*

PモードとAモードの違い!プログラムシフトを使うと一眼レフが楽しくなる撮影モード

DSC01580
こんにちわ、D5300が相棒のしまです。
さて、カメラファンの方ならもう知っていて当然の撮影モード設定。
しかし初心者の方で絞りや露出という意味はわかっていても各モードによってどのような違いがあるのか詳しく知らないまま使っている方も多いと思います。
という事で今回はよく使うであろう“Aモード”と“Pモード”の違いについてお話しします。

SPONSORED LINK

露出モードとは

一眼レフ説明書
最近のカメラのモードダイヤルにはフルオートの他に『P、S、A、M』といったモードが付いていると思います。これが露出モードといって撮影者が意図的に絞りやシャッタースピードを変えても任意の露出(明るさ)が変わらないようにカメラが設定を割り出してくれるモードです。(Mモード除く)

今回はその中のPモード(プログラムオート)とAモード(絞り優先オート)とはどういうものなのか、まとめてみました。

P:プログラムオート

撮影者が「この明るさを基準にしよう」と露出を決めるとそれに応じてシャッタースピードと絞り値をカメラ側が自動で適正な値にしてくれるモード。
フルオートモードと似たモードですが露出や細かい設定を変えられるという事ですごく使いやすいモード。

さらにコマンドダイヤルを回すと絞り値とシャッタースピードの組み合わせを任意で変更できます。それをプログラムシフトといいます。

A:絞り優先モード

Aモードとは絞り値(F値)を任意で換える事によって主にボケ感を変えた撮影に使用するモードです。
その際は適正露出になるようにカメラ側がシャッタースピードを決定します。

露出モード(P、S、A)とは撮影者が決めた明るさになるようにカメラ側が自動に調整してくれるオートモードなのです。

もう気づいた方もいると思います。“どちらも絞り値(F値)を任意で変更できる”という事。

プログラムオート(Pモード)の仕組み

DSC01580
ではプログラムオート(以下Pモード)の仕組みについてもう少し詳しく見ていきましょう。

Pモードには測光した明るさ(露出)をカメラが判断して同時に二つの動きがあります。

  • 絞り値を変える
  • シャッタースピードを変える

上記の2値を同時に換えて適正なシャッタースピードと絞り値でバランスよく設定を割り出してくれます。
フルオートモードに似ていますが、このPモードは露出補正や測光モード、ホワイトバランスなどを変更できるので仕上がりの幅が広がるのです。(フルオートモードでは変更不可)

なので測光した値はフルオートとPモードとでは設定によって微妙に異なります。

Pモードの設定値の変化

プログラム(あかるい)
こちらは窓ガラスの明るい部分に測光をセット。焦点距離18mm(35mm換算27mm)、露出補正は±0、ISOは320で固定にしています。

  • シャッタースピード:1/500秒
  • 絞り値:f11

この明るい部分を測光した場合はこの組み合わせをカメラが導き出しました。次に暗い部分を測光した場合はどうなるのでしょうか。
プログラム(くらい)

  • シャッタースピード:1/30秒
  • 絞り値:f3.5

シャッタースピードが遅くなり絞り値の数値が下がって明るくしています。
※シャッタースピードの数値の上に『?』マークがあるのですがこれは被写体が暗いのでフラッシュをお勧めしますという意味。

明るさに応じて中間的な最適値に設定してくれるのです。

露出補正で明るさを上げたり下げたりするとそのつど両方の設定が変わります。
絞り優先オート(Aモード)ではこのF値が固定なのでさらに遅いシャッタースピードを要求されます。

プログラムシフトとは

プログラムシフトの画面
Pモードは設定をカメラ任せにする方法ともう一つの機能、プログラムシフトがあります。

プログラムシフトとは、Pモードの標準(最適値)の設定から『シャッタースピードと絞り値との組み合わせ』の設定を撮影者が任意で変更することができます。
Pの右に*マークがついています。それが「現在はプログラムシフト中ですよ」という意味の表示です。

絞り優先オート(Aモード)プログラムシフト
1/45 F221/45 F22
1/60 F191/45 F19
1/90 F161/60 F16
1/125 F131/90 F13
1/180 F111/125 F11
1/250 F9.51/180 F9.5
1/350 F81/250 F8(基準)
1/500 F6.71/350 F6.7
1/750 F5.61/500 F5.6
1/1000 F4.81/750 F4.8
1/1500 F41/1000 F4
1/2000 F3.51/1500 F3.5

これはライブビューで設定を変えた値の一覧。
この表からわかることは“同じ明るさでの設定変更なら”両モードとも組み合わせは最適値をキープするようにカメラが割り出します。(外の明かりの基準は1/250 F8)

逆にAモードに基準はありません。測光ポイントを変えると露出の最適値は絞り値に依存します。

ISOがオートの場合はプログラムシフトはすべて自動で変わり、ほとんど調整できないので状況に応じて使い分けます。

プログラムシフトでの設定の変化

プログラムシフト(暗い部分)プログラムシフト(明るい部分)
標準値の変化はわかったのですが、ではプログラムシフト中ではどのように変化するのか。

結果は、組み合わせの値が全体的にシフトするという事が分かりました。
例えば一段明るくシフトするとシャッタースピードと絞り値の組み合わせも一段明るい組み合わせを選んでくれます。

これは他のモードと違って二つの値が同時に変化し、その値も無難な中間をキープするように設定されます
なのでフルオートモードの派生と考えるほうが良いでしょう。

  • Sモード:シャッタースピードを固定
  • Aモード:絞り値(F値)を固定
  • Pモード:測光した明るさによって数値が変化し続ける(ただし任意で明るさをシフトできる)

簡単にまとめると上記のようになります。

AモードとPモードとフルオートの違い

葉桜
勘の鋭い方はもうお気づきでしょうか?上で紹介した表を見てもらうと微妙に誤差はありますが(ファインダーの場合の値は全く同じ)AモードとPモードのプログラムシフトでの変化は同じなのでどちらも結局は同じモードではないのか?という疑問が出てきます。

いえいえ、それぞれ役割が違うのです。上記の説明を改めておさらいしましょう。

絞り優先オート(Aモード)の特徴

  • 絞り値を優先して設定する
  • 絞り値はどこを測光しても固定
  • シャッタースピードのみで露出を最適化する
  • 撮影環境によってはカメラの限界を超えて明るすぎたり暗すぎたりしてしまう

F値を固定して被写界深度を意識したこだわり撮影に便利。

プログラムオート(Pモード)の特徴

  • 絞り値とシャッタースピードをカメラが決定
  • 絞り値とシャッタースピードは常に最適値になるように変化する
  • プログラムシフトで簡易的に絞り値を変えられる
  • プログラムシフトはカメラの限界値以上には設定できない

最適な露出を常にカメラが判断。スナップ写真や失敗が許されない一瞬の撮影などに便利。

Pモードは設定が変えられるフルオート

ここからは余談です。プログラムオートはフルオートに似ているモードですが、ニコンD5300のフルオートは20ほどある設定のうち画質モード、画像サイズ、フォーカスモード、フォーカスエリア、フラッシュの5種類しか変更できないモードです。
逆にプログラムオートはすべての機能を使えるという違いがあり仕上がりの幅が広がります。

まとめ

DSC_0684_01
絞り優先オート(Aモード)とプログラムオート(Pモード)の違いは絞り固定か自動かという大きな違いがあり、しかもプログラムオートはどんな状況でも常に最適値を算出してくれるので極端な失敗写真ができないという安定感があります。

プログラムオートモードは“プログラムシフト”というやり方で設定の変更が自分好みにできるので一眼レフカメラ入門にまずオススメしたい撮影モードであります。
プログラムシフトをいじる場合はAモードの『F値を変える』という点でどちらも使い方は同じとみていいでしょう。

僕はプログラムオートの使い方を知らない頃はAモードかフルオートばかり使っていたのですが、プログラムシフトとPモードの使い分けで使用頻度がすごく高いことに気づき今ではスナップ写真の時のメインで使っています。
これを期にプログラムオートを使ってみてはいかがでしょうか?という事でカメラの撮影モードのお話でした。

SPONSORED LINK

関連記事

猫のアップ

ブロガー必見!【ピント合わせのコツ】綺麗だけじゃない、注目させる写真の撮り方

こんにちわ、しましまです。 綺麗な写真を撮る上で重要なこと、それは『ピント合わせ』がしっかり出

記事を読む

単焦点レンズ

ニコン1 J5の18.5mm単焦点と標準レンズの画質を比較!レンズキットの選び方で勝ち組に!

こんにちわ紫摩です。 前回のNikon1 J5レビューに引き続き、今回は購入の際に選ぶセットレ

記事を読む

DSC_1264

【デジカメの選び方】種類で比較、初心者にオススメ4つのポイントでもう迷わない!

こんにちわ、カメラ好きの紫摩です。 デジカメ選びって非常に迷いますよね。「買い換えたいけれど何

記事を読む

DSC_0044[1]

年賀状プリンターのおすすめ“カラリオミー”と“プリン写ル”の評価と比較をレビュー

こんにちわ、しまです。 今回エプソンのカラリオE-850の商品レビューとライバルモデルのプリン

記事を読む

歩き遍路

2015年初詣は八栗寺へ!アクセス方法と参拝の注意点。八栗ケーブルがおすすめ!

こんにちわ、おへんろ好きのしまです。 今回は“初詣に八栗寺はいかが?”という感じで、参拝に関す

記事を読む

DSC_0282

“Nikon”と”キヤノン”初心者にオススメのデジタル一眼レフの選び方とは?カメラを試し撮りの際の注意点

こんにちわ、しまです。 ブロガー友達に勧められてブロガーになってはやふた月がたちました。 そろそ

記事を読む

ライン

LINE(ライン)パズルゲームアプリ6選!面白さランキング&5段階評価で比較してみたゾ

こんにちわ、しまです。 皆さんもうLINEはご存知ですよね!そんなラインの友達間でポイントを競

記事を読む

山田家小物

山田家うどんの釜ぶっかけが絶品!場所や営業時間の紹介とおすすめメニューのレビュー

こんにちわ、うどん県民しまです。 前回、八栗寺に行ってきたわけなのですがそのすぐ近くにうどん屋の超

記事を読む

CBR125R ハイグリップタイヤ TT900GP 倒し込み

バイアス最強?小型バイクにおすすめTT900GP!寿命がかなり短いハイグリップタイヤのインプレ

こんにちわ、紫摩(しま)です! ダンロップのタイヤ、『TT900GP』を装着してから約3か

記事を読む

ライトのセッティング

撮影ブースは簡単に自作できる!背景紙やライトを使って売れる商品写真に!

こんにちわ紫摩(しま)です! フィギュアやネット商品の写真を撮るときにもっときれいに見せられた

記事を読む

Comment

  1. […] ド、ホワイトバランスなどを変更できるので仕上がりの幅が広がるのです。 [紹介元] PモードとAモードの違い!プログラムシフトを使うと一眼レフが楽しくなる撮影モード | mysimasima […]

コメントを残す

dsc_6660
VTR250対向4ポッドキャリパー取り付け方!Nプロジェクトのキャリパーサポートと必要な部品、手順の紹介

こんにちわ、しまです。 フロントブレーキの強化という事で、V

VTR250 シート あんこ抜き
バイクシートの“あんこ抜き”のやり方!VTR250のシートカバー張り替え&使用工具の紹介!

こんにちわ紫摩(しま)です。 VTR250のシートがボロボロ

エルリボン PH7 XR100 取り付け
XR100にエルリボンLEDヘッドライト交換!気になる明るさと取り付け方。PH7タイプの光量もここまできたか!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 LEDヘッドライト、もうずい

トライジムカーナ第3戦 VTR250
しま、VTR250ジムカーナ大会に挑戦記!(トライジムカーナ岡山大会、ダンロップ杯愛媛大会)2016年のまとめ!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 8月にVTR250を購入してレス

トライジムカーナ 岡山 2016 第3戦 バイク 大会
【トライジムカーナ2016】第3戦レポート!優勝者は?関東SBチャンピオンも参戦、総数84台の大会!

こんにちわしまです。 ジムカーナ大会のレポートを書くことになりま

PDバルブ フォークバルブ フロントフォーク
41パイフォーク用インナーバルブ(PDバルブ)のセッティングと取り付け&加工方法!オイル粘度、減衰調整の違い

こんにちわ、しまです。 ジムカーナ用にVTR250を作っていて気

VTR250 点火時期 進角化
【VTR250の点火時期調整】進角化のやり方!バイクの加速をよくする小加工のやり方と注意点

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ジムカーナ用にVTR250を

バイク用スプリングコンプレッサー
バイク用スプリングコンプレッサーのおすすめ!ストレート製と自動車用との違いを比較

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回はバイク用のスプリングコ

タンク ニーグリップパッド 自作 スポンジ VTR250
VTR250のニーグリップパッドを自作!スポンジを使った作り方と走りの効果

こんにちわ、紫摩(しま)です。 VTR250に乗り始めて一番

バイク ホイールベアリング 交換 プーラー
VTR250ベアリング交換方法(ホイール、ステム、スイングアーム)手順と必要な工具の紹介!

こんにちわ、紫摩です。 素人整備、第2弾?第3段?という事で今回

→もっと見る

  • mysimasima筆者、紫摩(しま)のプロフィール

  • メールアドレスを記入して『購読』で、
    更新情報の通知

    9人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑