*

「王様の撮影キット」をおすすめする4つの理由!売れる商品には写真撮影のコツがある

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE
こんにちわ、カメラ好きのしまです。
今回紹介したいなと思うのが今、口コミやネットで話題になりつつある『王様の撮影キット』です。

皆さんがやっておられる「ネット販売に使う商品の写真」はどうされてますかね?
王様の撮影キットとは初心者にも比較的簡単にハイクオリティな写真が撮れるという”小型撮影スタジオ”の事なのです。
これで売り上げが上がるのだったら見逃す手はない。

こちらがそのリンクバナーになっております。
僕もカナリ気になるので調べてみました。

SPONSORED LINK

撮影キットって必要!?

そもそも撮影キットって正直必要なのか?
今だから言えますが、「小物撮影(商品撮影)をするなら背景がとても大事」ということ。

一昔前なら携帯で撮った写真やテーブルの上に並べて撮った商品をネットオークションでよく見かけていました。
しかし現代の商品画像のクオリティは格段にレベルが高くなってきており、ビギナーの腕では通用しなくなっているのも事実。
シャッターを押しさえすれば撮影はできるのですが、オークションやネット販売を仕事としている方なら小物撮影スタジオはもう当たり前の話になりつつあると思います。

商品画像は見た目が全て

パンと紅茶画像
※このパンの写真は僕が自作で作ったブースで撮ったのですが背景が何もなく白すぎて面白くない。

光源も横からだしグラデーションペーパーが欲しいところ。うーんイマイチ…

綺麗に撮るだけなら高性能カメラでいい。でも”売れる商品画像”にするためにはそれなりに背景作りも必要になってきます。
上の画像もきれいではありますが売れるか?といえばまだまだ課題が残ります。

…とはいっても激安な物からプロ仕様機材までピンキリで様々です。
数多くの写真の中から「お!これは!?」と思わせるような写真は撮れないものなのか?
それを叶えてくれるのが王様の撮影キットではないでしょうか。

王様の撮影キットとはどういうものか

この商品は、よくある激安商品じゃなくガチの商売用の機材という位置づけらしいです。
王様の撮影キット:ホームページ
以下の説明を理解できるようにこちらの動画をチラッとだけでもよいので見てください。(PC用なのでスマホの方は画面を90度回転させてください。)

参考動画


ホームページを見ていただいた方はもうお分かりですかね。
50,500円はちょっと高い!?
…率直な感想を言わせてもらえると、「正直”趣味”程度ならここまでいらないかも」と。
ライトだってホームセンターに行けば売っているし、ブログの挿入画像程度で…と思います。

しかしこの王様の撮影キットを使ってもらうターゲットはアフィリエイターをはじめネットオークションや商品画像(紹介写真含む)を使って“売り上げをアップさせたい人”となっています。
単純に趣味でカメラにドはまりしている方だっているのにそういう人は買ってはいけないの?という意味ではなく、趣味ではもったいないくらいの商品なのだと思います。

※調べると国産のちゃんとした撮影機材で5万って普通レベルなのですね。ケチな自分に反省…

8点セット内容

8点セット

  1. 本体フレーム
  2. 撮影用ライト
  3. ディフューザー
  4. レフ板
  5. ピュアホワイト背景紙×1
  6. 好きな色の背景紙×1
  7. 専用収納ケース
  8. 商品撮影テクニックレポート

もうカメラさえあれば何も準備物はいらないという感じ。
DIY好きならともかく、単純にこれを一つ一つ揃えようと思ったらすぐに数万円します。

特にこの商品の一番のおすすめポイントは8番の商品撮影テクニックレポートという撮影マニュアルですかね。
テクニックや写真撮影のコツまで学べる商品なんてどこを探してもなかったです。初心者からセミアマまで技術指導も料金の中に入っているのでしょう。

もちろん不要パーツを指定すればその分、割引して販売してくれるというのが大きいところ。

参考ページ:パーツ紹介 セット内容|王様の撮影キット

自作ではやっぱり限界がある

安物ブース
僕の経験上、自作でブースを作ってみたのですが、「サイズが適正じゃない」というのが一番の問題点。
ライトのセッティング位置だってテーブルが邪魔でうまく真上から当てることができない。
上の参考画像みたいなよくある中国製の撮影キットは粗悪なものが多く、小さすぎるブースに背景紙のシワや光量不足などいろいろ問題があるみたい。(そもそもライトは別売りか…)

いつまでかわかりませんが、今は8,000円割引で45,900円(送料・税込み)で購入できるそう。

撮影ブースはコンパクトにならないものか…

僕も自作でデカい洗濯物スタンドで作ったりもしましたが、いちいち出してきて背景紙をセットして準備するのが大変。
この王様の撮影キットは適度な大きさ(幅約100cm)で結構なんでも撮れそう。高さは60cm~110cmまで調整可能。
百聞は一見に如かず、動画を見ていただきましょう。

参考動画


「へぇ~簡単そう!」
第一声にそうつぶやいてしまいました。
いや、ホントその通りでアルミステーに調整ネジや可動部分を設けて驚くほどコンパクトに収納できる、これだけでも買いでしょう。

コンパクトだけなら激安の小さいBOXでいいのですが、いかんせん簡素すぎてそれなら自作した方がまだましじゃないかといつも思ってしまいます。
この「王様の撮影キットは」初心者にも手が出しやすいように必要にして十分なセットなのですね。
さらに初心者にオススメという意味でもう一つの特典があるみたいです。

アフターフォローが充実している

muryouhosyou
買った商品は支払いが済めばあとは自分でどうにかしてくださいというのは当前。ですがこの商品(会社)はアフターフォローもしっかり考えてくれているのです。

  • 写真撮影が満足いかない場合、全額返金してくれる
  • 電球が切れても無料で送ってくれる
  • 撮影指導が永久無料で利用できる

この3点が無料で対応してくれる内容です。

満足いかないと全額返金

一般的な撮影キットは購入すればそれで終了。ネットショップで購入して「使ってみたものイメージとかなり違うな」「もっときれいに撮れると聞いたのにガッカリ」など。
通販だからこそ使い勝手が見えないのも事実。
『それなら安いのを買うか、諦めるか』という流れが一般的ですね。

でもこの王様の撮影キットのすごいところは、1週間以内なら「撮影した写真に満足できない!」という個人的なわがままでも返金対応をしてくれる太っ腹な商品。
※ただし返品前に赤ペン指導を1回受けてからになります。
それだけ満足できることに自信があるというのが購入側としても安心できる部分です。

電球が切れても無料で交換してくれる

電球
セット内容に撮影用ライトがありますが、この球が万が一切れても永久に無料で交換してくれるのです。
このライトは蛍光灯タイプを使用していてLEDに比べ高光度の光が広範囲に広がるものになります。
しかし寿命が短いのも事実。しかもつけたり消したり頻度が多い小物撮影では電球への負担が激しくいつ切れるかわかりません。
そういう時に電球を無料交換(送料500円)してくれるサービスというのは他にはないし精神的に安心感が増えます。

送料はかかるにしても不具合や故障を無料で修理してくれるというから高いお金をかけるだけのことはありますね。
参考記事:返品規定|王様の撮影キット

赤ペン先生が写真の添削をしてくれる

赤ペン2
“赤ペン先生って”なんか懐かしいネーミングだなと思ったあなた、大正解です。
この商品の最大のポイントが無料で撮影指導サービスを受けられるというところにあります。
某、川越シェフ似の店長さんが直々に添削をしてくれるらしい。

赤ペン
別にこれは無料なので必要なければ受けなくてもよいと思いますが、僕は個人的にすご~く気になります。独学でも勉強はできます。ですが技術向上のために写真を見てくれるのは非常に大きい。
そういうことからも「ターゲットは売上アップを目指している方」という事なのでしょうね。

撮影指導サービスももちろんそうですが写真を撮るためのちょっとしたコツまで惜しむことなく教えてくれる。
参考ページ:撮影テクニックのまとめ|王様の撮影キット
内緒にしていればライバルが増えずに済むのに…と素人ながら思いますが、やはり初心者の味方になってくれる商品というのが非常にありがたい!

2015年3月31日までの特典としてさらに10,000円値引きの35,900円との事!

というか、購入後に感想をいただけると6,000円キャッシュバックって言ってたっけ??(レビューの事ですね)

撮影キットってやっぱり大事と思った瞬間

こんぴら饅頭3
よくある『ナナメに置いた写真』がこちら。(僕が撮りました)
スタンドがないからこうするしかないんですよねー。ゲームパッケージや本など、心当たりある方も多いのではないでしょうか。
ナナメにすると良いこともありますが、やっぱり見にくいですよね。
もっと、こう・・起こしてくれよ!と思うw

光沢のある小物

Exif_JPEG_PICTURE
こんな風に撮れるのも『王様の撮影キット』なら簡単なのでしょう。
特に僕が難しいと思っていたのが光沢のある小物。光が乱反射して黒ずんだり白飛びしたりしてうまく撮れないのでいつも敬遠していたのです。

フィギュア撮影

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE
背景紙によって雰囲気がガラッと変わります。アングルもそうですがフィギュア撮りって意外に難しく「おもちゃ感」が出てしまっては台無し。
やっぱりこうしてみると本当に撮影の勉強をしたくなってきます。(悔しいんですよっw)
参考ページ:フィギュアの照明と撮影テクニック|王様の撮影キット
やっぱりDIYじゃ勝てないわ…
そしてこの参考画像すべて普通のコンパクトデジカメで撮っているというからまた悩んでしまう。
一眼レフ使って専門用語を並べてえらそうに撮っている自分が恥ずかしい、と。

撮影キットのまとめ

撮影キット
僕が撮影ブースや小型撮影キットを探していて思ったのが、結局行きつく先は激安か高い専門的なブースのどちらかしかない、ということ。
「趣味だから」と中途半端なものを買うくらいなら自作でDIYすればいい。(それでも最終的に1万近くはかかるかな?)
アフィリエイターさんをはじめ商品画像を使って仕事をしている方、売り上げアップを悩んでいる方にオススメできる撮影ブースではないでしょうか。
という事で僕も非常に気になるので衝動買いしてしまいそうです。

王様撮影キットをオススメする4つのポイント

  • カメラ初心者でも問題なし(むしろ初心者に向けて作られている)
  • 大きさが適正でデスクサイズ(小さすぎずバカデカすぎず)
  • 撮影テクニックブックが付いている
  • 無料で写真の添削をしてもらえるサービス

商品や関連パーツが充実していることはもはや当たり前。
50,500円の意味は、球切れから故障まで永久にすべて無料で保障してくれるというアフターフォローと、添削指導が永久無料で利用できるという点ではないでしょうか。
技術指導を月謝で学べると思えば、そこまで高くないと思ってきてしまったから不思議だ。

今なら割り引いてエライことに

50,500円から8000円引きセール⇒45,900円(送料・税込)⇒35,900円(3/31まで1万円引き)

そこからさらに購入後にレビューを送ると6,000円キャッシュバックで実質29,900円(送料・税込)

細かい料金設定で見積りを出してみた

  • 本体フレーム…………24,600円→17,300円
  • ライト………………………2,000円→1,700円
  • ディフューザー…………7,300円→5,300円
  • レフ板2枚…………………3,000円→2,600円
  • 背景紙(白)………………2,000円※
  • 背景紙(好きな色)………2,000円※
  • 専用収納ケース…………2,000円
  • 撮影テクニックレポート…3,000円

※背景紙の追加は2,000円/枚
問い合わせたところ本体フレーム、ライト、ディフューザー、レフ板は単品でも割引対象をしてくれるそうです。

合計金額15,000円以上で送料無料。本体フレームだけで条件を超えますので送料無料ですね。この中から不要なものを削減していくことも可能です。
ネットショッピングをやられている方は、今までの価格より”もう1.5割増し”にしても売れるんじゃないでしょうか?という勢い。僕はやっていないのでよくわかりませんが、ブログの画像のクオリティアップに使おうかなと思っています。

ネット販売はこちらからしか販売していないのでバナー、リンクからお願いします。
長々と書きましたが、こちらの人気急上昇中『王様の撮影キット』の商品紹介でした!

SPONSORED LINK

関連記事

lb_pearl_white

スポーツバイクにはやっぱりフルフェイス!購入前比較。ヘルメット選びで迷う。 アライとショウエイとOGKカブト

バイク用ヘルメットで有名なメーカーとして挙げられるのが ARAI SHOEI この

記事を読む

絞るとシャープに撮れる

【花火撮影のコツ】デジカメ設定と三脚で初心者でも綺麗に撮れる!人とは違う面白い写真の撮り方

こんにちわ紫摩(しま)です。 夏の風物詩、そう夏祭りの花火イベントです。 綺麗な花火を写

記事を読む

J5の大きさ

Nikon1 J5を購入!J4との違いと画質や使いやすさを一眼レフユーザーがレビュー!

こんにちわ、カメラ好きの紫摩です。 このたびニコンから2015年4月23日に発売しましたミラー

記事を読む

一眼レフ 保証書

ファインダーのゴミ清掃で“メーカー1年保証”は効くのか検証!一眼レフに入ったホコリのクリーニング

こんにちわ紫摩(しま)です。 一眼レフのファインダーを覗くと黒いホコリらしき影が映っている

記事を読む

RSタイチ ジャケット防寒

【バイク用防寒着の選び方】普段着でも代用できるか比較!温かいおすすめのウインタージャケット紹介

こんにちわ、CBR125Rが愛車の紫摩(しま)です! バイク乗りなら一度は経験する冬の辛さ

記事を読む

スズキ軽自動車

軽自動車税が上がる!2015年4月増税、バイクの税金など詳しい変更内容と対象車両の解説。

こんにちわ紫摩(しま)です。 もう皆さんもご存知かと思いますが2015年4月からいよいよ自動車

記事を読む

韓流マスク

花粉症対策!楽天で見つけた高機能マスク3種とおしゃれなブラックマスクの紹介

こんにちわ、ものっそ(ものすごく)花粉症のしまです。 この時期、おそらく2月後半から5月中旬ま

記事を読む

DSC_0147

防寒対策!ヒートインナーの選び方。素材で一番暖かいのは?バイク乗りが選ぶオススメあったかウェアの紹介!

こんにちわ紫摩(しま)です。 冬の防寒対策としてヒートテックやGUウォームなど発熱素材とい

記事を読む

手作りラスク

【オーブンで“簡単♪ラスク”のレシピ】おいしい作り方のコツを解説

こんにちわ、しまです。 “お手軽お菓子作り”ということで今回はラスクの簡単な作り方を紹介い

記事を読む

ダム

【ダム巡りの魅力】初心者でも楽しめるダムの見どころ!何を見たらいいか迷ったら大きさを感じろ

こんにちわ、紫摩(しま)です! 『ダム巡り』その名の通り各地のダムを回るわけなのですが、実

記事を読む

コメントを残す

dsc_6660
VTR250対向4ポッドキャリパー取り付け方!Nプロジェクトのキャリパーサポートと必要な部品、手順の紹介

こんにちわ、しまです。 フロントブレーキの強化という事で、V

VTR250 シート あんこ抜き
バイクシートの“あんこ抜き”のやり方!VTR250のシートカバー張り替え&使用工具の紹介!

こんにちわ紫摩(しま)です。 VTR250のシートがボロボロ

エルリボン PH7 XR100 取り付け
XR100にエルリボンLEDヘッドライト交換!気になる明るさと取り付け方。PH7タイプの光量もここまできたか!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 LEDヘッドライト、もうずい

トライジムカーナ第3戦 VTR250
しま、VTR250ジムカーナ大会に挑戦記!(トライジムカーナ岡山大会、ダンロップ杯愛媛大会)2016年のまとめ!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 8月にVTR250を購入してレス

トライジムカーナ 岡山 2016 第3戦 バイク 大会
【トライジムカーナ2016】第3戦レポート!優勝者は?関東SBチャンピオンも参戦、総数84台の大会!

こんにちわしまです。 ジムカーナ大会のレポートを書くことになりま

PDバルブ フォークバルブ フロントフォーク
41パイフォーク用インナーバルブ(PDバルブ)のセッティングと取り付け&加工方法!オイル粘度、減衰調整の違い

こんにちわ、しまです。 ジムカーナ用にVTR250を作っていて気

VTR250 点火時期 進角化
【VTR250の点火時期調整】進角化のやり方!バイクの加速をよくする小加工のやり方と注意点

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ジムカーナ用にVTR250を

バイク用スプリングコンプレッサー
バイク用スプリングコンプレッサーのおすすめ!ストレート製と自動車用との違いを比較

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回はバイク用のスプリングコ

タンク ニーグリップパッド 自作 スポンジ VTR250
VTR250のニーグリップパッドを自作!スポンジを使った作り方と走りの効果

こんにちわ、紫摩(しま)です。 VTR250に乗り始めて一番

バイク ホイールベアリング 交換 プーラー
VTR250ベアリング交換方法(ホイール、ステム、スイングアーム)手順と必要な工具の紹介!

こんにちわ、紫摩です。 素人整備、第2弾?第3段?という事で今回

→もっと見る

  • mysimasima筆者、紫摩(しま)のプロフィール

  • メールアドレスを記入して『購読』で、
    更新情報の通知

    9人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑