*

バイクで360度カメラ!オススメは『Insta360 ONE X』アプリで楽々動画編集。リコーとの重さ違い

insta360 ONE X カメラ
こんにちわ、紫摩です。

皆さん360度カメラって使ってますか?
この記事を見ているという事はこれから購入予定という方でしょうか。

僕が買ったのはInsta360 ONE Xっていうやつで、これがめちゃくちゃすごいカメラなんですよね。
主にバイクツーリングでの使用で使っています。

何がすごいか、またどのように使って行ったらいいのかレビューと併せて紹介します。

SPONSORED LINK

Insta360 ONE Xの使い方

360度カメラInsta360シリーズの2018年モデル。
ONE“X”になってかなり性能が向上。
軽量コンパクトで使いやすい。

(Amazon)Insta360 ONE X

これ!めちゃくちゃすごいんです!
このONE Xの特徴は軽い、使いやすい、ハイスペックな三拍子そろったところにあります。
リコーの360度カメラと迷いましたが、使いやすくて面白い機能が沢山あるという所でInsta360を選びました。

そこでTHETAと大きさや違いなども併せて軽く比較してみました!

面白い写真が撮れる

insta360 ONE X 写真

今の時代、こういう360度カメラとか魚眼で撮った写真の方がおもしろい。
(これはリトルプラネットと言う加工方法。曇りの日に撮ると背景が白く消えてくれます。)

一眼レフで三脚を据えてガチで撮るのも当然きれいでいいのですが、うーんもう見飽きました。
単純にキレイ、と言うだけ?

なんというか、解像感より『映え』のほうがウケがいいです。

insta360 ONE X 写真
ネットでは別。
こういうサムネイルサイズでどう見せるかが重要。
焦点距離50㎜の標準レンズなんて自分の目で見てるのと同じなのでパッとしません。

どの角度で撮っても水平を維持

バイク 360度カメラ アングル
このカメラはどの角度、どの方向で撮っても一定を保ってくれます。水平を保ってくれる上に6軸手振れ補正機能もついていて、ブレをほぼ消してくれます
アプリでジャイロ校正もできて、すごすぎ…。

  • 5760 x 2880@30fps
  • 3840 x 1920@50fps
  • 3840 x 1920@30fps
  • 3008 x 1504@100fps

スローモーション撮影の場合は画角が狭くなります。通常時は5.7K。
高画質・高フレームレート、1800万画素、という事で簡単に言えば今までのアクションカムの上位互換です。

適当に撮って、帰って動画編集

insta360 ONE X 写真

このカメラのすごいところの二つ目は『撮り方を考えなくていい』と言うとことにあります。
簡単に説明すると、編集アプリ(Android、ios)の方でアングルも画角も色付けもどうにでもできるため。

正直、画像編集ありきのカメラなので、撮ってそのままでアップしようと考えている人にはおすすめできません。
スマホアプリで編集してSNSに投稿もできます。

編集画面 insta360スタジオ カメラ 編集
Insta360スタジオという専用ソフト(無料ダウンロード)を使って編集してエンコード(出力)していきます。

画面を見ながら直接操作して編集していく感じ。

ファイル insta360
編集と言ってもアドビプレミア(動画編集ソフト)とかに比べると超が付くほど簡単。
カメラで撮った画像はマイクロSDカードに保存されるので、PCに繋いだらダブルクリックで勝手にソフトが起動します。

360度カメラは前後二つレンズが付いているので、それぞれでファイルが分かれ保存されています。
(どちらを読み込んでも同じ。)

キーフレームを打って行くだけの簡単なお仕事

キーフレーム insta360スタジオ カメラ 編集
撮った画像は360度全体が映っているので当然そのままではアップできません。
赤枠の『シーケンス』という所でポイントを打っていってどのアングルにしたいかを作っていくだけです。

キーフレーム2 insta360 スタジオ
青丸がキーフレーム。黄色丸がポイント。赤丸がアングルです。

黄色丸を押すとその位置でどのような画角にするかと言うのを指定できます。
魚眼レンズ風、地球儀風、小惑星風、歪み無しなどなど。

それをどんどんキーフレームに打って、画面を動かして映像を動かしていくだけで、自動で動画を作ってくれます。(静止画は画角のみ。)

撮った後にどうにでもできるので、方向や角度、手振れがどうとか考えず、とりあえずカメラを回してさえいればいいのです

insta360 ONE X アプリ Android ios
Android、ios版アプリでも要は同じ。
設定とか多いけど、難しいことは考えず、点を打って行くだけ。

カメラ本体が小さいのでいろんなシーンで使える

insta360 ONE X バイク ハンドルマウント
今回買ったInsta360シリーズとリコーのTHETA VやTHETA Z1で比較してみましたが、やっぱり違いは歴然。

めっちゃ軽いし、薄くて小さい。

ONEX one
前モデルとの比較。

手に持って歩きながら街中を撮ったり風景撮影したりするなら大きさとか重さはほとんど関係ないと思うのですが、バイクや車両に着けて車載カメラとして使う場合は違います。
軽いと本体がぶれにくく安定しています。

バイク 3360度カメラ アングル
ハンドルに着けただけなのですが、画角が広いので空撮っぽい感じ。面白いでしょ?ステーが映らないんです。
ちなみにこれは逆光なのですが、そこまで黒潰れも少ない感じ。ちゃんとHDR効果が効いています。

ウェアラブルカメラ重さ比較

モデル重さ
insta360 ONE X115g
insta360 ONE107g
insta360 ONE R
(2020.1発売)
130g
(バッテリー、マウント省く)
THETA V121g
THETA Z1182g
ゴープロ8128g
(バッテリー、マウント省く)
ゴープロ MAX154g
(バッテリー、マウント省く)
SONY
アクションカム
114g

似ている商品で一番重たいのはTHETA Z1の182g。センサーサイズが1型で、この手のカメラとしてはかなり大きい部類。
その分レンズも大型化して本体の重さがすごいことになってます。

一番軽いのがInsta360 ONE(前期型)の107gで、ONE Xもレンズが二つ付いているにもかかわらず115gと割と軽い部類です。
たかが数十グラムの違いなのでは?って思うかもしれませんが、ヘルメットに取り付けたり空撮チックに自動り棒の先に取り付けた際の揺れ具合が変わってきます。

360度カメラをバイクやヘルメットに取り付ける

insta360 ONE X バイク ヘルメットマウント
特にヘルメットマウントで使う際は重さがかなり重要になってきます。

さすがにONE Xは軽いとはいえ、これでもマウント分の重さ+走行風の圧力が加わるので結構頭が振られたりします。

それはいいのですが、土台の両面テープが剥がれたりしないかとちょっと不安になります。
重いゴープロMAXやTHETA Z1とかでは多分無理。

空撮っぽい 360度カメラ バイク
これも自撮り棒とかフレームが映らないのでホントに空から撮っているような写真(動画)が撮れます。
バイクに乗るくらいなら頭をそんなに前後左右に振るわけではないので全然大丈夫ですね。ツーリング向け。

ハンドルバーに取り付け

インスタ360 カメラ バイク取り付け インスタ360 カメラ バイク取り付け
下で紹介しているマウントセットでハンドルに取り付け。
一応ステーが映らないような仕組みになっているので、取り付け角度とかあまり気にしなくてよさそう。

転倒時に落下しても当たらない位置に取り付けましょう。

一緒に買っておいたほうがいいもの

Amazonや楽天でも買えますが、360度カメラとその他色々オプションを同時に買っておいた方がかなり撮影幅が広がります。

バイク用マウントセット

カメラマウント バイク
今回大活躍のバイク用クランプ。これはAmazonで買いました。
これを使ってフレームに取り付けたり、両面テープにてヘルメットやカウルに取り付けることができます。

土台の部分にレバーが付いているのですがちょっとグラグラするので1円玉を挟んでいます。

造りはアルミ削り出しで軽くてめちゃくちゃ頑丈。


(楽天)ゴープロ用マウント バイク 商品一覧
(Amazon)バイクセット カメラマウント

予備バッテリー

insta360 ONE X バッテリー
アクションカムでもそうでしたが、こういう手のウェアラブルカメラって電池の消耗がすごく激しいです。
うーん…連続1時間は持たないかも。

で、アマゾンを探すとこういう商品を見つけましたので同時に買っておきました。

Insta360 ONE Xは小さい液晶画面が付いていてそこで電池残照も一応確認できます。
やっぱり電池は大事。かなり重宝することになりました。

(楽天)Insta360 ONEX 予備バッテリー
(Amazon)Insta360 ONEX用 予備バッテリー

保護フレーム&マウント

三脚穴1/4ネジが本体底部についているのですが、その穴が弱々しいのでこういう外周ををかこって留めるタイプのフレームがよさそうな気がします。
ゴープロマウントがそのまま使えます。
上記のバイクマウントを使っているとあまり必要ないマウントですが、こういうのもあったほうが便利です。

(Amazon)Insta360 ONEX用保護フレームマウント&カバー

レンズ保護カバー

こちらは単純にレンズカバーのみ。
Insta360 ONE Xに限らず、360度カメラ全般に言える事ですが、レンズ部分がやっぱり飛び出ているので机の上に置いたりするときに傷が付きます。
そういう時の保護目的でレンズカバーも必要ですね。
これは付属してほしいぐらい。

(Amazon)Insta360 ONEX用 レンズ保護カバー

SPONSORED LINK

関連記事

DSC_1264

【デジカメの選び方】種類で比較、初心者にオススメ4つのポイントでもう迷わない!

こんにちわ、カメラ好きの紫摩です。 デジカメ選びって非常に迷いますよね。「買い換えたいけれど何

記事を読む

DSC_02702

レンズフィルターだけでマクロ撮影!?ケンコークローズアップレンズで接写が出来る!

こんにちわ、しましまです。 「マクロ撮影ができない!!」 一眼レフを買ってみたものの近距離で

記事を読む

ニコン イメージセンサー

コンデジと一眼レフの違い!ボケ味はF値だけじゃない!センサーサイズで決まる2つの理由

こんにちわしまです。 今回はコンパクトデジタルカメラとデジタル一眼レフとの違いという事で書いて

記事を読む

アクションカムのいいところ ライブビューモニター

モトブログ用にアクションカムX1000Vを選んだ理由!GoProやAS-200Vよりもおすすめできるポイント

こんにちわ紫摩(しま)です! モトブログ用にアクションカムを導入したのは前回のブログで軽く紹介

記事を読む

K&FConcept カメラバッグ 

【K&F Concept】防水カメラバッグ商品レビュー

こんにちわ、紫摩です。 いつもお世話になっている『K&F Concept』さんから

記事を読む

ヘルメット取り付け方 アクションカム

【アクションカム】ヘルメットへの取り付け方!バイク動画(モトブログ)を撮るために必要なカメラサイドマウント

こんにちわ、紫摩(しま)です。 アクションカムを使ってのバイク車載動画(モトブログ)を撮り

記事を読む

SLIK コンパクト2

安いトラベル三脚【SLIK(スリック)コンパクト2】旅行用に便利!商品レビュー

こんにちわしまです! 三脚ってブレずに写真を撮ろうと思ったら必需品といっても過言ではない機材で

記事を読む

DSC_0024

動物撮影でピントが合わない!その原因はカメラのAF設定かも?フォーカスモードの選び方と使い方

こんにちわ、しまです。 今回はカメラの設定、フォーカスモードについてのお話です。 動かな

記事を読む

ニコン

カメラ初心者がニコンD5300の一眼レフを購入!使ってみてわかった良いところ、悪いところ。写真比較画像あり

こんにちわ、しまです。 2013年のD5300の発売から2年以上が経ちましたが『やっぱりこいつ

記事を読む

cbr125サムネイル

【CBR125Rインプレ】フロント周りのデザインの評価とカウル(外装)ディティールを写真で解説。

こんにちわしまです。 CBR125Rを購入してはや一年がたとうとしています。 国産125cc

記事を読む

スポンサードリンク

コメントを残す

スポンサードリンク

オリンパス EM-5Mark3 14-150
マイクロフォーサーズ超コスパ良いレンズ見つけた!14-150㎜ OM-D EM-5Markに付けてみた

こんにちわ、紫摩です。 久々のカメラブログです。

Google Adsense 源泉徴収
Googleから税率30%の郵便が届いたら…。IMPORTANT TAX RETURN DOCUMENT ENCLOSED。納税義務はあるのか?YouTubeやブログでの税務情報をチェック

こんにちわ、紫摩です。 先日外国から郵便物が届きました。

スイングアームVFR800F チェーン調整
片持ちスイングアームバイク(VFR800F)のチェーン調整方法、締め付けトルクとやり方

こんにちは、紫摩です。 今回は短いですが、チェーン調整のブロ

VFR800F
VFR800Fが不人気?生産終了(2022)でいきなり人気になりそう

こんにちわ、紫摩(しま)です。 先日もお伝えしたVFR800

VFR800F ハンドル外し バーエンド グリップヒーター
VFR800Fをバーハンドルでアップポジションにしてみた!交換方法と注意点を紹介

こんにちわ、紫摩です。 今回はついに?VFR800Fのハンド

バイク カウル補修 タッチアップ
【カウル補修】タッチアップガンで直せるか?スプレー補修のやり方

こんにちわ、紫摩(しま)です。 先日の転倒で見事に削れたバイ

VFR800F レバー STF アクティブ
VFR800Fのクラッチが軽くなる!ACTIVEアクティブSTFレバーに交換!

こんにちは、紫摩(しま)です。 VFR800Fが転倒してしま

VFR800F カウルカット バンパー
VFR800Fカウルカットのコツ!バンパー取り付け(後編)必要な工具とやり方

こんにちは、紫摩(しま)です。 前回はVFR800Fにバンパ

VFR800F バンパー
VFR800Fにバンパー取り付け(SSB)立ちごけや転倒の被害軽減

こんにちは、紫摩(しま)です。 納車早々に転倒させてしまった

カウルカットの端 タッチアップ
タッチアップペンでタンクの塗装剥がれが完全に元に戻るか実験!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ZX-25Rを納車してすぐ、

→もっと見る

  • 最新記事をメールで通知。

    43人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑