*

ラップ塗装にチャレンジ!やり方とうまくいくコツの解説。缶スプレーでカッコよくできちゃう!

公開日: : 最終更新日:2020/12/10 , DIY

IMG_1706
こんにちわ、紫摩(しま)です。今回はラップ塗装のDIYです。
あえて市販の缶スプレーにこだわった理由は、塗装屋さんに出さなくてもビギナーでも手軽に自分でチャレンジしたいっていう僕の経験談からDIYの楽しさを知ってほしいためです。

そこで板金塗装の仕事をしていた観点から、失敗の少ないローリスクな方法をご紹介します。

SPONSORED LINK

ラップ塗装とは?缶スプレーでも大丈夫?

ラップ塗装とは普通の塗装じゃない、いわゆるカスタムペイントの一種。
缶スプレーでももちろん簡単に出来てしかもカッコイイ!覚えておいても損じゃないかもしれません。

はじめに用意するもの

  • サランラップ
  • 缶スプレーシルバーキャンディーカラー、クリアー (キャンディーカラーとクリアーはカー用品店で売ってます。)
  • スコッチブライト(#1500)

下地の作業

  • キズ補修(パテで埋めたり削ったり)
  • サフ前の足付け(#320~#400で良い)と脱脂
  • サフェーサーを塗って水研ぎ→足付け→乾燥

※下地処理はどんな塗装でも同じなのでここはサクッと先に進めます。

ラップ塗装の工程

ここからが本題のラップ塗装の手順です。

  1. 黒を塗る
  2. (乾燥させる)
  3. サランラップをあらかじめクシャクシャにしておく
  4. サランラップにシルバーを吹き付けてパーツにかぶせる→外す
  5. (乾燥させる)
  6. キャンディーカラーを塗る
  7. クリアを塗る

ラップ塗装、細かい解説

さて、前置きが長くなりましたが、段階に分けて塗り重ねていくやり方がラップ塗装です。

1.黒を塗る。

ベースとなる色です。シルバーとのコントラスト対比で綺麗に見えます。(あまり目立ちませんが逆に黒以外でも面白いかもしれません。)

2.乾燥→足付け(空研ぎ)

黒を乾燥させて (乾燥させないと次のラップの工程で黒色も一緒に剥がれてしまうため)水を使わずスコッチで足付けします。
※ここでの足付けは塗装の中研ぎなので、しないよりしたほうがよい程度。しなくてもどっちでもいい。

3.くしゃくしゃにしたサランラップに色を付ける

201002122032001
シルバーを本体に塗装し、直後にラップを引っ付けてやる方法もありますが、僕がオススメする“ラップ側にシルバーを塗る方法”を紹介。

安いシルバーでいいです。ラッカー缶スプレー同士の作業では何を使ってもほとんど変わりません
ラップのシワの具合でいろいろな模様ができます。 あえて軽くやってみたり逆に思いっきり細かくシワ作ってみたり(おまかせ) 一発限りなのでダンボールにでも練習しておきましょう。

→(Amazon)ラッカースプレー シルバー 商品一覧
→(楽天)ラッカースプレーシルバ 商品一覧

201002122034000 201002122032000

4.色付きラップをパーツにかぶせる

ここで失敗しがちなのですがコツはすぐ被せないこと。
数秒(量にもよりますが2~3秒程度)待ってからの方がベチャッとならず模様がくっきり出ます。ちょっと乾かし過ぎたかなと思っても少しポンポンと押さえてやれば色はつきます。

  • フワッとかぶせると大きい模様が出る。
  • ピッチリかぶせると細かい模様が出る。

というふうに使い分けるのもいいかもしれません。
この方法でのメリットはちょっとづつ様子を見ながら進められるので失敗が少ないということです。

貼り付けるとき注意点

201002122040000
※ラップをかぶせたら
すぐ外しましょう。あまり長時間くっつけすぎていると溶剤で下色の黒を溶かしてしまい、一緒に剥がれてしまう可能性もありますのでやり直しになります。
あと、下色の黒が半乾き状態でラップ行っちゃうと、同じく剥がれてきた気がします。 で、シルバーが足りないと思えばピンポイントで転写していきましょう。

ラップ塗装もそろそろ大詰め

201002122028001
ここまで出来たら少し乾かします。(細かいところが気になれば手でポンポンいってOK)
一回で決めてしまうのもいいですが何回やってもおかしくはならないと思います。

201002122058000
201002122046000
さて、ここまで出来ました。

これ実は“ラップ塗装的”には失敗です。もっと水々しい模様ができるはず…
シルバーが濃すぎて結局 迷彩カラーみたいになってますね。(まぁこれはこれでいい感じ)

5.乾燥

シルバー色の乾燥はしてもしなくてもどちらでも良いです。触ってもつかないくらいなら次の作業に移れます。
時間がわからないうちは、完全乾燥→足付け(軽く)でいいと思います。
この乾燥を省いてやってしまうとうまくいかないことが多いのです。

6.上からキャンディーカラーを塗る

IMG_1642

キャンディーカラーとは

下の色が透けて見える塗料のことでいくら重ねても下が隠れることなく透けて見えます。
見る角度によって暗いところはより暗く見えたり光が当たると鮮やかに見えたりと意外と面白い。

このキャンディーカラーは意外に価格が高いので失敗しないように慎重にやりましょう。


→(Amazon)キャンディーカラー 商品一覧
→(楽天)キャンディーカラー 商品一覧

塗装回数は約3回塗り

2010040419440000
このままでも十分艶が出ていますね。

欲張って厚塗りして垂らしてしまうとラップ塗装を溶かしてしまうので注意。

下色に黒とシルバーの理由

キャンディーカラーの特徴を生かして、黒は透けても黒のまま。 シルバー部は透けると赤のメタリックに見える。
逆に光が当たった時にパールのような深みが増す。このコントラストが綺麗な模様を生み出すわけなのです。

クリアを塗る

IMG_1706
そのままでもいいのですが、耐候性(色あせや傷つき)を考慮してクリアを塗っておきましょう。
※クリア塗装も一気に厚塗りして垂らしてしまうと台無しですしキャンディーカラーが溶けて色合いがおかしくなりますので注意です。(僕やらかしてますw)

※完全乾燥させた後にクリアを塗る場合

IMG_1649
完全乾燥させた場合は上の画像のように念のためスコッチブライトで軽く空研ぎ(白く曇る程度)してからクリアーを塗ってくださいね。
クリアの塗り方やコツはカテゴリー違いなので割愛ですが、ホイール塗装したときの記事を参考にしてみてください。

関連ページ:缶スプレーでホイール塗装|mysimasima


→(Amazon)ホルツ ラッカークリアー 商品一覧
→(楽天)ホルツ ラッカークリアー 商品一覧

僕が使ったのはこちらの『ホルツ ラッカークリアー』です。
これはスプレーの粒子が細かく、艶が綺麗に出るのでオススメです。

とにかくホルツ製のスプレーは仕上がりがきれいなのでソフト99よりもこちらを愛用しています

ラップ塗装完成 まとめ

IMG_1738

いかがでしょうか?これ全て市販の缶スプレーでやっております。
プロ道具を揃えなくてもそこそこかっこよく(頑張れば)仕上がりますので、やってみてはいかがでしょうか?
さりげない部分にこういったラップ塗装をしていると“おっ!?”と思ってもらえるのでいいかもしれません。

関連リンク:商品点数7000万点の工具類【イーデンキ】

焦ったり急いでやろうとすると決まって失敗する

IMG_1651
急いで落としてしまうとこうなりますので焦りは禁物。少しの傷でも最初からやり直しです。
クリアーも丸々塗り直し。

何事も、焦らずじっくりやりましょう。

※塗装って厚塗りしても強度は上がりません。(下地の出来に依存)
パキパキ割れるよりは薄い塗膜で柔軟を持たせたほうが良いのです。
乾燥させてから次のステップを再開しても問題ないのでコーヒー片手にじっくりやってみてください。

今回はラップ塗装のコツとやり方の紹介でした!

関連記事

オリジナルステッカーの作り方!好きなロゴをカッティングシートで作る
補修用FRPでエアロを自作!ハーフスポイラー製作と加工内容を紹介!
缶スプレーでホイール塗装のやり方とコツの紹介!作業で失敗してしまうポイントは!?

SPONSORED LINK

関連記事

手作りラスク

手作りお菓子【オーブンで簡単ラスクのレシピ】誕生日パーティーなど!材料とポイントやコツ

こんにちわ、しまです。 “お手軽お菓子作り”ということで今回はラスクの簡単な作り方を紹介い

記事を読む

チェーン

バイクのチェーントラブルを防ぐためにやるべきメンテナンスとその方法!

こんにちは、しまです。みなさんバイクのチェーンメンテってやっておられますでしょうか? もちろん

記事を読む

VTR スイングアーム 短縮

VTRホイールベース短縮のメリットは?スイングアーム削り加工でチェーンのコマを詰める

こんにちわ、紫摩(しま)です。 VTRカスタムで流行っている?スイングアーム短縮加工を僕もやっ

記事を読む

CBR125R フォークボルト フォークオイル交換

CBR125Rサスがふわふわ…フロントフォークオイル交換方法!半年~1年ごとの頻度で換えるべき。

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回はフロントフォークオイルの交換です。 “エンジンオイ

記事を読む

遊び調整

クラッチレバー遊び調整でバイクを乗りやすくする方法!アジャスターで簡単に出来るCBR125R整備

こんにちわ、いつも見てくださってありがとうございます。 CBR125R乗りのしまです。

記事を読む

事故 交通事故 追突事故 対応 流れ

追突事故に遭ってしまった!事故対応の流れと通院、保険会社への連絡や説明のやり方

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回はちょっと暗いテーマ、人身事故についてのお話です。

記事を読む

ギアレンチ 比較

【ギアレンチの選び方】角度、正逆レバー有無のメリットデメリット

こんにちわ、紫摩(しま)です。 整備士でもない僕が工具の話を言うのもなんですが、素人目線か

記事を読む

抜けた2

パンク修理を自力でやってみた!ホームセンターの修理キットで起きた失敗とその原因は

こんにちわ紫摩です。 朝、妙にタイヤの空気が抜けているなぁと思っていたらやっぱりというか当然と

記事を読む

CBR125R フロントフォーク ダストシール 交換

バイクのフォークダストシール交換方法!ヒビがあれば要注意。必要なジャッキと作業手順をCBR125Rで詳しく紹介

こんにちわ、紫摩(しま)です。 CBR125R整備という事で、今回はフロントフォークのダストシ

記事を読む

DSC_0446[1]

【CBR125RヘッドランプH4交換方法】取付・交換作業手順と注意点!フルカウルバイクは意外に簡単!

こんにちわCBR125R乗りの紫摩(しま)です。 以前の記事の方でポジションランプをLED

記事を読む

スポンサードリンク

Comment

  1. […] コッチで足付けします。 まずは自分の車の価格を知りましょう。 [引用元] ラップ塗装にチャレンジ!やり方とうまくいくコツの解説。缶スプレーでカッコよくできちゃう! | mysimasima […]

  2. 鈴木永倫 より:

    初めまして。
    参考になり、自分も上手く出来ました。
    ラップ塗装って、どうやるんだろうと思ってましたが、意外にも簡単に出来ました。
    次回はシルバーで絵を書いてもらう予定です。

    • 紫摩 より:

      コメントありがとうございます。
      やってみると意外に簡単だったりしますよね。「案ずるより産むが易し」です。
      きれいに出来ましたか?参考になったみたいで僕もうれしい限りです。

      失敗も味になることがありますのでいろんなアレンジをしてもいいかもしれませんね。

コメントを残す

スポンサードリンク

ZX-25R トラブル オイル漏れ
【オイル漏れの次は冷却水漏れ】ZX-25Rの初期トラブル!リコールになるのか?

こんにちは、紫摩(しま)です。 ZX-25Rの初期トラブルと

調整式 セパレートハンドル ZX-25R
ZX-25Rアップハン計画!社外セパハンに交換したメリット、デメリット

こんにちは、紫摩(しま)です。 ZX-25Rのカスタムと言え

フロントスタンド ZX25R ジェイトリップ
【ZX-25Rのフロントスタンド】干渉せず上げる方法!ジェイトリップ JT116

こんにちは、紫摩(しま)です。 ZX-25Rのタイヤ交換だっ

DSC_0518
DURO(デューロ)グロム用DM-1107Aインプレ!ハイグリップタイヤでジムカーナ走ってみた。

こんにちは、紫摩(しま)です。 ついにグロムのタイヤを交換し

卓上 ミニバーベキューコンロ
卓上ミニバーベキューコンロ2選比較!ソロツーリングでおすすめはどっち?ロゴスvsキャプテンスタッグ

こんにちは、紫摩です。 バイクでソロツーでのキャンプ“ソロキ

タイヤ スーパーコルサ
【ZX-25Rタイヤ考察】ハイグリップタイヤとツーリングタイヤの違いと選び方

こんにちは、紫摩です。 皆さん、バイクのタイヤは何を履いてま

グロム ハンドル アクティブ
【グロムハンドル考察】スーパーカブ純正→アクティブアルミハンドルに交換

こんにちは、紫摩です。 いつもありがとうございます。 さて

MSGC HST ジムカーナ 坂出
【脱初心者!】ジムカーナで簡単に結果が出る3つのコツと練習法

こんにちわ、紫摩(しま)です。 【ここがダメだ】みたいな過激

カージャンプスターター
カージャンプスターターが使えない!エラーが出る理由はこれだった【Banggood商品レビュー】

こんにちわ、紫摩です。 Banggoodさん提供の商品レビュ

K&FConcept カーボン三脚
多機能でコンパクトなK&F Conceptのカーボン三脚が●万円!?バイクで持ち運べる大きさ

こんにちわ、紫摩(しま)です。 いつもお世話になっております

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して『送信』で、
    更新情報を無料で通知してくれます(^^)

    42人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑