*

新モデルD5500とD5300の違いを比較!”ニコン初”タッチパネル搭載一眼レフの評価と通販価格

公開日: : 最終更新日:2015/01/19 カメラ、写真をメインの記事 , 比較・検証系(雑学系)

こんにちわ、しまです。

Nikonの一眼レフD5300が発売して1年と3か月。
そしてついにD5000シリーズに新モデルが登場!
その名もD5500!
過去モデルのD5300とどのような変更点があるのか気になるので比較してみました。

SPONSORED LINK

新型一眼レフ、Nikon”D5500”の特徴

d5500

2015年2月5日発売のNikon『D5500』はどのような一眼レフなのでしょうか。

  • ①タッチパネルをNikon一眼レフで初採用したモデル
  • ②D5300より一回り小さい軽量ボディ
  • ③電池寿命が大幅に改良

①タッチパネルが搭載されたバリアングル

タッチパネル
Nikonの一眼レフで初採用となるタッチパネル式モニター。
僕が一眼レフを買うときにもタッチパネルを搭載した“キヤノンのKiss X7i”を候補に挙げていたほど。

そう、D5300はバリアングル液晶でいいのだけどKiss X7のようなタッチパネルじゃないのが惜しい。

今の時代、スマホに限らずタッチ操作が付いた電子機器なんてもう当たり前になりつつある。
そんなNikonファン待望のタッチパネル液晶を搭載した一眼レフカメラがD5500です。
感覚的に操作できるだけでなく、拡大/縮小やメニュー移動の時短にも一役買っています。

バリアングル液晶はとても便利

104万ドット3.2型TFTバリアングル液晶はD5300やkiss X7iと同じ仕様です。

『バリアングル液晶』というのは液晶部分が2WEY稼働するタイプのこと。

D5300でもバリアングル液晶でしたが、それをこのD5500にも受け継いでいます。
やはり、どんなアングルからでもモニターを確認できるというのは撮影の幅が広がってすごく便利でした。
また動画の自撮りもできるという部分ではチルト機構しかないカメラを大きく引き離しそうです。

参考記事:カメラ初心者がニコンD5300を購入!使ってみて分かったいいところ悪いところ|mysimasima

②カーボンモノコックで軽量ボディと高剛性を両立

カーボンモノコック
D5300でも採用されていたカーボンモノコック構造のボディ。

まず『モノコック』というのは外板に強度剛性を持たせて応力を受ける構造部分として利用するボディのこと。
自動車がこのモノコックという構造でできています。
いわゆる箱型に作ってボディ全体で強度を受け持つのです。
D5300/D5500は内部の金属フレームを使わずその分軽量化に貢献しているという事ですね。

カーボンボディがすごい

カーボン繊維はレーシングカーにも採用されている軽量かつ高強度かつ柔軟性がある素材。
D5300のボディでも採用されていますがパッと見はただのプラスチック。
生成の段階でそこまでカーボンを含ませていないのでしょうけど、このボディはこれからのスタンダードになりそうです。

③電池寿命が改善されたのはデカい!

電池パック
電池寿命ってたぶんスペック上ではあまり気にしてないようで、実際使ってみるとものすごく身近な問題なのですよね。
Nikonでは撮影コマ数で電池寿命を比較しています。

D5300→600コマ
D5500→820コマ

この違いをどうとらえますでしょうか?
電池パックはEN-EL14aでどちらも同じものが付属でついてくるのですが大がかりな省エネ機構を付け加えなくてもこれだけ違うというのはD5300ユーザーからすれば正直悔しいw(電池がすぐ無くなる気がする)

その他のモデルの電池寿命(参考)

ちなみにその他のライバル機種(エントリーモデル/ハイアマチュアモデル)も比較してみました。

キヤノン

入門モデル:Kiss X7(X7i)→380コマ(440コマ)
ハイアマ  :70D920コマ

Nikon

入門モデル:D7100950コマ
ハイアマ    :D7501230コマ

さすがに高性能モデルは電池容量も大きいので当然撮影コマ数も多いですが、その分重量も増してしまうというデメリットも。
電池パックを小ぶりに軽量化しつつ撮影時間を伸ばすって実はすごいことなのかもしれませんね。

D5500とD5300はどう違うのか比較!

D5500とD5300を比較

最後に取り上げる比較としまして、ボタン配置やボディの大きさはどのように変わったのかという事を見ていきましょう。
違いを分かりやすくしたつもりが、逆に分かりにくくなったかもしれません。

コマンドダイヤルとシャッターボタンの位置の変更

D5500を持つDSC01501

左がD5500で右がD5300(それっぽく撮ってみました)
コマンドダイヤルのシーン別モードがなくなりシンプルになっていること(スポーツモードやポートレートモードetc)
僕も1~2回使っただけでほとんど使用していないのでこれがなくなるのは小型になるシンプルでいいかもしれません。

D5300に比べシャッターボタンが少し手前に来ています。
ボタンの移動とコマンドダイヤルボタンの小型化で前後の奥行を薄くできたのでしょう。
※右画像のinfoボタンのあたりにシャッターボタンが来る感じ。

背面ボタン配置

D5500D5300
左のD5500では親指が当たる部分に画像確認ボタンiボタンが縦に二つ並んでいます。
TOP側のボタンをこちらに移動したのでしょうね。
僕はここに親指を置いてグリップさせているのでボタンの増加は少し邪魔なような気がします。
しかしこのiボタン(簡易設定変更ボタン)ってホントよく使うのです。
親指の近くにあれば、移動距離が少なく素早く操作できてよいのかもしれません。

ボディサイズの違い

前モデルD5300から一回り小さくなったD5500。
その分軽量になり、手軽さがより高まりました。

D5500とD5300のボディサイズ(mm)の比較

  • 124(125)高さ×97(98)横幅×70(76)奥行
  • 重さ 420g(480g)
    ※( )内はD5300のサイズ。

まず大きさからふれていきたいと思います。
注目すべきところは、D5300に比べて横幅と高さがそれぞれ1mm小さくなっている事と、前後幅が6mmも短縮されている点。
さすがに”コンパクト&軽量”を売りにしていたキヤノンのKiss X7にはかないません。(モニターは固定)

kissx7i
逆にD5500と同じバリアングル&タッチパネルを採用しているKiss X7i133.1(横)×99.8(高さ)×79.8(奥行)
というスペック。そういわれるとメーカーも謳っているようにD5500はバリアングル仕様の一眼レフでは世界最小・最軽量というのも過大広告ではないのですね。
写真引用&記事参考:Nikonホーム

D5500がD5300と大きく違うところは3点

ISO感度が100~12800→100~25600になった。

設定なしで常時ISO感度を25600まであげられるようになったみたいです。
(D5300は、Hi0.3~1で25600相当まで上げられる)

位置情報機能(ビルトインGPS)の廃止

D5300に付いているGPS機能。
写真に”位置情報”を貼り付けて地図上に表示できたり道順ログを取得可能な機能。
D5500は別売GPSキットにて対応。
あまり使わない機能ですがあると思い出をいろいろ残せてすごく楽しい。

セットの一部を廃止(アクセサリーシューカバー・アイピースカバー・View NX2 CD-ROM)

オプションの一部とアップロードソフトの付属がなくなりました。(Nikonホームからダウンロード可)
絶対必要ではないけどカバー類が付いてこないのはちょっと惜しい気がします。

D5500のまとめと通販価格

D5500撮る
如何でしたか?
Nikon新モデルD5500の特徴を書いてみたわけなのですが、やはり使ってみないとはっきりとはわからないのも事実。

一眼レフでいうエントリーモデルといえばターゲットはファミリー向けだったり初心者向けだったり。
そのため一眼レフカメラ自体に慣れていないビギナーでも撮りやすさ、持ち運びやすさを売りにして女性にも気軽に楽しんでもらおうという感じなのでしょう。

確かにハイエンドモデルやプロ仕様機は1kgを超える大がかりな機材でスペック的にはものすごいが、「こんなものでランチを撮ろうとは思えない…」
D5000シリーズはコンパクト路線で手軽にいい写真を撮りたくなる、そんな一眼レフではないでしょうか。

D5300と結局何が違うのか/買いなのか?

DSC01349
僕の個人的な意見としまして、タッチパネルの採用は大きいと思います。
『タッチ撮影』ってのはどうせ使わないでしょうが細かい操作はボタンで行い、感覚的なメニューの移動だったり決定だったりを素早くタッチを使って表示させることで仕事の効率化が図れそうではありますね。

その他はD5300と同じ

詳しいスペックはリンク先でお願いします。→スペック比較表|Nikonホーム

センサーサイズ、画像処理エンジン、有効画素数、装備、などその他の性能や画質面ではD5300とほとんど変わりません。
モードなど細かい違いはあるものの『D5300にタッチパネル液晶が追加になった』ぐらいの認識だと僕は個人的にそう感じています。

→(楽天)Nikon D5500 商品一覧
→(Amazon)ニコン D5500 商品一覧

通販参考価格

  • 価格がボディ単体で¥89,000前後
  • 標準レンズキットが¥100,000前後
  • 18-140レンズキットが¥130,000前後

市場予想ではこのくらいになるのではないかといわれています。
急いでD5500を買うべきか、型落ち価格のD5300を選ぶかはあなた次第です。
今回はNikonの新モデルD5500の紹介とD5300との比較でした。

SPONSORED LINK

関連記事

DSC_0873

2015母の日のプレゼント、ギフトの選び方!何をあげたらいいか迷ったら郵便局へ行こう!

こんにちわしまです。 5月10日(日)は、そう母の日ですよね。皆さんどのようなギフトやプレゼン

記事を読む

工場夜景3

【フリー素材・無料画像集】工場夜景が神秘的!文具、無機質シリーズ

こんにちわ、しまです! Nikon一眼レフD5300で撮った写真をフリー画像としてアップしてい

記事を読む

アクションカムのいいところ ライブビューモニター

モトブログ用にアクションカムX1000Vを選んだ理由!GoProやAS-200Vよりもおすすめできるポイント

こんにちわ紫摩(しま)です! モトブログ用にアクションカムを導入したのは前回のブログで軽く紹介

記事を読む

J5裏面照射CMOS

【デジカメとスマホの画質の違い】綺麗に撮れるのはどのカメラ?シーン別で比較してみた!

こんにちわ、紫摩(しま)です! スマホカメラとデジカメの違いとはご存知ですか? 最近は『

記事を読む

猫のアップ

ブロガー必見!【ピント合わせのコツ】綺麗だけじゃない、注目させる写真の撮り方

こんにちわ、しましまです。 綺麗な写真を撮る上で重要なこと、それは『ピント合わせ』がしっかり出

記事を読む

cb0036

バイク用ヘルメットの選び方と特徴 激安モデルの安全性はいかに?なぜ白バイ隊員はジェットヘルなのか?

こんにちわ、しまです。 バイクのヘルメット買いに行ってもてたくさんあって悩んでしまいますよ

記事を読む

一眼レフ 保証書

ファインダーのゴミ清掃で“メーカー1年保証”は効くのか検証!一眼レフに入ったホコリのクリーニング

こんにちわ紫摩(しま)です。 一眼レフのファインダーを覗くと黒いホコリらしき影が映っている

記事を読む

BTマルチインターフォン

【BTマルチインターフォンの性能】通信可能距離と音質がすごい!ツーリング時に検証してみたぞ

こんにちわ、紫摩(しま)です。 前回、安いインカム購入という事で【BTマルチインターフォン

記事を読む

祖谷のかずら橋

徳島県「祖谷(いや)のかずら橋」3種ツーリング!大きさの違いと駐車場、入場料金を紹介

こんにちわ紫摩(しま)です。 徳島県にある祖谷のかずら橋って行ったことありますか?

記事を読む

ダムカード香川県

【ダムカード香川県まとめ】各ランキングと見どころ!大きさ比較などでダム巡りを楽しもう 

こんにちわ、紫摩です! ダムカードってご存知ですか? 表にダムの全景と裏面には詳細が書かれた

記事を読む

コメントを残す

dsc_6660
VTR250対向4ポッドキャリパー取り付け方!Nプロジェクトのキャリパーサポートと必要な部品、手順の紹介

こんにちわ、しまです。 フロントブレーキの強化という事で、V

VTR250 シート あんこ抜き
バイクシートの“あんこ抜き”のやり方!VTR250のシートカバー張り替え&使用工具の紹介!

こんにちわ紫摩(しま)です。 VTR250のシートがボロボロ

エルリボン PH7 XR100 取り付け
XR100にエルリボンLEDヘッドライト交換!気になる明るさと取り付け方。PH7タイプの光量もここまできたか!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 LEDヘッドライト、もうずい

トライジムカーナ第3戦 VTR250
しま、VTR250ジムカーナ大会に挑戦記!(トライジムカーナ岡山大会、ダンロップ杯愛媛大会)2016年のまとめ!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 8月にVTR250を購入してレス

トライジムカーナ 岡山 2016 第3戦 バイク 大会
【トライジムカーナ2016】第3戦レポート!優勝者は?関東SBチャンピオンも参戦、総数84台の大会!

こんにちわしまです。 ジムカーナ大会のレポートを書くことになりま

PDバルブ フォークバルブ フロントフォーク
41パイフォーク用インナーバルブ(PDバルブ)のセッティングと取り付け&加工方法!オイル粘度、減衰調整の違い

こんにちわ、しまです。 ジムカーナ用にVTR250を作っていて気

VTR250 点火時期 進角化
【VTR250の点火時期調整】進角化のやり方!バイクの加速をよくする小加工のやり方と注意点

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ジムカーナ用にVTR250を

バイク用スプリングコンプレッサー
バイク用スプリングコンプレッサーのおすすめ!ストレート製と自動車用との違いを比較

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回はバイク用のスプリングコ

タンク ニーグリップパッド 自作 スポンジ VTR250
VTR250のニーグリップパッドを自作!スポンジを使った作り方と走りの効果

こんにちわ、紫摩(しま)です。 VTR250に乗り始めて一番

バイク ホイールベアリング 交換 プーラー
VTR250ベアリング交換方法(ホイール、ステム、スイングアーム)手順と必要な工具の紹介!

こんにちわ、紫摩です。 素人整備、第2弾?第3段?という事で今回

→もっと見る

  • mysimasima筆者、紫摩(しま)のプロフィール

  • メールアドレスを記入して『購読』で、
    更新情報の通知

    9人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑