*

【BTマルチインターフォンの使い方】安いバイク用インカムのレビュー!

充電はUSB
こんにちわ、CBR125Rに乗ってます紫摩(しま)です。

バイクツーリングは楽しいですよね~。
しかし、もっとツーリングを楽しくするアイテムがあるのはご存知ですか?

そう、インカムです!ブルートゥース(Bluetooth)や電波などで会話ができたり音楽を聴いたりできるものなのですが、今回紹介するインカムはとにかく値段が安い商品!
ちょっと面白そうなので買ってみました。

関連記事:BTマルチインターフォンの取り付け方!2種類のヘルメットで解説!|mysimasima

SPONSORED LINK

バイク用インカム

インカムとはもうご存知、バイクに乗りながら会話ができるトランシーバーみたいなものですね。
正確にはブルートゥースという通信でワイヤレスで周辺機器とのペアリングができるのがいいところ。

  • B+COM
  • cellularline
  • SENA
  • デイトナ

主な有名メーカーはこのあたりでしょうか。

2015年春発売予定!予約受付中!【B+COM 5X】サインハウス B+COM(ビーコム) SB5X ペアユニット バイク用Bluetoothインカム 5月発売予定

B+COM(ビーコム) SB5X ペアユニット
価格:70,200円(税込、送料込)

大手メーカーの特徴は品質がいいこと。ノイズが少ない、音がクリーンなどの性能はもちろん、スタイリッシュでコンパクトなうえ数台で同時会話もできるというのが強み。

有名メーカーのデメリット

そんなビーコムをはじめ、一流メーカーのインカムにもデメリットはあります。

  • 価格が超高い!

そうなのです、価格が高いのがネックになります。
レシーバー単体なら17,000円くらいからあるのですが、ツーリングで使うとなると自ずとセットで買うことが前提となってきますので30,000円~60,000円くらいでしょう。

物はいいとわかっていてもなかなか手が出ないのも事実。
→(楽天)バイク用インカム 商品一覧

BT マルチインターフォンとは

BTマルチインターフォン内容
大手メーカーはそんな高額なインカムばかりでさすがに手を出せていなかったのですが、ふと楽天の方で安いインカムを見つけました。

来る小豆島原付ツーリングのためにと思いまして、安物買いの銭失いと分かっていながら恐る恐る購入を決意しました。

それは『BT マルチインターフォン』というインカムで楽天で検索すると上位に出てくる人気商品なのです。
英語表記が“BT MULTI-INTERPHONE”ですね。

とにかく価格が安い!

そう、なんといってもこれの魅力は「価格が安いこと」にあります。
しかも2個セットというからまたうれしい。

→(楽天)BT Multi-Interphone 500m
→(楽天)BT Multi-Interphone 1000m

BTマルチインターフォンには二種類ありまして最大通話可能距離が500mと1000mがあり、それぞれに価格が違います。

最大距離1000mの方が電波のパワーが強そうという単純な発想でそちらを選びましたが、結局のところ違いってあるのでしょうか不安です。

説明書が英語でわかりにくい

BTマルチインターフォン マニュアル
開けてみてびっくり!説明書は日本語じゃなく全てが英語表記なのです。
翻訳しないと何が何だかさっぱりわかりませんが、英語が大の苦手な僕でもなんとなく言いたいことぐらいはわかります。

という事でネットの力も借りながらではありますが説明書で見るよりも自分の手探りの方でやってみました。

BT マルチインターフォンの設定

ブル0トゥース
「まず初めにスマホとブルートゥースで連携する必要がある」と説明書では書いております。
ですがスマホがない方は使えないのかというとそうじゃない。
この機能を利用しない方は別に飛ばしていただいても大丈夫でしょう。

スマホとの連携方法

インカム ペアリング

  1. 本体の電源ボタンを『赤と青のLED』が高速で交互に点灯するまで押し続けます。
    (途中赤色LEDが点灯しますが無視して長押し)
    これが連携の待機中という事になります。
  2. スマホの設定→Bluetoothで「機器の検索」という所をタッチするとペアリングできる本体を検索します。
    ※できなければ「周辺のすべてのBluetooth機器で検出可能」という項目に切り替えて再度試してみてください。

ブルートゥース設定
完了したらこのような画面が出てきます。(2台セットなので2台とも登録してみました)
後は待つだけで携帯端末との連携が終了しますので音楽などで確認してみてください。

本体同士のペアリング

充電
ツーリング中の会話をするためのセッティング。これがメインの使い方になるのでしょうか。

  1. まず本体の電源ボタン(二台とも)を『赤と青のLED』が高速で交互に点灯するまで長押し。(3~4秒ほどかかる)
  2. 次にもう一度電源ボタンを一回(二台とも)押します。すると青色のLED点滅に切り替わります。
  3. 2の状態で7秒~10秒放置して、それぞれの電源ボタンを1回押すと「ポポッ」と音が鳴りペアリング終了で会話が開始できます。
取扱説明書は英語で何やら難しく書いてありましたが、やってしまえば意外と簡単にペアリングができるものですね。

BT マルチインターフォンの使い方

インカム 電源
さて、初期設定も終わりましたら実際に使っていきましょう!
インカム同士の会話の他に携帯端末との連携をしていればこのインカムで電話や音楽を聴く事もできます。

インカム同士での会話方法

  1. 電源ボタンを2秒間長押しして赤色LEDが点灯したら離します。(青色LEDのみの点滅)
  2. その状態で少し待つと青色LEDの点滅が遅くなります
  3. どちらか一方の電源ボタンを一回押す※と「ポポッ」と音が鳴りインカム同士で会話が出ます。

※一回押す時に「カチッ」と瞬間的に素早く押すのではなく「カッチ」と0.5秒くらいかけて確実に押すとうまくいきます。

スマホからの音楽の聴き方

  1. 本体の電源ボタンを2秒間長押しして電源を入れます。(青色LEDが点灯)
  2. 携帯端末の設定→bluetoothでペアリングされている機器(V2-500、V2-1200)をタッチしてください。
    ※当然本体の電源が入っていないと接続できません。電源を落とすと接続もリセットされます。

携帯端末からの操作

スマホからの操作はいつもと同じようにメディアプレイヤーなどの再生アプリを起動させればOK。
Bluetooth連携で接続中であればヘッドセットのスピーカーから音が流れます。(スマホから音は流れない)

インカムからの操作

走行中に音楽が聴きたいと思った時、また交通に気を付けたい場合に切りたい場合は緑の通話ボタンを一回押すことでプレーヤーのON/OFFが切り替わる仕組みになっています
その際はスマホで再生中の音楽が一時停止状態になりますのでそこからの再生になります。

電話の受け方(着信)

電話ボタン
バイクに乗っていたら電話に出られないのはもちろん、着信に気づかず彼女を怒らせてしまった経験も多いのではないでしょうか。
そんな時にもすぐに役立つのでいいかもしれません。

電話がかかってきたらヘッドセットから「ピロリロ、ピロリロ」と音が鳴ります。その状態で3秒ほど待っていると自動で通話状態になります。
僕はこれが理解できずに通話ボタンを押して電話が切れての繰り返しでしたが、着信の場合何も触らなくても良いのです

電話を切るときは通話ボタンを一回押すと切断できます。
※なぜか数秒ごとに「ポッ!」という大きな音が出ます。Bluetoothの通信状況?非常に耳障り。

電話の掛け方(発信)

電話の掛け方も難しいことはありません。
直前に“こちらから”かけた相手にリダイヤルするというもの。(できればかかってきた相手にリダイヤルというバージョンも欲しかった)
緑の通話ボタンを長押しするだけでつながります。

BTマルチインターフォンの音質

インカムマイク
安いインカムにしてはすごくクリアーな音質です。
高音重視でこもった感じもなく聞き取りやすい感じ。

逆に言えば音楽などヘッドホンで聴くように重低音とはいかないので、そういう意味のではイマイチと感じてしまいます。
通話する程度ならなんら問題はないのです。

音量が変えられる

DSC_0485
音量は1~11までの11段階で音量が変えられます。
「Bluetoothで音楽を聴こうと思い音量をマックスまで上げても小さい…」
なぜかわからずこんなものかと思っていたところ、『携帯端末のボリューム』が下がっていたのです。

携帯端末の方のBGMボリュームを最大まで上げると耳が痛くなるほどの大音量まで可能になりました。
これで風切り音やマフラー音にき消されることなく音楽や通話を楽しむことができます。

まとめ

インカム取り付け
BT MULTI-INTERPHONE(マルチインターフォン)のレビューですが『安いのに意外と使える』という所でしょうか。
正直15,000円でミスったら結構痛いのですが、それでも2個セットでこの価格は他の大手メーカーに比べても相当安く手に入ったので家計が助かりました。

安かろう、悪かろうな部分

やはり安いという事でいろいろな部分でコスト削減が図られています。

  • 本体のペアリングは一度に2人(2台)まで
  • 音楽と会話は同時使用ができない
  • 防水と謳っているが少々不安
  • 説明書が日本人には不適切

といったような不安な部分はありますが値段が値段なので割り切ればそう問題になることはないでしょう。
メインになるのがツーリングでの会話。僕はその他のオプションは別になくても構わなかったので特には気にしていません。

それよりも一番不安なのが耐久性ですね
メイドインどこかわかりませんが、国産じゃないことは確か。
数か月で壊れても困るので楽天では6か月保障つきもあるほど。それを選ぶのも一つの方法かなとも思います。

→(楽天)BT マルチインターフォン 商品一覧

安いバイク用インカム『BT マルチインターフォン』の使い方でした!
次回はこのインカムの取り付けなどを紹介します。

SPONSORED LINK

関連記事

CBR125R ギア比

【バイクギア比グラフ】ジムカーナで加速をよくするスプロケ選び!17Tで1速を使うか13Tで2速を使うか…

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ジムカーナという競技をはじめてCBR125Rのギア比に

記事を読む

dsc_6660

VTR250対向4ポッドキャリパー取り付け方!Nプロジェクトのキャリパーサポートと必要な部品、手順の紹介

こんにちわ、しまです。 フロントブレーキの強化という事で、VTR250ノーマルの片側2ポッ

記事を読む

LEDバルブとハロゲンバルブ

【CBR125R】バイク用LEDヘッドライト!ハロゲンバルブとの明るさの違いと光軸や品質レビュー

こんにちわ、紫摩(しま)です! CBR125RのヘッドライトにLED球を投入しました。(球

記事を読む

DSC_0079

霊場八十八ヶ所ツーリング第12番札所、焼山寺へ!一番の難所と言われているお寺では杉の巨木が神秘的でした。

こんにちわ、しまです。 今回はソロツーリングをしようということで四国霊場12番札所の焼山寺へ行って

記事を読む

RSタイチ ジャケット防寒

【バイク用防寒着の選び方】普段着でも代用できるか比較!温かいおすすめのウインタージャケット紹介

こんにちわ、CBR125Rが愛車の紫摩(しま)です! バイク乗りなら一度は経験する冬の辛さ

記事を読む

トライジムカーナ 岡山 2016 第3戦 バイク 大会

【トライジムカーナ2016】第3戦レポート!優勝者は?関東SBチャンピオンも参戦、総数84台の大会!

こんにちわしまです。 ジムカーナ大会のレポートを書くことになりましたので、僕の主観ではあります

記事を読む

no image

【50ccツーリング詳細】小豆島観光へは原付がおすすめ!オリーブの島へジョルノとジョグがゆく(サルのハグ動画アリ)

  小豆島ツーリング 今回はちょっと遠出の香川県は小豆島へ。小豆島ツーの予定のブログにも書いてた通

記事を読む

ダンロップ 靴 マジックテープ

郵便配達におすすめ、ダンロップの靴の評価と履き心地レビュー!マックスランライト2015年冬の新モデルがすごい

こんにちわ、紫摩(しま)です。 仕事用の靴でとにかく耐久性と履き心地、軽さなど全てにおいて

記事を読む

DSC00243

日本の滝100選!(動画有り)徳島県の“雨乞の滝”へ!登るのが超しんどいが綺麗な2本の滝が見れる場所

今日は四国霊場八十八ヶ所巡りのついでに徳島県神山町にある「雨乞の滝」に行ってまいりました! 最

記事を読む

はがきの指送り 郵便配達

郵便・新聞配達にオススメの手袋4選!仕事で役立つバイクグローブのレビュー

こんにちわしまですー。 この冬も大寒波が到来していっそう仕事が辛くなりますね。 外回りでバイク便

記事を読む

コメントを残す

dsc_6660
VTR250対向4ポッドキャリパー取り付け方!Nプロジェクトのキャリパーサポートと必要な部品、手順の紹介

こんにちわ、しまです。 フロントブレーキの強化という事で、V

VTR250 シート あんこ抜き
バイクシートの“あんこ抜き”のやり方!VTR250のシートカバー張り替え&使用工具の紹介!

こんにちわ紫摩(しま)です。 VTR250のシートがボロボロ

エルリボン PH7 XR100 取り付け
XR100にエルリボンLEDヘッドライト交換!気になる明るさと取り付け方。PH7タイプの光量もここまできたか!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 LEDヘッドライト、もうずい

トライジムカーナ第3戦 VTR250
しま、VTR250ジムカーナ大会に挑戦記!(トライジムカーナ岡山大会、ダンロップ杯愛媛大会)2016年のまとめ!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 8月にVTR250を購入してレス

トライジムカーナ 岡山 2016 第3戦 バイク 大会
【トライジムカーナ2016】第3戦レポート!優勝者は?関東SBチャンピオンも参戦、総数84台の大会!

こんにちわしまです。 ジムカーナ大会のレポートを書くことになりま

PDバルブ フォークバルブ フロントフォーク
41パイフォーク用インナーバルブ(PDバルブ)のセッティングと取り付け&加工方法!オイル粘度、減衰調整の違い

こんにちわ、しまです。 ジムカーナ用にVTR250を作っていて気

VTR250 点火時期 進角化
【VTR250の点火時期調整】進角化のやり方!バイクの加速をよくする小加工のやり方と注意点

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ジムカーナ用にVTR250を

バイク用スプリングコンプレッサー
バイク用スプリングコンプレッサーのおすすめ!ストレート製と自動車用との違いを比較

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回はバイク用のスプリングコ

タンク ニーグリップパッド 自作 スポンジ VTR250
VTR250のニーグリップパッドを自作!スポンジを使った作り方と走りの効果

こんにちわ、紫摩(しま)です。 VTR250に乗り始めて一番

バイク ホイールベアリング 交換 プーラー
VTR250ベアリング交換方法(ホイール、ステム、スイングアーム)手順と必要な工具の紹介!

こんにちわ、紫摩です。 素人整備、第2弾?第3段?という事で今回

→もっと見る

  • mysimasima筆者、紫摩(しま)のプロフィール

  • メールアドレスを記入して『購読』で、
    更新情報の通知

    9人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑