*

PモードとAモードの違い!プログラムシフトを使うと一眼レフが楽しくなる撮影モード

DSC01580
こんにちわ、D5300が相棒のしまです。
さて、カメラファンの方ならもう知っていて当然の撮影モード設定。
しかし初心者の方で絞りや露出という意味はわかっていても各モードによってどのような違いがあるのか詳しく知らないまま使っている方も多いと思います。
という事で今回はよく使うであろう“Aモード”と“Pモード”の違いについてお話しします。

SPONSORED LINK

露出モードとは

一眼レフ説明書
最近のカメラのモードダイヤルにはフルオートの他に『P、S、A、M』といったモードが付いていると思います。これが露出モードといって撮影者が意図的に絞りやシャッタースピードを変えても任意の露出(明るさ)が変わらないようにカメラが設定を割り出してくれるモードです。(Mモード除く)

今回はその中のPモード(プログラムオート)とAモード(絞り優先オート)とはどういうものなのか、まとめてみました。

P:プログラムオート

撮影者が「この明るさを基準にしよう」と露出を決めるとそれに応じてシャッタースピードと絞り値をカメラ側が自動で適正な値にしてくれるモード。
フルオートモードと似たモードですが露出や細かい設定を変えられるという事ですごく使いやすいモード。

さらにコマンドダイヤルを回すと絞り値とシャッタースピードの組み合わせを任意で変更できます。それをプログラムシフトといいます。

A:絞り優先モード

Aモードとは絞り値(F値)を任意で換える事によって主にボケ感を変えた撮影に使用するモードです。
その際は適正露出になるようにカメラ側がシャッタースピードを決定します。

露出モード(P、S、A)とは撮影者が決めた明るさになるようにカメラ側が自動に調整してくれるオートモードなのです。

もう気づいた方もいると思います。“どちらも絞り値(F値)を任意で変更できる”という事。

プログラムオート(Pモード)の仕組み

DSC01580
ではプログラムオート(以下Pモード)の仕組みについてもう少し詳しく見ていきましょう。

Pモードには測光した明るさ(露出)をカメラが判断して同時に二つの動きがあります。

  • 絞り値を変える
  • シャッタースピードを変える

上記の2値を同時に換えて適正なシャッタースピードと絞り値でバランスよく設定を割り出してくれます。
フルオートモードに似ていますが、このPモードは露出補正や測光モード、ホワイトバランスなどを変更できるので仕上がりの幅が広がるのです。(フルオートモードでは変更不可)

なので測光した値はフルオートとPモードとでは設定によって微妙に異なります。

Pモードの設定値の変化

プログラム(あかるい)
こちらは窓ガラスの明るい部分に測光をセット。焦点距離18mm(35mm換算27mm)、露出補正は±0、ISOは320で固定にしています。

  • シャッタースピード:1/500秒
  • 絞り値:f11

この明るい部分を測光した場合はこの組み合わせをカメラが導き出しました。次に暗い部分を測光した場合はどうなるのでしょうか。
プログラム(くらい)

  • シャッタースピード:1/30秒
  • 絞り値:f3.5

シャッタースピードが遅くなり絞り値の数値が下がって明るくしています。
※シャッタースピードの数値の上に『?』マークがあるのですがこれは被写体が暗いのでフラッシュをお勧めしますという意味。

明るさに応じて中間的な最適値に設定してくれるのです。

露出補正で明るさを上げたり下げたりするとそのつど両方の設定が変わります。
絞り優先オート(Aモード)ではこのF値が固定なのでさらに遅いシャッタースピードを要求されます。

プログラムシフトとは

プログラムシフトの画面
Pモードは設定をカメラ任せにする方法ともう一つの機能、プログラムシフトがあります。

プログラムシフトとは、Pモードの標準(最適値)の設定から『シャッタースピードと絞り値との組み合わせ』の設定を撮影者が任意で変更することができます。
Pの右に*マークがついています。それが「現在はプログラムシフト中ですよ」という意味の表示です。

絞り優先オート(Aモード)プログラムシフト
1/45 F221/45 F22
1/60 F191/45 F19
1/90 F161/60 F16
1/125 F131/90 F13
1/180 F111/125 F11
1/250 F9.51/180 F9.5
1/350 F81/250 F8(基準)
1/500 F6.71/350 F6.7
1/750 F5.61/500 F5.6
1/1000 F4.81/750 F4.8
1/1500 F41/1000 F4
1/2000 F3.51/1500 F3.5

これはライブビューで設定を変えた値の一覧。
この表からわかることは“同じ明るさでの設定変更なら”両モードとも組み合わせは最適値をキープするようにカメラが割り出します。(外の明かりの基準は1/250 F8)

逆にAモードに基準はありません。測光ポイントを変えると露出の最適値は絞り値に依存します。

ISOがオートの場合はプログラムシフトはすべて自動で変わり、ほとんど調整できないので状況に応じて使い分けます。

プログラムシフトでの設定の変化

プログラムシフト(暗い部分)プログラムシフト(明るい部分)
標準値の変化はわかったのですが、ではプログラムシフト中ではどのように変化するのか。

結果は、組み合わせの値が全体的にシフトするという事が分かりました。
例えば一段明るくシフトするとシャッタースピードと絞り値の組み合わせも一段明るい組み合わせを選んでくれます。

これは他のモードと違って二つの値が同時に変化し、その値も無難な中間をキープするように設定されます
なのでフルオートモードの派生と考えるほうが良いでしょう。

  • Sモード:シャッタースピードを固定
  • Aモード:絞り値(F値)を固定
  • Pモード:測光した明るさによって数値が変化し続ける(ただし任意で明るさをシフトできる)

簡単にまとめると上記のようになります。

AモードとPモードとフルオートの違い

葉桜
勘の鋭い方はもうお気づきでしょうか?上で紹介した表を見てもらうと微妙に誤差はありますが(ファインダーの場合の値は全く同じ)AモードとPモードのプログラムシフトでの変化は同じなのでどちらも結局は同じモードではないのか?という疑問が出てきます。

いえいえ、それぞれ役割が違うのです。上記の説明を改めておさらいしましょう。

絞り優先オート(Aモード)の特徴

  • 絞り値を優先して設定する
  • 絞り値はどこを測光しても固定
  • シャッタースピードのみで露出を最適化する
  • 撮影環境によってはカメラの限界を超えて明るすぎたり暗すぎたりしてしまう

F値を固定して被写界深度を意識したこだわり撮影に便利。

プログラムオート(Pモード)の特徴

  • 絞り値とシャッタースピードをカメラが決定
  • 絞り値とシャッタースピードは常に最適値になるように変化する
  • プログラムシフトで簡易的に絞り値を変えられる
  • プログラムシフトはカメラの限界値以上には設定できない

最適な露出を常にカメラが判断。スナップ写真や失敗が許されない一瞬の撮影などに便利。

Pモードは設定が変えられるフルオート

ここからは余談です。プログラムオートはフルオートに似ているモードですが、ニコンD5300のフルオートは20ほどある設定のうち画質モード、画像サイズ、フォーカスモード、フォーカスエリア、フラッシュの5種類しか変更できないモードです。
逆にプログラムオートはすべての機能を使えるという違いがあり仕上がりの幅が広がります。

まとめ

DSC_0684_01
絞り優先オート(Aモード)とプログラムオート(Pモード)の違いは絞り固定か自動かという大きな違いがあり、しかもプログラムオートはどんな状況でも常に最適値を算出してくれるので極端な失敗写真ができないという安定感があります。

プログラムオートモードは“プログラムシフト”というやり方で設定の変更が自分好みにできるので一眼レフカメラ入門にまずオススメしたい撮影モードであります。
プログラムシフトをいじる場合はAモードの『F値を変える』という点でどちらも使い方は同じとみていいでしょう。

僕はプログラムオートの使い方を知らない頃はAモードかフルオートばかり使っていたのですが、プログラムシフトとPモードの使い分けで使用頻度がすごく高いことに気づき今ではスナップ写真の時のメインで使っています。
これを期にプログラムオートを使ってみてはいかがでしょうか?という事でカメラの撮影モードのお話でした。

SPONSORED LINK

関連記事

バーベキューコンロ 引き出し

バーベキューコンロ2選!比較(コールマン、尾上製作所)使いやすさは?おすすめは?実使用レビュー

こんにちわ、紫摩(しま)です。 バーベキューコンロって結構いろいろ種類があってどれを買った

記事を読む

ノンシールチェーン バイク

ノンシールチェーンってあり!?シールチェーンと比較、フリクションロスや加速、押し引きの軽さなど

こんにちわ、紫摩(しま)です。 先日YouTubeのコメントの中に「ノンシールチェーンを試して

記事を読む

cbr400rr

【CBR400RRをジムカーナと街乗りで使ってみて】高速域は速いが低速の取り回しはかなり難しいバイク

こんにちわ、紫摩(しま)です。 CBR400RR(NC29)の最終型を仕上げてどれだけのポ

記事を読む

1-8 5.6 100 照明 ライト 小物撮影

小物撮影でLEDライト比較!100Wと40W明るさの違いと綺麗に撮るためのメリットとデメリットとは

こんにちわ、しまです。 みなさん小物撮影のライトアップってどうされてますか? 以前の記事で撮

記事を読む

20120211_1127129

小型二輪、原付二種バイクのメリットとデメリットとは?125ccまでのスクーターならAT限定免許がおすすめ!ファミバイ特約保険で維持費も安い

こんにちわ原二生活をしているしまです。 今回はいま流行りの“小型二輪”についてのお話です。

記事を読む

アンカー モバイルバッテリー

スマホがモバイルバッテリーで充電できない!?原因と対処法。災害時にオススメの急速バッテリーの選び方

こんにちわ、紫摩(しま)です。 旅先でスマホの電池が少なくなった時に重宝するのがモバイルバ

記事を読む

アクションカムのいいところ ライブビューモニター

モトブログ用にアクションカムX1000Vを選んだ理由!GoProやAS-200Vよりもおすすめできるポイント

こんにちわ紫摩(しま)です! モトブログ用にアクションカムを導入したのは前回のブログで軽く紹介

記事を読む

ダムカード香川県

【ダムカード香川県まとめ】各ランキングと見どころ!大きさ比較などでダム巡りを楽しもう 

こんにちわ、紫摩です! ダムカードってご存知ですか? 表にダムの全景と裏面には詳細が書かれた

記事を読む

ウインターグローブ 比較 バイク 手袋

【ウインターグローブ比較】作業用手袋とバイク用との違い!真冬でも使えるおすすめグローブ4選

こんにちわ、CBR125R乗りの紫摩(しま)です。 寒い冬が到来してきました。 僕は極端

記事を読む

紅葉6

【フリー素材・無料画像集】晩秋の紅葉と冬を感じさせる風景、小物など

こんにちわしまです。 一眼レフ(Nikon D5300)で撮った写真をそのままにするのはもった

記事を読む

スポンサードリンク

Comment

  1. […] ド、ホワイトバランスなどを変更できるので仕上がりの幅が広がるのです。 [紹介元] PモードとAモードの違い!プログラムシフトを使うと一眼レフが楽しくなる撮影モード | mysimasima […]

コメントを残す

スポンサードリンク

備中松山城 岡山
お城総選挙19位!【備中松山城】現存天守のすごさを知るべし

こんにちわ、紫摩(しま)です。 先日ゴールデンウイークの休み

VTR ハイスロ 
バイク ハイスロットルのメリット、デメリット!ジムカーナで使ってみたインプレ

こんにちわ、紫摩(しま)です。 オートバイ、アクセル全開時の

串カツ 梅田 松葉
大阪梅田の串カツ屋【松葉】が超絶おいしい!地下街で立ち飲みができる“バルチカ”

こんにちわ、紫摩(しま)です。 大阪梅田の地下街においしい串カツ

グロム 16 ニーグリップパッド
後期グロム/MSX125ニーグリップパッドを自作してみた!素材は滑り止めシート

こんにちわ、紫摩(しま)です。 後期グロム(JC75)は前期型に

バイク バンク リーンウィズ コーナー
【バイクでバンクが怖い人へ】曲がらない・転倒の理由と遠心力の使い方

こんにちわ、紫摩(しま)です。 僕が免許を取ってジムカーナを始め

可倒式ステップ 可倒式ペダル
【立ちごけ対策】バイク可倒式ステップとペダル交換取り付け!バックステップだと転倒時に折れる

こんにちわ、紫摩(しま)です。 僕はライスクやジムカーナなどでバ

後期グロム 2016 ベビーフェイス
後期グロム16~【ベビーフェイス バックステップ】レビュー!交換方法 ขั้นตอนที่กลับ BABY FACE แลกเปลี่ยน・

こんにちわ、紫摩(しま)です。 いつも皆さんありがとうございます

ノンシールチェーン バイク
ノンシールチェーンってあり!?シールチェーンと比較、フリクションロスや加速、押し引きの軽さなど

こんにちわ、紫摩(しま)です。 先日YouTubeのコメントの中

2019第1戦トライコース
トライジムカーナ2019第1戦レポート 岡山バイクジムカーナ大会、優勝はやっぱりあの方…

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回もトライジムカーナ大会レ

Uターン 目線 バイク
【バイクUターンのやり方と3つのコツ】 

こんにちわ、紫摩です。 僕のYouTubeチャンネルで好評だった

→もっと見る

  • mysimasima筆者、紫摩(しま)のプロフィール

  • メールアドレスを記入して『送信』で、
    更新情報を無料で通知してくれます(^^)

    34人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑