*

実はかなり難しいZX-25R走行インプレ!パワーモードについて ジムカーナでGPR300はグリップするのか

公開日: : 日記

ZX-25R ジムカーナ しま
こんにちわ、紫摩(しま)です。

ZX-25Rはサーキットとかカスタムとか、直線番長で音を楽しんだりするような使い道が一般的かと思いますが、自分は飛ばすのが怖いので全く縁がないです。

しいて言うならパイロンスラローム的な走行ぐらい。

ということで、岡山ジムパークさんにてトレインコースで軽く走らせてみましたのでその感想を書いていきたいと思います。

このバイクは第一インプレで言っていた「乗るのは簡単だけど扱うのは難しい」そのものでした。

SPONSORED LINK

ZX-25Rの走行性能

サーキットや高速道路などの高回転を維持しながら駆け抜けていくシーンこそまさにZX-25Rの庭みたいなところでしょう。

一方で低回転でのトルクが弱いから、低速ダッシュが何回も続くようなジムカーナなんて全くのアウェーでしょう。

どう思いますか?遅いと思いますか?それとも速いと思いますか?

多分、試乗レベルでは分からない所をお話していきます。

パワーモードによって走りやすさが変わる


まず一番大きな違いはZX-25Rの電子制御のひとつでもある“パワーモード”の違いから。
それぞれメリットデメリットがあります。

ローモード、(ローパワー)

取扱説明書によると、出力をフルパワーの80%程度に抑えるモード。
スロットルレスポンスも穏やかになる。

メリット
  • エンジンブレーキが緩やか。
  • アクセルのギクシャク感が少ない。
  • ガッツリ開けても安全。

ローパワーモードの良いところは出力が抑えられると同時にアクセルレスポンスが穏やかになる点。

エンブレやギクシャク感が弱くなるので、ガンガン開けていって滑らかに走れます

あと雨の日でも路面が悪くても、適当にアクセル開けても穏やかなので安全です。

デメリット
  • 低速でのツキ悪い。
  • 最大パワーだけじゃなく、低速トルクも弱くなる

逆をいうと低速トルクが弱くなったような感じで、4000回転以下でアクセルを開けても一瞬失火したような感じに吹け上がってきません。
低速ターンでバンク角が深くついているとそのままエンスト、もしくは転倒しかねません。

フルモード(フルパワー)

制御をおこなわないそのままのパワー。
通常時はこちらを使います。

メーターにはFが表示される。

メリット
  • アクセルのツキがいい。
  • 低回転から高回転までスムーズに吹けあがる。
  • 排気音も大きくなって気持ちいい。

このモードはZX-25Rの本来のパワーをそのまま楽しめて中回転域から高回転までスムーズに吹け上がります。

デメリット
  • アクセルのオンオフでギクシャクする。
  • バイクが暴れやすい。

特に不安要素はないですが、一方で、アクセルのツキが良すぎてオンオフすることでピッチングが顕著に出てしまいます。

エンジンブレーキも強く、前のめりになりがち。
ノーマルリアサスの動きの悪さ故、小旋回への進入時にリアタイヤが流れやすく感じました。

コーススラロームなど、回転数があまり落ちない走行、シチュエーションではローパワーモードの方が速く走れる。
アクセルをラフに開けてもバイクが暴れないため。ガンガン走れる。

極低速(4000回転以下)になる時はアクセルを開けても起き上がって来ない。
そのため半クラッチを使って、低速トルクをカバーする走りが必須。

低速のトルクは2サイクル車と似ている。
結局、フルパワーモードで慣れないといけないと思う。

回転数を落とさなければ意外と機敏に走る

ZX-25R ジムカーナ しま
ZX-25Rはほんと超高回転型マシン。
6000回転ぐらいでも結構速い。そこから上は250ccといえどいわずもがなの加速。

なので、回転数を下げないような走り方が求められます。

ただ、ジムカーナではいつもだらだら大回りに走っているわけではないので、どこかで小回りも必要になってきます。

そういう時に半クラッチで低速トルクをカバーするような走りも使って行きたいです。

が、、、、クラッチワークを使った走行をすると、リアABSがかなり速い段階で介入してきます。

そしてガクガクするので、ABSは足かせでしかないです。(後日記事にします。)

SFF-BPフォークが秀逸

ZX-25R
フォークの動きも良くて、跳ねすぎず、柔すぎずの良いバランス。
沈み込みも滑らかなので、アクセルオフや軽くフロントブレーキをかけるだけで回頭性がよくなり、切り返しもスムーズです。

強いブレーキを掛けてもVTR等に見られるきついノーズダイブは無いです。

セパハンスポーツらしい、フロントタイヤをぐりぐり押さえつけて向きを変えていく感じ。

よくこのスプリングを変えたりフォークオイルを換えたりしますが、それも必要ないくらいにいい動きしますね。バランスがいい。

車重、重いけど走りはどうなの?

ZX-25R バンパー 転倒
パワーがないミニバイクと同じで、速度を落とさないラインの方がタイムが出そうな感じです。

低速トルクはミニと同じでも、大きく違う点はその車重です。
184kgと100kg前後では旋回スピードが明らかに違います。

2気筒250ccクラスでは160kgぐらいが多いですが、それよりも20kgぐらい重い。
切り返しは鈍いうえに、低速でバンクするとアクセルオンで起きあがって来ないです

引き起こしもバンバーなしだと辛い。

ただ、普通に走っている時は全く重さは関係ないです。
むしろサスペンションがしっかりしているので、安定感があってフラフラ感は全くないです。(操作ミスでのふらつきは除く)

重いことのメリットは、体重が軽い人でもタイヤのグリップを高められるという所でしょうか。
競技的に言えばほぼデメリットですが、そんな重いバイクでどこまでできるか、人の驚く顔を狙うのも面白いです。

ZX-25Rは250ccクラスにしては重いので遠心力が強い→バンク角を付けないと釣り合わない。
同じ速度で走った場合、より深いバンク角を付けないと曲がれません。

ノーマルタイヤ(GPR300)のグリップはショボい

深いバンクが必要になる、でもそうするとまた弊害が出てきて、純正タイヤ(GPR300)ではツーリングタイヤって言うぐらいなのでグリップ力が悪すぎます

スーパーコルサをはじめとするハイグリップタイヤのように、パタパタ寝かせて路面に吸い付くような走りは残念ながら出来ません。

ある程度寝かさない走りをしないと怖い。

あと、急に荷重がかかるようなシーン、(8の字など)では車体バランスもあるせいか、リアタイヤがかなり滑ります。
滑るという事はABSもすぐ介入するという事。

スポーツランをするなら、安全の事も考えてせめてスポーツカテゴリーなタイヤにすべきですね。
このGPR300はグーッと荷重がかかるところは変な挙動もないので、普段乗りでは全く問題無いので誤解なさらず。

まとめ

ZX-25R ジムカーナ しま
ZX-25R、結論から言うと、走り込んでナンボで楽しいバイクです。

よく聞く言葉で「低速トルクが無いからジムカーナは向いてない」なんて言われますが、その通りで、重くてめちゃくちゃハンデがあって、タイムなんて出ないと思います。
むしろこのバイクを選んでわざわざ買って、走ろうなんて初めから考えていた人なんていないと思います。

でもそれって単に教科書通りの意見。

恋愛でもバイクでもなんでもそう。
ウィークポイントを知らずして本当の良さなんてわかるわけがない。

直線だけ飛ばしてヒャッハーって言う試乗レベルでは分からない部分にこそ、このZX-25Rの面白さがあると思っています。(難しさも含めて。)

ただ、人の楽しみ方はそれぞれ。僕がとやかく言うつもりは全くないです。
どっちかと言うと、僕個人が純粋に走って楽しみたい人なので、あえて苦手であろうジムカーナという低速ハンドルバキバキな競技で、ハンデのある走りで乗りこなしたいなと思ったのです。

競技に“向いている向いてない”とかそんな話じゃなく、なんでも乗れるようになりたいだけなんですよね。

SPONSORED LINK

関連記事

no image

小豆島観光スポット おすすめの場所とツーリングの計画

僕は以前に一度だけ小豆島に行ったのですが、その時は二日に分けて観光しました。 一日で回るとなると結

記事を読む

クリスタルガードプロ コーティング 自動車 ボディ

『クリスタルガードプロ』レビュー!親水ガラスコーティングのメリット・デメリットと車用コーテイングの選び方

こんにちわ、紫摩(しま)です。 新車を購入してまずやっておきたいのがボディーコーティングですよ

記事を読む

no image

ローソンでお買い物特典で今流行りのラブライブグッズが手に入る

昨日の話になるのですが、友達と飲み会をしまして、話はラブライブの方へw 今ローソンでは

記事を読む

no image

ホンマでっかTV ダイエット新情報!肥満の原因は遺伝なのか!?食事の見直しをすれば健康的にかつダイエットできる

こんにちわしまです♫ ホンマでっかTV 来週のホンマでっかTVはこの夏必見なダイエットの話題を特

記事を読む

net_ijime_woman

【SNSでのアンチコメント、5つのタイプと対策】 批判は辛いけど利用できる

こんにちわ、紫摩(しま)です。 YouTubeやTwitterに投稿して交流するのが今の時

記事を読む

ぱくたそ

価値観を押し通す『正義中毒』は治るのか?怒りのコントロール、ストレスを溜めない方法 

こんにちわ紫摩(しま)です。 今回はちょっと暗い内容です。 「正義を押し通す」という

記事を読む

ビーコム5 5X インカム バイク ヘルメット サウンドハウス

ビーコムのペアリングが急に繋がらない不具合の対処法!サインハウスへ修理レポート(5x、6x)

こんにちわ、紫摩です。 僕は2016年にビーコム5xを買ってかなり快適なバイクライフを手に

記事を読む

GT601 CBR125R

【CBR125Rタイヤ交換】ダンロップGT601 バイアスタイヤのインプレ

CBR125Rのタイヤ選択でかなり頭を悩ませている方も多いと思います。 ダンロップ、ブリヂ

記事を読む

プロテイン オススメ

筋トレ初心者が試したプロテイン3選!おすすめはザバス

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ジムカーナの練習を始めてタイムを詰めたいと思って筋トレを始

記事を読む

no image

A型の性格特徴 A型が好むタイプとは?嫌いなタイプと付き合い方。

こんにちわしまです。 今回は血液型で性格がどのように違ってくるのか書いていきたいと思います。

記事を読む

スポンサードリンク

コメントを残す

スポンサードリンク

直線 スラローム
直線スラロームがめっちゃうまくなるコツ!加減速と体重移動のタイミングがポイント

こんにちは!しまです。 今回はライテクブログです。 あまり

TNT125 アイドリング スタンド
TNT125のサイドスタンドスイッチをキャンセルするやり方!暖機運転ができない

こんにちは、紫摩(しま)です。 TNT125は誰もやってる人

TNT125 転倒 バンパー
TNT125転倒実験!スライダー兼バンパー取り付け!立ちごけ対策になるか?

TNT125を買いました。こんにちは、しまです。 そしてジム

ZX-25R リアサス ZX-10R
ZX25Rでスポーツ走行するならこのカスタム3選!+おまけ

こんにちは、紫摩(しま)です。 最近ZX-25Rネタばっかり

TNT125 レバー 
ベネリTNT125カスタム【クラッチ/ブレーキレバー】交換!

こんにちは、紫摩です。 ベネリTNT125を妻が購入したので

TNT125 マフラー
バイクサイトも知らないTNT125のスゴイところ!グロムと比べてみた結果(ヘッドライト、フォーク、フレーム、リアサス、ブレーキ)

こんにちは、紫摩です。 以前もグロムとベネリTNT125の原

ZX-25R タイヤ 交換 
【スーパーコルサSP V3インプレ】ZX-25Rでジムカーナ!公道グリップ最強タイヤは滑らないのか?

こんにちは、紫摩です。前回のブログでZX-25Rのタイヤ交換しまし

ZX-25R タイヤ 交換 
【ZX-25Rタイヤ交換】GPR300からハイグリップタイヤスーパーコルサSP

こんにちは、しまです。 ノーマルタイヤではダンロップのGPR

ZX-25R 純正ハンドルと社外ハンドル
ハンドルポジション調整の決め方 セパハンの角度で走りはどう変わる?

こんにちは、紫摩です。 前回は調整式のセパレートハンドルに交

アストロプロダクツ ビードブレーカー
アストロプロダクツのビードブレーカーのインプレ!12〜17インチバイクを試してみて。

こんにちわ紫摩(しま)です。 バイクのタイヤ交換はいつもタイ

→もっと見る

  • メールアドレスを記入して『送信』で、
    更新情報を無料で通知してくれます(^^)

    42人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑