*

日本最初の国立公園、屋島へドライブ!ミステリーゾーンとは一体?屋島寺へ四国八十八ヶ所巡り

日本最初の国立公園ということで、香川の“屋島”へ行ってまいりました!
天気も良くなったのでバイクで行こうと思ったのですが、車で行ったのには深い理由があります。
それも含めてご紹介。DSC00958

DSC00957

SPONSORED LINK

ドライブウェイは原付走行禁止!?

DSC00961

そう、屋島寺へ行くためにはドライブウェイなる有料道路を通らなければいけないのだ。
自動車専用有料道路は125cc以下の二輪と自転車、歩行者が通行禁止。

僕のCBRは小型二輪なのでダメじゃないかw
ということで実家から車を借りて来た。
しかもこの春に値上がりもして通行料¥640もしましたさ・・・・DSC00959

これが料金所。意外にも若いお姉さんがやっていたので、まぁヨシとしようw
さてここからドライブだー(といっても数キロのみ)
やはり休日ということもあってか観光客が多い!目的は山頂にある屋島水族館だろう。

ミステリーゾーンが出現!

屋島ドライブウェイを登っていると突如ミステリーゾーンが出現する。
それを目当てに行ったというのもあるのだが、やはり気持ちが悪くなる。
なぜか?
上っているのか下っているのかわからなくなる

DSC01024

実際は上っているのだが、地形と風景との影響で目の錯覚が起こりあたかも下っているように見えるのだ。
写真でもわかるとおり、パッと見は下りにしか見えない。
しかもニュートラルに入れると後ろにゆーっくり下がっていく。(上りだから)

一度訪れてみてはいかがだろうか?
さて、そんなドライブウェイをのぼり着いた先が屋島山頂。

国立公園、屋島到着

DSC01014DSC00964

屋島とはかの有名な源平合戦が起こった舞台。戦場跡地にもなっており非常に貴重な記念公園だ。
しかし、合戦が起こった形跡はほとんど残っていない。
DSC00967

ここがそうだったという歴史。(以下はWikipedia参照)

一ノ谷の戦いで敗れた平氏は讃岐屋島に陣を構えて内裏を置いた。8月、西国へ向かった範頼軍は当初は順調に山陽道を制圧したが、やがて長く延びた戦線を平氏の水軍によって分断された。また、関門海峡平知盛によって封鎖されて兵糧不足に陥り進軍は停滞した。この状況をみた義経は元暦2年(1185年)正月、後白河法皇に西国への出陣を奏上してその許可を得る[10]。同年2月、義経は阿波勝浦へ上陸後、在地武士を味方に引き入れて背後から屋島を急襲し、平氏を追い落とした(屋島の戦い)。

屋島寺へお参り

DSC00970

屋島山頂にあるここ四国霊場、屋島寺は新屋島水族館に向かう道のりの途中にある。
広くて境内も綺麗。多くの観光客で賑わっていた。

DSC00971

写真が多いので小分けにして紹介するぞ。
やはり家族連れが多い。僕も子供の頃に何度も訪れた事もあったが、もう20年も昔の話だ。
見たことある景色が蘇ってきて懐かしい気持ちになった。DSC00973

こちらが本堂。カメラスペックは大したことはないが、構図を考えると意外に綺麗に撮れてしまう。
天気も回復して青空とのコントラストがまたいい♪これはタヌキの像なのか??DSC00979

本道へお参りしたあとはどうしようか迷っていたので、せっかく高いお金を払ってドライブウェイを通ってきたのだからもうすこし屋島を散策することにした。

屋島展望台を目指して

DSC00980

現在地から少しばかり歩くと屋島山頂▲という表示があることに気づく。
興味津々な僕はネタのためには行かねばなるまいと思い足をすすめる。

しかしこれが歩くと結構遠かったのだ・・・
DSC00983

木漏れ日がすごく心地いい。やはり山の上ということもあって空気が少し涼しい気がした。
気がしただけなのだ。本当は真夏の暑い中、歩いて汗だくになってしまった。

ここを数分(距離にして200mくらい?)歩くと展望台に到着する。
DSC00985

DSC00987 こちらは五剣山を眺める方角。東になるのかな?頑張って歩いてきただけある。すごく景色がいい!

五剣山というと四国霊場、85番札所「八栗寺」があるところだ。写真中央の剣が伸びているような山がそれだ。
屋島寺の次に行くべき場所だが、今回は時間もないので見送ることに。
DSC00989

展望台からもう少し歩いてみようということになりしばらく山道を散歩する。どこに向かっているか当てもわからないが、展望台があると信じ足をすすめる。
DSC00990

と、着いた先になにやら廃墟らしき建物があるではないか。
これはかつて営業していた屋島ケーブルの山頂駅跡だ。DSC00991

ここを昔に子供の頃一度だけ乗ったことがある。その当時はケーブルカーも満員で結構賑わってた印象があるが、今となっては屋島に上がる人も減少しているとか。そんなことで収支が悪化し2005年に事業廃止になったらしい。DSC00993 DSC00995

マツダの軽トラ。名前はわからない。ものすごい古い車両だ。こういうのが歴史を感じさせる。
やはりここだけ時代が止まっているかのような感じになった。DSC00996 DSC00998

屋島ケーブルの詳細をウィキペディアで見つけたので見てください。~屋島ケーブル~
なにか廃止で寂しいような気持ちになりました。
往復1300円を払ってまでここを利用しなくても車で登ればいいのでそりゃ乗らないわなぁ。

水族館方向へ行ってみる

DSC01002

こちらは商店が連なっており、お食事処、喫茶なんかも数店営業していた。
昔はすれ違うのも困難なほど観光客が多かったのだが、この有様。
衰退しているのだろう。
それはなぜか。屋島ドライブウェイが有料なのでわざわざお金を払ってまで行くことないと思ってしまう。
しかし四国では水族館があまりないので観光にはいいと思うが・・・
そもそもドライブウェイを無料にすれば絶対観光客増えると思う。
DSC01007

西側の展望台からは高松市内が一望できる。
遠くの方にサンポート高松も眺められる。風が涼しくて疲れを一掃できたのはいい。
DSC01003 DSC01006

ここからの瓦投げという遊びができる。開運厄除にどうぞ。
子供の頃にどこまで遠くに投げられるか何度も挑戦していた。
「下の人に当たったりしないの?」子供ながらにそういう不安があったのだが、どんだけの遠投しなきゃいけないんだという話wwDSC01012

こちらは『血の池』と呼ばれる池。
かつて武士が刀の血を洗ったとされる場所。詳しくは下の看板の写真にて。
DSC01013

いまでは普通の池だが、なにげに足を踏みしめているところがかつての歴史上ではここで本当に戦があったのだという事を教えてくれる貴重なものだ。DSC01018 DSC01019

 

さてこの日は八十八ヶ所巡りで屋島寺に行ったわけなのだが、それ以上にいろんなネタが収穫できた。
源平合戦の地もそうだし山頂からの景色、廃業になった屋島ケーブル、ミステリーゾーンなど。

色々と面白い場所だなということを改めて実感した一日だった。
昔によく訪れていたが、何年ぶりかわからないくらいにくるとまた違った目線で観光ができるのでそれもいいところだね。


SPONSORED LINK

関連記事

バイク 排気量 違い 速い 遅い

Mjバイク主催!サンリゾート仁尾にて“うつらん会”という撮影イベントに参加して来た!

こんにちわ、しまです。 今回のLINEツーリングオフは、香川県の仁尾町にある“サンリゾート仁尾

記事を読む

DSC_3219

【ダムカード高知県】早明浦ダム!四国で一番大きいダムへの行き方と見どころ!観光やツーリングにおすすめ

こんにちわ紫摩(しま)です。 四国の水瓶、早明浦ダムへ行ってきました。 ここの特徴は

記事を読む

ダムカード香川県

【ダムカード香川県まとめ】各ランキングと見どころ!大きさ比較などでダム巡りを楽しもう 

こんにちわ、紫摩です! ダムカードってご存知ですか? 表にダムの全景と裏面には詳細が書かれた

記事を読む

DSC_0057

四国霊場1番札所、霊山寺へ!。お遍路は実は相当お金がかかるツアーであることが判明

  こんにちわ! 今日は、これからバイクでの霊場巡りソロツーリングに向けて、四国霊

記事を読む

DSC_0134

香川県の重要文化財「二本杉」津柳にある樹齢800年の巨大な杉を見てきた

二本杉という巨木 今日は香川県の三木町津柳にあります、『二本杉』と『高仙山』に行ってまいりました。

記事を読む

自宅へ2

400kmソロツーリングの帰り道ルートの選び方とは。疲労のピークであわや大問題発生!?

さて、今回の長距離日帰りソロツーリングもついに最終話でございます。(下部リンク有り) その3で

記事を読む

DSC_0136

【ダムカード香川県】田万ダム!シンプルイズベスト、長柄ダムの弟分だが8連自然調節ゲートで意外に大柄!

こんにちわ、ダムにわかファンしまです。 長柄ダムのすぐ近くにある“田万ダム”へ行ってきましたので詳

記事を読む

DSC_0079

霊場八十八ヶ所ツーリング第12番札所、焼山寺へ!一番の難所と言われているお寺では杉の巨木が神秘的でした。

こんにちわ、しまです。 今回はソロツーリングをしようということで四国霊場12番札所の焼山寺へ行って

記事を読む

DSC00182

初夏公園めぐりツーリング!高山航空公園~琴南~満濃池~朝日山森林公園。ゼファーとCBR125Rがゆく

今日は友達のゼファーX10thアニバーサリーモデルと僕のCBR125R2台でツーリングに出かけました

記事を読む

フェイクレザーシフトブーツ

【自作シフトブーツの作り方】フェイクレザーがカッコイイ!ダサい純正から簡単にカスタムできる

こんにちわ、紫摩(しま)です! 今回はMT車のシフトブーツの自作について、作り方や作業手順

記事を読む

スポンサードリンク

コメントを残す

スポンサードリンク

直線 スラローム
直線スラロームがめっちゃうまくなるコツ!加減速と体重移動のタイミングがポイント

こんにちは!しまです。 今回はライテクブログです。 あまり

TNT125 アイドリング スタンド
TNT125のサイドスタンドスイッチをキャンセルするやり方!暖機運転ができない

こんにちは、紫摩(しま)です。 TNT125は誰もやってる人

TNT125 転倒 バンパー
TNT125転倒実験!スライダー兼バンパー取り付け!立ちごけ対策になるか?

TNT125を買いました。こんにちは、しまです。 そしてジム

ZX-25R リアサス ZX-10R
ZX25Rでスポーツ走行するならこのカスタム3選!+おまけ

こんにちは、紫摩(しま)です。 最近ZX-25Rネタばっかり

TNT125 レバー 
ベネリTNT125カスタム【クラッチ/ブレーキレバー】交換!

こんにちは、紫摩です。 ベネリTNT125を妻が購入したので

TNT125 マフラー
バイクサイトも知らないTNT125のスゴイところ!グロムと比べてみた結果(ヘッドライト、フォーク、フレーム、リアサス、ブレーキ)

こんにちは、紫摩です。 以前もグロムとベネリTNT125の原

ZX-25R タイヤ 交換 
【スーパーコルサSP V3インプレ】ZX-25Rでジムカーナ!公道グリップ最強タイヤは滑らないのか?

こんにちは、紫摩です。前回のブログでZX-25Rのタイヤ交換しまし

ZX-25R タイヤ 交換 
【ZX-25Rタイヤ交換】GPR300からハイグリップタイヤスーパーコルサSP

こんにちは、しまです。 ノーマルタイヤではダンロップのGPR

ZX-25R 純正ハンドルと社外ハンドル
ハンドルポジション調整の決め方 セパハンの角度で走りはどう変わる?

こんにちは、紫摩です。 前回は調整式のセパレートハンドルに交

アストロプロダクツ ビードブレーカー
アストロプロダクツのビードブレーカーのインプレ!12〜17インチバイクを試してみて。

こんにちわ紫摩(しま)です。 バイクのタイヤ交換はいつもタイ

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して『送信』で、
    更新情報を無料で通知してくれます(^^)

    42人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑