*

スナップ写真の撮り方と4つのコツ!ブログ用写真画像はオリジナルに限る

DSC_0674
こんにちわしまです。
写真撮影と単純に言いましても記録的な物から芸術の域に達するものまで様々。今回タイトルにありますように「ブログ用画像を探しに行こう!」という事でブログ仲間であり先生のバグさんとスナップ写真を撮りに行ってきました。
しかし自由なだけに何を撮ればいいか悩んでしまうのも事実。
そこで写真撮影についてちょっとしたヒントをお伝えしようかなと思います。

出演関連サイト:Himazinesによるデジタルライフサイト|HIMAZINES

SPONSORED LINK

スナップ写真を楽しく撮ろう!

ブログ用画像はオリジナリティが大切というのはもうご存知だと思います。
フリー画像もいいのですがそればかりに頼るよりも自分で撮った画像を使えばSEO的に見ても高評価!

どういうものが好まれるかはわかりませんが、ワンシーンや物語性のある写真だったり文章に関連づいた意味のある写真を使いますよね。
ただ単に写真を撮るだけではもったいない。せっかく外に出たのならちょっとこだわって撮ってみませんか?

スナップ写真撮影のポイント

  • 悩むより撮って慣れる
  • 仕上がりを気にせずRAWで撮る
  • 持ち物はコンパクトにまとめる
  • テーマを持って写真を撮る

今回取り上げます4つのコツを押さえて撮りに出かけてみましょう。
スナップ写真とは『日常の出来事や自然な風景、情景のワンシーンをカットして撮ること』の意味です。記念撮影とは違った奇跡の一瞬だったりと素人でももしかしたら感動できる写真が撮れてしまうというところに魅力を感じます。

という事はガチガチに固められた装備よりもフットワークが重要なのです。
そこでまず初めに写真を撮るのに必要な物を簡単にまとめてみます。

スナップ写真に必要な準備物

  • カメラ
  • レンズ
  • 三脚
  • カメラバッグ(ケース)
  • 予備バッテリー

カメラはデジタル一眼レフしかないというプロからの指摘があるかとは思いますが僕はそうは思いません。
コンデジやミラーレスには機動力という大きな武器を持っています。それこそ今回取り上げましたスナップ写真というものにおいてはフットワークを生かした撮影の方を重視したいので、いたずらに高性能な重たいカメラが絶対条件ではないと思います。

レンズはマクロを撮ったり望遠が必要な時など必要に応じて交換すれば強いですがかさばっては元も子もありません。そこで便利なズームレンズがおすすめ。
中には短焦点レンズ1本で出かけるんだ!という人も少なくはないでしょう。(コンデジはその点優勢)

三脚は撮るものによります。あるととても便利な上、撮影の幅が広がりますので荷物にならない小型のものが良いでしょう。
僕は「スリックのコンパクトⅡ」という持ち運びに便利な三脚を使っています。
関連記事:SLIK コンパクト2のレビュー|mysimasima

あとは予備バッテリーなのですが、長時間撮っていると絶対電池残量が気になってきます。
特に一眼レフカメラは消費電力が比較的多いのでコンデジに比べ燃費が悪いです。そこで予備バッテリーをもう一つくらい用意しておくのがベターかな。(荷物にもならないですしね)

スナップ写真は機動力を優先した方がストレスが少ないです。

法や肖像権に触れなければ何でもよい

DSC_0670
張り切って出かけたものの何を撮ればいいかわからない・・・
そう、ルールがないから正直迷ってしまいますよね。好きな物を撮るか需要を意識するか。はたまたきれいな景色に出会うまで粘るか…
カメラマンの好みなので正解なんてありません。そこで僕が推奨したいのは悩むよりとりあえず撮る事!です。

※但し、何でも撮っていいというわけではありません。著作権や肖像権、法に絡むものはカメラマンとして御法度。
ましてやブログを運営していく上で忘れてはいけない部分ですから思い切り撮れないと身構えてしまうかもしれません。

悩んだ挙句、結局数十枚しか撮れなかったというのでは本末転倒。そんなことよりスナップ写真にはふとしたところにおいしい情景が転がっているもの。
ただ漠然と出かけるのではなく、そんなチャンスをいかに掴むかが重要になってきますね。慣れてくれば自然と構図を考えたりこういう画像が面白そうだなと閃いて来ます。

何を撮ったらいいかじゃなく撮って慣れるのです。

カメラの設定~画質orファイルサイズ~

DSC01559
スナップ写真はとにかく撮ることと説明しましたが、そこで疑問になってくるのがカメラの設定です。
大量に撮るならファイルサイズの軽いベーシック(画質モード)で枚数を稼ぎたいところ。

最近のカメラ(一眼・コンデジ問わず)はファインもベーシックもほとんど画質の差が分からないほど性能も高くなっています。
そこでどのような設定がいいのか説明します。

軽いファイルサイズのメリットデメリット

軽いファイルサイズのメリットはもちろん撮影枚数を稼げるところにあります。ですが画質が粗いんじゃないかという疑問を思われた方は大正解。
高圧縮で画質を削って軽くしていますので当然画質は悪くなります。

あと、JPEGは加工・編集とも相性が悪いので一発で仕上がりを決めてしまわなければいけません。
編集すればするほど画像が粗くなるのでどうしても記録用になりがちです。
しかし軽いファイルサイズは何事にも重要度が高く、撮影シーンによってはむやみやたらに高画質がいいとも言えませんね。

参考記事:画像を高画質かつ軽くリサイズする方法|mysimasima

RWA(ロウ)撮影のメリットデメリット

仕上がりを一番に気にされる方は「RAW(ロウ)」で撮影するのがいいでしょう。
RAWとは拡張子でいうところのビットマップ方式と似ていて、撮影した情報(色情報や画質データなど)を圧縮せずそのままの状態で保存する方法。(先ほどファインやらベーシックというのはJPEG形式で既に圧縮し終わった物)

「 写真を撮ったけれどなんかパッとしない」「もう少し明るく撮ればよかった」というようなことはないでしょうか?
そういう時にも写真を持ち帰ってRAW現像で編集することができるのもこのRAW(ロウ)というファイル形式の強みです。
※RAWに頼らない、”一発で撮りきる腕”は僕にはありません。

RAWのデメリットは容量がバカでかいという事。ファインの2.4倍(ベーシックの7.5倍)ものファイルサイズになるのでそのぶん撮影枚数が制限されます。
その他にもデータ処理に時間がかかるとか電池をたくさん食うとか連写速度が下がるとかいろいろデメリットはありますのでシーンに応じて使い分けが必要になってきます。

テーマを決めて撮影に出かけるのが吉

猫 画像
準備物も用意できた、カメラ設定も理解できた、さぁ何を撮ろう?
先ほど「とにかく撮りましょう」と無責任に言いましたがそれでは悩みが消えません。何を撮るかルールが決まっていないので行き当たりばったりになってしまいます。

そこで重要になってくるのが『テーマを決める事』です。テーマを決めるとすんなり撮りたいものが見えてくるものです。
あれもこれもと欲張って出かけると絶対つまずきます。僕はその傾向が強く「なにしよう」と口癖のようにつぶやいてしまうのです。
植物や風景、動きのある物、建造物、動物など大まかにでいいので(縛りというわけではありませんが)「今日はこれを撮りに行こう!」と決めることが大切だと思います。

どうせ撮るならこだわりたい

DSC_0878_01DSC_0878
広いものを撮ったり壮大感を出すにはやはり広角側の焦点距離(35mm換算27mm)が良い感じ。
左が元画像、右がRAWで修正後です。実際このような青には見えませんがあえてホワイトバランスや仕上がり設定を変えて遊んでみるのもまた面白い。

わざわざ出かけてまで撮るのだから勝ち組な写真を撮りたい!
ただ単に記録的にパシャパシャ枚数を稼ぐのはもったいない。構図や仕上がりを意識するだけで後々使える画像になると僕は思います。

DSC_0872
春にはやっぱり桜や梅の花をきれいに撮りたいと思いますよね。
先ほどは広角で撮りましたがこれは望遠側を使いアップで撮っています。仕上がり設定のコントラストを下げて明るさ(露出)を上げて色もやさしい感じに仕上げました。

こうしてみると撮り方や構図、編集方法でずいぶんと印象が変わるものですね。

ブログ用写真の撮り方のまとめ

DSC_0684_01
今回ブログ用に使うスナップ写真をメインに見てきましたが、ただ撮るだけと思って出かけると意外に簡単ではないという事が分かりました。

  • ネタが見つからない
  • 天候に左右される
  • 出来事を予測できていない

上記が写真を撮るうえで悩む部分かなと感じました。
「何時にどこどこに行けばこういう写真が撮れそう」というような”予測”を立てて行動しなければならないことがすごく難しく頭を使います。
行き当たりばったりで、【撮れた】のではなく【イメージ通りに撮った】という風に言えるようになりたいものですね。

スナップ写真を楽しむ4つのポイント

  1. 悩むより撮って慣れる
  2. 仕上がりを気にせずRAWで撮る
  3. 持ち物はコンパクトに
  4. イメージやテーマをしっかり決めておく

繰り返しになりますが冒頭でも紹介しました4つのコツ。これだけでストレスなく写真撮影を楽しむことができるのではないでしょうか?特に最後のテーマを決めるという事が重要かなと思います。
いままでただ単に記録として使っていたあなたのカメラはまだまだ可能性を持っているハズです。仕上がりに悩んで撮らないくらいならRAWで撮って帰ってから編集すればいいじゃないですか。
これを期にブログ用画像を自分で集めてみてはどうでしょう。

ブログで使える写真の集め方の紹介でした!また個人的フリー画像載せますので楽しみにしていてくださいねー。

SPONSORED LINK

関連記事

ライトのセッティング

撮影ブースは簡単に自作できる!背景紙やライトを使って売れる商品写真に!

こんにちわ紫摩(しま)です! フィギュアやネット商品の写真を撮るときにもっときれいに見せられた

記事を読む

チェーン

バイクのチェーントラブルを防ぐためにやるべきメンテナンスとその方法!

こんにちは、しまです。みなさんバイクのチェーンメンテってやっておられますでしょうか? もちろん

記事を読む

外付けマイク5

小型マイク”AT9902”で動画撮影!バイクでの走行風対策にオススメの撮影方法【CBR125R車載動画あり】

こんにちわ、しまです。 YouTubeにCBR125Rというバイクでの走行動画をアップしている

記事を読む

GearS2 サムスン スマートウォッチ

選び方は見た目だけじゃない、Gear S2のいいところレビュー!女性へのプレゼントにもオススメできるかわいいスマートウォッチ

こんにちわ紫摩(しま)です! スマートウォッチって結構たくさん出ていてどれがいいのか迷うと

記事を読む

1-8 5.6 100

小物撮影でLEDライト比較!100Wと40W明るさの違いと綺麗に撮るためのメリットとデメリットとは

こんにちわ、しまです。 みなさん小物撮影のライトアップってどうされてますか? 以前の記事で撮

記事を読む

夜景撮影

【夜景撮影がうまくなる方法】綺麗に撮れない原因はカメラの設定かも!三脚の使い方と撮り方のコツ

こんにちわ紫摩(しま)です。 デジカメ撮影の中でも特にレベルの高いシーン、それが『夜景撮影

記事を読む

スズキ軽自動車

軽自動車税が上がる!2015年4月増税、バイクの税金など詳しい変更内容と対象車両の解説。

こんにちわ紫摩(しま)です。 もう皆さんもご存知かと思いますが2015年4月からいよいよ自動車

記事を読む

X1000V ケーズ商談メモ

カメラ購入の際ネットとお店はどっちがいい?価格比較とサービスの違いで賢く買う!

こんにちわ、紫摩です! 僕は電気製品をケーズデンキで買うことが多いのですが、今回買ったアク

記事を読む

LEDバルブとハロゲンバルブ

【CBR125R】バイク用LEDヘッドライト!ハロゲンバルブとの明るさの違いと光軸や品質レビュー

こんにちわ、紫摩(しま)です! CBR125RのヘッドライトにLED球を投入しました。(球

記事を読む

DSC_0340

秋祭りといえば獅子舞!牡丹くずしと平獅子の違いとは!?三木町天野神社の獅子舞の詳細!

こんにちわ、しまです。 秋といえば食の秋、読書の秋、芸術の秋といろいろありますが、祭りの季節でもあ

記事を読む

コメントを残す

タクボ 物置き ガレージ 新築 倉庫 バイク
自宅に小さい物置設置!狭い土地と駐車場のフタに悩まないオススメの選び方!安いタクボGP-157のレビュー

こんにちわ、紫摩(しま)です。 男のロマンといえば“自宅にガ

タムロン 70-300 望遠レンズ ニコン
タムロン望遠レンズ70-300mm画質とAF速度レビュー!手ぶれ補正の性能は?安いレンズだが意外とおすすめ

こんにちわ、紫摩です。 2本目のレンズ選びで候補に挙がってくるの

つな講習 ニーグリップ 上半身 操り方 乗り方
ジムカーナ『つな講習』とは。3つの基礎でうまくなる!初心者~中級トレーニング集(ライン取り・ニーグリップ・回転)の紹介

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回は大見勝成選手が主催する

クリスタルガードプロ コーティング 自動車 ボディ
『クリスタルガードプロ』レビュー!親水ガラスコーティングのメリット・デメリットと車用コーテイングの選び方

こんにちわ、紫摩(しま)です。 新車を購入してまずやっておきたい

グリースメイト KURE ベアリンググリス
ホイールベアリングのグリスアップのやり方!おすすめ万能グリスと使い方

こんにちわ紫摩(しま)です。 今回はホイールベアリングのグリ

ショウエイ X-14 フォーティーン X14
エイリアンっぽいX-14購入レビュー!OGKカブト(カムイ)とのデザイン比較とオススメポイント

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回はヘルメットの購入レビュ

GearS2 ギアS2 スマートウォッチ
ギアS2長期使用レビューと評価(良いところ&悪いところ)スマートウォッチは着信通知がとにかく便利!

こんにちは!紫摩(しま)です。 以前紹介したGear(ギア)

回転GP ジムカーナ 練習 回転
ジムカーナ『回転GP』とは?やり方とシード選手参考タイムの紹介!コースの距離、練習の方法など。

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ジムカーナの練習で”〇〇GP

VTR250 リアサス ナイトロン
VTR250リアサス交換と3種類比較!(純正、NSR用、ナイトロン)走りとセッティングの違い

こんにちわ、しまです。 VTR250でジムカーナを走っている

考え方 成功 部活 仕事 趣味 成長
努力だけじゃない!成功を掴むための2つのポイント!仕事や趣味で成長出来ないのはなぜ?

こんにちわ紫摩(しま)です。 仕事や趣味に関わらず、何事にも

→もっと見る

  • mysimasima筆者、紫摩(しま)のプロフィール

  • メールアドレスを記入して『送信』で、
    更新情報を無料で通知してくれます(^^)

    9人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑