェイス!購入前比較。ヘルメット選びで迷う。 アライとショウエイとOGKカブト

公開日: : 最終更新日:2015/03/22 バイク, 比較・検証系(雑学系)

バイク用ヘルメットで有名なメーカーとして挙げられるのが

ARAI

SHOEI

この二社だろう。

トップシェアを誇る一流メーカーに間違いはない。

安全が保証されているから死にたくない奴はこの二社を選べ

それ以外のメーカーをかぶるのは邪道だ!

、、、などというネットのクチコミを見てしまって以来、他のをかぶるのが怖くなってしまった反面、信者に洗脳されているような感覚にもなってしまった。

値段がものすごく高いから僕には買えないという前提でほかメーカーのヘルメット選びもしていきますww

SPONSORED LINK

頭のサイズXSって?

僕の今かぶっているヘルメット、ぐすぐすで頭を振れば大きくずれてしまう。バイクショップで頭を測ってもらったところ、、、54cm・・・

「Sか、もしくはXSでちょうどいいサイズですね」

え、そなの!?;;;

帰って自分のヘルメットの内側を覗いてみる・・・

「フリーサイズ 58cm~60cm」

ちょwそりゃ、頭ぶかぶかなわけだw

なんでこんなヘルメット買ったんだろうと今になって後悔してます。(締め付けられないから楽だという理由で買ったw)

迷っているのがこのヘルメット

OGKカブト カムイ

lb_pearl_white
インナーサンシェード搭載で眩しい時とそうでない時でスモークの瞬時切り替えが可能。これはツーリング、通勤時の日差し、トンネル、昼夜などの環境変化に対応できるのがすごい魅力。その分、安全性能は劣るし帽体もでかくなってそう。
かぶってみた感想はSではちょうどくらい。XSではピッタリ。
でも頬がキツい。(これが普通らしい)メガネスリットは位置が微妙。
かぶるのは意外ににすんなり入ります!デザインは前後に長く高さを抑えた印象。

OGKカブトエアロブレード3

lb_pearl_white
ものすごく軽いモデル。アライ、ショウエイ、その他メーカーを見ても類を見ない軽さ。
その反面衝撃耐久性能は、、、カムイより劣っているんじゃないかという個人的予想。
しかし軽さは首への負担が軽減されるのは大きい。後方確認も苦にならなくなりそう。デザインも好きなので悩み中。。。。

OGKカブト
このメーカーはすごく安くて手を出しやすい反面、衝突安全に少し不安が残ります。
会社的にはSNELL規格という厳しい試験を受ける気がないと言っております。
予算を削るためという表向きな理由の裏には技術不足で通らないと思ってしまう素人的な考えではありますが、僕の今かぶっている数千円のヘルメットよりはマシでしょうwwww

アライ アストロIQ

101020207
衝撃耐久がクソ高いのと値段が高いのは置いといて、デザインは丸型で小ぶり?なのかな?飽きが来ないベーシックなデザイン。
ちょうどXSが置いてあったので被らさせてもらった感想は「痛くない!快適!」
そう、内装がソフトなのに加え包み込むようなホールド感。
柔らかいだけじゃないしっかり感をこのヘルメットにはそう感じました。
それ以外の機能性はなし。汗で汚れてもチークバッドしか外せない。(間違ってたらすみません)被るのがキツいキツい><

ショウエイ GT-AIR(ジーティーエアー)

0000101773001
これはカムイと同じくインナーバイザー内蔵のフルフェイス。
かぶってはないので感想は言えませんが、ネットではカムイと比較対象でよく出されてますね。こちらのほうが衝撃耐久性、質感は格段に上という意見も。
デザインは人の好みなので比較になりませんが、この流線型は好きです。
ショウエイもでかく見えそうで敬遠しがちです。。。
が、高くて手が出ないというのが本当の理由。

使用する環境に合わせて選ぶ

サーキット主体か、通勤など街乗り主体か、週末ツーリング主体か。
主とするシーンに適したヘルメット選びが大切なんだなと思いました。
でもひとつだけ全てに共通することがあります、それは、

サイズは自分の頭ぴったりなものを選ぶ

これ重要ですね。使っているとパッドがヘタってくるから少々きついと思っても痛くなければそれが普通だということになるみたいです。

僕のように“ゆるいのが快適だ”と大きな誤解をしてヘルメットを買うと
のちのち後悔することになりますのでみなさんもぜひヘルメットの検討をなさってみてはいかがでしょうか?

SPONSORED LINK

関連記事

DSC_02702

レンズフィルターだけでマクロ撮影!?ケンコークローズアップレンズで接写が出来る!

こんにちわ、しましまです。 「マクロ撮影ができない!!」 一眼レフを買ってみたものの近距離で

記事を読む

四国カルスト

バイカーの聖地、四国カルストは“日本三大カルスト”の中で一番の●●●だった!400km日帰りソロツーリング

長距離日帰りソロツーリングもそろそろ大詰め! その3ということで今回はカルスト方面へ出発だ!(

記事を読む

OGK カブト リュウキ RYUKI

【OGKリュウキ】初心者レビュー!システムヘルメットRYUKIは買いなのか?良いところ悪いところ

こんにちわ、紫摩です。 2020年の夏に発売されたOGKカブトの新型システムヘルメット“R

記事を読む

ZX-25R リアサス ZX-10R

ZX25Rでスポーツ走行するならこのカスタム3選!+おまけ

こんにちは、紫摩(しま)です。 最近ZX-25Rネタばっかりアップしてます。興味のない方は

記事を読む

バイク ハンドル

グロム/MSX125のハンドル考察最終?【カブプロ110(JA10)】転倒すると曲がる!

こんにちわ、紫摩です。 MSX1225SF(グロム)って転倒すると純正ハンドルがすぐ曲がり

記事を読む

撮影キット

「王様の撮影キット」をおすすめする4つの理由!売れる商品には写真撮影のコツがある

こんにちわ、カメラ好きのしまです。 今回紹介したいなと思うのが今、口コミやネットで話題になりつ

記事を読む

KTM 減圧 内圧コントロールバルブ

減圧バルブの詰まり=白いヘドロ状はオイルの乳化 メンテナンスは定期的に 

前回紹介したKTM内圧コントロールバルブの記事でインプレは紹介しましたが、今日は簡単にメンテナン

記事を読む

vtr250 バイク ジムカーナ オススメ

VTR250サスセッティング沼(フォークとリアサスのバランス)減衰調整などジムカーナで使うには。

こんにちわ、紫摩です。 VTRを購入してレストアしていったのですが、フォークが歪んでいたり

記事を読む

スズキ軽自動車

軽自動車税が上がる!2015年4月増税、バイクの税金など詳しい変更内容と対象車両の解説。

こんにちわ紫摩(しま)です。 もう皆さんもご存知かと思いますが2015年4月からいよいよ自動車

記事を読む

CBR125Rタンクバッグ

日帰りツーリングの荷物持ち運び6選!積載方法の比較とレッグバッグとタンクバッグのメリット

こんにちわ、紫摩(しま)です。 バイクに乗っていて一番悩むこと、それは荷物の持ち運びの方法

記事を読む

スポンサードリンク

コメントを残す

スポンサードリンク

一本橋 コツ
【大型二輪】教習所の一本橋のコツと攻略法(初心者編)

こんにちわ、紫摩ですさ。 大型二輪教習受けてきました。忘れな

フロントブレーキ
【大型自動二輪免許】急制動できない!失敗せずクリアする方法

こんにちわ、紫摩です。 この度、大型自動二輪免許取得にチャレ

ハイパープロ スプリング ZX-10R
【ZX-25Rリアサス】ハイパープロスプリング②走行インプレと乗り心地

こんにちわ、紫摩です。 前回のブログは、ZX-25RにZX-

ハイパープロ スプリング ZX-10R
ZX-25Rにハイパープロのスプリング取り付け(ZX-10R用)①交換方法

こんにちわ、しまです。 今回はZX-10R(2011年以降)

ZX-25R フェンダー 才谷屋
ZX-25Rリアフェンダー「才谷屋」に交換、取り付けだ!カーボンじゃなく黒ゲルの理由

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ZX-25Rのカスタムをしな

チャレンジャー LS2 ヘルメット
LS2ヘルメットのシールドベースが壊れた!チャレンジャー(Challenger)での交換方法

こんにちわ、紫摩です。 LS2ヘルメットのChallenge

プライヤーレンチ クニペックス
プライヤーレンチ【KNIPEX(クニペックス)】がモンキーよりも凄すぎた!

こんにちは!しまです。 このページに来られた方はプライヤーレ

バイク 目線 
バイクの運転がヘタな人とうまい人の違い!事故りやすい人の特徴は?

こんにちわ、紫摩(しま)です。 この手の内容はもう今更感満載

グロム 75 リアウインカー 交換
グロム リアウインカーの外し方、ワレンズに交換

こんにちわ、紫摩(しま)です。 「グロムのリアウインカーを交

ZX-25Rミーティング
四国ZX-25Rミーティングin徳島どなりレポートとカスタム紹介

こんにちわ、紫摩です。 今回のブログは徳島県の道の駅どなりで

→もっと見る

  • 最新記事をメールで通知。

    43人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑