*

高松西植田のオシャレすぎるフレンチ【五風十雨】予約方法やメニュー紹介!

五風十雨 ロゴ
こんにちわ、紫摩(しま)です。
高松は西植田にあるフレンチカフェ五風十雨(ごふう じゅうう)というオシャレなお店に行ってまいりました。

「行ってみたいけどちょっと敷居が高いわ?」なんて思っている奥様、そんなことはありませんよ。
場所や店内などご紹介したいと思います。

SPONSORED LINK

五風十雨へのアクセス

高松市の西植田という場所は市街から見ると郊外に当たり、神内池、三郎池、公渕公園などの名所も近い“良き田舎”という感じ。

周りに目立った目印は「デイリーヤマザキ」さん以外ほとんどないのですが、西植田の交差点(通称:五差路)から100mほどで五風十雨に着きます

地図


県道13号と県道43号が交わる交差点がその“五差路”なのですが、わからなければ地図を広域にしてみてください。

狭い道を入っていく

入口の前の道
写真の通り、車一台+αほどの狭い道を入った先にそのお店があります。
一般家屋が立ち並んでいるので、迷ったかなという雰囲気を醸し出しますが「五風十雨」という看板も出てますのでまず間違えることはないかと思われます。

五風十雨とは

五風十雨看板2

五日目ごとに風が吹き、十日目ごとに雨が降ること。
農作に都合のよい気候。

世の中が平穏であることのたとえを差し、ここのお店のイメージにピッタリな感じがします。
というのも、お店の外観、店員さん、お料理、全て優しい感じが伝わってくるのです

引用元:google

駐車場はわりと広め

五風十雨の駐車場
駐車場は約6~7台ほど停められるスペースが設けられていて、無理をしなくても転回などは問題ないかと思われます。

ここ五風十雨はランチとディナーをやっていて、ディナーの方は完全予約制です。

  • TEL:087-849-0510

※ちなみにランチは予約不必要との事ですが、突然行っても席が空いてないらしいのでやっぱり『事前予約』がオススメ。

すごく大きな古民家

五風十雨の白壁
五風十雨を目指していると遠くからでも高台にある白壁の塀が目につきます。
後に紹介しますが、ここは築190年を誇る古民家を改装して作られたお店で、その雰囲気はものすごく温かい感じ。

五風十雨の門
とても大きな屋敷でこれだけ見てるとフレンチ(洋)というイメージは沸きませんよね。
でもそのギャップがまた新鮮で、他にはないオリジナル性が僕は好きです

たぶんそういうのが好きな方が何度もリピートするという感じではないでしょうか。

五風十雨の料理・メニュー

コース料理
冒頭で書いた通り、ここはフランス料理が食べられるお店という事もありメニューはコース料理となっています。
季節と旬の食材をあしらった料理の為、時期に応じてメニューが若干変わります。

※事前に撮影の許可は頂きましたが、フラッシュは控えていただきたいとの事。

選ぶコースは2種類

五風十雨コースメニュー
Aコース(1,800円+税)とBコース(2,800円+税)があり、違いは「魚料理か肉料理のどちらかを選ぶか、その両方をいただくか」というもの。

  • アミューズ・・・一口料理でおもてなし
  • オードブル・・・前菜
  • 魚料理/肉料理
  • デザート
  • コーヒー/紅茶

メインはこの流れでのコース料理となっております。
僕なんて小、中学校以来の洋食コース料理なのでちょっと緊張しての参加でした。

ドリンク

五風十雨ドリンクメニュー
ちなみにこのメニューの裏は飲み物が記載されています。
ビールからジュースまで様々。さすがに居酒屋じゃないのでそこまで種類も豊富には置いていない感じ。

料理がすごくオシャレ

DSC_0595
ここの料理は洋食。一品一品がすごく芸術的できれいなのです。
ただ、一ヶ月ごとに料理の内容も変わりますので、“一部”という事で2015年5月版の料理を紹介したいと思います

サーモンのマリネ

サーモンのマリネ
3色のクリームがちりばめられており、それぞれビーツ(赤)、生クリーム(白)、卵黄(黄色)となっていて違った楽しみが味わえます。

美味しいことは当然のことながら、見て楽しめるという感じでしょうか。
サーモンで野菜を巻いて食べると野菜嫌いでも問題無しです。

新玉ねぎのスープ

新玉ねぎのスープ
夏にぴったりの冷たいスープ。新玉ねぎとミルク仕立てのスープが非常にさわやかで喉ごしもさっぱり。(同行者談)
…僕は牛乳系が苦手なのであまり満足はできませんでした。

宮崎地鶏の照り焼きチキン

五風十雨 宮崎の地鶏
パリパリのチキンに焦がしバターのソースで和えられており、意外なほど柔らかくてモチモチ食感。
サブで山菜が添えられているのですがこれがまたピリ辛で僕のイチオシ。

マンゴーのデザート

マンゴーのデザート
冷たくて甘~いマンゴーのデザート。
上に乗っているのはドライフルーツで、食感がサクサク+とろとろと相反してなんか食べていて面白いのです。

食後はコーヒーか紅茶

食後のコーヒー
喫茶店、カフェには王道の紅茶&コーヒー。(もちろんHOTかCOLDが選べます)
味は…いたって普通。(僕の舌が利かないだけでしょう!)

アーモンドプチケーキ
食後のちょっとしたおやつ感覚に本場イタリアのプチアーモンドケーキを出していただけます。
うわさにオイシイと聞いていて、ワクワクしてました。
以上でコース料理は終了です。

今回の料理は、暑い季節に合わせて冷製の料理が多かった印象

いかがでしょうか。このようにコース料理になっていて、一つ終わればその都度下げてくれてすぐ次の料理が楽しめます。
男性には正直、量的に物足りなさを感じますがフレンチとはそういうもの

綺麗に手入れされた日本庭園

DSC_0600
料理を食べながら解放された窓からは、手入れされた庭を楽しむこともできます。
裏の山々と庭がマッチしていて京都みたいに『和』を感じます。

洋と和のコラボレーション、とても面白い。

写真を撮りたくなる中庭

DSC_0599
僕のようにカメラ好きじゃなくてもここの庭を眺めているだけで写真を撮りたくなります。
たくさん撮りましたのでここへ行かれる方はぜひ楽しみにしてください。

古民家
DSC_0581

五風十雨の庭5
五風十雨の庭から眺める
五風十雨奥野古民家
ちょっとホワイトバランスが統一されていないのは僕の腕の低さ、申し訳ない。
曇りの日に限らず温かさを出したい場合、ホワイトバランスはAUTOじゃなく『曇天モード』を推奨します。

店内は倉を改築、古風なデザイン

五風十雨 店内
築190年というとても古い家屋のリアル感を生かしつつ、店内をきれいにリフォーム&アレンジしてカフェという現代風に改築したのは好印象。
とても温かみがあり落ち着けます。

古風な机
テーブルもレトロ感を取り入れておりとてもセンスがいい。
お客さんも上品な方ばかりでしたので、気品の高さがうかがえます。

何て、僕らしくない意見はほどほどに写真で楽しんでいただけたらと思います。

五風十雨 照明
五風十雨 店内2
五風十雨 厨房
ほんとはもっと載せたいのですがサイト自体が重くなってもいけないので“行ってからのお楽しみ”という事にしておきましょう。

まとめ

DSC_0637
今回は西植田にあるフレンチカフェ、五風十雨さんにお邪魔したわけなのですが一言でいうと『お上品』としか出てきません。

冒頭でもチラッと触れました「敷居が高くない」というのは客層もカップルからご年配の方まで様々で、スタッフさんが優しくて気兼ねしなくても良いというところ。

一眼レフまで持って来て食事中バシャバシャ撮影している僕が言うのもなんですが、「素敵なカメラですね」とお褒めいただけたのは嬉しかったです。
※ただ、フラッシュだけは禁止ですので撮影のマナーにはご注意ください。

オシャレな料理と和の古民家と庭を楽しむという意味でも一度は行ってみたい、そんなカフェではないでしょうか。

五風十雨情報

  • 住所: 香川県高松市西植田町3186
  • TEL: 087-849-0510
  • 営業時間: ランチは11:30、12:30、13:30の三部構成。15:00までの営業。
  • ディナーは18:00~22:00(完全予約制)17:30までに来店
  • 定休日: 毎週火曜日

予約方法とキャンセル

ランチの予約は「4日ほど前には予約をしていただければ席が取れます」との事。
人気店が故に当日来店では運が良くないと入れないという事ですね。

逆にディナーの場合は完全予約制なので、事前に電話連絡の上で来店するという形になります。

※キャンセルの場合は前日までなら問題なしですが、当日の場合はキャンセルが必要になります

というわけで今回は『五風十雨(ごふうじゅうう)』のレビューでした!

関連サイト:五風十雨Facebook

SPONSORED LINK

関連記事

no image

【50ccツーリング詳細】小豆島観光へは原付がおすすめ!オリーブの島へジョルノとジョグがゆく(サルのハグ動画アリ)

  小豆島ツーリング 今回はちょっと遠出の香川県は小豆島へ。小豆島ツーの予定のブログにも書いてた通

記事を読む

鳥取夢屋ラーメン

鳥取市うまいラーメン『本家夢屋(ゆめや)』ネギラーメンすごい!おすすめメニューと評価

こんにちわ紫摩(しま)です。 鳥取でラーメンをお探しの方、うまいところを見つけました。

記事を読む

DSC_3219

【ダムカード高知県】早明浦ダム!四国で一番大きいダムへの行き方と見どころ!観光やツーリングにおすすめ

こんにちわ紫摩(しま)です。 四国の水瓶、早明浦ダムへ行ってきました。 ここの特徴は

記事を読む

苫田ダム展望台から

【ダムカード岡山県】苫田ダム!デザイナーズダムのような形でかっこよすぎるダム

こんにちわ紫摩(しま)です! 中国地方のダムで超カッコいいダムがあるのをご存知ですか?

記事を読む

小豆島

香川県小豆島へ50cc原付ツーリングのプランを立ててみました。寒霞渓とオリーブ巡り

小豆島原付ツーリング日程 2014年 7月20日(日)に小豆島へ原付スクーターでツーリングに行って

記事を読む

川に浸かる

川って危険!?川遊びに持って行くべき物4選。安全に楽しむ心得と準備物の紹介

こんにちわ紫摩(しま)です。 夏といえば、山や川でのキャンプ!ですよね。 今回はその中で

記事を読む

翠波峰 標高

愛媛、翠波高原の紅葉情報2015!もみじ狩りにオススメできる絶景スポットがとにかく綺麗

こんにちわ、紫摩(しま)です。 愛媛県の四国中央市(旧川之江市)で紅葉が綺麗な場所といえば

記事を読む

正木ダム

【ダムカード徳島県】正木ダム!真紅のラジアルゲートがカッコいい!ダムへの行き方がとにかく遠くて迷う

こんにちわ、紫摩(しま)です。 徳島県のダム巡り、今回は山奥に入っていきます。 この赤い

記事を読む

DSC01196

【室戸岬ソロツーリング①】高知の国道55号は海がきれいに見えるドライブスポット!本場の海でイカ釣りに同行!

こんにちわ、しまです。 今回のソロツーリング計画は高知の室戸岬まで行ってみることにしま

記事を読む

DSC00691

四国カルストまで400kmソロツーリング!持っていったほうがいい準備物と今回のルートは?

さて日帰り長距離ソロツーリング第一弾ということで行ってまいりました、四国カルストへ! 日帰りソ

記事を読む

スポンサードリンク

Comment

  1. Asami より:

    五風十風

    昨日にお邪魔しましたが、Bランチ・魚のソテイーと鶏肉?どちらも塩味!
    口の周り塩辛い。

    作り置きの素材で、オーブンで温めお料理でした。

    素敵なランプにはクモの巣?

    接客  A
    外観  B 中庭 雑草、
    お料理 C

    • 紫摩 より:

      コメントありがとうございます。
      そうなんですか!僕も記事にするにあたって『よかった』と思ったので書いたのに、そういう細かい所にも気を配れていない、味も悪いとなると行く側としてもちょっと残念ですよね。
      せっかく僕のページを見て行ってみようと思っていただいても、それじゃぁ台無しですよ。

      また、記事の内容に関して、気を悪くされておりましたら申し訳ありませんでした。

コメントを残す

スポンサードリンク

LED ライト 投光器
自宅ガレージにLED投光器取り付け!ライトの明るさ比較

こんにちわ!紫摩(しま)です! 僕の自宅のガレージは軒下簡易

分岐水栓 タカギ 9024
食器洗い乾燥機(食洗器)には“分岐水栓”が必要!取り付け方法を紹介

こんにちわ、紫摩(しま)です。 家事の中でも割と大変な部類で

セラミックファンヒーター
小型セラミックファンヒーターのメリット(足元用にはコンパクトなストーブがおすすめ)

こんにちわ、紫摩(しま)です。 寒い冬がやってきました。スト

動画撮影 マイク おすすめ
YouTube動画撮影用にショットガンマイクがおすすめ!オーディオテクニカ製マイク比較

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ユーチューブで動画をアップす

roujinIMGL8224_TP_V4
煽り運転をするドライバーの心理と対処法(まずは左に寄って逃げる)

こんにちわ、紫摩(しま)です。 2018年は何かと“あおり運

コース図編集
【トライジムカーナ2018レポート】平成最後の第3戦!VTR250が初心者から上級者まで大人気

こんにちわ、紫摩(しま)です。 いつも皆様ありがとうございます。

年賀注文
【自爆営業】年賀はがきノルマ廃止はウソ!?郵便局の裏側と販売枚数

こんにちわ紫摩(しま)です。 ニュースで何かと話題の郵便局。

汎用スリップオンマフラー アクラポビッチ風
VTR250マフラー交換(汎用スリップオン&爆音モリワキ)パワーが無いので改善できるか?

こんにちわ紫摩(しま)です。 バイクのカスタムの定番、『マフラー

VTR ハンドル 純正
VTRはハンドルが遠くてポジションが悪い!ハリケーンハンドル交換とセットバックスペーサー取り付け

こんにちわ紫摩(しま)です。 VTRの乗車姿勢ってどうですか

mysimasima
YouTubeサポート『BBTV』の効果や評判は?気になる収益の変化を紹介

こんにちわ、しま(紫摩)です。 YouTubeで収益されてい

→もっと見る

  • mysimasima筆者、紫摩(しま)のプロフィール

  • メールアドレスを記入して『送信』で、
    更新情報を無料で通知してくれます(^^)

    35人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑