*

【ダムカード鳥取県】佐治川ダム!湖が凍るほどの秘境ダム!国道482号は走りやすくツーリングにおすすめ

佐治川ダム
こんにちわ紫摩(しま)です。

鳥取ダムその2は、「鳥取の秘境ダム」という感じがする佐治川ダムです。
ダムツーリングで行ってみたいそんな場所ではないでしょうか。

SPONSORED LINK

佐治川ダムスペック詳細

佐治川ダム 表

【ダムスペック】
  • 堤高:46.5m(3位/7ダム中)
  • 堤頂長さ:105.0m(6位/7ダム中)
  • 総貯水量:231万㎥(4位/7ダム中)
【ダムの用途】
  • F 洪水調節用
  • N 河川維持用
  • P 発電用
【駐車場】
  • ダム管理事務所:有り(1台)
  • ダム下:行けるが駐車場はなし

ダムの周りなどとにかく狭いので注意してください。
もしあれなら広いところに停めて歩いて向かってもいいくらい。

見どころはあまり無いが意外に大きい!?

佐治川ダム
ゲートは古いダムによくある”ラジアルゲート”です。
香川県の長柄ダムと同じくハワイアンブルーの塗装が施されています。…コケとか生えまくってますが。

佐治川ダム
ダムの大きさを見る『堤高』は46.5mで、実は鳥取県内で3位という意外に大柄ボディです。
中央にクレストゲート1門を備えただけのシンプルな構造です。

佐治川を治水していて、洪水防止と共に水力発電も行っているダムです。
常時洪水吐は下で発電も兼ねています。

佐治川ダム
ダム湖はそこまで大きく見えませんが山が険しい分、水深がやたら深いのでしょうね。
パッと見はただの池。

吉田ダム貯水
総貯水量が231万㎥ということで、香川県の巨大ダム吉田ダム(236万㎥)に迫る勢い。
うーん、でもそうは見えない…

堤頂部分は狭い

佐治川ダム 堤頂
バイク一台停めちゃうと自動車の離合ができないほど狭い。
ここまで狭いダムもなかなか無いものです。
前回紹介した殿ダムとはえらい違いですね。

秘境のせいでそこまで注目されないのが残念なところ

佐治川ダムへの行き方 アクセス

まぢトンネル
殿ダムから目指す佐治川ダムへは国道482号を進んでいきます。
すると『まぢトンネル』という何ともネタにしか思えないトンネルをくぐります。(間地でしょうか)


標高400mのダムで、周りには1000m近い山々がそびえる『秘境』とでも言いましょうか。

そんな山奥にある佐治川ダムは街からはだいぶ離れていますので、道は簡単ですが結構時間がかかってしまいます

ダム下への行き方


ダム下へは脇道を右折する必要があります。
僕は山道の走行が気持ちよくて楽しんでいたので素通りしてしまいました。

二輪はともかく自動車では転回が困難になってしまいますので、あまり深追いはしないほうが吉かもしれません。

ダムカードのもらい方

佐治川ダム 管理事務所
正面に向かうと「入口は左」という張り紙があったので覗いてみると勝手口のような分かりにくい入口がありました。

事務所は2階でセルフ方式になっています。
ダムカードのセルフといえば”勝手に名前を書いて勝手に持って行って”という感じ。

百谷ダムカードもここでもらう

百谷ダム 表
でました!『違うダムでカードをもらう』シリーズ。

徳島県のダブル河口堰に始まり、鳥取県、岡山県ではいろんな場所のダムを一括して取りまとめているところが多くてダムカード巡ラー泣かせです。
正直、地元の人でもここまで秘境にあるとアクセスも厳しくて難易度が高いです。

まとめ

佐治川ダム 裏
佐治川ダム、いかがだったでしょうか?

ダム情報にもあるようにここら辺はとても標高が高くて、しかも日本海側に位置するために冬は雪がヤバいそう…

「ダム湖が凍結して氷上を野生動物が横断!?」
香川県ではありえない状況なのでちょっとは見てみたいですが、そうなるとさすがに帰ってこられそうもない。

ダム巡りツーリングが楽しい

佐治川ダム 堤頂
ここのダムは9月でも上着(僕はカッパ)を羽織らないといけないくらい寒かったので、安全に巡るためには雪が積もる前の11月が限界でしょう。

これは堤頂部分で並んで撮った写真。
バイク2台でいっぱいいっぱいという超狭い堤頂です。

やっぱり秋はバイクでツーリングするのが気持ちいい!
ダムカードを集める旅に出てみるのもいいかもしれませんね。

ということで佐治川ダムの紹介でした!

SPONSORED LINK

関連記事

花ばたけ看板

香川県で海の見えるカフェ『花ばたけ』が綺麗すぎる!庄内半島の絶景を眺められるおしゃれなカフェ

こんにちわ、紫摩(しま)です。 今回は香川県の海が見えるカフェという事で、庄内半島にある『花ば

記事を読む

DSC_0117

香川県『粟井神社』のアジサイがすごい!数が多くオススメの名所で花の撮影にピッタリな場所

こんにちわ紫摩(しま)です。 香川県の“あじさいスポット”はたくさんありますが、その中でも特に

記事を読む

柳瀬ダム

【ダムカード愛媛県】柳瀬ダム!道がヒドイが金砂湖の絶景が見どころ

こんにちわ、紫摩(しま)です! 愛媛県の柳瀬ダムは銅山川を堰き止め、金砂湖を作っています。

記事を読む

祖谷のかずら橋

徳島県「祖谷(いや)のかずら橋」3種ツーリング!大きさの違いと駐車場、入場料金を紹介

こんにちわ紫摩(しま)です。 徳島県にある祖谷のかずら橋って行ったことありますか?

記事を読む

内海ダム堤頂

【ダムカード香川県】内海ダム!『四国一長い堤頂長』が特徴のきれいな小豆島のダム

こんにちわ、紫摩(しま)です。 小豆島ダム巡り三番手は『内海(うちのみ)ダム』です。 こ

記事を読む

CSC_0454

徳島おへんろ第二段!しあわせ観音や子授かり地蔵などご利益が続く11番~19番札所巡り

こんにちわ、しまです。今回は前回の徳島遍路の続きで、11番札所から19番札所まで連続で参ってきました

記事を読む

三木町 まんで願

『まんで願』って感動!獅子舞に特化した三木町の大型イベント2015。祭りの見どころと内容

こんにちわしまです! 10月24日に開催された『獅子の里まんで願』、皆様お疲れ様でした。

記事を読む

ダムツーリング2

バイク初心者が一人旅!【ソロツーリングの楽しみ方】必要な準備物と走行距離の決め方

こんにちわ紫摩(しま)です! 皆さん、ツーリングやってますか?春から秋にかけてはバイク乗り

記事を読む

DSC00595

夏休みにオススメ!キャンプどころで有名な柏原渓谷の3つの楽しみ方

夏休み真っ只中ですね。“どこへ行こうか迷っている”そんな方に読んでいただきたいのが今日のテーマ。

記事を読む

DSC_0079

霊場八十八ヶ所ツーリング第12番札所、焼山寺へ!一番の難所と言われているお寺では杉の巨木が神秘的でした。

こんにちわ、しまです。 今回はソロツーリングをしようということで四国霊場12番札所の焼山寺へ行って

記事を読む

コメントを残す

GearS2 ギアS2 スマートウォッチ
ギアS2長期使用レビューと評価(良いところ&悪いところ)スマートウォッチは着信通知がとにかく便利!

こんにちは!紫摩(しま)です。 以前紹介したGear(ギア)

回転GP ジムカーナ 練習 回転
『回転GP』とは?やり方と選手参考タイムの紹介!バイクでジムカーナ練習、コースの距離など。

こんにちわ、紫摩(しま)です。 ジムカーナの練習で”〇〇GP

VTR250 リアサス ナイトロン
VTR250リアサス交換と3種類比較!(純正、NSR用、ナイトロン)走りとセッティングの違い

こんにちわ、しまです。 VTR250でジムカーナを走っている

考え方 成功 部活 仕事 趣味 成長
努力だけじゃない!成功を掴むための2つのポイント!仕事や趣味で成長出来ないのはなぜ?

こんにちわ紫摩(しま)です。 仕事や趣味に関わらず、何事にも

VTR250 バンパー SSB 転倒 ジムカーナ
バイク転倒対策!高いがSSBバンパーをオススメする理由とジムカーナでの効果

こんにちわ、紫摩(しま)です。ジムカーナの必需品としてバンパー(エン

VTR250 ステップ 加工 交換 アップステップ
VTR250転倒でも折れない汎用ステップ交換!純正、加工3種類比較

こんにちわ、紫摩(しま)です。 VTRのステップは低くてバン

dsc_6660
VTR250対向4ポッドキャリパー取り付け方!Nプロジェクトのキャリパーサポートと必要な部品、手順の紹介

こんにちわ、しまです。 フロントブレーキの強化という事で、V

VTR250 シート あんこ抜き
バイクシートの“あんこ抜き”のやり方!VTR250のシートカバー張り替え&使用工具の紹介!

こんにちわ紫摩(しま)です。 VTR250のシートがボロボロ

エルリボン PH7 XR100 取り付け
XR100にエルリボンLEDヘッドライト交換!気になる明るさと取り付け方。PH7タイプの光量もここまできたか!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 LEDヘッドライト、もうずい

トライジムカーナ第3戦 VTR250
しま、VTR250ジムカーナ大会に挑戦記!(トライジムカーナ岡山大会、ダンロップ杯愛媛大会)2016年のまとめ!

こんにちわ、紫摩(しま)です。 8月にVTR250を購入してレス

→もっと見る

  • mysimasima筆者、紫摩(しま)のプロフィール

  • メールアドレスを記入して『送信』で、
    更新情報を無料で通知してくれます(^^)

    9人の購読者に加わりましょう

PAGE TOP ↑