*

車の効果的な手洗い洗車のコツ 真夏の炎天下でも跡の残らない洗い方とは

公開日: : 最終更新日:2015/12/23 バイク, , DIY

普段みなさんはどのように洗車していらっしゃいますか?
洗車機に突っ込んで拭き取るだけなんて方法も確かにありますが、ガソリンスタンドさんも車屋さんも手洗い洗車に命をかけている職人さんも多くいらっしゃいます。
そこで手洗い洗車についてちょっとだけコツなんかを書いてみようと思います。

今回は車の洗車に絞って書いていきます。
バイクの洗車方法については関連記事で詳しく書いています。

関連記事:バイク洗車方法!水を使う洗車でも問題なし|mysimasima

SPONSORED LINK

洗車前にまず服装

めんどくさいからそのままの服装っていうのもありですが、効率的に始めるなら
長靴は絶対必要。水がはねて結構下の方は汚れます。服装はベルトやボタンなどガチャガチャしてないもの。(つなぎが楽で良い)

洗車グッズとその他用意するもの

  • バケツ
  • 洗車スポンジ2種類(ボディ用、足回り等汚いところ用)
  • ブラシ(歯ブラシ可)
  • ヘラ
  • シャワー(切り替えノズル付きが良い)
  • 各種シャンプー、クリーナー等
  • タオル数枚
  • 水切りワイパー

気分で時計とBGMがあればなお良い。

はじめに足回りから洗うのが良い

これは汚れ具合、天候(季節)洗車方法、洗車場所、ボディーカラーでいろいろ変わってきます。

よく言われているのが“全体に水をかけてホコリを落として天井から洗う”ですが
結構汚れていて時間がかかるような車、それも真夏の炎天下でそれをやってしまうと
天井から水をかけたはいいが他をやっている間その都度泡と水が乾いてしまい水垢が取れません。(屋根付きガレージのある方は天候お気になさらず)

一般的な炎天下での洗車の場合、足回り、ホイール等から始めるのが無難です。

パネルごと小分けして泡を流す、ぐるっと一周するように洗う

一気に適当にあっちこっち洗うのではなく天井からならまず天井。ボンネットフロントから回って右サイド、右クォーター~リア周り~左クォーター、左サイド・・・という感じです。

その都度パネルごとに泡を流していってください。泡を残したまま放置しないこと。常にシャワー片手に流しながらやるのがベルトです。(泡が乾くと二度手間になります)

細かいところはブラシを使って洗う、しかし注意点も

天井のモール周り、ドアの水切りモール隙間、パネルの際など汚れは端の方に溜まって堆積していきます。普段からマメにしていればスポンジのみで簡単に落ちます。

しかしどうしても中古車や年月経った車だと固まってしまい取りきれない汚れもあるかと思います。
最悪ブラシにコンパウンドや専用クリーナーをつけて洗う荒業もあります。

ここで注意しなくちゃいけないのがブラシ、ヘラ等で細かいところ(特にエンブレム周り)を洗うのはいいのですが、同時に傷をつけてしまうということを覚えておいてください。

拭き取りは慎重にやらないと傷が入る

洗車が終われば乾ききって水玉模様にならないうちに水滴を拭き取ります。炎天下だとすぐ蒸発してカルキ、汚れ等が表面にこびりついてしまいます。

拭き取りは(特に黒ボディ)傷の素です。ミクロ単位で見れば傷は防げません。
最小限に抑えるために各メーカーからたくさんの洗車用タオルが発売されておりますので、吸水性の良いマイクロセームや柔らかめのモノを使用してください。(新品のタオルは水吸いません。伸びます。)

拭き取りで水を伸ばしたまま放置して汚れている車をよく見ますが、ここで手を抜くと今まで頑張ってきて意味がないので水滴が残らず拭き取ってしまってください。(僕は疲れて適当になってしまうことがよくありますw)
特にガラスは普段から目に付きやすい部分ですので乾いたタオルできれいにしてあげましょう。

最後に

洗車のことをもっと細かく奥深く話せますが(ドアの内側の洗い方は?洗車頻度は?コーティングは?ボディ色での洗い方の違いは?etc)、どんどんキリがなく文字数ばかり増えるのでまた今度の機会にしていきたいと思いますww

 

SPONSORED LINK

関連記事

アクションカムのいいところ ライブビューモニター

モトブログ用にアクションカムX1000Vを選んだ理由!GoProやAS-200Vよりもおすすめできるポイント

こんにちわ紫摩(しま)です! モトブログ用にアクションカムを導入したのは前回のブログで軽く紹介

記事を読む

キタコ キル セル 汎用スイッチ

【ハイスロにブレーキが当たる対策】汎用薄型スイッチ(キル&セル)取り付けと配線加工(キタコ)

こんにちわ、紫摩です。 先日取り付けしたゲイルスピードのラジアルマスターですが、ハイスロットル

記事を読む

フルフェイスに取り付け2

BTマルチインターフォン取り付け方!2種類のヘルメットで解説。バイク用インカムって結構便利!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 前回の記事で安いインカム『BT マルチインターフォン』の使い方

記事を読む

クールカーシート レビュー カー用品

夏の長距離ドライブに『クールカーシート』が猛暑対策にオススメ

ちょっと投稿の時期が外れますが、夏のドライブにおすすめグッズがあります。 クールカーシート

記事を読む

CBR125R リアサス YSS リアショック 取り付け

【YSSリアサス交換】CBR125Rジムカーナ、サスセッティング!タイヤグリップの限界が上がって転倒回数が減る

こんにちわ、紫摩(しま)です。 いつも皆さまブログとYouTubeを見て(観て)くださって

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【グロム転倒対策】エンジンスライダーOVER(オーバー)取り付け&製品比較

こんにちわ、紫摩です。グロムで転倒すると状況によっては結構なダメージが予想されます。 ハ

記事を読む

VTR250 バンパー SSB 転倒 ジムカーナ

VTR250転倒対策にSSBバンパーをオススメする理由とジムカーナでの効果

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ジムカーナの必需品としてバンパー(エンジンガード)があります。

記事を読む

CBR125R 突き出し量 フォーク

【フロントフォーク突き出し量調整】Uターンがやりやすく切れ込みも速いがメリットとデメリットがある

こんにちわしまです。 今回のCBR125R整備は『フロントフォークの突き出し量調整』です。ここ

記事を読む

バイク スプリング フロントフォーク

ハイパープロのスプリングに交換!競技と街乗りでの比較レビュー。VTR250で使ってみた評価はまずまず

こんにちは!紫摩(しま)です。 今回のレビューは『ハイパープロスプリング』です。 シ

記事を読む

ショウエイ X-14 フォーティーン X14

エイリアンっぽいX-14購入レビュー!OGKカブト(カムイ)とのデザイン比較とオススメポイント

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回はヘルメットの購入レビュー偏という事で、ショウエイのニ

記事を読む

スポンサードリンク

Comment

  1. fatcat より:

    かなり手早くやらないとデポジットだらけになりますよ。
    素人には無理です

    • 紫摩 より:

      コメントありがとうございます。
      濃色車は特に手早くやらないとすぐにデポジットになりますよね。
      以前美装やっていたころはテントの中でやっていたのでよかったですが、炎天下だと車種によっては磨き直しになっていました><

コメントを残す

スポンサードリンク

一眼レフ 雨 レインカバー
一眼レフのカメラ雨対策【レインカバー】オススメを紹介!雨の日はきれいに撮れるぞ!

カメラ小僧見習いの紫摩です。 イベント写真を撮りに行ったのは

裏地 アルミインナー ワークマン
【ワークマン防寒2019】裏地アルミインナーレビュー!薄手でも暖かい

こんにちわ、紫摩(しま)です。 寒い冬のウェア選び、迷います

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
【グロム転倒対策】エンジンスライダーOVER(オーバー)取り付け&製品比較

こんにちわ、紫摩です。グロムで転倒すると状況によっては結構なダメー

ライン取り2[1]
【バイク初心者向けライテク:目線の向け方】Uターンやカーブで曲がれない理由と練習方法

こんにちわ、紫摩(しま)です。 みなさんバイクに乗られていて

グロム ウインカー交換
グロム転倒、立ちごけしてウインカー破損!キタコ ワレンズ交換手順とその後

こんにちわ紫摩(しま)です。 グロム、MSXで転倒するとウイ

ギアレンチ 比較
【ギアレンチの選び方】角度、正逆レバー有無のメリットデメリット

こんにちわ、紫摩(しま)です。 整備士でもない僕が工具の話を

ツーリング
【マスツーのペース配分】初心者は遅い?速い人が偉い?着いて行けない理由

こんにちわ、紫摩(しま)です。 バイクを買ってソロツーの楽しさを

交通事故 多段階停止
事故を起こす原因と安全運転のコツ3選『危険予知トレーニング』ができてない!

こんにちわ紫摩です。 Twitterでも毎日のようにバイク事故や

後期グロム 16 ヨシムラ マフラー
後期グロムにヨシムラ ダウンマフラー交換と排気音インプレ

こんにちわ、紫摩(しま)です。 グロムの定番カスタム、マフラー交

ぱくたそ 失敗
失敗しても大丈夫!辛い思いをせずして経験談は語れない

こんにちわ、紫摩です。 また暗いメンタル的なお話なので興味が

→もっと見る

  • mysimasima筆者、紫摩(しま)のプロフィール

  • メールアドレスを記入して『送信』で、
    更新情報を無料で通知してくれます(^^)

    35人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑